クリフォード・ストーン軍曹:ETの通訳
2006年11月ニューメキシコ州ロズウェルにて(プロジェクト・キャメロット)

Sgt. Clifford Stone: ET Interpreter
Roswell, New Mexico, November 2006

http://projectcamelot.org/clifford_stone.html

文字のリモコン

横幅の変更

文字の大きさ

行間

フォントを・・・

に変更します

以下のインタビューは、プロジェクト・キャメロットのケリー・キャシディによるクリフォード・ストーン軍曹へのインタビューです。2006年11月ニューメキシコ州ロズウェルにて収録、52分00秒。
* は編集されて話題が変わっている部分です。
 

も く じ

もくじ

はじめに

Biography

In the world of UFO research, the name of retired Army sergeant Clifford Stone is nearly a legend. Decorated Vietnam combat veteran who served 22 years, Stone claims that he led a double life from the late 60's through his retirement in 1990. While officially assigned to an "NBC" Team (nuclear, biological and chemical retrieval and abatement detail), he asserts that he also served on Top Secret UFO crash retrieval missions where he had physical contact with downed ET craft and interactions with captured non-human life forms. The official NBC Team assignment allegedly served as a cover for those highly secretive and compartmentalized operations. Over a period of nearly 40 years, Stone has amassed one of the largest private collections of authentic government documents clearly establishing the hard reality of the UFO phenomenon.
[ http://www.coasttocoastam.com/guest/stone-clifford/7364 Clifford Stone ]

人物紹介

UFO研究の世界で、退役軍人クリフォード・ストーン軍曹の名は伝説に近い。22年間勤務し、ベトナム戦争において勲章を授与された退役軍人ストーンは、60年代後半から退役する1990年まで二重生活を送ったと主張する。表向きは「NBC」部隊(核、生物および化学兵器復旧対策班)に配属されていたが、さらに彼は、墜落したET宇宙船の実地調査や、捕らえた非人類生命体との交流を行うといった極秘のUFO墜落救助作戦に従事していたと断言する。公式なNBC部隊の任務は、極秘かつ区分化された各作戦を隠蔽するのに貢献したということになっている。ほぼ40年間に渡ってストーンは、不思議なUFO事件の厳しい現実を、はっきりと証明する本物の公文書の最大の個人所蔵家のひとりとして収集をしている。(ラジオ番組:コースト・トゥ・コースト、ゲスト紹介から)

クリフォード・ストーン軍曹(2006年)

ETの通訳:クリフォード・ストーン軍曹

We met Clifford Stone at the Roswell Museum in New Mexico where he was kind enough to grant us several hours of his time. After listening to him for only a short while, it became clear we were in the presence of a very extraordinary man.

ケリー・キャシディ(プロジェクト・キャメロット): わざわざこちらの願いを聞き入れてもらい、数時間あまりニューメキシコ州のロズウェル博物館でクリフォード・ストーンに会いました。ほんの少し彼の話を聞いて私達は極めて驚くべき人を前にしたことが分かりました。

This soft-spoken gentleman has an astounding tale to tell about his alien friend, Korona; how he went on crash recovery missions in Vietnam during the 60s; how he helped an ET to escape from military custody.

この穏やかな話し方の紳士には、彼の異星人の友人「コロナ」のことや、彼がどうやって60年代にベトナムで墜落回収作戦をこなしていったのかや、彼が、どうやってETが軍の拘留から逃れるのを支援したのかを伝える驚異的な話があります。

He's got a massive heart and a broad perspective that manages to capture the whole world in its sights. He talks of the rights of the visitors to our planet in the face of captivity; he talks of their sense of sacrifice for the well being of humanity. He speaks of the need for us to care what happens to the 'other guy', and how real feeling for each other is what's going to make the difference as we move forward to join the galactic community.

彼にはとても大きな心と、全世界を視野にとらえる幅広い視点があります。彼は監禁に直面する我々の惑星への訪問者たちの権利について話しをします。彼は人間としての幸せのために彼らの犠牲の感覚について語ります。彼は、私たちが他人に何が起きているのか、また、本当に互いを思いやる気持ちが、どのようにして私達が銀河系社会に参加する方向へと進むよう何かを改善していくのか、配慮する必要性を述べています。

Clifford Stone: What do you want? A story that is believable or do you want the truth? What’s going on? How much does our government know and when did they know it?

クリフォード・ストーン(以降 C): あなたの希望は、信じられる話か、それとも真実ですか? 何が起きているのか。政府はどれぐらい知っているのか。またそれをいつ知ったのか。

Kerry Cassidy: You were the interface between the government or the military, and alien visitors. Would that be correct?

ケリー・キャシディ(以降 K): あなたは政府や軍と、異星人たちとの橋渡しでした。そうですね?

C: That would be correct. There is a price to pay when you start talking, and I don’t want to go into that too much because when you start reliving it, you have no idea what I’m seeing in my mind right now, just talking about the tip of the iceberg.

C: そうです。話すとあなたに代償があるので・・・、あなたに追体験をさせるので詳細は避けたいのですが。
K: かまいません。
C: 私の心に浮かぶ氷山の一角を話しても見当がつかないでしょう。***

Two or three times I got out of the UFO field but you want me to tell you a little secret? You can’t. There are people out there and I’m one of them…it’s not about money. God, I wish it was. We could be going outside of the cosmos visiting other solar systems, other planets outside of our own. But when we do this it’s going to be that we are going to have a spiritual heightening. In other words, we are going to have to care what happens to the other guy.

私は2~3回、UFOの事から逃げ出したことがあります。内緒の話が聞きたいですか? 無理です。向こうに人が居ますが、私もその一人で・・・、お金は関係ありません。ああ、そうだったらいいのに。我々は他の太陽系や惑星へ、遠い宇宙に行くでしょう。でも、それには我々が霊的に向上しなければ。つまり、他者を気遣うようになる必要があります。

インタビュー開始

K: Clifford Stone, I’m very happy to be able to interview you here today. And there is a great deal of respect for what you have done and for your courage in coming forward and talking about it. It’s very exciting to actually get you on camera.

K: クリフォード・ストーンさん、今日は、お話が聞けて光栄です。ご助力と進み出て話す勇気に多大なる敬意を抱きます。あなたにカメラを向けてワクワクしています。

C: Thank you, ma’am.

C: それはどうも。

K: And so we are here actually in a really amazing place. This is the Roswell UFO Museum. Do you mind telling us how you ended up in Roswell?

K: 私達は驚くべき場所にいます。ロズウェルUFO博物館です。どうしてあなたはロズウェルに赴任したのですか。***

C: Well, The United States Army sent me here. I’m retired military.

C: 米国陸軍が、かつて私をここへ派遣しました。私は退役軍人です。

K: OK…

K: なるほど。

C: So, being retired military, you are always subject to recall and you are always subject to possibly being asked things as a consultant. I retired as a Sergeant First Class.

C: 退役しても常に、呼び出されたり、顧問として助言を求められる可能性があります。私は一等軍曹で退役しました。

K: Now, was your title a clerk? I understand that was a cover story? Is that correct?

K: あなたは事務官で、それは表向きのことですよね?

C: You actually had, you had a real life in the military. You had an actual mission. The only time that this other stuff came into play was when they had a UFO incident that was to occur and you were in the immediate area of that.

C: 実際には、軍での日常は、実在の作戦です。他の仕事が生じるのはUFO事件が発生した時で、即座に現場に行きます。

I can tell you in 1965 in Vietnam there was a base camp there that tried to open fire on a UFO. At the very minute they tried to do that none of their weapons worked. All the electricity went out and remained so until after the UFO left. I can tell you from being in Vietnam for four years, yes it was four years, the records reflect 37 months but if you add up the time of TDY that I was over there, it is right at four years, ‘TDY’ being Temporary Duty. Not having the power on anything is very, very scary and those were very, very tense moments.

1965年にベトナムで、前進基地からUFOに攻撃を試みたことがありました。攻撃しようとしたら、兵器が作動しませんでした。UFOがいなくなるまで電気系統は不能でした。ベトナムには4年いました。ええ、4年間です。記録は37ヶ月ですが、TDYを加えれば、正しくは4年間です。TDYとは暫定任務です。武器が無いのは、とても怖く非常に緊張しました。(ここで映像が切り替わる)

K: As a Communicator, you were called that just in terms of your military life, from what age did you start working in this capacity would you say?

K: 交信者(異性人とのコミュニケーター)として召集された軍隊生活で、何歳からこの分野の任務に就いたのですか?

C: It was probably at about the age of about 19 or 20.

C: たぶん、19か20歳の頃です。

K: OK.

K: そうですか。

C: When it comes to people who do Interfacing, there is no school for that. There were things that went on in your life, when I got out there were seven people that were still in the military that did Interfacing, only seven, and that was military-wide.

C: 「接触」をする者のための養成学校はありません。それからいろいろありましたが、私が退役したとき「接触」を軍でしていたのは7名でした。たった7名です。軍全体で。

Interfacing(インターフェイシング:言葉を話さずに異性人と対話すること)を、接触と訳しました。
ベン・フワ

And I was put into an incident where we had a situation that we weren’t told exactly where it was but I know …that we landed at Ben Hua because when I look back, there was a sign, that’s where we landed.

場所を知らされず参加した事件があり、行き先は・・・ベン・フワと分かりました。振り返ると表示があり、そこに着陸しました。

K: Ben Hua?

K: ベン・フワ?

C: That’s in Vietnam.

C: ベトナムです。

K: Oh.

K: ああ(なるほど)。

C: I know it was Ben Hua because it was the same when I went back. Now this was an incident that occurred…

C: 退却時と同じでしたから、馴染みのベン・フワでした。それで、この事件は・・・

K: Was it a crash? Or was it a visit?

K: (UFOの)墜落ですか、それとも訪問だったのですか?

C: We saw the entities.

C: 我々はいくつか物体を発見しました。

K: OK…

K: そうですか・・・

C: This involved us going in and to try to extract an aircraft and we did, we cut it up into, I think, about seven pieces.

C: 複雑で、機体を引き抜くために、(一瞬考えて)・・・だいたい7つに切ったんです。***

K: OK. Was it one of theirs?

K: なるほど、それは宇宙船のひとつですか?

