大阪府警による野宿者運動つぶしを許さない!2・17釜パト弾圧に対する抗議声明への賛同を!

すべてのみなさん!

去る2月17日、大阪府警は府警本部公安三課警部前川雅弘、警部補梶本典嗣ら10名以上にもおよぶ公安刑事を動員し「釜ヶ崎パトロールの会」のメンバーKさんの居室であるアパートに対して「電磁的公正証書原本不実記録同供用幇助」の容疑で家宅捜索を行ない、捜索後その場にいたKさんを逮捕しました。(2/19朝に釈放)私たちは今回のKさんにかけられた不当な逮捕と家宅捜索を絶対に許すことができません。

大阪府警はKさんの居室に、多数の野宿を強いられる仲間が住民票をおいていることが違法であるとして今回の家宅捜索と逮捕を行いました。しかし、野宿であるがゆえに住所や連絡先がなく年金の受け取りや、就職活動を行うことができない仲間の生活をささえるために、Kさんは彼の居室を一時的な住民票の置き場として提供したにすぎません。

野宿を強いられている仲間や寄せ場などの日雇労働者は、「住所がない」、「住民票がない」といった理由で差別され、就職活動もできず、年金の受給資格があっても受け取ることができない、あるいは違法な高利貸し業者の不当な取り立てがあるため居宅での生活保護などを受けても住民票を移すことができないなど、極めて不利な状況に追いやられています。これらの事への対策は失業と野宿者の増大を生み出した行政がその責任において真っ先に取り組まなくてならないはずですが、行政がこの問題を放置し続けたために、Kさんは野宿の仲間の生活を支えるために一時的な住民票の置き場所を提供してきました。野宿の仲間の生活を支えるために行った一時的な住所の提供が、即逮捕に値する「犯罪」であるとされるのならば、それは仲間の生活と生存、そして権利すら奪うものです。そして今回の逮捕・家宅捜索を許してしまえば他の地域で同様の支援活動を行っている団体にも飛び火しかねません。

大阪府警はKさんへの取り調べの中で、以前Kさんが野宿の仲間の生活保護申請に付き添い、窓口で違法な対応を繰り返す東成区福祉の職員に抗議したことを持ち出し、「恐喝だぞ」などと脅しをかけました。また10名以上でテントの前まで押しかけるなど有無を言わさぬ圧力をかけ、住所を借りていた多数の野宿の仲間を出頭させ、「梅田で炊き出しなんかしやがって」「住所を早く移動させろ、もう一度こういうことをすれば逮捕する」などと脅しをかけたり、支援者らの顔写真を見せ「リーダーは誰か」などと言ったり、支援者の氏名や、昨年5月の行政による荷物撤去事件への抗議行動に誰が参加していたか、炊き出しなどの運動に参加しているのはなぜか、といった今回の事件とまったく無関係の取り調べを連日最長9時間にわたって行っています。そして憲法で保証された権利である黙秘権を行使した野宿の仲間の足を蹴飛ばしたり、胸ぐらをつかんで小突くなどの到底見過ごすことのできない暴行を加えました。

2002年7月に成立した「ホームレス特措法」や国の「ホームレスの自立の支援等に関する基本方針」では、警察による公園等のパトロールと取り締まりがうたわれています。法案成立以前より警察は皇族の来訪などの際、野宿者の指紋を採取するなど野宿の仲間を一貫して治安管理・監視の対象としてしかみてきませんでした。警察のこのような態度は有事法制の制定、イラク派兵など「戦争のできる国づくり」が進む現在ますます強まると考えられます。

「ホームレス特措法」成立以降各地では排除と収容を押し進める動きが加速しています。今回の逮捕・家宅捜索、取り調べが排除と収容に反対する野宿者の運動つぶしを狙って行なわれたことは疑いようもありません。それはKさんへの逮捕・家宅捜査が微罪を口実として行なわれたことや、出頭させられた野宿の仲間への長時間におよぶ事件と無関係の取り調べなどからも明らかです。

私たちは大阪府警の卑劣な運動つぶしを許すことができません。そしてこのような暴挙をくりかえさせないためにも、多くの方にご支援・ご注目と、可能なら以下の抗議声明への賛同連名をお願いしたいと思います。

