グローバル・リサーチ 2015年5月20日

世界最悪の企業モンサントの全歴史

E・ハンザイ

The Complete History of Monsanto, “The World’s Most Evil Corporation”

http://www.globalresearch.ca/the-complete-history-of-monsanto-the-worlds-most-evil-corporation/5387964

世界的なバイオ化学企業モンサントは何をしてきたのか。カナダのネットメディア、グローバル・リサーチに2015年5月20日に掲載された記事(オリジナルは2014年6月)、そして同年10月7日(5つの理由)、12月3日(裁判にかけられる)の記事です。

目次
  • 1. 世界最悪の企業モンサントの全歴史
  • 2. モンサントが、つぶれかけて火の車になった5つの理由
  • 3. 特報:非人道的犯罪で裁判にかけられることになったモンサント

GMOに反対と言おう

2015年5月20日
世界最悪の企業モンサントの全歴史

The Complete History of Monsanto, “The World’s Most Evil Corporation”

http://www.globalresearch.ca/the-complete-history-of-monsanto-the-worlds-most-evil-corporation/5387964

The Complete History of Monsanto, “The World’s Most Evil Corporation”

グローバル・リサーチ 直訳「世界の最も邪悪な企業」モンサントの全歴史

2015年5月20日 E・ハンザイ
By E Hanzai Global Research, May 20, 2015
Waking Times 22 June 2014

Of all the mega-corps running amok, Monsanto has consistently outperformed its rivals, earning the crown as “most evil corporation on Earth!” Not content to simply rest upon its throne of destruction, it remains focused on newer, more scientifically innovative ways to harm the planet and its people.

モンサントは、暴れ回る全ての巨大企業のなかで「地球上最悪の企業」として冠を授かり、常にライバル達をしのいでいた。断じて破壊の王座に満足し、甘んじるのではなく、より新しく、より科学的に地球や人々に危害を加えるための革新的な方法に絶えず目を向けているのだ。

1901: The company is founded by John Francis Queeny, a member of the Knights of Malta, a thirty year pharmaceutical veteran married to Olga Mendez Monsanto, for which Monsanto Chemical Works is named. The company’s first product is chemical saccharin, sold to Coca-Cola as an artificial sweetener.

1901年、オルガ・メンデス・モンサントと結婚していた調剤の熟達者で、マルタ騎士団のメンバーであるジョン・フランシス・クイーニイによって会社は設立され、モンサント化学工場と名付けられる。会社の初めての製品が、人工甘味料としてコカコーラに売られた化学薬品サッカリンである。

Even then, the government knew saccharin was poisonous and sued to stop its manufacture but lost in court, thus opening the Monsanto Pandora’s Box to begin poisoning the world through the soft drink.

政府はその時でさえサッカリンが有害だと知っていて製造を中断するために訴えたが、法廷で負けていまい、それ故にモンサントのパンドラの箱が開き、ソフトドリンクを通じて世界を中毒させるようになる。

1920s: Monsanto expands into industrial chemicals and drugs, becoming the world’s largest maker of aspirin, acetylsalicyclic acid, (toxic of course). This is also the time when things began to go horribly wrong for the planet in a hurry with the introduction of their polychlorinated biphenyls (PCBs).

1920年代、モンサントは工業化学物質と薬物に進出し、アスピリン、アセチルサリチル酸(もちろん有毒)の世界最大のメーカーとなる。またこれは彼らのポリ塩化ビフェニル(PCB)の導入によって、地球にとってものすごく悪い方向に事態が慌ただしく進み始めたときでもある。

“PCBs were considered an industrial wonder chemical, an oil that wouldn’t burn, impervious to degradation and had almost limitless applications. Today PCBs are considered one of the gravest chemical threats on the planet. Widely used as lubricants, hydraulic fluids, cutting oils, waterproof coatings and liquid sealants, are potent carcinogens and have been implicated in reproductive, developmental and immune system disorders. The world’s center of PCB manufacturing was Monsanto’s plant on the outskirts of East St. Louis, Illinois, which has the highest rate of fetal death and immature births in the state.”(1)

「PCBは、燃えない油で、劣化せず分解しない、ほぼ無限の用途があるという極めて優れた工業化学物質と考えられていた。現在PCBは、地球上で最も深刻な科学的脅威のひとつと考えられている。潤滑油、作動液、切削油、防水塗料、液体シール材として広く使用されているが、強力な発がん物質であり、また生殖系障害、発育系障害、および免疫系障害に関係している。PCB製造における世界の中心が、イリノイ州で胎児死亡率と早産率が最も高かったイースト・セントルイスの郊外にあるモンサントの工場だった」。(1)

Even though PCBs were eventually banned after fifty years for causing such devastation, it is still present in just about all animal and human blood and tissue cells across the globe. Documents introduced in court later showed Monsanto was fully aware of the deadly effects, but criminally hid them from the public to keep the PCB gravy-train going full speed!

PCBがそのような荒廃を引き起こした50年後に結局は禁止されたにもかかわらず、世界中のほぼ全ての動物や人間の血液や組織細胞のなかに、それはなおも存在しているのだ。法廷に提出された文書では、後にモンサントが命に関わる影響を十分認識していたことが示されていたが、PCBという、ぼろもうけできる仕事を全速力で進ませるために、法に触れても社会に知らせなかったのだ!

1930s: Created its first hybrid seed corn and expands into detergents, soaps, industrial cleaning products, synthetic rubbers and plastics. Oh yes, all toxic of course!

1930年代、初めてのハイブリッド・コーンを開発し、そして洗剤、石鹸、工業洗浄剤、合成ゴム、プラスチックに拡大していった。そう、もちろん全て有害物質だ!

1940s: They begin research on uranium to be used for the Manhattan Project’s first atomic bomb, which would later be dropped on Hiroshima and Nagasaki, killing hundreds of thousands of Japanese, Korean and US Military servicemen and poisoning millions more.

1940年代、彼らはマンハッタン計画の初めての原子爆弾(後に広島や長崎に落とされ、数十万人の日本人、朝鮮人、および米国軍人を殺し、そして数百万人以上を汚染することになるもの)で使用されるウラニウムに関する研究を始める。

The company continues its unabated killing spree by creating pesticides for agriculture containing deadly dioxin, which poisons the food and water supplies. It was later discovered Monsanto failed to disclose that dioxin was used in a wide range of their products because doing so would force them to acknowledge that it had created an environmental Hell on Earth.

