北朝鮮に拉致された日本人を奪還する
大分の会
あなたは「北朝鮮の拉致問題」について、どの位知っていますか?
ブラウン管の中での話と思っていませんか?

この問題は、過去の話ではないのです。
今私達が生きるこの時代、そして子供達も知らなければいけない話なのです・・・




■ 新着情報    2006.09.18

   「2006.8.20 第4回北朝鮮に拉致された日本人を救う大分県民大会」

     救う会全国協議会副会長の西岡 力さん・拉致被害者家族会の横田滋さん、早紀江さん(横田めぐみさん両親)
    平野フミ子さん(増元るみ子さんの姉)、斎藤文代さん(松木薫さんの姉)、市川龍子さん(市川修一さんの義姉)を
    お迎えし、会場のコンパルホールに、これまでの大会で最大の967名の県民が集結しました。
    
    この県民の声が、国を動かし、1日いえ1分、1秒でも早い解決を願っております。

    当日、雨天みも関わらず、参加して頂いた県民の皆さま、有難うございました。。
 


クリックすると拡大されます

  
「掲示板を開設しました」

     このたび、掲示版を開設しました。
     たくさんの意見・要望および北朝鮮拉致に関わる情報を
     書きこんでもらえる事を楽しみにしています。



クリックしてください。



■ 活動報告

   「2005.05.08 第3回北朝鮮に拉致された日本人を救う大分県民大会」

    平成17年5月8日(日) 午後1時より 大分市コンパルホールにて
     (午前11時よりトキハ前にて街頭署名活動をします)
    講演会 : 西岡 力 氏 (北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 副会長)
            西村 眞悟 氏 (北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟)
                                                            幹事長・衆議院議員
           飯塚繁雄 氏 (北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)副会長・田口八重子さんの兄上

     たくさんの方々のご参加をお待ちしております。


  「2004.11.27 大分トキハ前 街頭署名活動」

    今年最後の街頭署名活動をおこないました。
    署名にご協力して頂いた方、大変有難うございました。

    ここをクリックしてください。


   2004年 「救う会大分:活動報告」

    めぐみさんたちは生きている!

   未帰還者全員救出のために今こそ経済制裁を!


    ここをクリックしてください。

   「第2回 北朝鮮に拉致された日本人を奪還する大分県民大会」

      平成16年5月9日(日) 午後1時より コンパルホールにて
       (午前11時よりトキハ前にて街頭署名活動をします)
      講演会 : 元北朝鮮工作員 安明進氏、西岡救う会副会長
              家族会事務局次長 増元照明氏

      たくさんの方々のご参加をお願い致します。


    「大分県議会議員・大分市議会議員・別府市議会議員アンケート調査報告

     この度、大分県議会議員、大分市議会議員、別府市議会議員の方々へ
     「拉致問題についてのアンケート」をおこないました。
     議員の方々については、多忙の中、回答頂き有難うございました。

     アンケート結果

   平成15年衆議院選挙立候補者アンケート結果」報告

     この度、衆議院選挙立候補者の方々へ「拉致問題についてのアンケート」をおこないました。
     候補者の方々については、多忙の中、回答頂き有難うございました。

     アンケート結果


   「北朝鮮に拉致された日本人を奪還する大分県民大会」報告

     8月9日、救う会全国協議会副会長の西岡 力さん・拉致被害者家族会の横田滋さん、早紀江さん
     (横田めぐみさん両親)、平野フミ子さん(増元るみ子さんの姉)、斎藤文代さん(松木薫さんの姉)
     市川龍子さん(市川修一さんの義姉)、をむかえ、会場のコンパルホールに463人の県民が
     集結しました。

     また、前日から台風
が日本本土を襲い、当日の朝、西岡氏ならびに拉致被害者家族会の方々が
     来県できるか分からない状況でありましたが、晴天のなか、予定通り開催する事ができました。
     神様にも、私達の声が届いていると確信する1日でした。

     
大分県民大明文



   「北朝鮮に拉致された日本人を奪還する大分県民大会」

     横田めぐみさんのご両親ほか拉致被害者家族会の方々・全国救う会の西岡副会長に来県して頂き
     下記の予定で大分県民大会を開催致します。たくさんの方々の参加をお願い致します。