C: No, no, no. This was a B-52…

C: いいえ、違います、B-52です。

K: OK…

K: そうですか・・・

C: …that didn’t crash normal.

C: ただの墜落とは違いました。

K: Was it a time travel experience?

K: タイムトラベルだったとか?

C: Nope. This was a craft that was shot down. Everybody was killed on… everybody was dead onboard the B-52.

C: いいえ。撃墜された宇宙船でした。みんな殺されて・・・、みんなB-52で死んでました。

K: Shot down by the visitors?

K: (異星人の)訪問者に撃墜されたんですか?

C: They were on a bombing mission over…. I have no way of knowing this but I would assume they were on a bombing mission over North Vietnam. The damage to the craft was as a result of anti-aircraft fire at the B-52. I mean the damage was that type. And it was used for conventional bombing. And where I said that we went in, we went from there by helicopter. But it was just like some giant hand had grabbed the plane out of mid-air and just set it on the jungle floor. And that’s what we were interested in.

C: 彼らは爆撃任務を終えて・・・。知る由もありませんが、彼らは爆撃任務後に北ベトナムにいた。宇宙船への損害は、B-52の対空砲火の結果でした。その類の損傷でした。通常の爆撃で使用されるものです。お話したところにはヘリで行きました。(状況は)まさに何か巨大な手が空中で(B-52の)機体を掴み、ジャングルに置いたようでした。 これこそ我々が関心を持っていたことでした。

K: Oh...

K: まあ・・・。

C: We didn’t know, you are not told. When we got on the plane in the States to leave to go over there, we were told we were going to Florida.

C: 我々は何も分からず、教えられず、本国で飛行機に乗る際、フロリダに行くと言われました。

K: [laughs]

K: (笑)

C: When we landed in Oakland, we knew that we were not going to Florida. But then we went ahead and we were given a little plastic bag. You had to cut “US ARMY” off, you had to cut your name tag off. One thing you never do is take your dog tags off. We took our dog tags off. Every item that could identify you went into that plastic bag. That was held for us there at Ben Hua. That was held for us there until we came back. After the event occurred they put me in this GP… I mean a tent… There was a table there, there was a chair, there was a pad, there was I think a couple of pens but I grabbed a pencil. I was to set there and just put down my thoughts.

C: 我々はオークランドに着陸し、フロリダに行かなかったのを知りました。次に我々は、小さなビニール袋を渡されました。「US ARMY」の刺繍を、認識票を外せと命令されました。認識票を外すなど、あり得ません。個人を特定するものを外して袋に入れました。その状態でベン・フワに。帰国までその状態でした。現場に行った後、GPに入れられ・・・、テントのことです。そこには机、椅子、帳面があり、2、3のペンがあったと思いますが、鉛筆を取りました。そこで自分の見解を書くことになっていました。

K: OK…

K: なるほど・・・

C: Anyhow, getting back to the tent, that was all that was there. I went ahead, went in and got bored, and I started to play games of tic-tac-toe. I went outside to smoke and took the paper with me, wadded it up and put it in my pocket. When they found that piece of paper – now remember, all that was on it was just little games of tic-tac-toe – immediately the guy that I always called the colonel who was always there, he came and knocked the cigar out of my mouth and started to cuss at me profusely: “What are you doing out there? Why do you have that?” “You can be shot for having that paper in your pocket.” Why? It was classified waste. You didn’t take paper in there, you took nothing in there. And everything that was in there was to stay there. So everything that I wrote was immediately put into a... into a briefcase, and was taken out of there by special courier. And even though I wrote it, I was no longer cleared to see it any more.

C: とにかく、テントに戻り、それがそこにあった全てでした。私は作業を始め、退屈して・・・、まるばつゲームを始めました。私は喫煙のため、紙を丸めポケットに入れ外へ出ました。軍が紙切れを見つけた時、先ほどの、書いてあったのは・・・まるばつゲームですが、すぐに、私が大佐と呼んでいた、いつもいた奴がやって来て私のタバコをはたき、とうとうと罵り始めました。「そこで何をしてる? なぜ持ち出した?」「ポケットの紙のことで、お前を撃つ事が出来る」と。(私は)なぜです? 紙クズですが。「お前は、紙を持ち込めないし、中の物は持ち出せない。全てあったままにしておけ。」と言われました。そして私の書いた物は全て即座に・・・ブリーフケースに、そして特殊工作員が持ってきました。そして書いたものを見る事は許されませんでした。

K: Hmm…

K: ふーむ。
リモート・スキャン

C: Now, did you write things sometimes that you didn’t even know you wrote? Yeah, you did. I can tell you right now that everything I read I can have a greater understanding of some of the stuff I am doing. Paul [his friend, who came with him to meet us] can tell you that I do a whole lot of stuff as far as downloading. But you know what? I don’t have to read every page... but I’ll scan every page. While I am scanning, through me they can pick up on every thing that’s there. It’s all old news to them...

C: ところで(数秒視線を上から下へ左右に走らせ何かを見たような後で)・・・あなたは時々書いたのも分からない事を書き留めていた・・・そうですね? 今、全てを透視してあなたに話せます。私にはいくつか強力な知力があります。ポール【少し離れたとこで撮影を見ているストーン軍曹と一緒に来た友人】は、ダウンロードするように、私が遠くの沢山のことが分かることを証言できます。けれども、私はページを読みません・・・、スキャンするのです。私はスキャン中に、そこにある全てを理解します。古いニュースばかりですが・・・

K: Sure.

K: ええ。

C: but they find some things interesting. And they’ll find some things that are bemusing to them because we are headed in the right direction but we don’t have the right “i” dotted. And if you know anything about mathematical formulas, we will have things in reverse. But this right here sometimes scares you because you think, gee, is this a good… because you’re being driven to do this.

C: 興味を引くものもあります。そして混乱するものもあって、それは正しい方向に進んでいますが、「i」に正しく点が無いからです。もし、何か数式を知っていたら、立場は反対になるでしょう。でもギョッとして、時々怖くなります。これで充分かと・・・これをせざるを得ないので。***

K: So it’s fascinating, that we don’t think of Vietnam and during the war as a time when we would also be dealing with off-world cultures.

K: ベトナム戦争中は、考えませんが、異世界文化に対処するというのは興味をそそりますね。 。***

C: You know why? They truly were told to call them helicopters. You were in a war zone, so what you do is you go in and put a little Occam’s Razor in there and you eliminate to the lowest denominator. UFOs can’t exist. Let me rephrase that. UFOs is not a good term. Interplanetary Conveyances cannot exist, so it has to be something very earthly. NSA went ahead and would call UFOs "UFOs" when we were monitoring communications with the Soviet Union. But they always qualified that in hopes that with the initiation of the Sunshine Act, later to become the Freedom of Information Act, that they would not be subject to those acts by saying seven UFOs being reported by such and such a location and site. But when they would say seven UFOs, in parentheses, they would put: probably balloons. Disregard the fact that, in the one document I am talking about, the seven UFOs were traveling at 1700 mph. Balloons can’t do that.

C: なぜだか分かりますか? 本当にUFOをヘリコプターと呼ぶよう命ぜられました。戦場においては任務に着き、オッカムの剃刀を用いて、最も低俗なものを排除するのです。UFOは存在しない・・・、言い直させて下さい。UFOは不適切な言葉です。惑星間の乗り物は存在しない、よって地球のものに限るのです。NSAは、我々がソ連の通信網を監視していた時でもUFOを「UFO」と電話では言っていたでしょう。でも彼らはサンシャイン法、後の「情報公開法」で、期待されたなかでも常に表現を弱めました。彼らは書かれても影響を受けないのです。どこそこで目撃されたと報道される7つのUFOも。彼らがその7つのUFOについて書くときには、「気球と思われる」と。ある報告書の無視される事実に「7つのUFOが、時速2,735Kmで移動。」とあります。気球にそれは出来ません。

K: Right.

K: そうですね。(笑)

C: I always got bemused at that, because even as a kid I’d get bemused when people would say “I don’t believe in ghosts. However, this happened...” and then tell a perfectly good ghost story. With me I very early on knew that to deny the reality of UFOs and other phenomena that occurs would be denying myself.

C: ***今も子供の時でもそれに戸惑います。人は「幽霊は信じないが、(UFOが)現れた」と、そして幽霊話を語るのです。 私がかなり早く気付いたのは、UFOや他の不思議な現象を否定すると自己否定になるということです。

K: So as a communicator you definitely…

K: あなたは交信者として・・・

C: You don’t always tell the others what’s going on. Remember it I told you, you feel it?

C: ひとは状態を常に誰かに伝えたりしません。前に言いましたが、どうですか?

K: Yes, you feel what they feel and they feel what you feel.

K: ひとが感じることを彼ら(異星人)が、彼らが感じることをひとが感じる、ですね。

C: You don’t always address it because one of the things that you may feel like, if they’re saying that they are a guest. If our military is saying “Well, this is one of our guests”… they’re not treating that entity as a guest, then what is happening is that you are feeling what that entity was feeling..

C: ひとが常に注意を向けそうにないことのひとつに、もし彼ら異星人が自らを客だと言い、軍が「ふむ、こちらは来客のひとりだ」と言いながら、軍がその存在を客として扱わないと、何が起こるかというと、その存在(異星人)が感じることをあなた自身も感じるのです。

K: Uh huh…

K: ふむ・・。

C: And... one situation I even helped one of them escape. And that right there was [laughs]… I’m not telling everything that was being said…

C: ある状況で、私は彼ら(異星人)の逃亡の支援もしました。あそこで・・・【思い出し笑いをしながら】起きたこと全部は話せませんが・・・(ここで映像が切り替わる)

K: I’m curious. What went on when you dealt with that? Was it... first of all, what kind of an entity was it? And I understand that they were being held prisoner. But how was it that you were able...? And in fact, Dan Burisch talks about the same thing.

