Mufon UFO Journal 2010年5月号

ベン・リッチの告白

Extraterrestrial UFO Are Real: Ben Rich Lockheed Skunk Works Director Admitted In His Deathbed Confession

http://www.ufo-blogger.com/2010/08/ufo-are-real-…

以下は、UFO bloger(最上部にURL)の記事を中心に、YouTubeの動画などの内容を加えたもので、Mufon UFO Journal 2010年5月号の記事が主になっています。ベン・リッチの他に、 ドン・フィリップス、フィリップ・コーソー大佐の証言があります。
「青い太字」はリンクです。

目次
  • 1. シアトル航空博物館館長ジム・グドールが語る
  • 2. ベン・リッチの告白1
  • 3. ベン・リッチの告白2
  • 4. ベン・リッチの告白3
  • 5. ドン・フィリップスの証言
  • 6. フィリップ・コーソー大佐の証言
シアトル航空博物館館長ジム・グドールがベン・リッチを語る

Lockheed Skunk Works Chief…

http://www.youtube.com/watch?v=jQqkQdQrsC8

Famous aerospace author and photographer, Jim Goodall, a curator of Seattle Museum of Flight, citing Lockheed Skunk Works chief Ben Rich.

有名な航空作家および写真家であり、シアトル航空博物館館長のジム・グドールが、ロッキード・スカンクワークス所長ベン・リッチを語る。

 A dear friend of mine named Ben Rich. He replaced Kelly Johnson at the Lockheed Skunkworks. About ten days before he died, I was speaking to Ben on the telephone at the USC Medical Center in Los Angeles. And he said, Jim, we have things out in the desert that are fifty years beyond what you can comprehend. They have about forty five hundred people at the Lockheed Skunkworks. What have they been doing for the last eighteen or twenty years? They're building something. - “THE REAL FLYING SAUCERS” Transmitted June 16, 2004

私の大切な友人はベン・R・リッチという名前でした。ロッキード・スカンクワークスでケリー・ジョンソンの後任でした。彼が亡くなる10日ほど前に、ロサンゼルスのUSC医療センターにいたベンと電話で話をしていました。その際、彼が「ジム、我々が砂漠に有するものは 君が考える50年以上先を行く」と言ったのです。ロッキード・スカンクワークスには約4,500人います。ここ18年から20年の間、何をしてるんだか。 何か造ってるんですよ。(THE REAL FLYING SAUCERS 2004年6月16日放送)

シアトル航空博物館館長ジム・グドール
“THE REAL FLYING SAUCERS”から

http://www.dmptv.co.uk/pro/saucers/index.htm

ベン・リッチの告白1:地球外生命体のUFOは実在するとロッキード・スカンクワークスの所長が臨終の告白で認める

Ben Rich Lockheed Skunk Works director had admitted in his Deathbed Confession that Extraterrestrial UFO visitors are real and the U.S. Military travel among stars.

ロッキード・スカンクワークス所長のベン・リッチが亡くなる直前に、宇宙からのUFO飛来は現実で、米軍が宇宙を航行していると認めていた。

According to article published in May 2010 issue of the Mufon UFO Journal [Link #1] - Ben Rich, the “Father of the Stealth Fighter-Bomber” and former head of Lockheed Skunk Works,had once let out information about Extraterrestrial UFO Visitors Are Real And U.S. Military Travel To Stars

Mufon UFO Journalの2010年5月号掲載の記事によれば、ステルス戦闘爆撃機の生みの親で、前ロッキード・スカンクワークスの責任者ベン・リッチは、かつて地球外生命体のUFO飛来は現実で、米軍が星間航行をしているとの情報を明かしていた。

[Link #1] Mufon UFO Journal
http://www.amazon.com/Mufon-UFO-Journal/dp/B00006KOOT?ie=UTF8&tag=ufbl-20&link_code=btl&camp=213689&creative=392969

F-117ステルス戦闘機とベンリッチ

What he said might be new to many people today, but he revealed the information before his death in January 1995. His statements helped to give credence to reports that the U.S. military has been flying vehicles that mimic alien craft.

