日本人にとって「愛国心」とはなにか?


注:このページはある掲示板での、A氏、B氏、C氏およびD氏らとの『日本人にとって「愛国心」とはなにか?』をテーマにしたディベートを私のコメントを中心に抜粋、編集したものです。(私の意見はほぼ全部収録してあります。また、このページ用に多少加筆編集してあります)


ホームページに戻る


e-mail

事実と真実をみつめる掲示板 (現在閉鎖中)


日本という地域を大事にする

まず、日本政府と日本人を切り離して考えましょう。

私は日本人であり日本人であることには誇りをもっていますが、今の政府を支持しているわけではありません。(はっきりいってどうしようもない政府ですよね、悪政のつけを国民に回す)

さて愛国心とは何か。日本という国家(政府)を愛することではなく、日本と呼ばれている地域に住んでいる人間であることに誇りをもち、そこに住んでいる人間の生活を大事にすることではないでしょうか。もし、政府がそこに住んでいる人間の生活を大事にしないのなら、その政府は敵にほかなりません。つまり、倒されても仕方がありません。

私にとっての愛国心とは私たちが住んでいる地域を生活空間としてよくすることです。

さて、日本人とは誰か。日本に住んでいて日本をよくしたいと考えている人のすべてです。また、日本に住んでいなくても日本と呼ばれる地域を大事にする人も含まれます。

私の考える日本人は日本国籍をもっている人に限っていません。上記の考えを持っている人はすべて日本人です。

また、いくら日本の国籍を持っていようと、日本という社会でどんなに高い地位を持っていようと、私利私欲に走る人物は愛国者ではありません。

この場合、国益と日本を大事にする心は乖離する場合があります。つまり、国家(政府)のための国益と日本という地域を大事にする人の国益は、後者が優先されます。

さて、戦前の世代には「お国のために戦った、兵隊さんのお陰です」を否定されるのは辛いことでしょうが、このお国が国家(政府)またはそこから私的な利益を得るグループ(企業体)のためだけの国益であり、日本という地域を大事にする人の国益でない以上否定されるのは仕方がないことです。


何故謝罪ができない

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<日の丸は悪、君が代は悪、第2次大戦を起こしたのはすべて日本の責任、などという戦後教育をたたき込まれれば、日本という国に誇りが持てなくなるのは当然です>

こういうコメントを読むと日本人はほんとうに過去にたいして反省がないのだな、と感じ正直悲しくなります。

たしかに、第2次世界大戦を起こしたのは日本だけの責任ではありません。勝者である連合国側にも戦争を起こした責任はあるでしょう。それが裁かれないのは勝ったからにほかならないのも事実です。だからといって、戦争中に日本が中国や朝鮮をはじめとしたアジアの諸国に行った行為が許されるのでしょうか。

こういうコメントをする方にまずお聞きしたいのは、「日本が第2次世界大戦中にアジア諸国に行った行為が正当だとおもっているなかいなか」ということです。(戦争だから仕方がないというコメントはききたくありません)

ただ、私自身もアメリカ合衆国と戦争を始めてしまった以上、またアメリカ合衆国側に日本に対して当時あきらかな敵対意識があった以上真珠湾攻撃などの日本がアメリカ合衆国に対して行った戦争行為が許せないとはおもっていません。

もちろん結果から見ても意味のない戦争をはじめた人達、また唯一止められる立場にいながら止めなかった人には憤りをおぼえますが。

次に、日の丸と君が代に罪はないのですが、日本という国が日の丸と君が代の旗印のもと戦時中に行った行為は許し難いのです。その意味でその悪事の象徴となってしまった日の丸と君が代を使わないというのは、アジアの人々に対する日本人のせめてもの優しさではないでしょうか。

現在私たち日本人に日本人として誇りが失われていると感じるのは、「日の丸は悪、君が代は悪、第2次大戦を起こしたのはすべて日本の責任、などという戦後教育」のためではありません。私はむしろ戦争の責任の所在をあいまいにして、しかも悪事を働いた相手国、つまり中国、朝鮮をはじめとするアジア諸国にたいしてきちんと謝罪もせずなあなあにしてきたせいではないかと考えています。

だから、いつまでたってもアジアの諸国から受入れてもらえないのです。


シンガポールの戦争記念公園

ここに来ていただいた方で、私の「日の丸、君が代」にたいするコメントがあまりに感情的だ、との感想をもたれた方もいらっしゃるかもしれませんが、ひとつ誰にもまだ話をしていないエピソードをお話したいとおもいます。