会社は、食物や水道水を汚染する致命的なダイオキシンを含む農薬を作り出し、衰えることなく殺しまくることを続ける。モンサントは、ダイオキシンが会社の製品に幅広く使用されていたことを公表すると、会社が環境面でこの世の地獄を作り出すことを認めるざるを得ないようになるので、それが出来ず、後になって発覚してしまう。

1950s: Closely aligned with The Walt Disney Company, Monsanto creates several attractions at Disney’s Tomorrowland, espousing the glories of chemicals and plastics. Their “House of the Future” is constructed entirely of toxic plastic that is not biodegradable as they had asserted. What, Monsanto lied? I’m shocked!

1950年代、モンサントはウォルト・ディズニー・カンパニーと密接に提携し、ディズニーのトゥモローランドで、化学物質やプラスチック製品の素晴らしさを支持するいくつかのアトラクションを創る。そこの「未来の家」は、彼らが主張するような生分解性プラスチックではなく、有害なプラスチックだけで組み立てられている。えっ、モンサントがウソをついたって? それは驚きだ!

“After attracting a total of 20 million visitors from 1957 to 1967, Disney finally tore the house down, but discovered it would not go down without a fight. According to Monsanto Magazine, wrecking balls literally bounced off the glass-fiber, reinforced polyester material. Torches, jackhammers, chain saws and shovels did not work. Finally, choker cables were used to squeeze off parts of the house bit by bit to be trucked away.”(2)

「1957年から1967年までに合計2000万人の来場者を呼び込んだ後、ディズニーはその家を最終的に取り壊したが、大人しく倒れたりしないことに気付いた。モンサント・マガジンによれば、建物解体用の鉄球は、グラスファイバーや強化ポリエステル素材に当たって文字通り跳ね返ったという。トーチバーナー、削岩機、チェーンソー、およびシャベルは役に立たなかった。最終的にトラックで運ぶため、ワイヤーを使って少しづつ家の一部を引き絞って押しつぶしていったのだ」。(2)

Monsanto’s Disneyfied vision of the future:

モンサントのディズニー化された未来像

1960s: Monsanto, along with chemical partner-in-crime DOW Chemical, produces dioxin-laced Agent Orange for use in the U.S.’s Vietnam invasion. The results? Over 3 million people contaminated, a half-million Vietnamese civilians dead, a half-million Vietnamese babies born with birth defects and thousands of U.S. military veterans suffering or dying from its effects to this day!

1960年代、モンサントは化学的共犯者ダウ・ケミカルと協力して、米国のベトナム侵略で用いるダイオキシン入りの枯葉剤を生産する。その結果どうなったか。300万人以上が汚染され、ベトナム市民が50万人死亡し、出生異常のベトナムの赤ん坊が50万人生まれ、そして数千人の米国退役軍人が現在までにその影響で苦しみ、そして死んでいるのだ!

Monsanto is hauled into court again and internal memos show they knew the deadly effects of dioxin in Agent Orange when they sold it to the government. Outrageously though, Monsanto is allowed to present their own “research” that concluded dioxin was safe and posed no negative health concerns whatsoever. Satisfied, the bought and paid for courts side with Monsanto and throws the case out. Afterwards, it comes to light that Monsanto lied about the findings and their real research concluded that dioxin kills very effectively.

モンサントは再び法廷に連れて行かれ、社内メモには枯葉剤に含まれるダイオキシンの命に関わる影響を、政府に販売したときに会社が知っていたことが示されている。とんでもないとは言うもののモンサントは現在、ダイオキシンが安全で、否定的な健康上の懸念は全くないという会社独自の結論を下した「研究」が認められているのだ。モンサントが買収し、裁判官側に代価を払い、裁判が却下されれば不服はないだろう。後でモンサントが結論に関してウソをつき、ダイオキシンが非常に効果的に殺すというのが会社の本当の研究結果だったことが明るみに出る。

A later internal memo released in a 2002 trial admitted

• 2002年の裁判で事実と認められ公開された最近の内部メモ

“that the evidence proving the persistence of these compounds and their universal presence as residues in the environment is beyond question … the public and legal pressures to eliminate them to prevent global contamination are inevitable. The subject is snowballing. Where do we go from here? The alternatives: go out of business; sell the hell out of them as long as we can and do nothing else; try to stay in business; have alternative products.”(3)

「環境の残留物が疑いなくあるので、存続するこうした化合物や その普遍的存在が証明する証拠が・・・地球規模の汚染を防ぐために、それを除外する公的および法的な圧力が予測できる。課題は雪だるま式に増えている。我々はここからどこへ行くのだろうか。選択肢としては、ビジネスをやめる。他にやりようがない限り売って売って売りまくる。ビジネスが継続するよう努力する。代替品を用意する、などがある。」(3)

Monsanto partners with I.G. Farben, makers of Bayer aspirin and the Third Reich’s go-to chemical manufacturer producing deadly Zyklon-B gas during World War II. Together, the companies use their collective expertise to introduce aspartame, another extremely deadly neurotoxin, into the food supply. When questions surface regarding the toxicity of saccharin, Monsanto exploits this opportunity to introduce yet another of its deadly poisons onto an unsuspecting public.

モンサントは、バイエル・アスピリンの製造会社であり、第三帝国の大黒柱として第二次世界大戦中に致死的なツィクロンBを生産した化学メーカーのIG・ファルベンと提携する。両社は互いに自分達の蓄積された専門知識を、新手の極めて致命的な神経毒であるアスパルテームを食料供給に導入するために利用する。サッカリンの毒性に関して問題が表面化したとき、モンサントはこれを好機に疑うことを知らない大衆にさらなる致命的な毒を導入するのに利用する。

1970s: Monsanto partner, G.D. Searle, produces numerous internal studies which claim aspartame to be safe, while the FDA’s own scientific research clearly reveals that aspartame causes tumors and massive holes in the brains of rats, before killing them. The FDA initiates a grand jury investigation into G.D. Searle for “knowingly misrepresenting findings and concealing material facts and making false statements” in regard to aspartame safety.