彼の発言は今日私達の多くにとって初耳だが、彼は死ぬ間際の1995年1月に情報を暴露した。その発言は、米軍が異星人の飛行船を模倣した乗り物を飛ばしているという報告に、より信憑性を与えている。

The article was written by Tom Keller, an aerospace engineer who has worked as a computer systems analyst for NASA’s Jet Propulsion Laboratory.

記事はコンピュータ・システム・アナリストとして、NASAジェット推進研究所に勤務していた航空宇宙エンジニアのトム・ケラーによって書かれた。

1 : “Inside the Skunk Works (Lockheed’s secret research and development entity), we were a small, intensely cohesive group consisting of about fifty veteran engineers and designers and a hundred or so expert machinists and shop workers. Our forte was building technologically advanced airplanes of small number and of high class for highly secret missions.”

1 : 『スカンクワークス(ロッキードの秘密の研究開発を行う独立部門)の内訳は、小規模で、約50名の熟練した技術者と設計者、そして100名程度の専門的機械工および工場労働者からなる非常にまとまりのある集団。我々が得意としたことは、少数(生産)で、高級で、高度な秘密任務用の技術的に先進的な航空機の製作。』

2 : “We already have the means to travel among the stars, but these technologies are locked up in black projects, and it would take an act of God to ever get them out to benefit humanity. Anything you can imagine, we already know how to do.”

2 : 『我々はすでに星間飛行するための手段を獲得しているが、その技術は極秘プロジェクトに隠され、人類のためそれを公開するには神業を要するだろう。あなたが想像できることなら、我々はすでにその方法を知ってる。』

3 : “We now have the technology to take ET home. No, it won’t take someone’s lifetime to do it. We know what it is. We now have the capability to travel to the stars. First, you have to understand that we will not get to the stars using chemical propulsion. Second, we have to devise a new propulsion technology. What we have to do is

3 :『現在我々にはETを故郷へ送っていく技術がある。それはひとが一生かかってすることではない。それは分かっている。現在我々には宇宙を航行する能力がある。まず第一にあなた方は、化学推進(燃料噴射、原子力 etc...)で宇宙を航行することはないということを理解しなければならない。次に我々は新たな推進技術を発明しなければならない。なすべきことは、

4 : When Rich was asked how UFO propulsion worked, he said, “Let me ask you. How does ESP work?” The questioner responded with, “All points in time and space are connected?” Rich then said, “That’s how it works!”

4 : リッチは、UFOが動く仕組みを聞かれた際に─
『あなたに聞くが、ESPはどういう仕組みなのか?』
と問いかけ、

質問者は、
『すべての時間と空間がつながってるから?』

それを聞きリッチは、
『そういう仕組みだ!』と答えた。

ベン・リッチの告白2:ロッキードの前所長は地球外生命体のUFO飛来を知っていた

Lockheed "Skunk Works" former director knew the Roswell extraterrestrial UFO influenced designs of Testor model kits for Roswell UFO models, and U.S. top secret aircraft. According to a CNI News report by Colorado resident Michael Lindemann, the design information was derived from forensic illustrations and numerous witness testimonies about the Roswell UFO, provided by William L. “Bill” McDonald.

ロッキード「スカンク・ワークス」元所長は、ロズウェルの宇宙からのUFOが、ロズウェルのUFO模型用のテスター(社)の模型キットや、米国の最高機密の航空機の設計に影響を与えたことが分かっていた。コロラド在住のマイケル・リンデマンによるCNIニュース・リポートによれば、ウィリアム・L.「ビル」マクドナルドから提供された設計についての情報は、ロズウェルのUFOについての法廷用イラストや非常に多くの目撃証言に由来する。

In an e-mail, dated July 29, 1999, apparently addressed to Lindemann, McDonald referenced an excerpt of a discussion with Harold Puthoff, founder of the highly classified U.S. “remote viewing” program.

