不良は地域の宝
本のタイトルは「遊びは最高の教育」
サブタイトルが「不良は地域の宝」です。
ゆとり教育の実践 
 今から10年前に、文部科学省の鳴り物入りで始まった「ゆとり教育」。
  これと同じくして子供たちの遊びや自然体験を中心とした「自然体験クラブ」 を設立。 文部科学省の委託事業をうけ10年間「ゆとり教育」を実践してきました。その実践記録です。

荒れた中学校
 私の子供が入学した中学校は、かなり荒れた学校でした。しかし彼らと接しているうちに親しくなり、彼らを勧誘し自然体験クラブを設立しました。クラブの目的は、遊びを通して自然とのふれあいを深め、自主自立の精神や協調性・連帯感を身につけ、自分の身は自分で守ることを目的とする。そしてリーダーとしての自覚を芽生えさせることです。




戻る
戻る