アルカディア投資顧問

 

運用機関における投資信託、年金運用等のパフォーマンス評価は各資産毎のベンチマーク

に対する超過収益を基準としています。実際、私が在籍する投資顧問会社でも顧客の大半

が年金基金ということもあってベンチマークを上回る成果を上げることが最大の運用目標と

なっています。各資産毎の組入比率は契約時の運用ガイドライン等により予め定められてい

るため、ファンドマネジャーの仕事はベンチマークに対する超過収益を獲得するための銘柄

選択に集約されます。そのため当然ながら、マーケットリスクについては責任を負いません。

しかし、国内、国外資産ともにベンチマーク自体が下落しているような場合には、資産毎の

相対パフォーマンスが良好であってもファンド全体の絶対ベースでのリターンはマイナスとい

う事態が生じてしまいます。ファンドマネジャーにしてみれば、ベンチマークにさえ勝っていれ

ば(これも簡単なことではないのですが)、絶対収益がプラスであろうがマイナスであろうが関

係ないことになります。私はこのようなベンチマーク史上主義的な考え、つまり、投資環境が

悪ければ顧客資産を減少させても仕方がないというやり方に次第に疑問を感じるようになり

ました。運用環境がどうであれ、投資家を儲けさせるのが運用のプロフェッショナルとしての

当然の使命ではないかと考えるからです。HHhhhhhhhhhhhhhhhhhHHHHHHHHHHHHHHHHH

HHHHHHH


 

私は、絶対収益の追求を唯一の投資哲学として掲げるヘッジファンドを理想とし、いかなる

相場環境においても安定的にハイリターンを実現できる投資手法の開発に取り組んできま

した。そして、経済マクロ分析によるファンダメンタル予測をベースとした運用、エリオット波

動などテクニカル分析に基づく運用、TAA(タクティカル・アセットアロケーション)モデルによ

るシステム運用等を実際に経験し、挫折を味わう中で、ようやく相場で勝つためのキーワー

ドを発見するに至りました。それはまさに、偉大なる投資家、W.D.ギャンやヘッジファンド

の帝王ジョージ・ソロスが最重要視していたものだったのです。HhHHHHHHHHHHHHHH

 


トレンドの重要性

アルカディア資産運用モデル

バーチャル・ヘッジファンド