日付が1999年7月29日のEメール。みた感じではリンデマン宛のものの中で、マクドナルドは、極秘の米国「遠隔透視」プログラムの創始者ハロルド・パゾフとの議論に言及する。

McDonald said: “Well Hal, you asked for it! Now that legendary Lockheed engineer and chief model kit designer for the Testor Corporation, John Andrews, is dead, I can announce that he personally confirmed the design connection between the Roswell Spacecraft and the Lockheed Martin Unmanned Combat Air Vehicles (UCAVs), spyplanes, Joint Strike Fighters, and Space Shuttles.

マクドナルドは記す『そうさ、ハル。ざまあ見ろだ! 伝説的ロッキードの技術者で、テスター・コーポレーションの模型キット主任設計者のジョン・アンドリュースが死んだ今、ロズウェルの宇宙船と、ロッキード・マーチンの無人戦闘機(UCAVs : アンマンド・コンバット・エア・ビークル)、スパイ偵察機、統合攻撃戦闘機(JSF / F-35)そしてスペース・シャトルとの間には、設計の関連性があると彼が個人的に認めたことを私は公表できる。

Andrews was a close personal friend of "Skunk Works" director Ben Rich -- the hand-picked successor of Skunk Works founder Kelly Johnson and the man famous for the F-117 Nighthawk "Stealth" fighter, its "half-pint" prototype the "HAVE BLUE", and the top-secret F-19 Stealth Interceptor. Before Rich died of cancer, Andrews took my questions to him.

アンドリュースは「スカンクワークス」所長ベン・リッチの個人的な親友で、スカンクワークス創設者ケリー・ジョンソンの厳選された後継者で、F-117ナイトホーク「ステルス」戦闘機、それのとても小さいプロトタイプの「ハブ・ブルー」、それと極秘のF-19ステルス迎撃機で有名な人物だ。リッチが癌で死ぬ前にアンドリュースは、私の質問を彼にしたんだ。』

ベン・リッチの告白3:元ロッキード・スカンクワークス所長が認めたこと

1. There are 2 types of UFOs -- the ones we build and ones 'they' build. We learned from both crash retrievals and actual "hand-me-downs." The Government knew and until 1969 took an active hand in the administration of that information. After a 1969 Nixon "purge", administration was handled by an international board of directors in the private sector…

1. UFOには二種類ある。我々人間が造ったものと「彼ら」が造ったものだ。墜落して回収したものや、彼らの「お下がり」から知識を得た。政府は1969年までこの情報を把握し、管理に一枚絡んでいた。1969年のニクソン「外し」の後、管理は民間の国際的な役員会に移った。

2. Nearly all "biomorphic" aerospace designs were inspired by the Roswell spacecraft -- from Kelly's SR-71 Blackbird onward to today's drones, UCAVs, and aerospace craft…

2. ほぼ全ての「生物形態的」航空機のデザインは、ケリーのSR-71ブラックバードから今日の無人機、UCAV、航空宇宙機までロズウェルの宇宙船から発想を得た。

3. It was Ben Rich's opinion that the public should not be told [about UFOs and extraterrestrials] . He believed they could not handle the truth -- ever. Only in the last months of his decline did he begin to feel that the "international corporate board of directors" dealing with the "Subject" could represent a bigger problem to citizens' personal freedoms under the United States Constitution than the presence of off-world visitors themselves.”

3. ベン・リッチは、一般人に「UFOや地球外生命体について」話すべきではないと考えていた。一般人は真実にうまく対応できない、そう信じていた。亡くなる前の数ヶ月の間に、「この件」に取り組む「国際的な取締役会」が、異世界の訪問者の存在よりも、合衆国憲法下の市民の個人的自由への大きな問題になるかもしれないと、彼は感じるようになった。

Lindemann added that “Bill McDonald received the above information from Andrews from 1994 until their last phone call near Christmas in 1998.” Lindemann also noted “It should also be known that Dr. Ben R. Rich attended a public aerospace designers and engineers conference in 1993 before his illness overwhelmed him in which he stated -- in the presence of MUFON Orange County Section Director Jan Harzan and many others that – ‘We’ (i.e., the U.S. aerospace community/military industrial complex) had in it's possession the technology to "take us to the stars".

