NASAアポロ計画のDSE「ブラック・ボックス」交信記録より、暴露される月に関する台本抜きの真実(交信記録集その1)

NASA's Apollo DSE "Black Box" Transcripts - revealing the unscripted truth about the Moon (Part 1)
by LunaCognita   September 26, 2009 (YouTube)

米国NASAアポロ計画(有人飛行/1968~1972年)の公式の交信記録は、PDF化されてネットで入手できます。アポロ計画時の宇宙からのTV放送の裏側や、月に関する秘密を暴露している交信を取り上げたYouTubeの動画を紹介しています。

Part 2は、Gemini/ジェミニ計画編です。まだ見ていない方はまずそちらを先に見ることをお薦めします。

このページの使い方
×

MPCVobSubをお使いの方は、字幕を使うと字幕付きで動画(640x480)を視聴できます。→ 字幕はこちらから

別のブラウザでYouTubeの動画を開き、その横にこのページを出来るだけ幅を狭くして並べ、動画の進行に合わせてクリックしていくと、動画の内容がわかりやすいと思います。(画面の幅が1270以上なら並びます)

IE8, FireFox 3.6, Opera 10で表示確認しました。
(2011年1月23日)

PDFの画像を追加。
(2011年1月25日)

交信"bonfires"のスペルミス修正。campfire → campfires
字幕のエラー(Aegisub再生時に発生)を修正。字幕はこちら
(2011年1月26日)

→ 動画の用意が出来たら、ここを押して先へ進んで下さい

略語や専門用語

Apollo DSE "Black Box"の主な内容

月面からのTV放送の裏側00分09秒~

交信を記録したDSE「ブラック・ボックス」04分11秒~

「モルトケ」クレーターの真相05分33秒~

月面のピラミッド(イカルス・クレーター)08分03秒~

月の真実(11号の交信記録より)09分15秒~

動画の字幕(MPC/VobSub用)

A

Production

動画00分09秒~スタート!

During every Apollo mission to the Moon, the crew was tasked with broadcasting a series of television transmissions from the Command/Service Module to a worldwide audience back home on Earth.

アポロで月へ行った宇宙飛行士達は、司令/機械船から地球へTV中継を放送する任務を負っていた。

動画00分23秒~00分37秒

Broadcast at various times and locations throughout each flight, these TV transmissions were designed to provide the public with evidence of the astronauts pro-
gress as they journeyed through cis-lunar space and into orbit around the Moon.

任務中のさまざまな時刻や場所からのTV放送は、月到達および軌道周回の旅を通じ、宇宙飛行士の活躍を人々に伝えるためだった。

動画00分40秒~00分46秒

Apollo 11 - (MET 33:59:45)
TV broadcast from cis-lunar space

/div>

アポロ11号 (発射後 33時間59分45秒)
月に向かう途中のTV放送

動画00分56秒~01分03秒

During these TV transmissions, the astronauts also provided a verbal commentary to accompany the footage being broadcast.

/div>

宇宙飛行士はTV放送中に、映像に
対して音声解説をした。

動画01分04秒~01分17秒

Contrary to popular belief, these broadcasts were not extemporaneous or improvised performances. Rather, both the footage and dialogue was entirely scripted out PRIOR to the flght.

一般に信じられている説に反し、放送はその場で考えた即興ではなかった。正確には放送場面や発言の両方とも発射前に全て台本が作られていた。

動画01分23秒~01分37秒

The purpose to scripting the broadcasts was to help limit the risk of the astronauts accidentally revealing (either visually or verbally) evidence of certain things that in the "interests of national security" had been declared classified by NASA/DoD.

放送の台本を書く目的は、「国家安全保障の事象」としてNASAおよび国防総省が機密としたものの証拠を、宇宙飛行士が(視覚的にまたは言語で)誤って暴露してしまうリスクを抑えるためだった。

動画01分38秒~01分48秒

In recent years, astronaut Buzz Aldrin has confirmed that the various CSM TV transmissions made during his Apollo 11 flight were pre-planned and scripted.