1970年代、モンサントの提携企業GDサールが、アスパルテームは安全だと主張する多くの内部研究を生み出す一方で、FDA独自の科学的調査では、アスパルテームはネズミが死に至る前に、脳に腫瘍や大きな穴を生じさせることをはっきりと示している。アスパルテームの安全性に関して「故意に偽りの研究結果を伝え、重要事実を隠蔽し、誤った発表をする」GDサールに、FDAは大陪審の調査を手ほどきしている。

During this time, Searle strategically taps prominent Washington insider Donald Rumsfeld, who served as Secretary of Defense during the Gerald Ford and George W. Bush presidencies, to become CEO. The corporation’s primary goal is to have Rumsfeld utilize his political influence and vast experience in the killing business to grease the FDA to play ball with them.

この時期にサールは、ジェラルド・フォードおよびジョージ・W・ブッシュ政権で国防長官を務めた著名なワシントンの内部関係者、ドナルド・ラムズフェルドにCEOになるよう指名する。企業の主要な目的は、彼らに協力するよう賄賂を含めてFDAとの関係を円滑にするために、ラムズフェルドの政治的影響力や素晴らしい実業界での幅広い経験を活用させることである。

A few months later, Samuel Skinner receives “an offer he can’t refuse,” withdraws from the investigation and resigns his post at the U.S. Attorney’s Office to go work for Searle’s law firm. This mob tactic stalls the case just long enough for the statute of limitation to run out and the grand jury investigation is abruptly and conveniently dropped.

数カ月後、米連邦検事事務所のサミュエル・スキナーは「断ることが出来ない申し出」を受け取り、捜査から手を引き、サールの法律事務所で働くために退職する。こうしたマフィア戦術が、時間切れのため時効になるのに必要な間だけ訴訟を立ち往生させ、そして大陪審調査は唐突に都合よく中断されるのだ。

1980s: Amid indisputable research that reveals the toxic effects of aspartame and as then FDA commissioner Dr. Jere Goyan was about to sign a petition into law keeping it off the market, Donald Rumsfeld calls Ronald Reagan for a favor the day after he takes office. Reagan fires the uncooperative Goyan and appoints Dr. Arthur Hayes Hull to head the FDA, who then quickly tips the scales in Searle’s favor and NutraSweet is approved for human consumption in dried products.This becomes sadly ironic since Reagan, a known jelly bean and candy enthusiast, later suffers from Alzheimers during his second term, one of the many horrific effects of aspartame consumption.

1980年代、議論の余地のない研究の真っ最中にアスパルテームの毒性が明らかになり、またその時、FDA長官のジェレ・ゴヤン博士が、まさにそれを市場に寄せ付けないようにしておく申し立てに署名して、法律にしようとしていたので、ドナルドラ・ムズフェルドは支持を得ようとロナルド・レーガンが就任した翌日に電話する。レーガンは非協力的なゴヤンを解任し、アーサー・ヘイズ・ハル博士をFDAの責任者に指名し、この人物が瞬く間にサールの利益になるよう局面を変え、ニュートラスイートが乾燥製品に食用として認可される。ゼリービーンズやキャンディ好きと知られていたレーガンが、晩年の二期目の時からアルツハイマー病を患って以来、哀れな皮肉となったこれはアスパルテーム摂取の数多くの恐ろしい影響のひとつである。

Searle’s real goal though was to have aspartame approved as a soft drink sweetener since exhaustive studies revealed that at temperatures exceeding 85 degrees Fahrenheit, it “breaks down into known toxins Diketopiperazines (DKP), methyl (wood) alcohol, and formaldehyde.”(4), becoming many times deadlier than its powdered form!

サールの本当の目的は、徹底的な調査によって摂氏約29度以上ではアスパルテームが「既知の毒素のジケトピペラジン(DKP)、メチルアルコール、ホルムアルデヒドに分解する」こと(4)が明らかになって以来、それがソフトドリンクの甘味料として認可されることだったが、それは粉末状のものより何倍も致命的になっているのだ!

• 夏季に倉庫や輸送時に冷やされていないソフトドリンクはいったい何度になるのか?

The National Soft Drink Association (NSDA) is initially in an uproar, fearing future lawsuits from consumers permanently injured or killed by drinking the poison. When Searle is able to show that liquid aspartame, though incredibly deadly, is much more addictive than crack cocaine, the NSDA is convinced that skyrocketing profits from the sale of soft drinks laced with aspartame would easily offset any future liability. With that, corporate greed wins and the unsuspecting soft drink consumers pay for it with damaged healths.

全国ソフトドリンク協会(NSDA)は当初、毒を飲むことで一生治らないか、死んでしまった消費者からの将来の訴訟を恐れて騒然とする。液状のアスパルテームが信じられないほど極端にクラック・コカインより中毒性があるということを、サールが明らかにした際、アスパルテームを入れたソフトドリンクの販売による天井知らずの利益が、NSDAに将来のどんな法的責任であっても容易に補えることを確信させる。そうして企業の貪欲さが勝ち、その代償として疑いを持たないソフトドリンクの消費者が健康を損なうのだ。

Coke leads the way once again (remember saccharin?) and begins poisoning Diet Coke drinkers with aspartame in 1983. As expected, sales skyrocket as millions become hopelessly addicted and sickened by the sweet poison served in a can. The rest of the soft drink industry likes what it sees and quickly follows suit, conveniently forgetting all about their initial reservations that aspartame is a deadly chemical. There’s money to be made, lots of it and that’s all that really matters to them anyway!

コカコーラ(サッカリンを思い出して)は、もう一度先頭を切って1983年にダイエット・コークの飲用者たちをアスパルテーム中毒にさせ始める。案の定、缶で提供された甘い毒によって数百万人がどうしようもないほどの中毒になり、また病気になったので、販売数は急上昇する。他のソフトドリンク業界の残りはその状況を気に入り、アスパルテームが致命的な化学薬品だという当初の条件に関する全てを都合よく忘れ、素早く先例に倣う。それは金に、しかも大金になり、とにかくそれが彼らにとって本当に重要なことなのだ!

In 1985, undaunted by the swirl of corruption and multiple accusations of fraudulent research undertaken by Searle, Monsanto purchases the company and forms a new aspartame subsidiary called NutraSweet Company. When multitudes of independent scientists and researchers continue to warn about aspartame’s toxic effects, Monsanto goes on the offensive, bribing the National Cancer Institute and providing their own fraudulent papers to get the NCI to claim that formaldehyde does not cause cancer so that aspartame can stay on the market.