シンガポールに戦争記念公園というのがありますが、ここで第2次大戦中に日本軍によるシンガポール人の虐殺がありました。シンガポールに行ったとき私がその公園でしばらくたたずんでいると、中国系の老人が私に英語で話しかけてきました。

「あなた、日本人だね」と老人が尋ね、私が「はい」と答えると彼は私に、「戦争中にここで何があったかご存知か」ときいてきました。私がここで「日本軍によるシンガポール人にたいする虐殺がありました」と答えると、「ご存知か」といいしばらく雑談が続いたあと、「日の丸、君が代についてはどうおもう」きいてきました。私が「日本の国旗と国歌です」と答えると、老人は「悪魔の旗と悪魔の歌だよ、私たちにとっては」と答えました。

老人にとっては若き日に日本人による自国の民の虐殺を経験して、その虐殺の象徴が日の丸であり君が代だったわけです。彼にとってはオリンピックの舞台で日本が勝ちセンターポールに日章旗がはためき君が代が流れるのをみると体がぶるぶる震えてくるそうです。

たしかに我々の世代が行ったことではありませんが、日本という国を愛するものとして私たちは、アジアを旅行するときは常に日本が過去に行ったことには注意を払う必要があります。ただ、卑屈になる必要はありません。謝罪するべきは謝罪して同じアジアに住むものとしてこれからアジアをどうよくしてゆくかアジアの人達と語らうべきではないでしょうか。


まず謝罪、次に謝罪要求

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<南京大虐殺は、日本軍が30万人もの民間人を殺したそうですが、それは本当にその様な証拠があるのでしょうか>

ドイツによるアウシュビッツと同様歴史的真実として私は理解しています。もし南京の大虐殺なければ、中国の人々の日本人への怒りはもう少し穏やかなものでしょう。

いずれにしろ、シンガポールの虐殺、「悪魔の飽食」でも知られている人体実験、など日本軍によるアジアの人々への残虐行為は数知れません。

さて、アメリカ合衆国による原爆投下などアメリカ合衆国による日本人の非戦闘員の虐殺はもちろん事実です。これはこれで現アメリカ合衆国政府にたいして謝罪要求および賠償の要求はすべきなのでしょうが、いかんせん敗戦国なので強くでれないのが実情ではないでしょうか。

だからといって、日本がアジア諸国にやった行いが軽減されるわけではありません。また、少なくても、日本とアメリカは対等の戦争をおこないそのなかでアメリカ合衆国による非戦闘員の虐殺というものがありました。(もし、日本軍が優勢でアメリカ本土に上陸していたら、日本軍によるアメリカ合衆国の非戦闘員の虐殺がおこなわれていたことでしょう)

日本のアジア諸国への虐殺行為は対等の戦争ではなく日本軍によるアジア諸国への侵略行為によるものです。その罪はアメリカ合衆国より重いといわざるをえません。

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<日本の血塗られた歴史」ですか? 世界の国々で血塗られた歴史をもたない国、などというのはあるのでしょうか?>

もちろん、ごく一部の国をのぞいて血塗られた歴史をもたない国はないでしょう。スペインしかり、アメリカ合衆国しかり、日本しかり。日本以外の国が国歌や国旗を変更したか。それも少ないでしょう。だからといって、日本が同じように国歌や国旗を変更しなくていいという理由にはなりません。

こういったコメントをされる方々のご発言を読むと被害者意識があまりに強く、加害者意識が非常に薄いようにおもわれます。私たちはアジアのなかに位置しており第2次大戦中はアジアの中では唯一日本が侵略者であり加害者でした。私たち日本人が加害者であったということを充分自覚しているのなら、アジアの一員としてなすことは明白ではないでしょうか。アジアの人々への過去の悪事の謝罪と経済大国になった今、発展途上国であるアジアの人々へのきちんとした援助をすることが必要です。(ただ、現在の日本の経済状態では自国だけで手一杯かもしれませんが)

また、日本の経済援助は日本企業による利権の草狩り場と化しているような気がします。ほんとうに現地の人々の役にたっているのでしょうか。また、インドネシアの例にもあるように一部の権力者の懐にお金がはいり、肝心の援助がほんとうに援助を必要としている人々に回っていないのが実情ではないでしょうか。

そのなかで、アジアの人に日本は変ったと印象づけるには、アジアの人々の胸に悪魔の象徴としか映らない現在の国歌と国旗を変えるのが一番かとおもいます。

我々はアジアの一員として生きるのだという自覚と覚悟が必要なのです。

また、同時にアメリカ合衆国には日本への残虐行為にたいして地道にしかしきっちりと謝罪要求の交渉をしなければなりません。ただし、そのまえに日本のアジア諸国への残虐行為にたいしてきちんとした謝罪と賠償が必要です。そうでなければ、アメリカ合衆国への謝罪要求はおろか日本は国際社会から取り残されます。


いじめられっ子、変じて幼児をいじめる!