K: 興味深いですね。それをしてどうなったのですか? それは、 まず、その存在はどんな種類ですか? 彼らが抑留されていたのは分かっています。それであなたはどんなことが、できたのですか? それから、実際にダン・バーシュは同じことを話してます。(ここで映像が切り替わる)
ハインツ57

C: Well, I don’t know whether it was a Stargate or what, but in order on the inside where we had this entity, if we were to… and there’s a tape that talks about this which gives a whole lot more detail… but we went ahead, and if they were to try to extract this entity from inside where we were at, then there’d have been people killed. And this entity would not accept that. And you could feel what it felt. That’s the best way to put it. And I’m trying to tell this without going into any real... certain details. But, I convinced the person I always called the Colonel, and all throughout that’s what I was calling him. We went ahead… and I said, you know, he needs to show me something, but everybody has to be cleared from here and it’s just gotta be me and him.

C: その、スターゲイトかどうか私には分かりませんが・・・、我々はその存在を迎える場所の中で整列し、我々が・・・、この詳細について述べたテープがありますが・・・、我々は進み、もしその存在を中から引き出そうとしていたら、殺された人が出たでしょう。その存在もそれを拒否したでしょう。向こうの気持ちが感じられたでしょう。そう言えるでしょう。具体的な詳細は省略して話すつもりです。でも大佐と呼んでた人物を私は説得し、彼をずっとそう呼んでました。我々は進み、前に言った・・・、彼は私に何かを見せたかったが、それは私だけにだったので・・・

And everybody went ahead and left. There was one Spec 5 that stayed there to help me. And I said “We’ve got to cut this screen fence back here…or this storm fence.” “We can get in trouble for that.” And I said “Yeah, I know, that’s why I’m asking you to just drop off the bolt cutters”.[laughing] He didn’t. He went ahead and he cut the wires for me. And we got the entity outside.

皆は前進して、いなくなりました。そこには私を支援するための Spec 5 が一台ありました。私は「この保護フェンスだか防風柵を 切らなければなりません。」と言いました。「あれは厄介な事態になる。」と。私は「ですからボルトカッターを降ろして下さい。」と【笑いつつ】言いました。大佐は答えず、彼は進み、私のためにフェンスを切断しました。そして我々はその存在の外へ出ました。

By the time they found out, we had the entity outside the perimeter. They went ahead and were very upset and were even to the point when they tried to shoot the entity, but the entity was now in a position where there was a bright, bright, bright light that came down. And I didn’t get to see the craft. Maybe it was because I just wasn’t looking. But all of a sudden this entity was there, then it wasn’t. Then of course, this guy I called The Colonel, he went ahead and told me that I could be court marshaled, then “We’re going to overlook it this time, but don’t let it happen again.”

部隊が気付くまでに、その存在の境界線を調べました。部隊は非常に動揺し、その存在に発砲しそうでしたが、その存在の場所に、非常に明るい光が降りて来ました。宇宙船は見えませんでした。たぶん見ていなかったのでしょう。しかし突然・・・その存在は無くなりました 。大佐と呼んでた男は、私が軍法会議になると言い、そして「機会を逃した、 これは二度とない。」と言いました。

Of course, I was chastising him: “If they’re supposed to be our guests… why were we treating them cruel and treating them as prisoners, as a matter of fact even worse than prisoners?” I’ve never seen either movie of the Manchurian Candidate.

もちろん私は「彼らが客なら・・・、なぜ、彼らを囚人より悪い、ひどい扱いをするのですか?」と非難しました。私は、映画「影なき狙撃者」さえ観ていません。

K: OK.

K: そうですか。

And the one thing that we had, we had identified by the time I got out, 57 different species. They were affectionately called Heinz 57. I understand there is a phrase in one of those movies about that.

C: それから我々は、私が退役した時点で、57の異なる種族(異星人)を確認してます。彼らに親しみを込め、ハインツ57と呼んでいましたが、元はある映画の中の語句です。

K: Uh huh…

K: ああ・・。

C: Gee, I’d love to say there’s only two or three races …only four or five or even one. I’d love to say that, but with what I know, if I change anything that I do know, then it’s not reality, it’s just going ahead and saying things that people want to hear.

C: ああ、たった2、3種・・・たった4、5とか、たった1種類かと言ってみたいです。そう言えたら、でも・・・私が知っている事を もし何でも変えられるなら、それは現実でなく、進んで人が聞きたいことを言います。

K: Uh huh. Well, why would you say you would want to say there was only one or two?

K: ええ。その、なぜ、たった1、2種類と言いたいのですか?

C: Oh well, some people would say “We would find your story more believable if you would say…” And “Gee. Can’t this entity be gray because it’d be more believable?” What do you want, a story that’s believable or do you want the truth? The truth may not fit what you believe, but it’s the truth as I know it. And with it being the truth as I know it, that’s all I can tell.

C: 「あなたが言うなら、より信用できます」と言う人もいるでしょう。「それはグレイなのでは? それなら信憑性が増します。」と言うでしょう。あなたの希望は、信じられる話か、それとも真実ですか? あなたの意に沿わなくても私の知ってることが真実なのです。そして私の知っていることが真実なのだと、それ以上は何も言えません。

K: So have you ever... I’m going to assume they must photograph these beings? Right?

K: 今までに・・・、その(異星人達の)存在の写真を撮ったはずだと思いますが、違いますか?

C: There’s photographs.

C: 写真はあります。

K: OK. And... what about you? Do you ever draw them? Do you have drawings of them?

K: なるほど。あなたは(撮ってないんですか)? 描いたことは? 異星人を描いたことはありませんか?

C: Yeah, I’ve got some drawings.

C: あります。何回か描きました。

K: And have you ever distributed...

K: ひとに渡したことは?

C: No.

C: いいえ。

K: Are you able… at liberty to give them out at all? Or show them?

K: そもそも、あなたはそれを自由に持ち出せたのですか? 見せたりとかは?

C: Some I have and some I haven’t.

C: 私が持っているのと、そうでないのがあります。

K: And are you familiar with underground bases?

K: それでは、あなたは地下基地にお詳しいですか?

C: And the technology that goes along with it.

C: それから、それに関るテクノロジーに。

K: OK. And so, I’m going to assume you have been to underground bases yourself?

K: なるほど。つまり、あなた自身が地下基地に行ったことがあると。

C: Not by choice.

C: すき好んでではなく。

K: Not by choice? That’s believable. But have you also seen, say, Reptilians, what’s called, you know, in the UFO community, what we call Reptilians?

K: すき好んでではなく? 信憑性がありますね。では、いわゆるレプティリアンも、UFOコミュニティでそう呼ぶ、私達がレプティリアンと呼んでいるものも見ていますね?

C: Some species could be called Reptilians, yes.

C: はい、いくつかの種族は、レプティリアンと呼べるかもしれません。

K: And are you able to communicate with them telepathically?

K: それでは、あなたは彼らとテレパシーで意思の疎通はできますか?

C: They can communicate with you. It’s hard to explain. You can’t keep secrets.

C: 彼らはあなたとも交信はできます。説明は難しいですが。あなたは秘密を守れないので。

K: Sure.

K: そうですね。

C: The other thing I would remind everyone is that the program is geared and set up to where you only know what you have a need to know. And a lot of times you know more than what you’re supposed to know, but you don’t know everything.

C: 私が皆に思い出させる別のことに、プログラムは、何を知る必要性があり、どこまで知っていればいいかに合わせて綿密に準備されます。そしてしばしば、知らなければならないことよりさらに知っていますが、でもすべては分からないのです。

K: Sure.

K: そうですね。

C: And I reiterate that anyone who tells you they know everything is a liar. It’s not true.

C: そして、すべて知っていると言う人間は、うそつきだと何度でも言います。 それは違います。
コロナ

K: Do you have any special alien friends that have remained with you throughout, that are with you today? Communicating…

K: 現在も交流がある、特別な異星人の友人はいますか? 交信している・・・

C: I mentioned one.

C: ひとつ言いましたが。

K: I’m sorry?

K: すみません、何と?

C: I mentioned one.

C: ひとつ言いましたが。

K: One. OK. That would be Korona?

K: ひとつ、そう、コロナでしたね。

C: Correct.

C: そうです。

K: OK and Korona is… do you know what planet he’s from?

K: なるほど、それでコロナは・・・どの惑星から来てるのか分かりますか?

C: Uh uh. I know it is about 100 light years away from here, because I always use that as an example.

C: いいえ。いつも例にあげるので、ここから約100光年先なのは分かっています。

K: OK…

K: そうですか。

C: Real-time, from the time they leave, and there’s a little nice thing about that, from the time they leave their home planet which is in a star system about 100 light years from planet Earth, in real-time travel, it is an hour and forty minutes from the time they leave and the time they arrive here.

C: 彼らの移動時間は・・・、ちょっとうれしい事ですが、地球から約100光年の恒星系の母星からの所要時間は、出発から到着までの時間は、1時間40分です。

K: That’s marvelous. What kind of craft do they use? Do they teleport through space or do they actually take a craft? Because not all of them...

K: それは素晴らしいですね。どんな宇宙船ですか? 瞬間移動するとか、宇宙船を使うのですか? そういうのは使わないとか・・・

C: It’s a craft. They are really traveling. But it’s through a traversable…what we call a traversable wormhole.

C: 宇宙船です。本当に移動します。でも我々がワームホールと呼ぶところを通過します。

K: Uh huh. Now, have you ever gone with them?

K: ああ。一緒に行ったことはありますか?

C: To best of my knowledge, no. And the reason I state that, I can remember seeing the stars that I’ve never seen them like that anywheres on Earth. But to the best of my knowledge, no.

C: 知る限りありません。そう答える理由は、地球上で見た事がない星々を見た記憶があります。でも私が知る限りありません。

K: So you don’t have conscious memory, is what you mean? Of these incidents. But you could have.

K: それでは自覚してる記憶は無いと言うことですか? この件についてです。でもその可能性があると。

C: There have been some things that are really scary that’s happened in my life. I mean you feel it, you actually feel the fear before you actually see the entity.

C: 人生で経験したことで、いくつか本当に怖かったことがあります。(ここで映像が切り替わる)つまり分かると思いますが、実際にその存在を見る前には、実際に恐怖を感じます。***

K: So a person like you, we would think that you would not be afraid because you are so conscious of your interaction with these beings that I’m surprised to hear you say that you’re actually afraid. Are you afraid to this day? Or are you talking in past tense?

K: あなたのような人は、そのような生き物たちとの交流をとても意識しているので、恐れてはいないと思っていますが、実は怖いと仰ってるのを聞いて驚いています。今でも怖いですか? それとも過去の話ですか?