1985年、腐敗の渦や、サールが行った不正研究の複数の告発を物ともせず、ニュートラスイート・カンパニーと呼ばれるモンサント製品の仕入れ企業で、新たなアスパルテームの子会社を設立する。数多くの独立した科学者や研究者等がアスパルテームの毒性に関して警告を続けた時、モンサントは攻勢に出て、引き続きアスパルテームが市場に留まれるよう国立がん研究所(NCI)に賄賂を贈り、NCIにホルムアルデヒドは癌を引き起こさないと主張させるため、会社独自の詐欺的な資料を提供する。

The known effects of aspartame ingestion are: “mania, rage, violence, blindness, joint-pain, fatigue, weight-gain, chest-pain, coma, insomnia, numbness, depression, tinnitus, weakness, spasms, irritability, nausea, deafness, memory-loss, rashes, dizziness, headaches, seizures, anxiety, palpitations, fainting, cramps, diarrhoea, panic, burning in the mouth. Diseases triggered/mimmicked include diabetes, MS, lupus, epilepsy, Parkinson’s, tumours, miscarriage, infertility, fibromyalgia, infant death, Alzheimer’s… Source : U.S. Food & Drug Administration.(5)

アスパルテーム摂取による影響として知られているものには「躁病、激しい怒り、暴力、失明、関節痛、疲労、体重増加、胸痛、昏睡、不眠症、しびれ、鬱病、耳鳴り、脱力感、けいれん、過敏性、吐き気、難聴、記憶障害、発疹、目まい、頭痛、発作、不安神経症、動悸、失神、さしこみ、下痢、パニック、口腔しゃく熱感、糖尿病を誘発する疾患またはそれを含めた似たような疾患、多発性硬化症、狼瘡(ループス)、てんかん、パーキンソン病、腫瘍、流産、不妊症、線維筋痛、乳児死亡、アルツハイマー病など」がある。
出典:米国食品医薬品局(5)

Further, 80% of complaints made to the FDA regarding food additives are about aspartame, which is now in over 5,000 products including diet and non-diet sodas and sports drinks, mints, chewing gum, frozen desserts, cookies, cakes, vitamins, pharmaceuticals, milk drinks, instant teas, coffees, yogurt, baby food and many, many more!(6) Read labels closely and do not buy anything that contains this horrific killer!

さらに食品添加物に関して食品医薬品局(FDA)に申し立てられた苦情の80%が、アスパルテームについてであり、今やそれはダイエット・ソーダ、炭酸飲料、スポーツ飲料、ミント、チューインガム、冷菓、クッキー、ケーキ、ビタミン類、医薬品、乳飲料、インスタント紅茶、インスタントコーヒー類、ヨーグルト、離乳食など、さらにさらに多くの5000製品以上に含まれているのだ!(6) ラベルを入念に読み、この恐ろしい殺し屋を含んだどんなものも買わないようにしよう!

Amidst all the death and disease, FDA’s Arthur Hull resigns under a cloud of corruption and is immediately hired by Searle’s public relations firm as a senior scientific consultant. No, that’s not a joke! Monsanto, the FDA and many government health regulatory agencies have become one and the same! It seems the only prerequisite for becoming an FDA commissioner is that they spend time at either Monsanto or one of the pharmaceutical cartel’s organized crime corps.

あらゆる死と病気に囲まれて、汚職の渦中にあるFDAのアーサー・ハルは辞任し、間髪を入れずサールの広告会社に上級科学コンサルタントとして雇われる。いや、これは冗談ではないのだ! モンサント、FDA、そして多くの政府系保健規制機関は、全く同一のものになっているのだ! 彼らはモンサントか製薬カルテルの組織犯罪団のひとつで過ごしていて、それがFDA長官になるための唯一の必要条件のように思われる。

1990s: Monsanto spends millions defeating state and federal legislation that disallows the corporation from continuing to dump dioxins, pesticides and other cancer-causing poisons into drinking water systems. Regardless, they are sued countless times for causing disease in their plant workers, the people in surrounding areas and birth defects in babies.

1990年代、モンサントは、ダイオキシン、農薬、その他の発がん性のある有害物を、企業が飲料水システムに捨て続けるのを許さない州法及び連邦法に打ち勝つために、数百万ドルを費やす。とにかく彼らは、会社の工場の労働者やその周辺地域の人々の病気、そして赤ん坊の先天的障害を引き起こしたとして、数え切れないほど訴えられているのだ。

With their coffins full from the massive billions of profits, the $100 million dollar settlements are considered the low cost of doing business and thanks to the FDA, Congress and White House, business remains very good. So good that Monsanto is sued for giving radioactive iron to 829 pregnant women for a study to see what would happen to them.

訴訟相手の棺とともに十分に巨大な数十億もの利益から1億ドルの和解金は、FDA、アメリカ連邦議会、およびホワイトハウスへの感謝であり、事業を行う上での安い経費と見なされ、事業は依然として極めて好調だ。829名の妊婦に放射性鉄を投与して何が起きるか理解するための研究で、モンサントが訴えられていることがとても良い例だ。

In 1994, the FDA once again criminally approves Monsanto’s latest monstrosity, the Synthetic Bovine Growth Hormone (rBGH), produced from a genetically modified E. coli bacteria, despite obvious outrage from the scientific community of its dangers. Of course, Monsanto claims that diseased pus milk, full of antibiotics and hormones is not only safe, but actually good for you!

1994年、再びFDAは、その危険性について科学界からの明らかな抗議にもかかわらず、遺伝子組み替え病原性大腸菌から作られた合成ウシ成長ホルモン(rGBH/遺伝子組み換えウシ成長ホルモン)というモンサントの最新の怪物を犯罪的に承認する。もちろんモンサントは、抗生物質やホルモンだらけの病的な膿のミルクが、安全なだけでなく実質的には体に良いとさえ主張しているのだ!

Worse yet, dairy companies who refuse to use this toxic cow pus and label their products as“rBGH-free” are sued by Monsanto, claiming it gives them an unfair advantage over competitors that did. In essence, what Monsanto was saying is “yeah, we know rBGH makes people sick, but it’s not alright that you advertise it’s not in your products.”