近年、宇宙飛行士バズ・オルドリンは、自身のアポロ11号の任務での司令船からの個々のTV放送が、あらかじめ計画され、台本があったことを認めている。

動画01分53秒~02分01秒

Back in 2003, while being interviewed for Neil Armstrong's only authorized biography(a book titles "First Man - The Life Of Neil Armstrong"),

2003年に、ニール・アームストロングの公認の伝記「最初の男 : ニール・アームストロングの人生」のためにインタビューされた際に・・・

動画02分02秒~02分11秒

Aldrin was asked about how the TV broadcasts from the CSM during the Apollo 11 mission gave the appearance of being improvised and unscripted.

オルドリンはアポロ11号の任務で、司令船からのTV放送を、どうやって即興や台本など無いように見せたのか尋ねられた。

動画02分12秒~02分23秒

Aldrin first states that they "went to great lengths" to ensure the transmissions appeared that way, and he then goes on to directly confirm that the broadcasts were entirely scripted events.

オルドリンはまず、宇宙飛行士は放送を確実にしているよう見せるために「どんなことでもした」と述べ、さらに話を続けて、放送は完全に台本が用意されたものだったと率直に認めた。

動画02分27秒~02分39秒

"The fact is they (the TV transmissions)
were carefully planned in advance, and
for me, the exact words were written
down on little cards stuck onto the
panel in front of us."

Buzz Aldrin - Apllo 11 LMP
(from "First Man - The Life Of Neil Armstrong")

「事実は、当時(の放送は)あらかじめ入念に
計画が立てられ、私には、ふさわしい言葉が
我々の前のパネルに貼り付けた
小さなカードに書きとめてあった。」

バズ・オルドリン:アポロ11号着陸船操縦士
「最初の男:ニール・アームストロングの人生」より

→ この本の日本版の正式な書名は、
「ファーストマン ニール・アームストロングの人生」

動画02分41秒~02分47秒

Apollo 11 - (MET 78:56:25)
TV broadcast from lunar orbit

Buzz Aldrin - prepared dialogue regarding the lunar terminator

アポロ11号 (発射後 78時間56分25秒)
月軌道からのTV放送

バズ・オルドリンが月の明暗境界線について解説する

動画02分49秒~03分01秒

This "scripting" provided NASA/DoD the ability to rigidly control what the public audience saw and heard during these global television events.

台本化により、国際的なテレビ放送を一般の人々が見聞きすることを、NASAよび国防総省は厳格に管理することが出来た。

動画03分04秒~03分17秒

The CapCom dialogue from Mission Control during these TV broadcasts was also scripted, with leading question and comments being used to ensure the astronauts remained on-topic and on-time delivering their own prepared portins of the dialogue.

TV放送中の管制センターからのカプコンの発言も台本が存在し、宇宙飛行士が話を逸脱せずに、彼らに用意された発言が、時間通りに確実になるよう質問で誘導し、解説をした。

動画03分19秒~03分23秒

 

The rules the astronauts had to follow were simple.

 

 

宇宙飛行士が従うルールは単純だった

 

動画03分25秒~03分27秒

They said only what they were told they could say.

 

 
 

話せる事のみ話す

 

 

動画03分27秒~03分31秒

They said only what they were told they could say.

They showed only what they were directed to show.

 
 

話せる事のみ話す

操作できる物のみ見せる

 

動画03分31秒~03分38秒

They said only what they were told they could say.

They showed only what they were directed to show.

They were censored from discussing or commenting on anything that was not in the pre-approved script.

話せる事のみ話す

操作できる物のみ見せる

事前に承認された台本以外は、何でも
解説が加えられ、審議され検閲される

動画03分40秒~03分56秒

The Apollo cover-story was specifically designed to allow those missions to be conducted in the public eye while at the same time actively concealing the fact that evidence of intelligent extra-terrestrial life had been discovered inspace and on the Moon.

アポロの表向きの話として公然と行われた各任務は、その一方で宇宙および月における知的地球外生命の証拠が、露見しないよう積極的に隠すことを明確に意図していた。

動画03分57秒~04分10秒

The scripting protocols followed during the Apollo pro-gram were for the most part highly effective at ensuring the astronauts did not divulge any sensitive information while they communicated over the public radio channel with Houston.