C: When I have these incidences happen, yeah, you still have that fear. I mean, that fear’s there. Even more so, because you can feel the fear they have. We’re a very dangerous species.

C: さまざまな事件が起きた時、そう、その恐怖がまだあります。 つまり、恐怖はそこにあるのです。 ましてや、彼らが感じた恐怖を感じることができるのですから。 我々(人間)は非常に危険な種族なのです。

K: Sure.

K: そうですね。

C: So you better believe it, they fall into our hands, there is that fear.

C: だから確信できるのは、彼ら(異星人)が我々に捕まったら、それは恐怖です。

K: OK. So, and this is part of the reason why I’m going to assume they approach you as a communicator or interfacer as you call it. Right?

K; なるほど。だから、あなたが交信者とか接触者と呼ばれるものなので、彼らはあなたに近づいてきたと思う理由のひとつなのですが。いかがですか?

C: Well, they’re very concerned about our well-being. And a lot of people say that can’t be so. We’ve done terrible things to ourselves. And they know this. And we… they’re trying to understand certain things about us. And I think at the same time they’re exchanging information saying “Hey, here’s what you have done to yourself.” I think that ties in a lot with some of the abductions that have taken place. I think it ties in with some of the cattle mutilations that have taken place, and I think it ties in with some of the people absolutely disappearing off the face of the Earth.

C: それで、彼ら(異星人)は我々の健全性をとても心配しています。そして多くの人がそれを疑っている。我々は自分達にひどいことをしてきました。彼らはそれを知っています。そして、彼らは我々について何らかの理解をしようとしています。それと同時に彼らは「おい、これがお前達が自分達にしたことだ。」と言いながら情報交換していると思います。拉致(アブダクション)のいくつかは、大いに結びついていると私は思います。キャトル・ミューティレーションのいくつかは結びついているし、そして、地球上で姿を消す人々の何人かと確実に結び付いてると思います。

K: OK, so there are people that are disappearing on a regular basis, right?

K; なるほど、だから定期的に姿を消す人達がいるんですね?

C: Oh yes.

C: そうですね。

K: And they’re going to other planets? They are going to off-world bases, I’m assuming…?

K: で、その人達は他の惑星に行くのですか? 異世界へ行くのだと思うのですが?

C: I don’t have the answer to that.

C: それには答えようがありません。

K: OK.

K: そうですか。

C: If you are asking me if I could have left here possibly, but like I say there’s a purpose and I don’t know what that purpose is.

C: 私も連れ去られたのでは、と聞かれたら、言える事は、それには目的があり、何が目的かは分かりません。

K: Is your mission to make people aware, not only of the other entities out there and other races and so on, but is it also perhaps to prepare or warn of some event? Because you seem to be alluding to some event that you don’t even know about.

K: ひとに気付かせるためのあなたの目的は、外の世界の他の存在や他の種などだけでなく、恐らく何らかの事態に備えるとか、警告することですか? あなたも知らない何らかの事態を示唆しているようなので。

C: As two points far out, they’re becoming closer and closer together till eventually, and we ultimately know it’s going to happen. Contact’s going be made. The NASA Department of Astrobiology held a conference in 2000. Forget the Brookings Institute Report. This report came out and said “You know, we don’t really know what world reaction would be”. It’s a small report. How many people have read that report? How many people even know about it? When we say that we can accept the reality of visitors being here, we mean us ourselves. But even when we can accept that, how many of us are really ready for that face to face confrontation? And I can tell you, each time it’s different. Each time there is that little something in the back of your mind that says “What’s going to happen here?”

C: ***現実離れした二つのことで、それは結局ともにますます接近して、最終的にはそれが起こるのが分かっています。NASAの宇宙生物学の部署が2000年に会議を開きました。ブルッキングス研究所の報告は忘れて下さい。この報告書は「さて、我々は惑星からどんな応答があるか本当に分かりません。」と述べていました。小さな報告書です。何人がその報告書を読んだか。何人がそれを知っているのか。訪問者がここにいるという現実を認められると言えたら、それは重要なことです。でも、それを認めたとしても、我々のうちの何人が、面と向かって向き合うことを本当に準備するでしょうか。そしてそれは(別の異性人に会う度に)毎回違うのです。毎回、何かあるたびに「どうなるんだろう?」と内心で思うのです。

And each time you know that if something goes wrong, it’s going to equate... it could equate to the loss of life. Not because they’re dangerous but we’re a danger to ourselves. So the whole situation is: how do you prepare a world population for that ultimate contact, which isn’t as astro-astronomers used to believe, that it’s going to be by a radio signal from deep space coming here, but it’s going to be face to face and it’s going happen on our planet.

そして、何かがうまく行かないたびに、それを、人命の損失と同一視するでしょう。彼らが危険だからではなく、我々が我々にとって危険だからです。まさに全体の状況は、どうやって世界の人々に最終的なコンタクト(接触)の準備をさせるのか、宇宙天文学者がかつて信じたようには行かず、それは、地球への深宇宙からの無線信号となるのでしょうが、でもそれは我々の地球上の出来事としてそれに直面するのでしょう。

K: Sure. Well, it’s happening daily with the military, is it not?

K: 確かに。 その、それは軍に常に起こり得ることではないのですか?

C: Oh, even more so than what people really know. But here again, most people aren’t going to talk about it.. The one thing you want when you get out of the military, the one thing you want more than anything... is to be normal.

C: ああ、ひとが現実に思うより、なおさらのことです。でも繰り返しますが、ほとんどのひとはそれについて言わないでしょう。軍を辞めた時ひとつ望むのは、何より望むひとつのことは・・・普通の人間になることです。

K: Why? Why? Why do you want to be normal?

K: なぜですか。なぜ普通になりたいんですか?

C: To me the greatest thing you can be is a servant. Taking care of other people is the most important thing. The Self, the Self should get gratification from being able to help other people. That’s important. But all too often people will put themselves ahead of others. And right there is where we have the problems today, in today’s world.

C: 私にとって最高のことは奉仕者でいることです。人の世話をするのは最も重要なことです。自ら、自らひとを助けることができることから満足を得るべきです。それが重要なのです。でも大抵ひとより自分を優先します。そしてまさに今日の世界では、今日我々はその問題があります。***

K: I guess, to get back to where you are saying there’s going to be contact, in a sense you are in the forefront, a person who can prepare the rest of humanity for this actual contact because you have been having contact. In a sense the aliens or the off-worlders have basically been communicating, been choosing the people around the planet to communicate with, of which you are one, right? And so contact is something that is being prepared for as we speak, is it not?

K: 接触があるだろうと言ったとこまで戻ろうと思いますが、ある意味で、あなたは最前線にいて、接触をしているので、人々に現実の接触の準備をさせることができる人です。ある意味で異星人か異世界の存在は、基本的に交信をしていて、交信している惑星上の人々を選んでいる、あなたはその一人なのではないですか? したがって、接触とは何か、私たちが話すとともに、準備をされているもの、ではありませんか?

C: Worldwide.

C: 世界的にです。

K: OK. Are you thinking… a lot of people like to say it’s going to happen for the world to see, aliens are going to land on the White House lawn. Something of this nature.

K: なるほど。あなたが考えているのは・・・それが起きるのを世界中が見るために、多くの人が好ましいというなら、異星人はホワイトハウスの芝生の上に着陸します。その類のことです。

C: No.

C: いいえ。

K: In a certain sense, it’s going on every day. The military is dealing with... certainly they have captured, as you say, they are holding prisoner some of these entities. We have also had treaties with some of the races, have we not?

K: ある意味で、それ(接触)は毎日起きています。軍の対応は・・・彼らは確かに捕らえていて、あなたが言うように、彼らはその存在のいくつかを囚人として拘留しています。さらに、私たちはいくつかの種族と条約を結んでいますね?

C: OK, I’ve heard about the treaties. But here again, that’s not a part of something I’ve worked with.

C: はい、条約については聞いています。しかし繰り返しますが、それは私が扱った仕事ではありません。

K: OK.

K: なるほど。
BG1991、プリコグ

C: Well, I’ll tell you this, I think that by 2016 that something better have happened. Because at 2016 I think that we’re going to have to announce to the world that there’s a probe that comes very close to the Earth every 15 or 20 years. And we’ve been calling it an asteroid. It’s not an asteroid. But it actually in reality is an artificial probe. In other words, somebody else put it here. They have found us long time ago. The technology will probably be pretty much on a par to, say, Voyager. It’ll be old antiquated technology by all their standards.

C: その、あなたにこれを言っておきましょう。2016年までに何か良いことが起こると私は思っています。15年か20年ごとに地球に非常に近づく宇宙探査機があるので、 2016年に我々は世界にそれを発表しなければならなくなるだろうと私は考えています。そして我々はそれを小惑星と呼んでいます。それは小惑星ではありません。でも本当は、実は人工的な宇宙探査機なのです。つまり、ほかの誰かがそれをそこ(その軌道)に置いたのです。彼らはずっと昔に我々を見つけたのです。テクノロジーは恐らく大体同じ水準でしょう、例えばボイジャーと。それは彼らすべての標準より、古い時代遅れのテクノロジーになるのでしょう。

K: So what are you saying? Is this probe… do you know what race?

K: そうするとあれですか。この無人探査機は・・・、どんな種族か分かりますか?

C: I’m saying we have already found it. Our paradigm says that it can’t be an artificial craft of any sort, therefore we refuse to accept that and we call it an asteroid. I’m talking about BG1991. Roughly 30 meters in diameter, highly polished surface. Asteroids don’t have a highly polished surface. It took corrective course changes to avoid collision with another asteroid. That don’t happen. This one it did.

C: 我々は既にそれを見つけたと言っているのです。我々の実例では、それはいかなる人工的な宇宙船でもないと言えます。そのために我々はそれを認めず、それを小惑星と呼んでいるのです。BG1991※のことです。直径およそ30m、高度に磨かれた表面。小惑星に高度に磨かれた表面はありません。別の小惑星との衝突を回避するために、それはコース変更の修正をしました。あり得ません。これはそれをしたのです。

1991 VG の説明 : ここでストーン軍曹がBG1991と言い間違えたもの。

K: So where... what race is this from, from what planet? Do you know?

K: それでどこから・・・これはどの種族からですか、どの惑星から? 分かりますか?

