戻 る トップページへMPC で字幕表示をする設定ソフトサブの使い方

SRTとスタイル・ファイル MPC編

更新 2010年 5月30日:文章の見直し、レイアウト変更
更新 2009年12月19日:全体を見直しました。
(ボーダーとシャドウは小数点の指定が出来ます。1.5とか2.4など)
更新 2009年 5月30日:最下部のリンクの不具合を訂正しました

SRT は代表的なソフトサブ( 字幕 )のひとつです。

MPC または Direct VobSub で、SRT を使う時に、文字の大きさや字幕の高さなどを、
好みに合わせて設定するのがスタイル・ファイル( srt.sytle )です。

HDTV と映画では字幕文字の大きさが違うので観づらい時など、
それぞれのケースに合わせた スタイル・ファイルを用意しておけば、
いつも自分の好みの状態で、字幕(SRT)を表示できます。

SRTのスタイル・ファイルとは

→ スタイル・ファイルは SRT とセットで使います(単体では使いません)

→ それを使えば、文字化けは起こらなくなります。

→ メモ帳などで開いて、好みの数値や設定に書き換えて使います。

→ コピーやリネームをして、すべてのSRTと組み合わせて使えます。

Colour は英国式つづりです。 SSA(ASS) を設定したのが、イギリスの会社だったことからそうなっているようです。

ソフトサブを使っていて不満がない場合

文字化けをする場合に、SRT とセットでスタイル・ファイルを使って下さい。
→ MPC、Direct VobSub どちらでも文字化けは必ず治ります。

スタイル・ファイルの具体的な特徴

SRT で表示する字幕文字の表示位置(高さ)、大きさ、フォントの種類、文字の色、
文字の影、文字の輪郭の太さ等の環境設定をします。
→ 約 500 bytes の小さな横長のテキスト・ファイルです

デフォルトの状態を設定するだけなので、SRT内部で色や文字の大きさは変えられます。

スタイル・ファイルの最初の3行と [V4+ Styles] は、ASS(Adovanced Sub Station Alpha)の
[Script Info] の一部分、および [V4+ Styles] を転用しています。
ASS のスタイリング機能を、部分的に SRT に流用しているのがスタイル・ファイルです

OSにインストールされているフォントを使うので、
OSが異なる場合や、登録されてるフォントを変更した場合は、MPCの字幕も影響されます。
→ フリーフォントをOSに登録すれば、MPCでも使えます

SRT スタイル・ファイルの デフォルト・サンプル (MPC のデフォルトと同じ)

スタイル・ファイルの使い方 (ファイル名の指定方法)

SRT と同じ名前( + style )にすると、再生時に SRT ファイルと同時に自動的に読み込まれます。
→ スタイル・ファイルはSRTとセットで使います( 単体では使いません )

スタイル・ファイルは、使い回しが可能です。
コピーして srt と 同じ 名前 + .style にして使います。

例 : "ラスト" と言う外国ドラマの avi に使う場合
Last.S07E09.HDTV-XOR.avi   ─────> ビデオ・ファイル
Last.S07E09.HDTV-XOR.srt   ─────> SRT 字幕ファイル
Last.S07E09.HDTV-XOR.srt.style  ──> SRT スタイル・ファイル

例のように、コピー、リネームしたスタイル・ファイルがフォルダ内にあれば、
動画再生時に自動的に srt とstyle が読み込まれます。( Direct VobSub でも同じです )
→後から SRT を読み込ませる時も、同名ならスタイル・ファイルは自動的に読み込まれます。

スタイル・ファイルの仕組み(主な設定箇所)ここから横長に

字幕文字の各部の説明

  → スタイル・ファイルが必要な場合は、下の タイトルをクリック して下さい

スタイル・ファイルのサンプル( MPC のデフォルトと同じ設定 ) $$

ScriptType: v4.00+
PlayResX: 384
PlayResY: 288

[V4+ Styles]
Format: Name, Fontname, Fontsize, PrimaryColour, SecondaryColour, OutlineColour, BackColour, Bold, Italic, Underline, StrikeOut, ScaleX, ScaleY, Spacing, Angle, BorderStyle, Outline, Shadow, Alignment, MarginL, MarginR, MarginV, Encoding
Style: Default,Arial,20,&H00ffffff,&H0000ffff,&H00000000,&H80000000,-1,0,0,0,100,100,0,0.00,1,2,2,2,20,20,20,1
                                                                                 ↑↑ ↑ ↑ 
        フォント名 サイズ  文字色        OutlineColour    BackColour                       ×× × × 文字セット
                                                  境界の太さ  字幕高さ / 表示位置・余白 上下
                                                  影の深さ 