アポロ計画でとった台本化の手法は、宇宙飛行士が公共ラジオを通じてヒューストンとの交信中に、確実にどんな機密情報をも漏らさないようにするのには、大部分で極めて効果的だった。

動画04分11秒~04分22秒

However, when the astronauts were not in radio contact with Mission Control, they did on occasion make some unscripted and rather candid comments to each other about what they were observing outside their spacecraft.

しかし一方で宇宙飛行士達は、管制センターと交信していなかった時に、時々宇宙船の外を観測していて、互いに台本なしでかなり率直な発言をしている。

動画04分24秒~04分32秒

These comments were captured by a device mounted inside the Apllo CSM that was known as the "Data
Storage Equipment"
recorder (DES).

その発言は、アポロ司令船に搭載された
「データ記憶装置」(DSE)として知られて
いる機器に記録された。

動画04分34秒~04分40秒

Apollo CSM

cut-away graphic of crew compartment/lower equipment bay

アポロ司令船・乗員区画と積載装置の内部図

動画04分42秒~04分49秒

The Apollo DSE was essentially a "Black Box"
cockpit voice & telementry recording system.

アポロDSEは基本的に「ブラック・ボックス」で
操縦席の音声と遠隔測定の記録装置だった。

動画04分50秒~05分03秒

In addition to recrding a variety of spacecraft parameters,
the DSE's 14-track tape also recroeded many internal crew
conversations that took place when the astronauts were
not communicating with Mission Control.

宇宙船のさまざまな数値を記録することに加えて、DSEの14トラック・テープは、管制センターとは交信していなかった時に交わされた、宇宙飛行士たちの多数の会話を記録した。

動画05分04秒~05分15秒

Unfortunately, NASA claims that the original Apollo DSE "Black Box" tape are missing and presumed lost/destroyed.

残念なことに、オリジナルのアポロDSE「ブラック・ボックス」
テープは所在不明で、紛失か破棄されたと推定している
NASAは主張している。

動画05分16秒~05分29秒

The DSE recording were transcribed however, and although they were originally classified, those tran-
scripts can today be found in the NASA archives.

しかしDSEの録音は文字に起こされ、オリジナルは機密であった交信記録は、今日でNASA
アーカイブスで閲覧可能である。

動画05分33秒~05分46秒

Apollo 11 - (MET 78:55:20)
TV broadcast from lunar orbit

Command Module Pilot Michael Collins briefly
mentioning the crater "Moltke" during a live TV
broadcast from lunar orbit.

アポロ11号 (発射後 78時間55分20秒)
月軌道上からのTV放送

月軌道上からの生中継で、「モルトケ」クレーターの
説明をする司令船操縦士マイケル・コリンズ。

→ モルトケ(Moltke)は、英語では「モルケ」と
発音しているように聞こえます。

動画05分53秒~06分04秒

Just a few orbits later, the spacecraft again passed near
"Moltke" crater, but this time the TV camera was off and
there was no radio communication Mission Control.

回軌道を回った後に、宇宙船は再び「モルトケ」クレーター付近を通過したが、その時TVカメラは休止されていて、管制センターとの交信もなかった。

動画06分06秒~06分07秒

However,

しかし

動画06分07秒~06分12秒

However,

the DSE "Black Box" was operational and recoding.

DSEは可動し、録音はされていた。

動画06分23秒~06分32秒

During what he thought was a private conversation in the CSM with Armstrong and Aldrin, CMP Mike Collins again comments on "Moltke" crater.

司令船内でのアームストロングやオルドリンとの個人的な会話だと思った司令船操縦士マイク・コリンズは、再び「モルトケ」クレーターの話をする。

アポロ11号(CDR)アームストロング、(CMP)コリンズ、(LMP)オルドリン

動画06分38秒~06分47秒

Oh God, look at that Moltke; he's my favorite ... Look at that son of a bitch. You see all those roads - triangular roads leading right past him?

Apollo 11 DSE "Black Box" transcript

(MET 82:55:20) - Triangular roads @ Moltke

全く、モルトケを見てくれよ。あれはお気に入りさ・・・
あのクソッタレを見てくれ。 あそこの道が全部、
三角形の道が、そばを通ってるのが見えるか?