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<日本はそれまで、欧米列強から首を真綿で締めるがごとき圧迫を受け続けていたのです。とくに米国は日本に対し強硬な態度をとり続けていたのです。より分かりやすくいえば、喧嘩を吹っ掛け続けていたのです>

たしかに、これは一面事実でしょうが、あなたがいじめられっ子で体格のいい男の子にいじめ続けられていたとして、そのはけ口により体力的に劣る幼児を虐待していいという事にはなりません。

日本が戦時中に行った行為はまさにそういうことなのです。

たしかに、日本は最終的にアメリカ合衆国の執拗な嫌がらせにに炙り出されたといっても過言ではないでしょうが、ドイツやイタリアの枢軸国側と仲良くしてアジアでの連合国側の利権とことごとく衝突し、いやその利権を奪いとろうとして自ら好んでアメリカ合衆国と対立していったのは日本自身なのです。ここだけは間違ってはいけません。

自ら衝突の種をまいたのです。(当時、アジアの権益は連合国側に握られていて日本が拡張するにはアメリカ合衆国と対立するしかなかったとはいえ、愚かなことです)

そもそも、日本は拡張主義をとるべきではなかった。とらなければ、あのような馬鹿げた戦争はなかったのです。(国力の弱っていた中国(清)とロシアとの戦争で勝ってしまったため、驕り昂ぶりとらなくてもよい拡張主義に走ってしまったとしか私にはおもえません)

そもそも、朝鮮を併合しようと画策しはじめたころから歯車が狂い始めたのでしょうね。

それにしても、現在でもアメリカ合衆国の拡張主義はとどまるところをしりませんね。あきれるばかりです。(ヴィエトナムが共産化する、それを恐れるあまりヴィエトナムに介入して国をめちゃめちゃにしておいて、戦争に負けても謝罪のひとつもせず経済援助をするどころか経済封鎖を続ける。あきれた国です)


事実を見つめよう

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<あの当時の日本には、自分たちが立ち上がって欧米の侵略者を駆逐し、植民地でその圧制の重圧下に苦しんでいる無辜のアジアの民を救済するのだ、という使命感があったはずです>

「無辜のアジアの民を救済する」という使命感に燃えている国が、何故シンガポールで多くの人々を虐殺するのでしょうか。何故731部隊に命じて人体実験をさせるのでしょうか。何故傀儡国家である満州国を設立して中国の人民を搾取するのでしょうか。何故朝鮮を併合するのでしょうか。また、何故彼らに母国語の使用を禁じ日本語の使用を強制するのでしょうか。

これらの事実は日本がアジアの民を救済する気はまったくなく、ただ単に欧米列強にとってかわりアジアの各地を植民地支配をするという明確な意思の現れではないでしょうか。

アジアの人々にとっては侵略者が欧米列強から日本に変っただけのことです。

「無辜のアジアの民を救済する」という使命感に燃えていたのは当時最前線で戦い続けていた日本軍兵士ですが、日本軍上層部の本当の意志は侵略にあり何も知らせられていない部下にたいしてはそのような嘘をついていたわけです。

我々は「無辜のアジアの民を救済する」ために戦場に行ったつもりだったが、実際は侵略行為をしていたのでありいまでは自分達の行為を悔やんでも悔やみきれない、と亡くなった父からきかされたことがあります。

実際戦争に従軍した人間でさえ気づいた事を何故わからないのだろうかとおもうと正直悲しいです。

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<現在のように中国、朝鮮をはじめとしてアジア諸国からいわれ無き非難、理不尽な言い掛かりまでご無理ごもっともとばかりに受け入れていると、将来大変なことになるというのが私の懸念です>