        平成15年 8月 9日 (土) 
          11:00〜 大分トキワ前   署名、募金活動
          13:00〜 コンパルホール  講演会

                             講師 : 「家族会」会長  横田 滋、早紀江 ご夫妻
                                   「救う会」副会長  西岡 力氏


                             ※ 講演会は先着順となっております。ご了承下さい。



   「拉致はテロだ! 今こそ経済制裁を」福岡デモ行進決行  (全国初)

     「北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会」が下記の日程でデモ行進を行います。
     大分の会とは、密接な協力関係にあり、大分からも参加します。
     どなたでも自由に参加できますので、たくさんの方々の参加をお願いします。

        日 時 : 平成15年 8月 3日 (日) 13:00〜
        場 所 : 福岡市中央区 警固公園 集合
        詳しくは、こちらのホームページまで 
北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会」



   「第一回奪還する大分の会発足会議」

     当日は、足元の悪いなか、大分トキワ前にて署名・募金に協力していただき有難うございました。

        日 時 : 平成15年 6月28日 (土) 17:00〜
        場 所 : (株)アステム 会議室  (大分県大分市大道町3丁目23番地)
        講 師 : 青木 英実 氏    (救出する福岡の会 会長)
               いかるが 卓徳 氏 (大野城市議)



クリックすると拡大されます


クリックすると拡大されます





■ 設立趣意書

昨年9月17日、平和の幻想の中で惰眠をしていた私達は大きな衝撃を受けました。
拉致は平和時に何の罪もない民間人を連れ去るという国家犯罪であり、国家に対する主権の侵害であります。
とりわけ横田めぐみさんという、家族の愛情の中に育ち、まだ社会の暗黒も知らない当時13歳の中学生が突然拉致され、
真っ暗な船倉の中で「お母さん、お母さん」と爪をはがして、泣き叫び続けた姿を想像すると、私達の心は抉られるように痛みます。

「一つ屋根の下に」という言葉があります。
同じ空の下で、同じ空気を吸い、同じ水を飲み、同じ言葉を話し泣いたり笑ったりする家族、地域社会、そして国家へとつながる
同朋を思う言葉であります。国家にとって最大の財産は国民そのものであり、人間の英知を最大の活力にしているこの国では、
国民の生命を守ること以上の国家の責務はありえません。

残念ながらこの国には、人道支援の名に米を送り続けた外相、いくら吼えても横田めぐみさんは帰ってこないと嘯いた幹事長、
など国家にとって最大の責務を認識しない政治家や、たった10人のことでといった外務官僚もいます。

北朝鮮金正日独裁体制がこれまで工作船の侵犯、覚せい剤密輸、ミサイル問題、核兵器開発と、全て全て我が国に対する
挑戦的行為といえる事をしています。
自国の安全は自国で守り、戦いは好まないが闘う事も辞さないという心構えを持って交渉しないとこの問題は解決しないし、
そういう姿勢を持つ政府を私達は支持したいと思います。

もとより、この国に生れ、この国の言葉で育ち、平和裡に暮らす「在日」の人々は我々と同じ国民であり
共に行動する事を望みこそすれ、敵視することはありません。

昨年来、全国各地で「救う会」を支持する会が設立され、
隣県でも活発に活動していますが、残念ながら大分県ではまだ正式の会が設立出来ませんでした。

特に教育現場においては「人権」を反国家的主張の道具としてしか用いず、「拉致」という最大の人権問題を無視しています。
子供達に普遍的な人権意識を持たせるためにもこの問題を避ける事は出来ません。

私達は以上の主旨を持って意を決してこの会を設立する事にいたりました。
ご賛同・ご参加される方を募り、大分において活動を続けたいと思います。


                                                               平成15年 5月31日

■ 会員募集

この会に賛同・参加して頂ける方を募集しております。
つきましては、「氏名、ご住所、電話番号」を明記の上、下記のアドレスまで送信下さい。

dakkan_oita@yahoo.co.jp