アポロ11号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 82時間55分20秒) - モルトケの三角形の道

動画06分50秒~06分52秒

道 ─ 三角形の道

動画06分54秒~07分08秒

AS11-37-5437

 

→ 画像にマウスオーバーで明暗と細部を強調します

動画07分09秒~07分15秒

Apollo 11 - 16mm DAC footage

passing over "Moltke" crater

アポロ11号:データ収集用16mm カメラの映像

モルトケ・クレーター付近を通過

動画07分16秒~07分29秒

DoD/NPL - DSPSE "Clementine" UVVIS

"Moltke" - 0.2S/24.2E

国防総省/海軍研究所の探査機クレメンタイン

モルトケ付近の紫外線・可視光カメラによる画像

→ 画像にマウスオーバーでズームアップします

動画07分32秒~07分43秒

Many of the comments captured by the DSE were made when the spacecraft was behind the far side of the Moon, with the astronauts describing various sights not visible from Earth.

宇宙船が月の裏側にいる時に、DSEには多くの発言が記録され、地球から見えない様々な光景を、宇宙飛行士達は言葉で表している。

アポロ8号(CDR)ボーマン、(CMP)ラヴェル、(LMP)アンダース

動画07分47秒~07分58秒

Apollo 8 DSE "Black Box" transcript

(MET 88:44:39) - "bonfires" on the lunar farside

LMP

There's a strange light down there.

CDR

Is it a bonfire?

LMP

It might be campfires.

アポロ8号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 88時間44分39秒) - 月の裏側の「焚き火」

着陸船操縦士

下に奇妙な光があるな。

船長

焚き火か?

着陸船操縦士

キャンプ・ファイヤーかもしれない。

アポロ17号(CDR)サーナン、(CMP)エヴァンズ、(LMP)シュミット

動画08分03秒~08分18秒

CDR

Well, how about that big one out there, in - with
the - Is that a - a very symmetrical pyramid
mountain out there? Isn't that Icarus? Huh?

LMP

I would guess that that is Icarus.

CDR

I would guess.

LMP

That is Icarus.

CDR

I don't know whether you can see it out your window or not. You see that very pyramidlike central peak? Over here, Ron.

Apollo 17 DSE "Black Box" transcript

(MET 88:15:11) - Pyramid at Icarus

船長

うむ、あそこの大きいのはどうだ、あの、あれは、
左右対称のピラミッドの山だ、あそこはイカルス
じゃ、ないか? どうだ?

着陸船操縦士

あそこは、イカルスでしょう。

船長

そうだよな。

着陸船操縦士

イカルスですね。

船長

君の窓から見えるか分からんが、ピラミッド型の
頂上が見えるか? こっちだ、ロン。

アポロ17号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 88時間15分11秒) - イカルスのピラミッド

動画08分19秒~08分21秒

イカルス

動画08分28秒~08分32秒

DoD/NPL - DSPSE "Clementine" Basemap

Icarus Crater - 5.3S/173.2W

国防総省/海軍研究所の探査機クレメンタイン

月面白地図のイカルス(北緯5.3°/東経173.2°)

動画08分42秒~08分46秒

Note the selective crop /blur stitching that cuts right though Icarus, helping to obfuscate the pyramid.

イカルスを縦断して、ピラミッドを分かりにくくしている
選択的な画像の切り方や不鮮明さに注意。

→ 画像にマウスオーバーで赤い線が消えます

アポロ17号(CDR)サーナン、(CMP)エヴァンズ、(LMP)シュミット

動画08分49秒~08分58秒

Apollo 17 DSE "Black Box" transcript

(MET 195:43:35) - "flashes" on the lunar farside

LMP

Did you look at the back - the dark side of the
... trying to see light? Flashes or anything?

CMP

I saw them.

CDR

Did you? You think it was a light flash or impact?

CMP

I guess - I thimk it was a lot more like a light
flash.

アポロ17号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 195時間43分35秒) - 月の裏側の「閃光」

着陸船操縦士

後ろを見てたか? 暗い部分で光が見え
ないか? 光ってないか?

司令船操縦士

見たよ。

船長

君もか? あれは光が光ったのか、衝突かな?