続けてリンデマンは「ビル・マクドナルドは上記の情報を、アンドリュースから、1994年から1998年のクリスマス頃の最後の電話の間に入手した。」とつけ加え、さらにリンデマンは「ベン・R・リッチ博士が、病気に打ちのめされる前の1993年に、国立航空宇宙設計者および技術者会議に出席して、MUFONオレンジ郡地区責任者ジャン・ハルザンや、その他大勢のいるところで、『我々』(すなわち米国航空宇宙共同体/軍産複合体)は、を保持している、とはっきり言ったことも知っておくべきだ」と指摘する。

See the complete letter in May, 2010 MUFON UFO Journal from John Andrews and the hand written reply from Dr. Ben Rich. Hear more revealing testimony from Disclosure Project whistleblowers. *** NASA can not deny secrets discovered by UK hacker Gary McKinnon *** and many astronauts if it expects full funding from the Obama White House administration.

MUFON UFO Journal 2010年5月号にあるジョン・アンドリュースとベン・リッチ博士の手書きの返事、その全部の手紙をみること。さらにディスクロージャー・プロジェクトの内部告発者があらわにする証言がある。NASAは英国のハッカー、ゲイリー・マッキノンや、多くの宇宙飛行士が発見した秘密を、もしオバマ政権が全面的な提供を要求するならば、否定できない。

• ゲイリー・マッキノン:ペンタゴンをハッキングした男
(2006年6月 プロジェクト・キャメロットによるインタビュー)
http://../GMcKinnon.html《サイト内のページ》

*** http://www.ufo-blogger.com/2010/08/ufo-secret-evidence-we-are-not-alone.html

ドン・フィリップスの証言:スカンクワークスの技師、米空軍、CIAの業者である人物が「UFOは存在する」と認める

Don Phillips, "These UFOs were huge and they would just come to a stop and do a 60 degree, 45 degree, 10 degree turn, and then immediately reverse this action". During the Apollo landing, Neil Armstrong says, "They're here.They are right over there and looking at the size of those ships., it is obvious they dont like us being here”. When I was working with the Skunkworks with Kelly Johnson, we signed an agreement with the government to keep very quiet about this.

ドン・フィリップスは語る、「UFOは巨大で、飛来したと思ったら静止して、60度、45度、10度と方向転換して移動し、それからすぐさま反転した。」アポロが着陸していた時、ニール・アームストロングが『奴らが居る。まさにあそこで、あの船団の規模からみて、我々がここに居るのが気に入らないのは明らかだ。』と言ってる。私が、ケリー・ジョンソンのいたスカンクワークスと協力していた時、我々はこれについて厳重に内密にするよう政府との取り決めに署名(サイン)した。

設計技師ドン・フィリップス氏

Anti-gravitational research was going on. We know that there were some captured craft from 1947 in Roswell, they were real. And, yes, we really did get some technology from them. And, yes, we really did put it to work. We knew each other from what we call an unseen industry. We can term it black, deep black, or hidden.

反重力の研究は進行中だった。1947年にロズウェルで何らかの宇宙船を捕獲したこと、それが事実だったことを我々は知ってる。そして、そうなのだ、本当にそこから何らかのテクノロジーを手に入れたのだ。それから、その通り、我々は本当に目的どおり動作するようにしたのだ。我々はいわゆる見えない産業界で知り合いだった。我々はその業界を、ブラック(産業界)、ディープ・ブラック(産業界)、もしくは隠れ(産業界)と呼んだ。

The knowledge I have of these technologies came from the craft that were captured here. I didn`t see the craft, nor did I see the bodies, but I certainly know some of the people that did. There was no question that there were beings from outside the planet.