さらに悪いことには、この有毒な牛の膿を使うことを拒み、そして自社製品に「rBGHを使用していません」と表示する乳製品会社は、モンサントによって競合企業に対する不公平な優位性を与えるという主張で訴えられるのだ。要するにモンサントは、「そうです、rBGHが人々を病気にするのは分かってますが、あなた方の製品でそれを広告されるのはまずいんです」と言っているのだ。

The following year, the diabolical company begins producing GMO crops that are tolerant to their toxic herbicide Roundup. Roundup-ready canola oil (rapeseed), soybeans, corn and BT cotton begin hitting the market, advertised as being safer, healthier alternatives to their organic non-GMO rivals. Apparently, the propaganda worked as today over 80% of canola on the market is their GMO variety.

翌年、悪魔同然のこの会社は、彼らの有毒な除草剤ラウンドアップに耐性があるGMOの作物の生産を始める。ラウンドアップ耐性作物のキャノーラ油(菜種)、大豆、トウモロコシ、およびBT綿が、非GMOである有機作物のライバルたちに代わるものとして、より安全性があり、健康に良いと宣伝され、市場に出荷され始める。見たところ市場のキャノーラ油の80%以上が、現在彼らのGMO種なのは宣伝のおかげらしい。

◆ GMO:Genetically Modified Organism は、主に遺伝子組換え作物(GM作物)のこと。
参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/遺伝子組換え作物

 

http://gmo.luna-organic.org/?page_id=18《サルでもわかる遺伝子組み換え》

A few things you definitely want to avoid in your diet are GMO soy, corn, wheat and canola oil, despite the fact that many “natural” health experts claim the latter to be a healthy oil. It’s not, but you’ll find it polluting many products on grocery store shelves.

無条件に食事で避けたいいくつかの物は、GMOの大豆、コーン、小麦、そして多くの「自然志向」の健康の専門家が後者を健康に良い油であると主張している事実にも関わらずキャノーラ油である。そうでなくても食料品店(スーパー)の棚で、汚染された多くの製品が見つかる。

Because these GM crops have been engineered to ‘self-pollinate,’ they do not need nature or bees to do that for them. There is a very dark side agenda to this and that is to wipe out the world’s bee population.

なぜなら、こうしたGM作物は「自家受粉する」ように操作されていて、受粉のために自然やミツバチが必要ないからなのだ。これには非常に邪悪な側面を持つ計略があり、それは世界のミツバチの個体数を消滅させることなのだ。

Monsanto knows that birds and especially bees, throw a wrench into their monopoly due to their ability to pollinate plants, thus naturally creating foods outside of the company’s “full domination control agenda.” When bees attempt to pollinate a GM plant or flower, it gets poisoned and dies. In fact, the bee colony collapse was recognized and has been going on since GM crops were first introduced.

モンサントには、鳥や特にミツバチが植物に受粉する能力を独占しているせいで、邪魔をしているということが分かっていて、それは会社の「完全支配計略」の外側での自然な食物生産ということなのだ。ミツバチは、GMの植物や花に受粉しようとすると中毒になり、死んでしまう。もっとはっきり言えば、蜂群の崩壊が認識されていて、それはGM作物が最初に導入されたときから起こっているのだ。

◆蜂群(ほうぐん):女王蜂を中心とした働き蜂のまとまり、ハチのコロニー。
参考にしたサイト → 大和ミツバチ研究所:http://bee.agriart.info/?p=1845

To counter the accusations that they deliberately caused this ongoing genocide of bees, Monsanto devilishly buys out Beeologics, the largest bee research firm that was dedicated to studying the colony collapse phenomenon and whose extensive research named the monster as the primary culprit! After that, it’s “bees, what bees? Everything’s just dandy!” Again, I did not make this up, but wish I had!

この進行中のミツバチ大量虐殺を意図的に起こしたという非難に対抗するために、直接の原因として怪物と名付けた蜂群崩壊現象の大規模な調査、および研究が専門だった最大のミツバチ調査会社ビーロジクスを、モンサントは悪魔のごとく買収してしまうのだ! それ以後、「ミツバチって、どのミツバチですか? 何もかも非常に良いですよ」となってしまった。かさねて、これが作り話だったら良かったのに!

During the mid-90s, they decide to reinvent their evil company as one focused on controlling the world’s food supply through artificial, biotechnology means to preserve the Roundup cash-cow from losing market-share in the face of competing, less-toxic herbicides. You see, Roundup is so toxic that it wipes out non-GMO crops, insects, animals, human health and the environment at the same time. How very efficient!

90年代半ばを通して、彼らは競合する低毒性除草剤を前に、市場占有率を失わないようラウンドアップというドル箱を維持する手段に、人工的なバイオテクノロジーを使って、世界の食物供給を管理支配することひとつに焦点を合わせるため、その邪悪な企業の改革を決定する。そう、ラウンドアップはとても有毒なので、非GMOの作物、昆虫、動物を絶滅させ、そして人間の健康や環境を同時に破壊する。なんて効率が良いのか!

Because Roundup-ready crops are engineered to be toxic pesticides masquerading as food, they have been banned in the EU, but not in America! Is there any connection between that and the fact that Americans, despite the high cost and availability of healthcare, are collectively the sickest people in the world? Of course not!

ラウンドアップ耐性作物は、食物を装った有毒な農薬になるよう操作されているので、EUでは禁止されているが、アメリカでは違うのだ! それと医療の有効性や高い費用にも拘らず、合計でアメリカ人には世界で最も病人がいるとう事実は、何らかの関係があるのだろうか。その通りだ!

As was Monsanto’s plan from the beginning, all non-Monsanto crops would be destroyed, forcing farmers the world over to use only its toxic terminator seeds. And Monsanto made sure farmers who refused to come into the fold were driven out of business or sued when windblown terminator seeds poisoned organic farms.

最初からモンサントの計画として、全ての非モンサント作物は破壊され、有毒なターミネーター種子だけを使うことを世界中で農夫に強制するのだ。そして集団に加わることを拒むか、あるいは風で飛ばされたターミネーター種子が有機農場を汚染したときに訴えた農夫を、モンサントは確実に廃業状態にしたのだ。

This gave the company a virtual monopoly as terminator seed crops and Roundup worked hand in glove with each other as GMO crops could not survive in a non-chemical environment so farmers were forced to buy both.

