会計学論文構成術(入門編)

 皆様方の十分な知識を試験委員に対して明確に伝達していくために、記述における基本的なルールを身に付けよう。

問題1 次の問題を回答しなさい。

「貸借対照表は、企業の財政状態を明らかにするため、貸借対照表日における資産、負債および資本を記載し、株主、債権者その他の利害関係者に正しく表示するものでなければならない。ただし、正規の簿記の原則に従って処理された場合に生じた簿外資産及び簿外負債は、貸借対照表の記載外におくことができる

 [簿外資産及び簿外負債は、貸借対照表の記載外におくことができる。]部は貸借対照表完全性の原則(網羅性の原則)に反していないか指摘せよ。

次→


無断転載を禁止します。

kikuo@ja2.so-net.ne.jp