着陸船操縦士

おそらく、光がさらに光ったようだったと。

動画09分03秒~09分13秒

There were in fact many revealing comments made
by the astronauts that were recorded by the DSE
system during NASA's nine Apollo lunar missions.

このようにNASA9回のアポロ月探査で使用された
DSEシステムの記録には、隠されている事が明らかに
なる宇宙飛行士の交信が多数ある。

動画09分15秒~09分17秒

These comments point to the incredible truth about

交信記録は月にあるものの─

動画09分18秒~09分20秒

These comments point to the incredible truth about

what is really up there.

驚くべき真実を示す

アポロ11号(CDR)アームストロング、(CMP)コリンズ、(LMP)オルドリン

動画09分26秒~09分35秒

Boy, there must be nothing more desolate than to
be inside some of there small creters, these
conical ones.

Apollo 11 DSE "Black Box" transcript

(MET 80:20:42) - CMP Mike Collins initial comment

アアッ、あそこら辺の小さなクレーターや、円錐形の
ものの中に居るのは、わびしいに違いない。

アポロ11号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 80時間20分42秒)司令船操縦士マイク・コリンズの発言

アポロ11号(CDR)アームストロング、(CMP)コリンズ、(LMP)オルドリン

動画09分38秒~09分46秒

Apollo 11 DSE "Black Box" transcript

(MET 80:20:50) - CDR Niel Armstrong's response

People that live in there probably never get out.

アポロ11号 DSE「ブラック・ボックス」 交信記録

(発射後 80時間20分50秒)ニール・アームストロング船長の返答

恐らく、あそこから出ないで暮らす人達なんだ。

実物(PDF)の複製/船長の返答は最上段 → クリックで実物大に
動画09分48秒~09分55秒

All transcript documents shown in this presentation are
official source. The online versions can be accessed @
http://www.jsc.nasa.gov/history/mission_trans/mission_transcripts.htm

すべての交信内容は、公式記録の中のものです。上のURLから
オンライン版(PDF)が入手できます。

多数のNASA交信記録がPDFになって公開されています

http://www.jsc.nasa.gov/history/mission_trans/mission_transcripts.htm

Communications Transcripts:
Mercury Through Apollo

マーキュリーからアポロまでの交信記録集

The Mission Transcript Collection includes scanned transcripts from recorded air-to-ground transmissions and from tapes recording the words of the astronauts while onboard the Mercury through Apollo missions. The collection contains 80 transcripts (approximately 45,000 pages of text). Some of the transcripts include a detailed explanation of the contents.

交信記録集とは、マーキューリー計画からアポロ計画の宇宙と地上との交信の録音、および任務遂行中の宇宙飛行士たちの会話のテープ録音による交信記録をスキャンしたものです。この保管庫には80の交信記録(約4万5千ページのテキスト)があります。いくつかの交信記録には、任務の詳細についての説明があります。

Starting with the Gemini flights, NASA produced a Public Affairs Office commentary version, as well as at least one "technical" air-to-ground transcript version per mission. Most of the Apollo missions produced four transcripts per flight - the onboard voice data recorder transcripts made from the Data Storage Equipment on the Command Module, the Data Storage Electronics Assembly onboard the Lunar Module, the Public Affairs Office commentary, and air-to-ground technical transcripts.

ジェミニ計画からNASAは、各ミッションごとに最低ひとつはある実際の宇宙と地上との交信記録と共に、広報課(PAO)によるコメンタリー(解説)バージョンの記録を制作しました。アポロ計画の大半では各任務ごとに、司令船のデータ記録装置(DSE)内のボイス・データ・レコーダーの交信記録、アポロ月着陸船のデータ記録装置によるもの、NASA広報課(PAO)のコメンタリー、そして実際の宇宙と地上との交信の4つの交信記録が作られました。

The transcripts have been exported to individual Adobe Acrobat PDF files for easy searching and viewing. You will need the free Adobe Acrobat Reader to view these files.