(賛同していただける方はお名前・団体名と肩書きをお書き添えのうえFAXまたはメールでお送り下さい。お名前はビラなどで公表させていただきます。)

釜ヶ崎パトロールの会
tel: 06-6374-2233(FAXあり)
e-mail:kamapat@infoseek.jp
website:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9279/
郵便口座:00930-6-139747(大阪キタ越冬実名義)
※救援カンパは「反弾圧救援カンパ」などと明記して下さい。


抗議声明

去る2月17日、大阪府警は府警本部公安三課警部前川雅弘、警部補梶本典嗣ら10名以上にもおよぶ公安刑事を動員し「釜ヶ崎パトロールの会」のメンバーの居室であるアパートに対して、「電磁的公正証書原本不実記録同供用幇助」の容疑で家宅捜索を行ない、メンバー1名を逮捕した。前後して年金受給や就職活動のために、今回逮捕されたメンバーの居室に住民票を置いている野宿の仲間たちに対して「電磁的公正証書原本不実記録」の容疑で出頭を強要し、指紋採取・写真撮影を行うとともに長時間に渡る取り調べを行った。私たちはこの逮捕と家宅捜索、取り調べを許すことができない。

大阪府警は、釜パトのメンバーの居室に、複数の野宿の仲間が住民票を置いていることが逮捕勾留、取り調べに値する犯罪であるとしている。しかし逮捕されたメンバーが行った行為とは、野宿であるがゆえに住民票がなく、年金の受け取りができない仲間や連絡先がないために就職活動を行う事ができない仲間の生活を支えるために、彼の居室を一時的な住民票の置き場として提供したことに過ぎない。

野宿を余儀なくされている仲間や寄せ場などの日雇い労働者は、「住所がない」、「住民票がない」といった理由で差別され就労活動が困難であったり、日雇雇用保険手帳が作れなかったり、年金の受給資格があるにも関わらず受け取りができないという状況を強いられてきた。

これらはすべて失業と野宿者の増大を生み出した行政が、その責任において真っ先に取り組まなくてはならない問題にも関わらず放置し続けたため、今回逮捕されたメンバーや様々な支援団体が行政に代わり行ってきた支援活動の一環であり、仲間の生活と生存に関わる切実な問題である。

大阪府警はそれすらも違法であり取り締まるというのか。それは野宿の仲間の生活と生存、そして権利をも奪うものである。私たちは釜パトメンバーと野宿の仲間にかけられた逮捕・家宅捜索・取り調べを許さず、断固抗議するものである。