C: I don’t know.

C: 分かりません。(ここで映像が切り替わる)

K: Do you think that the aliens have given you an upgrade, have modified your DNA in any way? Are you aware that your abilities have been augmented or have grown?

K: 異星人はあなたに改良を加えたと、何らかの方法であなたのDNAを修正したと思いますか? あなたは、能力が拡大したか成長したことに気づいていますか?

C: Yeah, but you try not to use those because you can... you know of things that are going to happen before they happen. And a lot of times you can’t do anything to change them. Like I knew that, didn’t know who, but I knew one of my kids was going get killed on a motorcycle. And that’s hard. I mean before my son was killed, on the Wednesday prior to that, I knew that he parked the motorcycle in back of the car …I knew that I could go ahead, back up over it, and run over it a couple of times. But I also knew the family would not understand that I did that to stop with what was… let me rephrase it…as an attempt to stop what I knew was going to happen.

C: ええ、でも・・・、それを使わないようにしています。なぜなら使うと・・・、起きることが起こる前に分かるからです。そして何かを変えるために何も出来ないことが多いのです。 ・・・・・、それを私が知っていたように、それが誰なのかは分からなかったのですが、私は、私の子供の1人がバイクで命を奪われるのを知っていました。それは・・・つらいことです。つまり私の息子が死んだのより前に、水曜日より前にそれを、私は息子が自動車の後ろにオートバイを駐車するのを知って・・・、私は先に出て、その上にバックさせて、そして数回車で引くことが出来るのも知っていました。でもさらに、私が止めるためにそれをしたと、つまり起こると分かっていることを止めようとして、それをしたとは家族が理解してくれないのも分かっていました。

K: So you’re a precog? I mean, this is what they call a precog. You knew in the future before it happened. You were not able to necessarily change it or stop it. But there’s a reason why things happen. I mean you must agree?

K: それはプリコグ(超科学的予知)では? つまりそれは彼らがプリコグと呼ぶものです。起こる前に、あなたは未来を知っていた。あなたはやむを得ず変えることも、止めることもできませんでした。でも起きる理由があるのです。つまり、そうですよね?

C: Oh yeah…

C: ええ、そうです。

K: So, in a sense that must be a peace for you because it’s not just that we... that you know, but also souls know what might happen. Souls are aware. In other words, we are all aware when we are going to die. We might not know it consciously, but we do know, right? So, in that sense it’s not your responsibility either to prevent a happening or not if that’s something that in a sense that we as souls agree to the scenario happening. Right?

K: つまり、ある意味で、それはあなたの平和なのでしょう。なぜならそれがそうであるので私たちは・・・その、でも何が起こるかは魂が知っています。魂は知っています。つまり、私達は皆、いつ死ぬか気付いています。私たちはそれを認識していないのかもしれませんが、私たちには分かっている、違いますか? だから、その意味では、起きることを阻むために、あるいはそれがある意味、私達が、魂がシナリオの出来事に同意する何かではなかったとしても、それはあなたの責任ではないのではありませんか?

C: Well, like I say, with them, they can even communicate with what we call the other side. But even at that, given their advanced technology there are still forbidden questions.

C: その、私が言うように、それを、彼らは我々があの世と呼ぶものと交信することさえ出来るのです。でも彼らの先進テクノロジーがあっても、いまだに禁断の質問なのです。

K: OK.

K: なるほど。

C: I’m tried to avoid saying something here. Let’s just say that with the death of my son… they helped me visit with him one time.

C: ここで何か言うのは避けたかったのです。私の息子の死のことでは、彼らは私が一度息子の元へ話をしに行くのを手伝ってくれたとだけ言っておきます。

K: Sure.

K: 分かりました。

C: Like I told you there are questions unless you ever ask… it was… I knew if I go back fifteen minutes, I knew where he was all those locations. If I could go back fifteen minutes, I could stop the accident from happening. All I had to do was delay his movement anywheres along that fifteen minutes for just a minute or so…and I would alter the outcome.

C: お話したように、あなたが聞かないのなら質問があります。それは、私は15分前に戻れるかもしれないのが分かってました。息子の居場所も分かってました。15分前に戻れたら、私は事故を防いだかもしれません。私がしなければならなかったのは、ちょうど1分くらい息子の行動をあの15分間のどこかで遅らせることで、それで私は結果を変えられたでしょう。

K: But…

K: でも・・・

C: But once again, there’s that break off. Here’s our reality [motioning with hands]. Here you create that other parallel. And for some odd reason it’s not good to create that other parallel, and they know this. Also, it was pointed out that you cannot escape the reality of this time continuum that we find ourselves, because his death is reality to me in this time frame I find myself. The Second World War happened. I must return to the point from which I depart within that space time. I’m not going to remain in the other one. And a lot of people, like I said the other night, would stay there. No, because it was pointed out to me quite clear. And I can’t explain this... I couldn’t go and debate it scientifically, but it’s a natural barrier. Which is why with time travel, when we discover it in our future, we’re not going to find evidence of it being left anyplace along the line… because of that natural barrier. We may even see them, we may sense them, we may even be able to interact to a degree. But nothing associated with the future tied with the day we discover time travel is going to be left in any altered reality. They say OK, time travel hasn’t happened yet because we would have evidence of it. Uh uh, there won’t be any evidence left. And there’s a natural barrier there. The whole situation is we are a part of something greater, more vast and we’re on an adventure. And we’re a part of that adventure.

C: でも、もう一度、それはやめたのです。ここに我々の現実があります【手で示しながら】。ここにあなたが創った別の平行世界があります。そして、ある奇妙な理由で、別の平行世界を創るのはよくありません。そして彼らはこのことを知っています。さらに、我々が自分を認識するこの時空の現実を、脱出することはできないことを指摘しましたが、なぜなら息子の死を、この時間枠内(タイムフレーム)の私の現実だと私が認識しているからです。第二次世界大戦が起きました。私はその時空間からそれる場所に戻らなければなりません。私は別世界にとどまるつもりはありません。そして多くの人は、先日の夜に言ったように、そこにとどまるでしょう。ダメなのです。指摘したので明白ですが。そして私は出かけて、それを科学的に議論出来るはずがありませんが、それは自然の障壁(バリア)なのです。タイムトラベルで、我々がそれを今後発見するとき、我々は、その証拠が線に沿ってどこにでも残されているのを見つけられないでしょう・・・自然の障壁だからです。我々は彼らに会うとか、理解するとか、さらに大いに互いに交流することさえできるかもしれません。でも我々がタイムトラベルを発見する未来に何も因まない日には、何かが変更された現実をそのままにしておくでしょう。我々が証拠をつかむはずだったので、タイムトラベルはまだ起こっていないから、彼らは問題ないと言います。うーん、証拠は何も残さないでしょう。そして自然の障壁があります。全体の状況は、我々がより大きな、さらに巨大なものの一部であるということ、そして我々はある出来事の中にいます。そして我々はその出来事の一部なのです。

K: Uh huh…

K: ふむ・・・

C: And we all play certain parts in that. But just like when you brought it up about they are us … and I say, [referring to Paul] he’s heard me say this, he got a grin on his face when you said that. But the whole situation is: we look for the differences. In species, the 57, look for the similarities. When we look for those similarities and we then begin to realize just how much we have in common and eventually we come to the point of one thought: they are us… because everything within the universe is interconnected. All species are interconnected. Anybody ever ask why the common denominator is humanoid? You would not expect to find that if there was not some type of galactic blueprint. You become spiritually enlightened by going through this life, even those that we say are insane. On the other side they are not insane.

C: そして我々は皆、その中のある役を演じます。でもちょうどあなたが、彼らが我々だということについて指摘したように、そして私は言います、【ポールの方を見て】彼は、私がこれを言うのを聞いて、あなたがそう言った時、彼は笑みを浮かべてました。でも全体の状況は、次のとおりです。我々は違いを捜します。57種族では、類似点を探すのです。我々が類似点を捜したら、次にどれだけ共通点があるかが分かリ、いずれひとつの考えに至ります。彼らは我々だと・・・宇宙のすべては互いにつながっているからです。全種族は互いにつながっています。いつも誰もが、なぜ共通点がヒューマノイド(人間の形をしていること)なのか質問します。もしある種の銀河の設計図がなければ、それは期待できないでしょう。こんな人生を送れば霊的に啓発され、我々が正気でないと言う者さえそうなります。あの世ではその人達はおかしくないのです。
異星人との対話

K: Maybe we could find out a little bit about the types of visitors that you’ve dealt with? Do you see them physically? Or are you actually in an altered state, or are you able to see them in your mind? And do you communicate with them telepathically?

K: 恐らく、あなたが関係したある種の訪問者達について少しは理解できるではないでしょうか? 彼らは物理的に見えますか? それともあなたは実際は変性状態になるとか、心の中で彼らに会うのですか? そして彼らとテレパシーで交信するのですか?

C: They are as physical as you and I.

C: 彼らはあなたや私のような物理的存在です。

K: OK…

K: そうですか・・・

C: Yes, it would be telepathic. Some could talk like you and I.

C: ええ、テレパシーを使います。一部の種族はあなたや私のように話せます。

K: OK.

K: なるほど。

C: But you’ll have a lot that... they won’t do that, and they all just want to communicate with you. But there’s one thing you have to keep in mind, this is what a lot of people overlook, and that’s why it gets to be so hard to talk about. You’re not just talking to them. They know, and they feel everything you know and you feel. You go in, you feel what they feel. And see some of these…. we weren’t real good guys. We use the term visitor...

C: でも、いろいろですが・・・彼らはそうしないでしょうし、彼らは皆ただあなたと交信したいのです。でも、覚えておかなければならないことが一つあって、これは多くの人が見落とすもので、そのため、その話をするのが非常に困難になります。彼らにただ話しかけないことです。彼らはあなたが知る全てを知り、感じる全てを感じるのです。始めてみると、彼らが感じることを感じます。そして、これを分かって下さい。我々は本当に善い者ではなかったのです。我々は訪問者と言いますが・・・

K: Sure.

K: そうですね。

C: But they’re treated like prisoners…

C: でも彼らは囚人のように扱われて・・・

K: I understand…

K: 分かっています。

C: …and there is no law under “protection” to protect them.