サイズ字幕高さ / 表示位置・余白 上下を調節して、
次に  境界の太さ  影の深さ を調節すれば、
好みの設定が見つかると思います(書き換えたら保存して下さい)

字幕表示を画面の左右目一杯に広げたい → スタイル・ファイル、左右のマージンの指定場所

スタイル・ファイルで使うフォントと保存する際のファイル・フォーマットとEncoding 文字セット 
    ( 日本語フォントを指定して使う時に気をつけて下さい )

設定する フォント名  ファイル・フォーマット  文字セット 
英語フォント(デフォルトを含む)ANSI、通常の保存と同じ1,  DEFAULT(1)
日本語フォントUnicode 16-LE、ユニコード1,  DEFAULT(1)
日本語フォント(英語名で指定)ANSI、通常の保存と同じ128,  SHIFT JIS(128)

SRTをASSにMPCで コンバート すると、動画に合わせて文字の見た目を細かく調整できます。
 境界の太さ  影の深さ  字幕高さ をピクセル単位に近い感覚で指定できます

日本語フォントを使う スタイル・ファイル    その1 ( Unicode 16-LE で保存 ) ##

ScriptType: v4.00+
PlayResX: 384
PlayResY: 288

[V4+ Styles]
Format: Name, Fontname, Fontsize, PrimaryColour, SecondaryColour, OutlineColour, BackColour, Bold, Italic, Underline, StrikeOut, ScaleX, ScaleY, Spacing, Angle, BorderStyle, Outline, Shadow, Alignment, MarginL, MarginR, MarginV, Encoding
Style: Default,MS P明朝,20,&H00ffffff,&H0000ffff,&H00000000,&H80000000,-1,0,0,0,100,100,0,0.00,1,2,2,2,20,20,20,1
                                                                                                               
             フォント名  サイズ                                                                                文字セット

日本語フォントを使う場合は ユニコード(文字コードを Unicode 16-LE)で保存して下さい。

日本語フォントのフォント名一覧・・・Windows XP の場合

( 非ユニコードで日本語フォントを使える 方法 ↓もあります )

日本語フォントを使う スタイル・ファイル    その2 ( 英語名で指定、ANSI で保存 ) %%

ScriptType: v4.00+
PlayResX: 384
PlayResY: 288

[V4+ Styles]
Format: Name, Fontname, Fontsize, PrimaryColour, SecondaryColour, OutlineColour, BackColour, Bold, Italic, Underline, StrikeOut, ScaleX, ScaleY, Spacing, Angle, BorderStyle, Outline, Shadow, Alignment, MarginL, MarginR, MarginV, Encoding
Style: Default,MS PMincho,20,&H00ffffff,&H0000ffff,&H00000000,&H80000000,-1,0,0,0,100,100,0,0.00,1,2,2,2,20,20,25,128
                                                                                                               
            フォント名  サイズ                                                                                 文字セット

非ユニコードで日本語フォントを使う場合は、フォント名の部分を、
下の例を参考に、日本語フォントの 英語名 で指定して下さい。

使いたい日本語フォント 設定する英語名
MS P明朝MS PMincho
HGPゴシックMHGPGothicM
HGS行書体HGSGyoshotai
HG丸ゴシックM-PROHGMaruGothicMPRO

  サイズ を変えなくても デフォルトの状態から日本語フォントを指定すると、字幕文字がやや大きくなります。

フォントに関する注意点

先頭に @ をつけると縦書き用のフォントになります。
( 例 ) @HGゴシックE または、@HGGothicE
→ SRT内部では日本語フォントは、そのままの名称で使えます。

MPCで使えるのは、OSにインストールされているフォントです。異なるOSで使う場合や、登録されてるフォントを変更した時は、MPC(ソフトサブ)も影響を受けます。
※Direct VobSub を使う場合も同様です

Windowsにフリーフォントをインストールすれば、MPCやDirect VobSubでも使えます。

ソフトサブ( 字幕 )が文字化けする場合

MPCの設定を手動で直す

→ 再生(P)→ 字幕(B)→ スタイル(S)→ スタイル編集  と進み

症 状 文字化けの状態  設定する数値 
日本語が文字化けするANSI(0)DEFAULT(1)
日本語フォントで文字化けDEFAULT(1)SHIFT JIS(128)
英文字が文字化けするDEFAULT(1)ANSI(0)