私が知ってるそのテクノロジーの知識は、ここで捕獲された宇宙船からのものだ。私は宇宙船を見てないし、(宇宙人の)遺体も見てないが、直に関った人たちを知ってる。惑星の外から来た存在だったことに、疑問の余地は無かった。

And if alien were hostile, with their weaponry they could have destroyed us a long time ago .We got these things that are handhold scanners that scan the body and determine what the condition is. We can also treat from the same scanner.

それから、もし異星人が敵意を持っていたなら、彼らの兵器で当の昔に我々は滅ぼされているだろう。我々は、体をスキャンして健康状態を測定する携帯型のスキャナのようなものを手に入れた。さらにそのスキャナは

I can tell you personally that we've been working on them. And we have ones that can diagnose and cure cancer. One of the purposes I had for founding my technology corporation in 1998 was to bring forth these technologies that can clean the air and can help get rid of the toxins, and help reduce the need for so much fossil fuel. Yes, it is time. I can tell you personally that it has already started. pp. 375 ,383.

自ら断言できるが、我々はそれを使っているのだ。それから我々はを持っている。1998年に私が自分の技術会社を設立した目的の一つは、空気の清浄、(体内外の)毒素の除去、そして大量の(石炭・石油など)化石燃料の使用を減らすことなどが出来るテクノロジーを外部へ提供するためだった。そうだ、その時期なのだ。自ら断言できるが、すでに始まっているのだ。pp. 375 ,383.

ドン・フィリップス氏の詳細な証言が、以下のPDFにあります

ディスクロージャー・プロジェクト 摘要書全訳暫定版
(簡易版の日本語訳PDF 2.29MB 全392ページ)

日本語訳PDF 221ページ(p219)
ロッキード・スカンクワークス、米国空軍、CIA請け負い業者 ドン・フィリップス氏の証言 2000年12月
上のPDFの中の「コーソ大佐」と以下の「コーソー大佐」は同じ人物です。

引用元ブログには、ここにDISCLOSURE PROJECTのPDF《英語版》

フィリップ・コーソー大佐の証言:すべてはロズウェルから

Extraterrestrial UFOs are real - Ben Rich Lockheed Skunk Works CEO admits on his deathbed

http://www.youtube.com/watch?v=N7ahst8TMww

Here's a quote from Colonel Philip Corso: Army Intelligence officer, former Head of Foreign Technology at the U.S. Army's Research and Development Department at the Pentagon and four years Director of Intelligence on President Eisenhower's White House National Security Staff.

フィリップ・コーソー大佐 ── 陸軍情報将校、元国防総省陸軍研究開発局海外先端技術部長官、アイゼンハワー大統領の国家安全保障問題担当情報局長を4年間歴任 ── は次のように述べている。

"Let there be no doubt. Alien technology harvested from the infamous saucer crash in Roswell, N.Mex., in July 1947 led directly to the development of the integrated circuit chip, laser and fibre optic technologies, particle beams, electromagnetic propulsion systems, depleted uranium, projectiles, stealth, and many others

「明らかにしよう。1947年7月ニューメキシコ州ロズウェルでの悪名高き円盤の墜落から得たICチップ、レーザーや光ファイバー技術、粒子ビーム、電磁推進システム、劣化ウラン、発射弾頭、ステルス技術その他多くののだ。」

How do I know? I was in charge!

「どうして分かるのか? 私が責任者だったのだ!」

I think the kids on this planet are wise to the truth, and I think we ought to give it to them. I think they deserve it."

「この惑星の子らは真実に気づいていると思う。我々にはそれを伝える義務があるだろう。それが当然だと思う。」

-- article containing Ben Rich's confessions was published in the May 2010 issue of the Mufon UFO Journal

Mufon UFO Journal 2010年5月号掲載「ベン・リッチの告白」から

※この下は引用元のブログのものです。

In the past we had posted about UFOs landing in front of former U.S. President Eisenhower at Holloman Air force Base and how US State representative confirms that US President Eisenhower met Aliens.