C: 彼らを守る法の保護もありません。

K: Mm hm. Dan Burisch has talked about this as well.

K: ふむふむ。ダン・バーシュが同じように話しています。

C: In 1960, and I can provide you with the document: we have put together and formulated, NASA did, a book that they call Outer Space Law. It would not be until the 1970s that the question of the legal rights of a sentient being, not of this world, even came into play. And you know what those rights are? There aren’t any.

C: 1960年に、文書をお見せできますが、我々(軍)や、NASAは、宇宙法と呼ばれる規則をまとめ、策定しました。この世界のではない知覚できる存在の法的権利の課題が問われるようなことは、1970年代までありませんでした。その権利とは何だか分かりますか。何もありません。

K: Still to this day, you’re saying.

K: 今日に至るまでと、おっしゃってますね。

C: No more than the rights… a lab animal would have more rights that one of our visitors. And yet they are vastly superior to us in intellect and even in spirituality. They would permit themselves to be killed – many of them would, many of the species – other than to do something that would cause us to get injured or killed. And forgive me [emotional], but this is what I’m trying to avoid.

C: たかが権利ですが・・・、実験動物は我々の訪問者より多くの権利があるでしょう。それに彼らは知性や、精神性さえ我々よりはるかに優れています。彼らは、彼らの多くは、多くの種族は、我々を傷つけたり殺してしまうよう何かするより、自らが殺されることを容認するのでしょう。すみません【感情的になったことに対して】、でもこれを私は回避しようとしています。

K: I understand. OK, so, they, in a certain sense, would sacrifice themselves because they have a deeper understanding of what’s really going on than we do.

K: 分かります。なるほど。彼らには、私達より実際に起きていることへのより深い理解力があるので、彼らは、ある意味で、自らを犠牲にするのでしょう。

C: Absolutely.

C: その通りです。

K: So you must be very highly tuned spiritual being yourself in order to be able to communicate with various races from other planets the way you have, and to talk about it the way you do. That’s really a gift. As you say, it’s not something taught, it’s something you come into this incarnation with.

K: したがって、あなたのやり方で他の惑星の様々な種族と交信するために、あなたの考えを話すために、あなた自身が精神的にとても高度に調整されなければなりません。本当の贈り物ですね。教えられたものではないとあなたが言うように、受け継いで化身となるものです。

C: I like to think of myself... I want to be normal, if you understand what I’m saying.

C: 自分のことを考えるのは好きです。私の言っていることが分かるなら、私は普通になりたいのです。

K: OK.

K: そうですか。

C: I know what you’re saying.

C: あなたの言っていることは分かります。

K: Externally, you appear like a normal person and you’ve certainly held some very normal types of jobs in addition to what you did, right? But you’re also ultra-normal, or you actually have used some of the parts of humanity that are good parts that are not used by the average man. Is that right?

K: 外面的に、あなたは普通の人のように見えて、それと、あなたがしていたことに加えて、確かにいくつか極めて普通の仕事があったんですよね? でも、あなたも極端に普通なのか、あなたは平均的な男性が使わない良い部分である人間性のいくつかを実際に使っている。違いますか?

C: Well, I hope so… [laughs]

C: うーん、だといいんですが・・・(笑)

K: OK. So that’s a beautiful thing. And we’re very happy to meet someone in person who’s been doing this.

K: なるほど。つまり、それはすばらしいことです。そしてこれをしている人物に会えて大変光栄です。
見えない子供達

C: Well, with me, I think, the one thing... let me see if I can say this and get it through real quick. When I was young, I played with children that other people couldn’t see. To me this was perfectly normal. And I knew about the imaginary friends and things of this sort, but this was different. And it was perfectly normal. They’d even help me with my homework…and this was perfectly normal. Now, no-one else could see these people. And of course, I couldn’t understand that. Of course they would tell me “they haven’t been selected, they can’t see us.” Because I was trying to tell other people they were there. The one thing I could not do is that in being normal, I thought other people had these same experiences, as a child not realizing that that wasn’t the case. That was part of my environment, that was part of my reality, these were things that were happening to me. But I thought everyone had these experiences. But when I found out and when it came to me that people were calling you crazy and you were different... it would have been real easy to be normal and say... Haha…the joke’s on you, and deny what was happening. I can not explain why could not do that, but I could not do that.

C: その、私が思う、ひとつのことは・・・、この話をして、すぐに意味が伝わるかどうか確かめさせて下さい。・・・(ためらいがちに)私は若い頃、他の人には見えない子たちと遊んでました。私にとって、これは全く普通でした。私は想像上の友達やその類のことは知っていました。でもこれは違いました。そしてそれは全く普通でした。彼らは私の宿題さえ手伝ってくれて、これは全く普通でした。ところで、誰もその人達が見えませんでした。そしてもちろん、私はそれが理解できませんでした。もちろん、ひとは、「彼らはえり好みはしない。我々には見えないんだ。」と私に言ってました。というのも私がひとに彼らがそこに居ると教えようとしたからです。私が普通になって出来なかったひとつのことは、私は他の人たちが同じ体験を、それが事実ではないと、理解ができない子どもの時にしていると思っていました。それは私の生活環境の一部で、私の現実の一部で、私の身に起きていることでした。でも私は誰もがこれを体験していると思っていました。でも私が気が付いた時、そしてひとに、お前は正気じゃない、それに普通じゃないと言われるようになった時・・・、すぐに普通になっていたら、ハハハ、冗談だよと言って、体験していたことを否定します。なぜそれが出来なかったのか説明できませんが、それはできなかったのです。

K: OK…

K: そうですか・・・

C: And everything was going on… nothing out of the real ordinary happened. And until... I always cared about animals, and if I found one injured, I’d always try to nurse it back to health. As a child I did not understand... that if you had a cut my mom would always hold my hand under the water, or something like that, to wash it off. Well, I found this little bird, it fell out of the nest and I went and got that little… I’m trying to tell this without… I went and got that little bird and I held it under the faucet not realizing that I was going to drown it doing that. The intent was to help it. I probably cried for over a week over killing that little bird.

C: そして時は進み、日常の現実は変わりばえしませんでした。それまで・・・、私はいつも動物に関心があって、傷ついているものを見つけたら、いつも元気になるまで面倒を看ていました。子供の頃、私は理解していませんでした・・・、もし手を切ったら、私のママはいつも私の手をつかむか、何かそんな感じのことをして水の中で洗おうとしていました。それで、私は小鳥を見つけて、それは巣から落ちたので、私はその小鳥を捕まえて・・・、詳細を省いて話そうとしていますが・・・、私はその小鳥を捕まえて、蛇口の下へ、そんなことをしたら溺れさせてしまうのも分からずに持っていきました。目的は助けるためでした。私は小鳥を殺してしまったことで恐らく一週間以上泣いていました。

K: Uh huh…

K: ふむふむ。

C: Immediately for the first time ever, what I was calling children… I got to see how they really looked. And this one particular entity, I always knew as Korona... I was told “I’m Korona”, and that’s with a “K”. At the time I didn’t even know how to spell Korona.

C: 時を移さず、初めて、私が子供達と呼んでいた・・・彼らが、どのように実際に見えるのかが分かりました。そしてこの特別なひとつの存在は、いつもコロナだと分かっていましたが・・・、「私はKorona(コロナ)です。」と、つづりは「K」で始まると教えられました。その時の私は、コロナのつづりも知りませんでした。

K: What kind of race... what would you term him, what kind of being?

K: どんな種族なんですか・・・彼を何と呼ぶのでしょう、どんな種類なんですか?

C: People would like for me to say he was gray. But he wasn’t, he was green, and I mean like a pastel green. But immediately he wanted to know why did I feel what I was feeling. This was unusual. And immediately it was why did I feel what I was feeling that he could feel… because he was more like a monitor with me.

C: ひとは彼がグレイだと言いたいでしょう。でも違いました。彼は緑でした。パステル・グリーンのようでした。でもすぐに彼は、なぜ私がそう感じたのか知りたがりました。これは異常でした。そしてすぐに、なぜか私は、私の気持ちを彼が感じているかもしれないと思って・・・、というのも彼が私をモニターしているような感じだったからです。

K: So, he has a natural empathic quality and abilities and it appears so did you. So it went both ways, as the telepathy goes both ways.

K: つまり、彼には自然な共感能力が、あなたにあるようなものが備わっているんですね。それが両方に行って、テレパシーが双方向へ行ったのですね。

C: I’ll carry it a step further. We see our visitors as cartoon characters. They have cultures, they have societies, they have families, they have loves, they have dislikes, they have likes, they can feel pain, and they can feel fear.

C: ***さらに進めます。我々は訪問者達を漫画のキャラクターのように見ています。彼らには文化があるのです。社会があり、家族がいて、愛情があり、嫌いなものや、好きなものがあり、痛みを感じ、そして彼らは恐怖も感じるのです。

K: So, this was maybe your first introduction into that world in a more personal way, right?

K: つまり、これは恐らくあなたにとってより個人的な方法でその世界の中へ足を踏み入れた最初のことなんですね。

C: It was the first glimpse, a shock... that these things go on but not everyone shares them. And you never felt so alone. I can remember breaking down and crying, begging my mom and dad to take me to see a doctor because I knew the doctor could make the monsters go away.

C: それは最初の衝撃のしるしで・・・それがあっても、誰ともそのことを共有しません。こんなに孤独なことはありませんでした。私は、精神的におかしくなり、泣き叫んで、医者なら怪物を追い払うことができると分かっていたので、医者に診てもらうために連れて行ってくれと、ママとパパに頼んだことを覚えています。

K: I’m wondering if someone like you, one of seven, who is able to communicate with aliens, wasn’t taken to a base on the Moon, or a base on Mars. Now, whether or not you remember it, because I don’t know if they use techniques to have you forget certain parts of your experience.

K: あなたのような誰か7人のうちの一人が、異星人と交信できるひとが、月の基地や火星の基地に連れて行かれなかったのだとしたら、私は驚きます。ところで、あなたがそれを覚えているかどうか、なぜならあなたの体験のある部分を忘れさせる技術を、使っているのかどうか私には分からないからです。

C: There are things that I have no idea of could have happened here on planet Earth… that I have very vivid memories of... that I don’t see. For example, have you ever heard of a coffee cup that’s small, that you put coffee in it and the coffee jar or whatever, it’s not a percolator… golden color, cups were golden color, but you put the coffee in there and you can drink it and it fills right back up. Now you see what I’m saying? You understand why I’m hesitant to talk too much about stuff like that?