GMOの作物が非科学的環境では生存できなかったので、農夫はターミネーター種子とラウンドアップの両方買うことを強制され、そうしたことがお互いに緊密に連携して機能し、これが事実上の市場独占を企業に与えた。

Their next step was to spend billions globally buying up as many seed companies as possible and transitioning them into terminator seed companies in an effort to wipe out any rivals and eliminate organic foods off the face of the earth. In Monsanto’s view, all foods must be under their full control and genetically modified or they are not safe to eat!

彼らの次の段階が、いかなる競合をも全滅させ、地球上から自然食品を廃絶するために出来るだけ多くの種会社を地球規模で買収し、ターミネーター種子会社への移行させするのに数十億を費やすことだった。モンサントに言わせれば、全ての食物は彼らに完全に支配管理され、遺伝子操作されなければならず、でなければ食べるのに安全ではないのだ!

They pretend to be shocked that their critics in the scientific community question whether crops genetically modified with the genes of diseased pigs, cows, spiders, monkeys, fish, vaccines and viruses are healthy to eat. The answer to that question is obviously a very big “no way!”

病気のブタ、雌牛、クモ、猿、魚、ワクチン、そしてウイルスの遺伝子にとって、遺伝子組み換え作物を食べると健康に良いのかどうか、という科学界の中の彼らの評論家の質問に、彼らは衝撃を受けたふりをする。その質問への答えは、明らかに非常に「とんでもない!」である。

You’d think the company would be so proud of their GMO foods that they’d serve them to their employees, but they don’t. In fact, Monsanto has banned GM foods from being served in their own employee cafeterias. Monsanto lamely responded “we believe in choice.” What they really means is “we don’t want to kill the help.”

会社が自社のGMO食物を自慢に思っているので、従業員にそれを食事に出していると思いきや、そうではないのだ。実のところモンサントは、自社の従業員用食堂でGMO食物を出すのを禁止したのだ。モンサントは、「我々は選択の自由を信じているのです」と弱々しく答えた。彼らの本音は「我々は従業員を殺したくない」ということなのだ。

It’s quite okay though to force-feed poor nations and Americans these modified monstrosities as a means to end starvation since dead people don’t need to eat! I’ll bet the thought on most peoples’ minds these days is that Monsanto is clearly focused on eugenics and genocide, as opposed to providing foods that will sustain the world. As in Monsanto partner Disney’s Sleeping Beauty, the wicked witch gives the people the poisoned GMO apple that puts them to sleep forever!

死んだ人は食べる必要がないので、飢餓を終わらせる手段としてそうした遺伝子組み換えの奇怪なものを、貧しい国やアメリカ人に無理やり食べさせたとしても、それは全く正しいのだ! モンサントは、世界が持続可能な食物供給に反対していて、明らかに優生学や集団虐殺を中心にして考えている、という最近のほとんどの人の考えに、私は賭けてもいい。モンサントの提携企業ディズニーの眠れる森の美女と同様に、悪い魔女が人々を永久に眠らせるために毒入りのGMOリンゴを与えるのだ!

2000s: By this time Monsanto controls the largest share of the global GMO market. In turn, the US gov’t spends hundreds of millions to fund aerial spraying of Roundup, causing massive environmental devastation. Fish and animals by the thousands die within days of spraying as respiratory ailments and cancer deaths in humans spike tremendously. But this is all considered an unusual coincidence so the spraying continues. If you thought Monsanto and the FDA were one and the same, well you can add the gov’t to that sorry list now.

2000年代、この時までにはモンサントは全世界のGMO市場で最大のシェアを支配する。今度は米国政府がラウンドアップの空中散布に何億もの資金を出し、大規模な環境破壊を引き起こす。人間にすさまじく急増する呼吸器疾患や癌による死の最中に、何千もの魚や動物は散布の数日以内に死んでしまう。しかしこうした全てが、まれな偶然の一致と見なされるので散布は続く。もしあなたがモンサントやFDAは全く同一のものと思っていたなら、そう、すぐにもその悲惨な名簿に政府を追加できる。

The monster grows bigger: Monsanto merges with Pharmacia & Upjohn, then separates from its chemical business and rebrands itself as an agricultural company. Yes, that’s right, a chemical company whose products have devastated the environment, killed millions of people and wildlife over the years now wants us to believe they produce safe and nutritious foods that won’t kill people any longer. That’s an extremely hard-sell, which is why they continue to grow bigger through mergers and secret partnerships.

怪物はさらに大きくなる。モンサントはファルマシア&アップジョンと合併《2003年》し、そして化学ビジネスから離れ、農業の会社としてブランドを再生する。そう、それは正解で、長年にわたり自社製品で環境を破壊し、そして数百万の人々や野生生物を殺してきた化学会社が、今やこれ以上人は殺さない安全で栄養になる食物を生産すると我々に信じてほしいのだ。それは極めて強引な売り込みであって、だからこそ彼らは合併や秘密の提携を通じてさらに大きくなっていくのである。

Because rival DuPont is too large a corporation to be allowed to merge with, they instead form a stealth partnership where each agrees to drop existing patent lawsuits against one another and begin sharing GMO technologies for mutual benefit. In layman’s terms, together they would be far too powerful and politically connected for anything to stop them from owning a virtual monopoly on agriculture; “control the food supply & you control the people!”

というのも競争相手のデュポンは企業合併が許可されるには大きすぎるので、その代わりに彼らは相手に対する既存の特許の訴訟を取り下げることにお互が同意し、相互利益のためにGMO技術の共有を始めようとして秘密の提携をするのだ。普通の人にも分かるよう言えば、彼らはお互いに全く強力過ぎて、政界とのコネも強すぎて、農業での事実上の独占から彼らを阻止できないのだ。つまり「食物供給を支配せよ、そして人々を支配せよ」ということなのだ。

Not all is rosy as the monster is repeatedly sued for $100s of millions for causing illness, infant deformities and death by illegally dumping all manner of PCBs into ground water, and continually lying about products safety – you know, business as usual.