表を参考に変更して下さい Direct VobSubでも同じように修正できます

スタイル・ファイルを修正して直す

下の表の内容は、上の表と同じです

症 状 文字化けの状態 Encodingに設定する数値
日本語が文字化けする01
日本語フォントで文字化け1128
英文字が文字化けする10

表を参考に、スタイル・ファイルのEncoding 文字セット を変更して下さい
大抵の場合、0, 1, 128 のいずれかで文字化けは治ります。
(スタイル・ファイルがない場合はデフォルト・サンプル をご利用下さい)

●主なEncoding 文字セット 
ANSI(0)  ────────> 英語とアルファベット特殊文字を使った字幕用
DEFAULT(1)  ─────> 日本語環境のデフォルト / またはユニコードの字幕用
SHIFT JIS(128) ────> 日本語フォントを(英語名で)使う場合

ASSの文字化けも同様に修正できます

ユニコードの場合は1 / DEFAULT(1)のままでもかまいません。

MPCの「字幕を保存」を活用する

「字幕を保存」を使い、スタイル・ファイルを作る方法

(1)準備

適当な動画ファイルを(読み込ませて)再生できる状態にします。
次に、SRT( なら何でもかまいません )を、
  ファイル(F)→ 字幕を読み込む(L)  を選び、読み込ませます。

(2)スタイル・ファイルの作成( 保存 )

ファイル(F) → 字幕を保存 Ctrl+S  と進み、
適当な名前( 例では、test2008.srt )で保存して下さい( srt と style が同時に保存されます )

フォルダ内に、以下のように保存されます
  test2008.srt
  test2008.srt.style

スタイル・ファイル( test2008.srt.style )をコピー、リネームして、
好みの数値に書き換えて、いろいろなSRTとセットで使って下さい。
( メモ帳などで編集できます test2008.srt は使わないので削除してもかまいません )

→ Direct VobSub( VobSub )は、スタイル・ファイルを保存できないので、
  デフォルト・サンプル( MPC のデフォルト)をご利用下さい。

自分で、「スタイル編集」の設定を 変更 してから保存することもできます

MPCの 「スタイル編集」 で好みの設定をする

再生(P)→字幕(B)→スタイル(S) と進み、
「スタイル編集」 窓で設定して下さい。

文字の「サイズ」を変えるにはフォントの下の
[   Arial   ]
をクリックして「フォント」窓から設定して下さい。

MPCの「字幕の保存」を利用した SRT → ASS コンバート

MPCでは何種類かの字幕を使えますが、字幕ファイルの保存もできます。
その際に元と異なるフォーマットを選んで保存すると、コンバートされて保存されます。

適当な動画ファイルを(読み込ませて)再生できる状態にして、MPCにコンバートさせたい SRTを読み込ませます

ファイル(F)→ 字幕の保存 と進み ( 画像はMPC Ver.6.4.8.3のものです )

ファイルの種類(T) の中で一番下の Adovanced Sub Station Alpha(*.ass )を選び、
好きなファイル名(N)をつけて保存します。

→これで自動的にSRTからASSに変換されて保存されます( 元のSRTは残ります )

SRTと比べてASSのメリットは、

動画サイズに合わせて字幕をピクセル(ドット)単位の表示や調節が出来ます
→ スタイル・ファイルでは細かい指定に限界があります

複数のフォントや文字の色、表示位置を使う場合、一括指定が出来ます
→ オーバーライド・コードをほとんど使わずに表示できます。

こちらのページに ASS や SRT のサンプル がありますので、試用してみて下さい。

SRT と比べて ASS の(違い)欠点は、

SRTは千分の1秒単位、
ASSは百分の1秒単位で管理されているところです

ASSではフレームが切り替わった瞬間から字幕を表示させるのは無理です
(と言っても最大で0.009秒の遅れですから、たぶん認識はできません
字幕を作った本人ならわかるかもしれない位の違いです)

日本語フォントを指定して保存したい場合の注意点

MPC本体の、「スタイル編集」を使って日本語フォントを指定して、
「字幕の保存」で保存する場合は、文字コードを Unicode 16-LE で保存して下さい。
( ユニコードでの保存になります、ASS の場合も同様にして下さい)

→ Unicode で保存したくない場合は、デフォルトの Arial のまま ( ANSIで )保存し、その後で
  日本語フォントを  英語名で指定して ファイルを書き換えて下さい。

注意:必ず 文字セット(Encoding)は 128 にして下さい(文字セットは一番最後の数値です)

Unicodeで保存すると、全角スペースが半角スペースと同じように処理されるようになります。

ご質問などありましたら、捨てアドでかまいませんので、
下記へメールしてください。

bancodesrt@yahoo.co.jp
戻 る トップページへこのページの先頭へ