宋神道さんが亡くなりました

 日本在住の朝鮮人「慰安婦」被害者として唯一人、日本政府を相手に謝罪と賠償を求めて提訴した宋神道(ソン・シンド)さんが、12月16日午後2時、東京都内で老衰のため逝去しました。11月に95歳の誕生日を迎えたばかりでした。

 宋神道さんは、1922年に朝鮮の忠清南道で生まれ、満16歳の時(1938年)、騙されて中国中部の武昌の慰安所「世界館」に連れて行かれました。その後、漢口を経て、第11軍司令部のあった岳州に移動し、咸寧で日本の敗戦を知りましたが、行く宛もなかった宋さんは「結婚して日本に行こう」という日本軍人の言葉に騙されて日本に渡ってきました。1946年春、引き揚げ船で博多港に着くと、その軍人に突き放され、宮城県女川町在住の在日朝鮮人男性に救われて、その男性が亡くなる1982年まで共に暮らしました。1993年4月、東京地裁に提訴。2003年3月、最高裁は上告を棄却、敗訴が確定しました。

 10年にわたる裁判を記録したドキュメンタリー映画「オレの心は負けてない」が2007年に公開され、「二度と戦争をしてはならない」という宋さんの訴えが深い共感と大きな反響を呼びました。映画は今も、各所で上映され続けています。

 2011年3月の東日本大震災で被災した後、東京に移住しました。

 葬儀は、在日の慰安婦裁判を支える会が密葬でとりおこないました。

2017年12月19日

在日の慰安婦裁判を支える会

sasaerukai@songshindo.org