C: 私には、ここ地球上で経験したかもしれない、よく分からないことがありますが・・・、それはとても鮮明な記憶で・・・、私はそれを見ていません。例えば、コーヒーカップというものを知ってますか、小さいです。それにコーヒーを入れて、それからコーヒー・ジャーか何か、それはパーコレータではなく・・・金色で、カップは金色で、コーヒーを入れて飲むことが出来て、そしてそれがいっぱいに戻るんです。(この後映像が飛び、話が途切れている)ところで私が何を言ってるか分かりますか? あなたは私がこのようなことを多く語るのに、ためらいがちなのが分かりますよね?***

K: OK. So that’s really amazing. You have to admit from the point of view of people that haven’t gone to the Moon or Mars... here you are sitting talking to us and yet you may have had experiences that are so far beyond our everyday experience on this planet and you must be… I mean, there must be level at which you would love to share those experiences.

K: なるほど。それは、本当に驚くことですね。あなたは月か火星に行っていない人の見解から認めなければならないでしょう。あなたはここで座って私達に話しをしていて、なおかつあなたには、この地球上の今までの私達の日常茶飯事を越えた経験があったのかもしれません。そして・・・つまり、あなたはそれらの経験を共有したいと率直に話したに違いありません。

C: Oh yeah. And sometimes I make mistakes and I let people see some things that I shouldn’t have let them see. Because this is a part of something that is in my life that I’m to do something with.

C: ええ、そうです。そして時々私は間違いを犯してしまい、人に見させるべきではないいくつかの物を人に見させています。それは私と何か関係がある私の人生の中の何かの一部だからです。

K: Sure.

K: そうですね。

C: I don’t understand that. I don’t know what it is.

C: 私にはそれは分かりません。それが何なのかは分かりません。

K: That’s amazing because you have worked with this world since the 60s, so you’re talking about 40-odd years and you’re still wondering what it is, it’s all about for you in terms of your destiny, in terms of what it is you’re here to do in the future, I guess. Am I understanding you?

K: 60年代からあなたがこの世界で仕事をしてきたのは驚異的なことで、つまりあなたは40年余りに渡る話をしていて、いまだにそれは何なのかと疑問に思い、あなたの運命の観点から、今後あなたが何をするかに関して、すべてあなた次第だと思います。そう理解していますが。

C: There is something that is going to happen and there is something that we’re to be a part of. And I don’t know what that is.

C: 何かが起きようとしていて、我々もその一部となる何かがあります。そしてそれが何なのかは私には分かりません。

10 「接触者」として

K: You started in the 1960s as an Interfacer?

K: 「接触者」を1960年代に始めたのですか?

C: Late 1960s.

C: 1960年代後半です。

K: OK. And I’m going to assume clear up until today. Because you don’t lose the skill and if you’re one of seven, every once in a while they’re going to come knocking on your door.

K: そうですか。そして今日まで続いてるのは確実だと思います。なぜならあなたは技能を失っておらず、あなたが7人のひとりなら、時々彼らはあなたの家にやって来るでしょう。

C: Well, they check on you from time to time.

C: まあ、彼らは時々状態を調べています。

K: OK. Visitors out there, different communities. They certainly know how to find you, where you are at any given time and how to, as you say, see what it is you’re going through. For example, they could be seeing this going on right now. They could even have said to you: “Go ahead with this, because this is a good thing.” Right? So, in a sense you’re talking about your destiny. Meaning it’s not about money…it’s not even really a job in the formal sense of the word, right? It’s a mission, but it’s an Earthly mission, in a sense, that you have.

K: なるほど。異なるコミュニティの訪問者がいます。彼らは確実に、あなたが体験して分かったと仰るように、あなたがいつどこで、どのようにしていてもあなたを見つける方法を知っています。例えば、彼らは今これを見ることが出来るかもしれません。彼らはあなたに「これは善い事なので進めてくれ。」と言うことさえ出来るかもしれません。つまり、ある意味で、運命について話しています。これはお金に関することではなく・・・、ある意味で、本当に規則に従った仕事でさえないのです。それは使命ですが地球の使命であって、ある意味、あなたの使命なのです。

C: I would go along with that, that there’s... you’re being driven to do something, you don’t have to fully understand it, but it’s something you have to do. And the other scary aspect about it? You know you... you don’t know why and you don’t know what, but it’s coming to an apex, that what you’re doing, you’re fighting the clock.

C: 私はそれに賛成したいと思います。ひとは何かをするために駆り立てられていて、完全にはそれを理解する必要はありませんが、それはしなければならないことなのです。そしてそれに関する別の怖い解釈ですか? 自分を・・・、なぜなのか、何なのかは分かりませんが、頂点がやって来ます。それはひとがしていることで、時間との戦いです。

K: Is the clock 2012? Is that the clock you’re looking at?

K: 2012年のことですか? あなたが判断する時間ですか?

C: I don’t know. And a lot of people say “Gee, if you are worked with this you have all the answers.” You don’t have all the answers. And he who comes up and told you they have all the answers is not being truthful with you. You don’t know what it is. Why would one want to go ahead, be in this field and subject themselves to ridicule? And there are family problems. The situation is, my family doesn’t understand this. They’ve been around enough they know, my wife more so than my kids. I guess my daughter in Vietnam. We had a daughter we’d been fighting to get out of Vietnam for almost 30 years. Anyhow, when she came over of course she had her own family with her. And when we started to talk about UFOs, they all knew about it and they all knew about certain things I was involved in and it was the government of Vietnam had told them, which kinda shocked me. And right now there is tremendous interest among a lot of the people in Vietnam about UFOs.

C: 分かりません。多くの人が「ああ、これに協力すれば答えが全て分かるのに。」と言います。全ての答えがあるとは限りません。それに近寄って来て、彼らなら全ての答えが分かりますと言う人は、誠実な人ではありません。それが分からないのです。なぜ進んで、この分野にいて、彼ら自身を嘲笑にさらしたいと思うでしょうか。それから家族の問題があります。状況は、私の家族はこれを理解していません。家族は思ってるよりかなり世慣れていて、私の妻は子供達よりももっと世慣れています。私にはベトナムの娘のことがあります。うちには、ベトナムから出るためにほぼ30年戦っていた娘がいます。それで、彼女が海を渡って来た時、もちろん彼女と自分の家族がいました。そして我々がUFOのことを話し始めたら、彼らはそのことを知っていて、それに彼らは皆、私が関係していたもののことを知っていて、それはベトナム政府が彼らに教えたのです。それには多少衝撃を受けました。それから現在、UFOについてベトナムでは、多くの人々の間でものすごい関心があります。

K: Oh, really.

K: まあ、そうですか。

C: One of the first things that happened in Vietnam was... and they called me by my proper name. Most people call me Stoney or Cliff, but... we shot at these guys and I was the first one who pulled the trigger. And it was “Clifford, what are you doing here? You’re not supposed to be here.” And I was in the military and we were on a mission… but the strange thing is… that what were they trying to say? That I wasn’t supposed to be in military? Now remember, our military, here on Earth, that is man’s. Our visitors, what did they plan for me to do?

C: ベトナムで最初にあったことは・・・、彼ら(異星人)は私を本名で呼んでいました。ほとんどの人は私をストーニーとかクリフと呼びますが・・・、我々は敵を撃ち、そして最初に引金を引いたのは私でした。すると「クリフォード、ここで何をしている。ここに居てはいけない」と。 私は軍にいて、我々には任務があり・・・、でも不思議なことは・・・、彼らが何を言おうとしたのかということです。私は軍に居てはいけなかったのか。今一度、我々の軍隊は、この地球で、人間のためのです。訪問者達は私が何をする計画を立てたのか?

K: Well, can you answer your question? I mean...

K: その、ご自身の疑問に答えられますか、つまり・・・

C: I have no answers. I have more questions than you have about myself.

C: 答えなどありません。私は自分に対して、あなたが私に思うより多くの疑問があります。

K: [laughs]

K: (笑)

Two or three times I got out of the UFO field. Want me to tell you a little secret? You can’t. There are people out there, and I’m one of them... it’s not about money – God, I wish it was – I struggle every... and he can tell you [referring to Paul], every month just to make my bills. It’s more than that. But the hardest thing to do right now is make people think for themselves, and to read. If they think for themselves, and they read the documentation that’s out there – and I’m referring to the government’s own evidence – if they read that with an open mind and they have to come away and say “You know, there’s more to this. Something is going on”.

私は2~3回、UFOの事から逃げ出したことがあります。内緒の話が聞きたいですか? 無理です。向こうに人が居ますが、私もその一人で・・・、お金は関係ありません。ああ、そうだったらいいのに。私はいつも・・・、彼なら【友人のポールのこと】私が毎月とにかく稼ぐために奮闘してるのを教えてくれます。それだけじゃありません。でも現在、最も困難なことは、ひとに自分で考えさせて、文書を読んで知ってもらうことです。ひとが自分で考えて、いろいろな文書を読んだら、私は政府が持つ証拠のことを言っていますが、偏見を持たずに文書を読んでみたら、帰って「なあ、まだ裏があるぞ。何かが起きてる。」と言わざるを得ないでしょう。

K: Sure.

K: そうですね。

C: Then the only questions left to be answered are these: What’s going on? How much does our government know? And when did they know it?

C: そして答えがあるはずの残された疑問は次の通りです。何が起きているのか。政府はどれぐらい知っているのか。またそれをいつ知ったのか。

K: OK, well we want to thank you for your courage, and for your integrity and for your spiritual development or awareness that makes you able to communicate with these off-worlders at a time when few on the planet are able to do so consciously.