この怪物は、地下水へのPCBの違法な投棄の全ての方法や、製品の安全性を詐称すること、それが通常業務なのだが、それによって疾病、幼児の奇形や乳児死亡を引き起こしたとして、繰り返し何億ドルもの訴えを起こされていて、全てがバラ色ではない。

The monster often perseveres and proves difficult to slay as it begins filing frivolous suits against farmers it claims infringe on their terminator seed patents. In virtually all cases, unwanted seeds are windblown onto farmers’ lands by neighboring terminator-seeded farms. Not only do these horrendous seeds destroy the organic farmers’ crops, the lawsuits drive them into bankruptcy, while the Supreme Court overturns lower court rulings and sides with Monsanto each time.

しばしば粘り強くこの怪物は、農家に対してターミネーター種子の特許を侵害したと主張して、根拠のない訴えを申し立てるようになり、退治しにくいことが判明する。実質的にすべての事例で、ターミネーター種子を蒔いた農場に隣接した農家の土地の上には、望みもしない種子が風で飛ばされてくるのだ。こうした恐ろしい種子は、有機農業の作物を駄目にするだけでなく農家を破産に追い込み、その一方で連邦最高裁は下級裁判所の判決を毎回覆し、モンサントに味方するのだ。

At the same time, the monster begins filing patents on breeding techniques for pigs, claiming animals bred any way remotely similar to their patent would grant them ownership. So loose was this patent filing that it became obvious they wanted to claim all pigs bred throughout the world would infringe upon their patent.

それと同時にこの怪物的存在は、自社で所有権を許諾されることになる特許が、いかなる動物の繁殖方法とも類似していないと主張して、ブタの繁殖技術の特許を出願するようになる。そんな自由に使える特許の出願が、世界中の全てのブタの繁殖は自分達の特許を侵害することになる、と彼らが主張したかったのだということを明らかにしている。

The global terrorism spreads to India as over 100,000 farmers who are bankrupted by GMO crop failure, commit suicide by drinking Roundup so their families will be eligible for death insurance payments. In response, the monster takes advantage of the situation by alerting the media to a new project to assist small Indian farmers by donating the very things that caused crop failures in the country in the first place! Forbes then names Monsanto “company of the year.” Sickening, but true.

広範囲なテロとして、インドではGMOの作物の不作で10万人以上の農家が破産し、家族が死亡保険の受取人になるようラウンドアップを飲んで自殺するのが広がった。それに応えてこの怪物は、そもそも国内で作物の不作の原因となった物を寄贈することで、インドの小規模農家を支援するという新たな計画について、メディアに注意を呼び掛けて状況を利用したのだ! 当時フォーブズは、モンサントを「カンパニー・オブ・ジ・イヤー(今年の顔と言える会社)」に命名した。胸糞悪くなるが本当だ。

More troubling is that Whole Foods, the corporation that brands itself as organic, natural and eco-friendly is proven to be anything but. They refuse to support Proposition 37, California’s GMO-labeling measure that Monsanto and its GMO-brethren eventually helped to defeat.

さらに厄介なのは、ホールフーズマーケットという有機栽培で、自然で、環境に優しいとしているブランドの企業が 、決してそうではないことが証明されているのだ。この会社は、カリフォルニア州の住民投票事項37、GMO表示法案の支援を拒み、最終的には法律の無効化に協力した。

◆ホールフーズマーケット(Whole Foods Market):1980年に米国テキサス州で設立され、自然食品およびオーガニックフーズの小売部門で世界最大を誇る企業。
http://eow.alc.co.jp/search?q=Whole+Foods

Why? Because Whole Foods has been in bed with Monsanto for a long time, secretly stuffing its shelves with overpriced, fraudulently advertized “natural & organic” crap loaded with GMOs, pesticides, rBGH, hormones and antibiotics. So, of course they don’t want mandatory labelling as that would expose them as the Whole Frauds and Whore Foods that they really are!

なぜなのか。それはホールフーズが長い間モンサントと手を結んでいるので、GMO、農薬、rBGH、ホルモン、抗生物質がたっぷり入った、高額で、詐欺的な宣伝の「自然農法で有機栽培」の作物が、密かに棚に詰められているからなのだ。だから言うまでもなく彼らは、ホールフローズ(全部詐欺でした)や、ホアーフ-ズ(みだらな食品)として、本当はそうなのだが、それを暴露することになる強制的な表示をしたくないのだ!

However, when over twenty biotech-friendly companies including WalMart, Pepsico and ConAgra recently met with FDA in favor of mandatory labelling laws, this after fighting tooth and nail to defeat Prop 37, Whole Foods sees an opportunity to save face and becomes the first grocery chain to announce mandatory labelling of their GMO products…in 2018! Uh, thanks for nothing, Whore.

しかし、ウォルマート、ペプシコ、コナグラ・フーズなど20以上のバイオ技術に優しい企業が最近、強制的な表示法案を支持して、FDAと会合したとき、住民投票事項37を無効化するため必死に戦ったこの後にホールフーズは、面目を保つ機会と見て、強制的なGMO製品の表示を公表する最初の食料品チェーン店になるという・・・、ただ2018年になったらの話だ! ああ、この役立たず。

And if you think its peers have suddenly grown a conscience, think again. They are simply reacting to the public’s outcry over the defeat of Prop 37 by crafting deceptive GMO-labelling laws to circumvent any real change, thus keeping the status quo intact.

この同業者たちが突然、良心を育んだのだと思ったとしたら考え直してほしい。ただ単に彼らは、いかなる現実の変化をも出し抜き、すなわち無傷で現状を維持するために、GMO表示法案をごまかすものを巧妙に作り上げ、住民投票事項37を無効化したことに対する一般大衆の抗議に反応しているだけなのだ。

To add insult to world injury, Monsanto and their partners in crime Archer Daniels Midland, Sodexo and Tyson Foods write and sponsor The Food Safety Modernization Act of 2009: HR 875. This criminal “act” gives the corporate factory farms a virtual monopoly to police and control all foods grown anywhere, including one’s own backyard, and provides harsh penalties and jail sentences for those who do not use chemicals and fertilizers. President Obama decided this sounded reasonable and gave his approval.

