以北五道に関する特別措置法

制定1962.1.20法律第987

改正1964 5.2法律第1630

改正2005.3.10法律第7389

韓国Web六法の法令目次に戻る

1条(目的)この法律は修復されない以北五道の行政に関する特別措置を規定することを目的とする。

 

2条(以北五道の定義)この法律で以北五道とは、1945815日現在行政区域上の道としてまだ修復されない黄海道、平安南道、平安北道、咸鏡南道、咸鏡北道をいう。

 

3条(道庁の臨時位置)以北五道の臨時事務所は、当該管轄地区が修復される時までソウル特別市内に置く。

 

4条(管掌事務)以北五道は、当該管轄地区が修復される時まで主務部長官の指揮により次の事務を管掌する。

1.調査研究業務

イ 以北五道の政治、経済、社会、文化、教育など各分野にわたる情報の収集、分析

ロ 以北五道を修復する場合に実施する諸般政策の研究

2.越南以北5道民の支援及び管理

イ 越南以北5道民の実態調査及び生活安定支援

ロ 北朝鮮離脱住民の保護及び定着支援に関する法律第30条の規定による北朝鮮離脱住民後援会と協力して、北朝鮮離脱住民と越南以北5道民間の結縁などの事業支援

ハ 越南以北5道民の後世対育成及び支援

3.離散家族対面のための情報を収集・管理するセンターの運営支援

4.以北五道の郷土文化の継承発展

5.越南以北5道民関連団体の指導及び支援

6.自由民主主義かん養及び安保意識鼓吹

7.以北5道民に対する諸証明発給業務

 

5条(道知事)@以北五道に道知事を置く。

A前項の道知事は、行政自治部長官の提案で国務総理を経由して、大統領が任命し、政務職とする。

 

6条(行政機構)以北五道の行政機構は大統領令で定める。

 

7条(以北五道委員会の設置)以北五道事務の全部または一部を共同処理するために必要なときは、大統領令が定めるところにより、以北五道委員会を設置することができる。

 

8条(以北道民団体等に対する支援)以北五道委員会は、第4条の規定による事務を補助・支援する事業を遂行する越南以北5道民関連団体に対し、以北五道委員会で管理する財産を無償で使用させることができる。


附属規定<1962.1.20>

本法は公布した日から施行する。

 

附属規定<1964.5.2>

@(施行日)この法律は公布した日から施行する。

A(経過措置)この法律施行当時の道知事はこの法律によって任命されたとみなす。


この法律の最初に戻る