K: そうですか。さて、私達はあなたの勇気に、そしてあなたの誠実さや、地球上のほとんどが意識的に交信することができない時に、異世界人とそれができるあなたの霊的成長を、あるいはそれを自覚していることに感謝したいと思います。

[Over rolling end credits]

スタッフ・ロールになり以下音声のみ

C: There were times that we were just minutes away from going to a nuclear exchange because of UFO sightings. Thanks to the Hotline that was set up, which the American people were truthfully told this was to ensure that there wasn’t a nuclear war started by accident due to false returns… and of course everybody had war scares. UFOs were a reality. UFOs existed. They were being reported. They were being picked up on radar. You had both radar and radar visuals that were taking place, you had fighters trying to intercept them, so in order to reassure one another that we’re not doing this, and it should have been commonplace that if we had this technology or if they had that technology… there was nothing the other side could do anyhow. We had missiles that would be knocked out, not destroyed, but made incapable of firing. We had fighter aircraft that would fire on UFOs and the weapons wouldn’t work.

C: UFOを目撃したために、まさに核兵器の撃ち合いになるまであと数分という時がありました。使い始めたホット・ラインのおかげで、アメリカ人はそれを正直に伝え、それは虚偽の申告により偶然始められる核戦争が起きないことを確保するためで、それにもちろん、誰にでも戦争の恐怖がありました。UFOは現実でした。UFOは存在しました。それが報告されていました。それはレーダーに映りました。レーダーとレーダー映像の両方がとらえ、それを迎え撃とうとする戦士がいて、そうしているのは、お互いに安心するためではなく、そして、我々がこの技術を持っていた場合、あるいは彼らにその技術があった場合、それは当たり前のはずで・・・、とにかくこちら側ができることは何もありませんでした。我々のミサイルは不能になり、破壊はされませんでしたが、発射できなくさせられたのです。我々にはUFOを撃つ戦闘機がありましたが、武器は作動しませんでした。

K: You have actually used some of the parts of humanity that are good parts, that are not used by the average man, is that right?

K: あなたは平均的な男性が使わない良い部分である人間性のいくつかを実際に使っている。違いますか?

C: Well, I hope so... [laughter]

C: うーん、だといいんですが・・・(笑)
キーワードなど

「青い太字」 はリンクです

1991 VG(wiki)

1991 VG is a Near-Earth object discovered by James Scotti. Due to its unusual orbit and rapid variation in brightness, there was early speculation that it could be a man-made spacecraft or rocket. In recent years, however, it has been discovered that most small objects with diameters less than about 100–200 meters are fast rotators. Also, more objects with very Earth-like orbits have been discovered.

1991 VGはジェームズ・スコッティが発見した地球接近天体(near-Earth object/NEO)。異常な軌道や輝きの急速な変化から、当初は人工的な宇宙船かロケットかもしれないと推測された。しかし近年になって直径が約100~200m未満のほとんどの小さな物体は、高速回転していることが発見されている。さらに、非常に地球と似た軌道の物体もより多く発見されている。

Earth-like Orbit
On November 6, 1991, Scotti discovered a faint object which was designated 1991 VG soon after discovery.[1] The object's heliocentric orbit was found to be very similar to Earth's orbit[2] and it was found that it would make a close approach to Earth just a month after discovery. Given such an Earth-like orbit, the dynamical lifetime of such an object is relatively short with the object quickly either impacting Earth or being perturbed by Earth onto a different orbit. The similarity of its orbit with Earth is also very difficult to explain from natural sources, with ejecta from a recent Lunar impact or non-gravitational perturbations such as the Yarkovsky effect having been suggested.[3] More recently, the first Earth Trojan asteroid - 2010 TK7 has been identified and such objects could well be a source for objects like 1991 VG.

◆地球に似た軌道
1991年11月6日スコッティはほのかに光る物体を発見し、それは発見後に1991 VGと名づけられた。物体の日心起動(太陽を中心とした軌道)は地球の軌道と極めて似ていて、発見から調度1カ月後に地球へ近距離接近することが分かった。とても地球に似た軌道のそのような動的存在の物体は、比較的に短期間のうちにすぐに地球へ激突するか、あるいは地球が摂動を与えて違う軌道になる。さらに、地球と物体の軌道との類似性は、近年の月の衝突からの放出物か、ヤルコフスキー効果を示唆する非重力的摂動として自然源から説明するのは極めて難しい。最近になり初めて地球上でトロヤ小惑星2010 TK7が確認され、そのような物体は1991 VGのような物体の源となる可能性が高い。

Possible monolithic structure
Since the discovery of 1991 VG, about 80% of small asteroids with absolute magnitudes (H) fainter than 22.0 (corresponding to sizes smaller than about 200 meters) which have had their lightcurve measured have rotation periods under 2 hours.[4] Such rapid rotation would cause objects that are rubble piles - i.e. conglomerates of debris held together only by their gravitational attraction - to disrupt due to centripetal acceleration. Most such objects, therefore, are thought to be monolithic bodies or conglomerates which are held together by forces other than gravity (monolithic rocks, groups of debris held together by impact melt or welded by some other natural process). The unusual rapid lightcurve variation seen on the long trailed images of 1991 VG during its 1991 December close flyby of Earth is thus no longer considered unique or unexpected.

◆単一構造である可能性
1991 VG発見後、小惑星の約80%は、絶対等級(H)が22.0(約200m以下の大きさに相当)より弱く、光度曲線の実測値から自転周期は2時間未満であった。そのような高速回転は、物体が求心加速度のせいで分裂し、がれきの山(つまり、自らの重力だけで一つにまとまるデブリ/破片 の集合体)になる原因となる。その結果ほとんどのそのような物体は、頑丈な組成であるか重力以外の力で一つにまとまっている(単一の岩、または衝突で溶けてひとつになったか、その他の自然作用により溶接したデブリの集まり)と考えられている。1991年12月の地球への接近通過での長期間追跡画像で見られた1991 VGの異常な短時間の光度曲線の変化は、それ故にもはや大変珍しいものでも予想外でもない。

Possible artificial origin
The uncertainty of the object's origin, combined with rapid variation in the object's brightness in images obtained during its close passage with Earth in early December 1991, led to some speculation that 1991 VG might be artificial in origin. There was much speculation that it could be a rocket body from a satellite launched in the early 1970s when 1991 VG made its previous close approach with Earth. Earlier close approaches to Earth were before the start of the space age. Some even went so far as to suggest the possibility that it might be an extraterrestrial object such as a Bracewell probe, because its orbital path did not closely match any known man-made spacecraft or rocket bodies. Dr. Duncan Steel suggested extraterrestrial origin in an article in The Observatory.[3]

◆人工的なものである可能性
1991 VGの起源への疑いは、1991年12月初旬の地球との近接通過の際の画像における物体の明るさの急激な変化と相まって、物体が人工的なものかもしれないとの推測につながった。前回の1991 VGの地球への近接通過の際、1970年代始めに打ち上げられた衛星のロケット本体ではないかという多くの推測があった。以前の地球への近接通過は宇宙時代が始まる前だった。軌道が既存のどの人工の宇宙船やロケットとも厳密に一致しなかったので、ブレイスウェル探査機のような地球外のものかもしれないと示唆するものさえあった。ダンカン・スティール博士は雑誌「ジ・オブザーバトリー(天文台の意味)」への論文で、地球外に由来するものと示唆している。

Future approaches
1991 VG has absolute magnitude H=28.5 which would correspond to an asteroid between about 6 and 12 meters diameter and it is therefore far too faint for further study, apart from during close approaches to Earth. It will make its next close approach to earth in 2017.[5]

◆今後の接近について
1991 VGは直径6~12mの小惑星に相当する絶対等級(H)28.5で、地球への近距離接近は別として、さらなる研究には光が弱すぎる。次の地球への近距離接近は2017年(の夏)である。  《他の物体との衝突回避のため軌道変更したことは書いてありません》

YouTube: Project Camelot interviews Sgt. Clifford Stone
インタビュー動画のYouTube版(内容は同じ)

DISCLOSURE PROJECT PRESS CONFERENCE OVERVIEW

ディスクロージャ-・プロジェクト記者会見概要

2001年5月9日、20名を超える軍、諜報機関、政府関係、企業、科学者の証人たちが、UFOもしくは地球外飛行船、地球外生命体、そこからもたらされる先進的なエネルギーおよび駆動技術が、実際に存在していることを証明するため、ワシントンDCのナショナルプレスクラブにおいて名乗り出た。この直接の証言の重みは、公文書および他の証拠を支持するとともに、間違いなくこれらの出来事が現実のことだと立証するのである。


2001 National Press Club Event
ディスクロージャ-・プロジェクト、ナショナルプレスクラブでの会見映像
2001年5月9日、ワシントンDC
(1時間55分26秒 公式動画・英語 YouTube)
ストーン軍曹も証言しています。

ディスクロージャー・プロジェクトとは、UFO、地球外知的生命体、機密になっている先進的なエネルギーおよび駆動システム等に関する事実を、一般に向けてあるがままに公開して発表する活動を行う非営利の調査研究プロジェクトである。ここでは500名を超える政府関係者や軍人および諜報機関の証人が、UFOやET、ETのテクノロジー、およびその情報を機密にしておく隠蔽について、各人自らが直に、個人として直接体験したことを証言している。(公式サイトの紹介文)

●このプロジェクトの存在意義は、上の記者会見(映像)そして下のPDFにあると言えます。(日本語版有り)

ディスクロージャー・プロジェクト 摘要書全訳暫定版
(下記簡易版の日本語訳PDF 2.29MB 全392p)
ストーン軍曹の証言もあります。(PDF p198、200ページ)

Disclosure Project Briefing Document (PDF)
DisclosureProjectBriefingDocument.pdf 38.3MB 494pages
下記に機密文書等のコピーの無い簡易版もあります。
[ http://www.disclosureproject.org/access/briefdoc.htm ]


スティーブン・M・グリア Steven M. Greer - Wikipedia
米国人の医師であり、UFO研究家、作家、講師およびオリオン・プロジェクトとディスクロージャー・プロジェクトの設立者。(1955年6月28日生まれ)

ナショナルプレスクラブ (National Press Club) - デジタル大辞泉
米ワシントンに駐在する世界各国の新聞・通信・放送特派員が組織している親睦団体。

Sgt. Clifford E. Stone Answers Your Questions
ストーン軍曹があなたの質問に答えます
ATS(Above Top Secret)内の掲示板
あとがき
現在暫定版として公開しています。
(翻訳ミスを修正中です。)
情報の一つとして参考にして下さい。
2012/2/16

他の人物のインタビューもあります