交信記録は検索や閲覧がしやすいアドビ・アクロバットPDFファイルになっています。交信記録の閲覧には、無料のアドビ・アクロバット・リーダーが必要です。
(無料のPDFリーダーは、アドビ・アクロバット・リーダー以外にもあります)

Choose a Mission to view the transcripts.
下で閲覧したいミッションを選択して下さい

Choose a Mission → ミッションの選択
Go → クリックで移動

(下は選択した移動先です。これより下のブロックに
リンクはありません。全てダミーです。)

Apollo 8を選択すると下のようなページに進みます

http://www.jsc.nasa.gov/history/mission_trans/apollo8.htm

Mission Transcripts: Apollo 8

アポロ8号の交信記録

Apollo 8 Onboard Voice Transcription, January 1969, 270 pages
Apollo 8 PAO Mission Commentary Transcript, 728 pages
Apollo 8 Technical Air-to-Ground Voice Transcription, December 1968, 756 pages

一番上のPDFの説明:アポロ8号、司令船の交信記録、1969年1月、全270ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS08_CM.PDF(6.22MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

上から3番目のPDFの説明:アポロ8号、地上との交信記録、1968年12月、全756ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS08_TEC.PDF(36.8MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

Apollo 11を選択すると下のようなページに進みます

http://www.jsc.nasa.gov/history/mission_trans/apollo11.htm

Mission Transcripts: Apollo 11

アポロ11号の交信記録

Apollo 11 Onboard Voice Transcription-Command Module, August 1969, 248 pages
Apollo 11 PAO Mission Commentary Transcript, July 16024, 1969, 629 pages
Apollo 11 Technical Air-to-Ground Voice Transcription, July 1969,
626 pages

一番上のPDFの説明:アポロ11号、司令船の交信記録、1969年8月、全248ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS11_CM.PDF(5.47MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

上から3番目のPDFの説明:アポロ11号、地上と交信記録、1969年7月、全626ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS11_TEC.PDF(15.6MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

Apollo 17を選択すると下のようなページに進みます

http://www.jsc.nasa.gov/history/mission_trans/apollo17.htm

Mission Transcripts: Apollo 17

アポロ17号の交信記録

Apollo 17 Onboard Voice Transcription-Command Module, January 1973, 746 pages
Apollo 17 Onboard Voice Transcription-Lunar Module, January 1973, 411 pages
Apollo 17 Mission Commentary-
Voice Transmissions, 223 pages
Apollo 17 PAO Mission Commentary Transcript, 1,964 pates
Apollo 17 Technical Air-to-Ground Voice Transcription, December 1972, 2,461 pages

一番上のPDFの説明:アポロ17号、司令船の交信記録、1973年1月、全746ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS17_CM.PDF(13.8MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

一番下のPDFの説明:アポロ17号、地上との交信記録、1972年12月、全2,461ページ

PDFをダウンロードする場合は、上を参考に本当のページのAS17_TEC.PDF(55.4MB)を マウスで右クリックして「対象をファイルに保存(A)」を選択して下さい。

NASAアーカイブスについて

現在NASAアーカイブスは、日本からも利用(ダウンロード)できますが、もし興味本位のアクセスが急増して海外からのアクセスに制限が掛かるようなことがあれば、他の国の方にも迷惑が掛かると思うので、アーカイブス(JSC)へのリンクは作っていません。

PDFを直接読みたい方は上のブロックのURLをコピペして下さい。

Special Thanks(お世話になったところ)

NASAホーム・ページ:

NASA home page: http://www.nasa.gov/home/index.html

ルナ・コグニタのYouTubeチャンネル:

LunaCognita(YouTube): http://www.youtube.com/user/LunaCognita

アポロ計画(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/アポロ計画

アドビ・リーダー以外の無料のPDFリーダー:

PDF-XChange Viewer: http://www.tracker-software.com/

参考になるサイト

宇宙情報センター(日本語の宇宙関係の略語サイト):

SPACE INFORMATION CENTER:
http://spaceinfo.jaxa.jp/abbr/abbr_m.html

月の文明の可能性に関する動画Moon Rising(ムーン・ライシング)

Moon Rising Part 1: http://www.youtube.com/watch?v=iZ3wh2cjekE

情報が公開されることと、情報が発表されることは別々のことです

ご質問などありましたら、捨てアドでかまいませんので、
下記へメールしてください。

bancodesrt@yahoo.co.jp