以前紹介した、ホロマン空軍基地でアイゼンハワー元大統領のいる前に複数のUFOが着陸し、州議会議員が本当にアイゼンハワー大統領が異性人たちに会ったということを認めた投稿。

We had also been reported about Eisenhower`s great granddaughter`s claim too, in which she has exposed her attempted recruitment into a secret Mars colony project.

そして以前お伝えした、アイゼンハワーの曾孫娘《ローラ・アイゼンハワー》も主張していた、秘密の火星植民地(コロニー)計画に向けた新兵募集の企てを彼女が暴露したこと。

In recent confessions from UK, France, China Admitted that UFO are real and of ET origin

最近伝えられたこととしては、英国、フランス、中国がUFOは実在し、ETに由来するものと認めたということ。

And NASA in its own continuous disclosure style informed the word that they had found few more New Earth sized planets.

そしてNASAは、自ら連続して情報開示的な、新たな地球ぐらいの大きさの惑星をさらにいくつか発見したと報告している。

All above incidents and individuals testimony clearly showed that "We Are Not Alone, Never Were Actually"

以上のすべての出来事や人々の証言が明らかに「人類は孤独ではない、実はそうではなかった」ことを示している。

引用元ブログにはこの下にUpdateの項目あり

キーワードなど

関連項目などのサイト

Extraterrestrial UFOs are real - Ben Rich Lockheed Skunk Works CEO admits on his deathbed

「地球外のUFOは存在する」ロッキード・スカンクワークスCEOベン・リッチが臨終の床で認めていた
→ このページのダイジェスト版のような動画(3分03秒、640x360、9.84MB)

http://www.youtube.com/watch?v=N7ahst8TMww(YouTube)

→ 上の動画の字幕MPC/VobSub用)

Mutual UFO Network / MUFON (ムーホン)※ミューホンではないようです

UFO目撃情報の真相を調査する米国の非営利組織(NPO)で、米国で最も古く、大きなUFO調査団体のひとつである。
現在、組織には世界中に3,000名以上のメンバーがいるが、会員の大部分は米国本土に居住している。MUFONは報告されたUFO目撃情報の現地調査のために、世界規模のネットワークで地区責任者をおき活動していて、年1回の国際シンポジウムを開き、毎月MUFON UFO Journalを発行している。

http://en.wikipedia.org/wiki/Mutual_UFO_Network(Wikipedia)

スカンクワークス

アメリカ合衆国の航空機製造会社であるロッキード・マーティン社の一部門「ロッキード・マーティン先進開発計画(Lockheeds Martin's Advanced Development Programs)」の通称。転じて、航空宇宙企業内における軍事関連の秘密開発部門、警察の武器庫・銃火器管理調整担当を指していたが、その後語義がさらに拡大し、現在では企業内の極秘開発部門・選抜されたメンバーのみからなる特命チームなどをも指すようになった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/(Wikipedia)

このサイト内の関連ページ

米国の反重力飛行隊(B-2ステルス爆撃機の推進技術について)

http://../b2ion.html

米国とロシアの事案
黒海でUSSドナルド・クックを非常に脅かしたものとは(2014年11月8日)

http://../BFul_141103.html

その他のベン・リッチ関連サイト

ステルス戦闘機開発者ベン・リッチが、宇宙人の存在を明かす!

http://blog.livedoor.jp/whoomoi/archives/51639280.html

元ロッキード社長の臨終前の自白

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31922023.html

ベン・リッチ博士の告白

http://fortune-tao.com/D5/main/lockheedmartin.html

フィリップ・コーソー中佐に聞いた

http://www2.ocn.ne.jp/~chikyuu/firipu.htm

2012年1月28日初出
2015年5月24日最終更新