賛同者リスト

個人121件、団体24件(2004/4/9 20:30現在/50音順)
※2004年3月31日に大阪地方検察庁、大阪府警本部宛に提出しました。※
青木智弘(団体職員)
青柳行信(カトリック福岡正義と平和協議会)
吾郷健二(西南学院大学経済学部教授)
あさのはじめ(ACA
あんどうけいこ
石川 哲(東京都)
石川 求(東京都立大学人文学部教員)
石川裕一郎(麻布大学教員)
石埼祥子(ハンセン病・国家賠償請求訴訟を支援する会)
石埼学(亜細亜大学助教授)
イダヒロユキ(大阪経大教員)
いちじゅ(ひきこもり)
一ノ瀬輝博
伊藤武彦(和光大学人間関係学部人間発達学科教授(心理学))
稲葉奈々子(茨城大学教員)
今政 肇(UCLA学生・京都在住)
岩附由香(ACE代表)
浦島悦子
浦田晴夫(立命館大学学生)
eco iwai
榎本智至(東洋大学生)
LPG(北海道)
遠藤礼子(大学非常勤講師)
オオガキ ユカ
大倉純子(福岡県)
大沢豊(三多摩野宿者人権ネットワーク)
大塚岳史(反戦ドタバタ会議(京都))
大西 巧(連合・JAM大阪亜鉛労組執行委員)
岡嵜啓子
奥村悦夫(えひめ教科書裁判を支える会)
笠木丈(京都大学院生)
片岡万里子(反戦反天皇制労働者ネットワーク)
片田孫朝日(大学生)
勝又伸吾
加藤和博(労働者)
河合文路
北井大輔
木谷 公士郎(司法書士)
木村みちこ(ききとりの会)
草島豊(牧師)
工藤律子(ジャーナリスト/NGO「ストリートチルドレンを考える会」運営委員会代表)
兼崎 暉(医師)
小坂洋平(学生)
小森政孝(ATTAC京都グループ
金 靖郎(団体職員)
近藤まり子(ユニバーサルな町づくり大阪連絡会)
坂西 卓郎
坂本 廣幸
ささきあしゅら
佐々木 高明
笹沼弘志(静岡大学助教授・憲法専攻)
佐藤修三(池袋野宿者と共に歩む会
澤田春彦(ルンペン・プロレタリア)
Jennifer Sauer(Shitpop zine)
島原 登志郎
下川雅嗣(Asian Coalition for Housing Rights
清水雅彦(明治大学講師・憲法学)
白田伸樹(なにわユニオン)
新 八子(東アジア国際シンポジューム日本事務局・作家)
鈴木雅子(市民)
数宝照夫(すほうてるお)
高野幹英
高橋良平(法政大学学生)
田中伸一郎(一橋大学学生)
谷本博道
田巻松雄(宇都宮大学)
田村ゆかり(東京都)
茶畑進(焚火派静岡県委員長・静共闘事務局長)
辻野聡一(ユニバーサルな町づくり大阪連絡会)
寺尾光身(名古屋工業大学名誉教授)
戸川博行(ユニバーサルな町づくり大阪連絡会)
トクモトサトル(大阪)
鳥羽みさを(弁理士)
樋口直人(徳島大学教員)
中川 義裕(attac北海道
中島雅一
中田聖大(山口県立大学)
なすび(山谷労働者福祉会館)
成澤孝人(宇都宮大学非常勤講師)
西丸栄次(北海道アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会事務局長)
noiz(ACA
野崎泰伸(大学院生)
野々村耀(神戸)
觜本 郁(神戸)
馳尾和之(Repulsive Force
原口剛(大阪市立大学・院)
東恩納琢磨
平井克也(農村伝道神学校学生)
昼間たかし(反戦・反マンガ規制をたたかう烏合の衆)
舟木律子(神戸大学大学院生)
船曳朋子(山口県立大学学生)
古屋哲
古屋泰(日本語学校講師)
堀金 博(学生)
本田次男(きょうと夜まわりの会)
本田倫太郎
前田ゆき子(静岡市会議員)
松本真紀子
三浦直登(教員)
水田ふう
三輪力也
村上麻衣(ききとりの会)
モグリ
森 彪(教育社労働組合、カサナグの会)
盛岡晋吾(ききとりの会)
森石 香織(大阪城公園よろず相談)
森木 淑枝
もりしたけいすけ
森本未樹子(大学生)
八木 正(大学教員、広島)
役重善洋(パレスチナの平和を考える会
山内 宏文(京都大学学生)
山家歩(法政大学院生)
山口素明(予備校講師)
山下健太郎(学生)
山本崇記(立命館大学院生)
山本 千代子(アムネスティ静岡グル−プ
和田喜太郎(関西共同行動)
和田裕子
渡辺 洋(神戸学院大学助教授・憲法学)


アジア共同行動(AWC)日本連絡会議
ATTAC京都グループ
アナキズム誌編集委員会
WRI-Japan
NPO釜ヶ崎医療連絡会議
関西共同行動
救援連絡センター
高齢者特別就労組合準備会
在日アジア労働者と共に斗う会
笹島診療所
笹島日雇労働組合
山谷労働者福祉会館・活動委員会
渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合
新自由主義・国家主義と対決する学生・青年ネットワーク(SYN)
人民新聞社
戦争・生活破壊・差別を許さない!行動する労働者ネットワーク(全国労政)
特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ
長居公園仲間の会
西成公園よろず相談所
野宿生活者自立支援の会・香川
野宿労働者の人権を守る会
Mayday DC
日雇全協山谷争議団/反失実
労働者共闘


みなさんからのひとこと(抜粋)

