オレの心は負けてない映画のご紹介

HOME > 映画紹介


タイトル  在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい
「オレの心は負けてない」
上映時間95分
スタッフ
制作在日の慰安婦裁判を支える会
プロデューサー梁澄子
監督安海龍
撮影梁澄子,安海龍,朴正植
編集田中藍子
効果編集金徳奎
効果編集補助李泰官,李ポミ
音楽張在孝,孫晟勲
朴保
ナレーション渡辺美穂子

宮城県で戦後を生きてきた宋神道(ソン・シンド)。よく冗談をいい、よく笑い、よく怒る。激しい気性と鋭い舌鋒、類いまれな洞察力は、中国での7年の「慰安婦」体験、半世紀におよぶ「在日」生活を通して、さらに研ぎ澄まされたものだ。

「人の心の一寸先は闇だから。オレは絶対、人を信じない」

人間不信の塊だった宋神道が、これを丸ごと受け止めようとする人々と出会い、裁判をたたかう過程で、他者への信頼、自らへの信頼を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。

宋神道さんは1922年、朝鮮の忠清南道に生まれた。満16歳の時(1938年)、騙されて中国中部の武昌で「慰安婦」をするよう強制される。19歳の時に初潮を迎え、その後たびたび妊娠。漢口で子どもを産むが、慰安所で育てることはできず、近所の人に預けて岳州に移動。「部隊付き」として、応山、長安などに出かけることもあった。咸寧で日本の敗戦を知るが、行くあてもなく、「結婚して日本に行こう」という日本軍人の言葉に一縷の望みを託して日本へ。しかし1946年春、引き揚げ船で博多港に着いた後ほどなく、その軍人に放り出されてしまう。その後、宮城県在住の在日朝鮮人男性に救われ、この男性が亡くなる1982年まで共に暮らしたが、現在は独り暮らし。1993年4月、日本政府に対し「謝罪文の交付」と「国会での公式謝罪」を求めて提訴した。

この裁判を支援するため、1993年1月「在日の慰安婦裁判を支える会」が結成された。「支える会」は、代表は決めない、事務所を持たない、専従も置かない、という「ないない三原則」に則って活動した。

映画は、宋さんと「支える会」が出会い、共に泣き、笑い、歯ぎしりしながら裁判をたたかう過程、そしてこの裁判を通して宋さんが歩んだ被害回復の過程を描き出す。

裁判は、1999年10月東京地裁、2000年11月東京高裁で請求棄却、2003年3月に最高裁でも上告を棄却され、敗訴が確定したが、敗訴確定後の最後の裁判報告集会で宋さんが言う。

「裁判に負けても、オレの心は負けてない」

裁判に負けても、負けた気がしない。そう言い合える関係が、宋さんと支える会、支援者たちとの間で築かれた10年だった。

宋さんの裁判を支援し見守ってきた670人の募金によって制作された本作は、「慰安婦問題」を「問題」として捉るのではなく、「人」の視点からアプローチすることの大切さを訴える作品である。


HOME | 映画 | 裁判 | 宋神道さん | 支える会 | 戦後補償裁判