*下線の赤字で記入した部分はわかりやすくするため、私が語句を追加しました。

これは日本政府が戦後、誠意ある謝罪と態度をとらなかったことの証左でしょう。日本政府が誠意ある態度を取り続けていたら話は違ったはずです。今からでも遅くはありません。日本は本当にアジアの一員としてアジアのために動くべきです。そうすれば、彼らの私たちを見る目も違ってきます。

そのためにも、あくまでも私の私見ですが、現在の国旗と国歌は改めるべきではないでしょうか。日本の誠意を表わすにはそれが一番ではないでしょうか。ドイツにしたって国旗でなかったとはいえナチスの旗印「卍」を廃止したではありませんか。日の丸はアジアの人々には「卍」と同じに映っているのですから。

A氏から下記のようなコメントをいただきました。
<東南アジアに出ている日系企業のマネジメントの人たち、そして現地校に通う彼らの愛する子供たちは、肉体的危害を加えられる目に遭い始めているのだそうです。そういう話しは日本のマスコミには出たりはしませんが、これは間違いない事実なのです>

これが事実なら大変なことです。日本政府はきちんとした手段を講じるべきべきです。ただ一時的な応急処置ではなくもとから直さなくてはだめです。

まず、何故そうなってしまったのかということの本当の原因をまず自覚しなければなりません。これこそ、戦後日本がエコノミック・アニマルと呼ばれ企業を中心とした利益のみの追求にアジア諸国でも追われてきたからではありませんか。きつい言い方になりますが、アジアの一員たるべき努力をせず金儲けに走ってばかりいたので、その報いがでてきているわけです。

いまからでも遅くはありません。根本から考えかたを改めてアジアの人々と共存の道を歩む施策を実行すべきです。


哲学と宗教

B氏から下記のようなコメントをいただきました。
<賢くなるためには、哲学や宗教などの精神的なバックボーンが必要なのですが、いかせん、日本は哲学や宗教に無関心な風土になっている。これは江戸時代に幕府が思想・信教の統制を行ない、檀家制度を押し付けて精神的に国民を骨抜きにしてしまったことがルーツです>

哲学は必要でしょうが、ほんとうに宗教は必要? この世に神はいないとおもうのですが、・・・。(あえていえば、神は人の心に住むある概念の象徴でしょうか?)

この檀家制度とはなんでしょう。よく知らないものでおしえてください。

B氏から下記のようなコメントをいただきました。
<それは、さておき、明治維新。フランス革命と比べてなんと貧弱なことか。そこには庶民の意思はなく、単に支配層による天皇制への回帰運動にしか過ぎなかった。封建制を脱却して民主主義に向かうなどという指導者の意思はなく、むしろ全体主義の道を選んでしまう愚かさ、そして、国民を欺く傲慢さ>

たしかに、フランス革命は民主主義の萌芽といえるのでしょうが。ナポレオンという新たな皇帝も生んでいるしすべてがよかったわけではないでしょう。また、近代国家という概念も生みバスクという地域をフランス側とスペイン側に裂いてしまう結果になったのですから。近代国家という概念はかえって人々の自由往来を妨げる事になったのでは。

明治維新にしても大失敗というのは言い過ぎでしょう。西欧列強の圧力から日本という地域を守るためには幕府を潰すしかなかったわけですから。そしてきちんとその目的は達したわけです。(まあ、そのあとがいけないか)

また、鎖国が長く続いたため日本には民主主義という概念が植え付けられる余地が当時はなかったのではないでしょうか。幕府を倒すためには天皇という御旗が必要だったのでしょう。ですから、明治維新の最初の形がああなるのは仕方がなかったことです。

さて、武士という社会が最終的に消えるのは西南の役です。農民の兵隊が武士に勝ってからですよね。そして、大久保利通が内務卿として君臨して内務省を中心とした官僚態勢ができあがっていくわけです。

これが日本の近代・現代の政権の原形ですよね。彼が生きていたらどういう政治をしたのか。興味があるところです。やはり、朝鮮併合を断行したのかな。(←この辺のことについては不勉強なのでこまかくはコメントしません)

ただ、征韓論が西郷隆盛の下野の原因ですから、いずれにしろ明治政府は当初から朝鮮を飲み込んでゆく考えで、この当時からアジアの侵略を意図していたことは明白ですね。

日本はドイツの憲法を真似して大日本帝国憲法を作ったわけですが、ここから少しづつ狂ってゆくわけですよね。富国強兵は西欧列強にたいするためには仕方がないとおもうのだけれど、遅れて植民地支配にでてきたドイツをかなりの部分で真似をするというのが失敗のはじまりだったとおもっています。