・警察権力による野宿者支援者への不当逮捕に断固として抗議し「抗議声明」へ賛同・署名します。
・Kさん逮捕の報に接し驚きと怒りを感じます。抗議声明に賛同し連名を希望します
・戦争国家体制への整備がすすめられ、監視社会強化のなかでの、みなさんの更なる活動に声援を送ります。
・弾圧で運動はつぶれない。弾圧を糧に、鉄鎖を武器に。
・このような弱者に対する警察の横暴な姿勢は、本当に許せないです。
・まったく不当なやり方に怒り心頭です。こんなことがまかりとおったら野宿者運動が潰されてしまう。。。
・ホームレス救援活動を妨害する今回の公安警察がとった態度は絶対に許されません。怒りが込み上げてきます。抗議声明に賛同します。
・抗議声明に賛同します。戦時下弾圧を共にはねかえし、闘う決意をこめて。
・負けないで下さい。
・今回の出来事を、とても重く受け止めています。アピール文に賛同いたします。
・今回の大阪府警の弾圧は許せません。「抗議声明」に賛同し、連名呼びかけに応じます。府警公安部による2・17弾圧を怒りをこめて弾劾します
・ほんま、ゆるされへんことです。行政がしないから、やってるのに、ほんま、ゆるされません。
・今の政府はやりたいほうだい。何でもありの暴挙とおもいます。弱者の住みやすい社会こそ、民主主義の社会だと思います
・あまりにひどい内容で許せません。厳しい闘いでしょうががんばってください。共に声をあげたいと思います。
・住民登録をおくという支援は、どこの支援団体でもしている野宿者支援活動の基本みたいなものです。今回の逮捕は絶対に許されません。
・Everyone has a right to exist. Osaka city has no right to attack free people of Japan.
・k氏・釜パトに対しての大阪警察の弾圧、批判します。あきらかな運動にたいする弾圧、みんなで協力し合い、この重大な事件を社会問題化していこう。RENTAI now!
・反戦ビラ入れや反戦壁書きへの逮捕弾圧と並んで、いよいよ「一番うるさい部分から潰す」という権力の動きが始まっているんだと思います。許してはいけない。
・不当逮捕、野宿者支援に対する不当な弾圧を許すな。ともに戦うぞ。
・釜パト、応援してます。抗議に賛同することくらいしかできないのが悔しいです。でもホントに、いつも思うけど、警察・役人・政治家とかって信じられない。何様のつもりなんでしょうね。
・年金受給のために「住所貸した」ことで家宅捜査なんてありえない、明らかに嫌がらせなのに、それを「怪しいことやってるから仕方ない」という風潮をつくろうとしていることに怒りを感じます。
・いま、この社会は、「強者」の意に添わない意思表示が罷り通らない、非人間的な抑圧を強いられています。己の良心にかけて、このような官憲の弾圧に対して黙っているわけにはいきません。罪といえない微罪、明らかな別件でパクり、反戦運動潰しの不当な取り調べも行われていると聞き及んでいます。断じて許すことができません。不当起訴を阻止するため、微力ながら賛同します。
・大阪府警本部公安三課(前川雅弘他)による野宿者支援団体への一連の不当捜査に対し、強く抗議します。また「抗議声明」に賛同します。
・まったく腹立たしい限りです。現場の皆さんの憤りをお察しします。これを期に、逆に当局の怠慢・人権侵害が社会にひろく認知されるようになればと、密かに期待しております。
・メールで警察による不当逮捕の件を見ました。読んでいて非常に怒りを覚えます。遅ればせながら、賛同いたします。よろしくお願いします。
・弾圧の不当さについてはあきれるばかりです。
・Mayday DC supports the efforts of your group! Sign us up. Love and solidarity (Bork of Mayday DC)
・声明に賛同します。立川テント村や共産党への逮捕、起訴の攻撃とつながっていると 感じます。
・警察権力の横暴さに対する憤激と支援の皆さんへの熱い連帯の気持ちを込めて、抗議声明に賛同させていただきます。
・野宿者支援運動の弾圧に断固反対します。弱者がただ生きるために助け合うことも許されない社会。これが大阪警察の守る社会なのか。彼等は省みることもできないのだろうか。
・私の地元東京・立川ではテント村のメンバーの弾圧もあり、最近の警察・権力の動きは、本当に許せません。そしてひとごとではなく恐ろしいと思います。
・大阪府警への抗議声明に賛同します。警察のあまりに非人道的な姿勢に腹が立ちます。
・ATTAC京都は資本主義の、とりわけ新自由主義時代に入ったそれ、の最大の犠牲者である野宿者とその支援運動に対する弾圧を断じてゆるすことは出来ない!虐げられたものたちに寄りそう人々をレッテル張りし、社会的に孤立化させていこうとする公安警察の意図は明瞭です。私たちは釜ヶ崎パトロールの会に連帯を表明します。手をつなごう!孤立するのは公安警察の方だ!
・この逮捕は、行政の内実を無視する警察権力が立場を利用してふるった、明かな暴力でしかないと考えます。釜パト弾圧に対する抗議声明に賛同し、警察に強く抗議します。
・理不尽な警察権力の弾圧に憤りを感じています。多様な支援活動があってしかるべきであると考えます。これからもがんばって下さい。
・人間の尊厳を否定する弾圧は決して許させない
・断じて許せませんね賛同させてください
・K君弾圧は行政の無策を覆い隠すもの。許せません。
・立川のビラ弾圧事件、共産党の国家公務員法違反事件、そして、この不実記載事件と、権力の暴走が始まっています。弾圧されている人、支援者同士の連帯が必要かと考えています。


Support the Kama-Patrol crackdown of 2-17
Rage against Osaka Police's oppression on the homeless movement

To all,

On February 17 2004, the Kamagasaki-Patrol member, K's apartment was raided and then arrested by 10 Osaka police inspectors, including Koan (public order/security police detectives) under suspicion of "processing of inconsistent copy of electronically notarized documents". Released in the morning of 19th, we do not tolerate the injustice done to our fellow member by the Osaka police.

Osaka police did it because he had had homeless people's residents' cards registered under his address. But the truth is that he did it simply to put their address on his temporarily and to support the fellows who can not receive the national pension or applying for a job without address.

The homeless fellows and day laborers are being discriminated as "you have no address"or "you have no residential card", being so not unable to apply for a job nor receive the national pension. Even worse, some fellows who are able to receive public assistance are unable to transfer his residential card due to a pressure from an illegal moneylender's unjust collection (the moneylenders are living off of his public assistance, his only income to survive. The administration had not only neglected to tackle this social illness being irresponsible, but rather pushed more on the social edge. Because of non actions seen from anywhere, K had been providing fellow homeless to use his address. If this is a crime leading to an arrest, it implies that fellow homeless' basic rights and existence are completely being denied. And we feel urgent not to be silent allowing them to do the same to other fellow homeless support groups.

During his two-day arrest and investigation, the Osaka police threatened him about his past protesting activities as a blackmailing exercise (he escorted a fellow applying for public assistance, demanding welfare ward officer for a fare procession.). After the even, more than 10 officers approach the homeless tents where the fellows who had used his address, and made them put in an appearance, then harassing them by saying "Change your address immediately otherwise we arrest you." "(by showing the supporters' photo images) Who is the leader?" "Give the supporters' names and who were at the protest in last May?" (A protest to Osaka administration when fellow's belongings was forcefully taken). "Why you do soup-kitchen?" They even accused not to do soup-kitchen in Umeda Station (Kama-pat's recently lanched activity). All these questions irrelevant of this event, sometime up to nine hours a day! When the fellows remain silence, which is protected by the constitution, the police kick the fellows legs or grub the fellows and bully them.

Police patrolling and controlling of parks are entailed in "Homeless Special Treatment Law" which was formed in July 2002 and the nation's "homeless support policy" Even before these new law and policy, we had seen administrating and monitoring such as the case the Osaka police were collecting fingerprints of fellow homeless when imperial family was visiting the area. The police have increasing its power and establishing the nation who could exercise a war since the Yuji Law (controversial national emergency law) and sending Japanese Self Defense Force to Iraq.

Since the introduction of infamous "homeless special treatment bill", elimination and interning (into shelters) are escalating everywhere in Japan. We are certain that the case of raiding and arresting of our fellow member had intended to destroy the homeless movement. We are certain because the pretense used for was a minor offence and long hours of investigations, often irrelevant to the case, done to the fellow homeless, was nothing but unnecessary.

We do not tolerate the Osaka police's unjust suppression on the homeless support group. We encourage all of our fellow supporters to support and be fully aware of the case onward, and kindly ask you to sing the protest statement below.

Please email or fax us after signing your name and your organization. Your names will be on our website or our flyer.

e-mail: kamapat@infoseek.jp
phone&fax: +81-6-6374-2233
url: http://www.geocities.co.jp/WallStreet/9279/