伊藤博文はハルピンで暗殺されるわけだけど、暗殺者が朝鮮では英雄扱いというのは多少納得がゆかないのですが、それだけ日本が朝鮮で圧政をしいていたという証左ですね。実際李氏朝鮮の皇后を日本軍は殺害したわけですから、朝鮮の人々に何をいわれても仕方がないとはおもいます。(日本語の歌を放送してはいけないというのはやりすぎのような気もするけど、それだけ日本への憎しみがいまだに強いという事でしょう)

いずれにしろ、国力が弱っていたところに西欧列強に追いつき追い越せという隣国の日本に目をつけられた朝鮮は大迷惑どころの話ではなかったわけです。

ただ、日本を弁護するのなら明治時代が始まる前から第2次世界大戦の終わりまでは西欧列強による植民地時代という力こそ全てという異常な状態が続くわけですから、日本もその流れに流されてしまったなといった印象は受けます。(いずれにしろ、Bさんのいわれるとおりよき指導者にめぐまれていれば事は違っていました)

いずれにしろ、日清、日露の戦争に勝ってしまったのが日本の運のよさというより転落の始まりだったのではと私はおもっています。


違いを受入れることのできる社会

B氏から下記のようなコメントをいただきました。
<それでは、なぜ、日本は拡張主義をとらなければならなかったのでしょうか。それは、日本が、重い税金のうえに低賃金で働かせるという大企業、そしてそこから賄賂などで潤う指導者に都合の良い制度を取っていたからです>

なるほど。現在とあまり状況は変りないではないか。(^_^;) 当時より給料はいいでしょうが物価が高いので生活があまり楽だとは感じませんね。家族がいる人は大変でしょうね。働いても都心に家さえ満足に買えないなんて。

海外旅行に行けるのは円の強さのおかげでしょうが。(それさえも、今はあやしい)

生活している人々には経済が一番大事なのに、政をつかさどる今の政治家や官僚は自己の私利私欲を大事にして国民の生活の基盤である経済を台無しにする。挙げ句の果ては盗聴法のような正常な人間なら考えつかない法律を出してきて不満分子の監視にやっきとなる。(自己の政治能力に自ら赤点をつけたも同然。とうとう、この国の指導層は気が狂いはじめたか)

自民党の政治だけには!!!NO!!!と言おうよ>選挙権を持っている人達。

B氏から下記のようなコメントをいただきました。
<それが、現実には、平成10年度の国家予算では、なんと5兆円以上の予算額が軍備に割かれるという恐ろしい結果になっています>

隠れ軍事大国、日本というわけですね。(これでは、アジアの国々に信頼されないですね) 憲法と実際の行動が違う2枚舌の国>我が日本

B氏から下記のようなコメントをいただきました。
<それと、再三再四、繰り返しましたように、国家御用達マスコミの情報に毒されないようにしましょう>

インターネットで海外の、特にアジアの国々の新聞の英語版(あるのかな)を読むのがいいのかもしれません。

C氏から下記のようなコメントをいただきました。
<実は、一番恐ろしいのが、細川元首相が行った選挙改革(小選挙区制)かもしれません>

少数派の意見を完全に無視する最悪の選挙制度ですね。圧力団体だけを利することになりますので。私は比例代表制度が一番いいとおもっています。(多くの市民派政党が生まれてほしいから)

D氏から下記のようなコメントをいただきました。
<「あなたは、日本で息をしているのでしょう?」「あなたは、日本という社会に守られているのでしょう?」>

日本で息をして日本という社会で生活していますが、日本という社会に守られてはいないかもしれません。日本という社会は我々を日々裏切りはじめているかもしれません。

D氏から下記のようなコメントをいただきました。
<嫌いなら、よその国へ行って国籍を取れば良いことです>

好き嫌いの問題ではなくまずこの国をよくすることを考えるべきです。いろいろな思想信条を持っている人がいて、思想信条は違っていてもその違いを受入れることのできる社会。(自己の思想信条を主張しても自己の思想信条を相手に強制してはいけません) ただ、思想信条を超えて真実はあるとおもいます。それはいかなることがあっても他国を侵略したりしないことです。

自分の思想信条弾圧されるのなら断固戦いますよ、あとの世代のために。


表紙に戻る