さらに世界に追い打ちをかけるように、2009年の食品安全近代化法(法案H.R. 875)を書いた起草者は、モンサントとその共犯者であるアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ソデクソ、タイソン・フーズなのだ。このけしからぬ「法律」により、自宅の裏庭を含めてどんな場所で育てられた食物も規制および管理するために、また化学物質や化学肥料を使用しない人々に厳しい刑罰および実刑判決をもたらす事実上の独占権を、企業の工場式農場に与えているのだ。これをオバマ大統領は合理的に聞こえると思い込み、承認した。

With this Act, Monsanto claims that only GM foods are safe and organic or homegrown foods potentially spread disease, therefore must be regulated out of existence for the safety of the world. If eating GM pesticide balls is their idea of safe food, I would like to think the rest of the world is smart enough to pass.

この法律によってモンサントは、GM食物だけが安全で、病気を蔓延させる可能性がある有機栽培あるいは自家栽培の食物は、結果として世界の安全のため無くなるように規制しなければならないと主張している。GM殺虫剤の玉が食べて安全な食物だというのが彼らの考えだとするなら、世界の他の国々はそれを遠慮するくらい優秀だと思いたい。

As further revelations have broken open regarding this evil giant’s true intentions, Monsanto crafted the ridiculous HR 933 Continuing Resolution, aka Monsanto Protection Act, which Obama robo-signed into law as well.This law states that no matter how harmful Monsanto’s GMO crops are and no matter how much devastation they wreak upon the country, U.S. federal courts cannot stop them from continuing to plant them anywhere they choose. Yes, Obama signed a provision that makes Monsanto above any laws and makes them more powerful than the government itself. We have to wonder who’s really in charge of the country because it’s certainly not him!

この邪悪な巨人の本当の意図について読み解いたさらなる新事実として、モンサントはバカげた933法案予算継続決議、別名モンサント保護法を巧妙に作り上げ、おまけにオバマは機械的に署名して法を成立させた。この法律は、モンサントのGMOの作物がどんなに害を及ぼしても、また国にどんなに荒廃をもたらしても、米国連邦裁判所は彼らが任意の場所にそれを植える続けるのを防ぐことが出来ないと言明しているのだ。そう、上記のどの法律もモンサントに当てはまり、彼らが政府より強力になる条項にオバマは署名したのだ。誰が国の責任者なのか疑わざるを得ない。彼は確実に違う!

There comes a tipping point though when a corporation becomes too evil and the world pushes back…hard! Many countries continue to convict Monsanto of crimes against humanity and have banned them altogether, telling them to “get out and stay out!”

企業が邪悪になりすぎたことが転機となり、世界は押し返す・・・それも激しく!多くの国がモンサントを人道に対する罪で有罪と宣告し続け、その活動を完全に禁じ、彼らに「出ていけ!引っ込んでろ!」と言っているのだ。

The world has begun to awaken to the fact that the corporate monster does not want control over the global production of food simply for profit’s sake. No, it’s become clear by over a century of death & destruction that the primary goal is to destroy human health and the environment, turning the world into a Mon-Satanic Hell on Earth!

企業という怪物が、単に利益のためだけに全世界の食物生産を支配したいのではない、という事実を世界は自覚するようになった。そうではなく、その主要目的は、人の健康と環境を破壊し、そして世界をモン・サタン的な生き地獄に変えることだと、一世紀以上の死と破壊によって明らかになったのだ!

Research into the name itself reveals it to be latin, meaning “my saint,” which may explain why critics often refer to it as “Mon-Satan.” Even more conspiratorially interesting is that free masons and other esoteric societies assigned numbers to each letter in our latin-based alphabet system in a six system. Under that number system, what might Monsanto add up to? Why, of course 6-6-6!

この企業の名前に関して、「マイ・セイント/我が聖人」を意味するラテン語だということが調査で明らかになり、このことが、なぜ批評家がしばしば会社を「モン・サタン/唯一の悪魔」と呼ぶのかを説明しているかもしれない。 さらにいわくありげな興味深いことは、フリーメーソンやその他の秘密結社などが、数字を6進数でラテン語由来のアルファベットの各文字に割り当てたことだ。この6進数体系の下で、モンサントを数字にするとどうなるか。さあどうだ、もちろん6-6-6だ!

Know that all is not lost. Evil always loses in the end once it is widely exposed to the light of truth as is occurring now. The fact that the Monsanto-led government finds it necessary to enact desperate legislation to protect its true leader proves this point. Being evicted elsewhere, the United States is Monsanto’s last stand so to speak.

まだ望みはあるのは分かっている。常に最後は悪が負けた時点で真実の光に広くさらされるが、今それが起こっているのだ。モンサント主体の政府は、その本当の指導者を保護するために絶望的な法律を成立させることが必要だと気付いた事実が、この点を証明する。どこも退去させられて、いわば米国がモンサントの最後の砦なのである。

Yet, even here many have begun striking back by protesting against and rejecting GMO monstrosities, choosing to grow their own foods and shop at local farmers markets instead of the Monsanto-supported corporate grocery chains.

さらに、ここ米国ですら多くの人がGMOという怪物を拒み、それに対して抗議することで反撃し、自分達自身の食物を育て、モンサントが支援する企業の食料品チェーン店の代わりに、地域の農家の市場で買い物をすることを選択するようになってきているのだ。

The awakening people are also beginning to see they have been misled by corporate tricksters and federal government criminals poisoned by too much power, control and greed, which has resulted in the creation of the monstrous, out-of-control corporate beast.

目覚めた人々は、醜悪な制御不能の企業という野獣の創造をもたらした過剰な権力、支配力、拝金主義に毒された企業の詐欺師、そして連邦政府の犯罪者たちに、彼らが欺かれてきたということを理解し始めている。

Notes (注記)
(1,3) http://bestmeal.info/monsanto/company-history.shtml
(2) http://www.sourcewatch.org/index.php/Monsanto
(4,5) http://www.pfnh.org/article.php?id=65
※「6」はどちらのソース元にもありません。

Copyright © E Hanzai, Waking Times, 2015

Source:

http://www.wakingtimes.com/2014/06/20/complete-history-monsanto-worlds-evil-corporation/

2015年10月7日
モンサントが、つぶれかけて火の車になった5つの理由

5 Reasons Monsanto Is Crashing and Burning

http://www.activistpost.com/2015/10/5-reasons-monsanto-is-crashing-and-burning.html

5 Reasons Monsanto Is Crashing and Burning

アクティビスト・ポスト 直訳「モンサントが崩壊し、そして燃えている5つの理由」

2015年10月7日 エリック・ブレア
By Eric Blair October 7, 2015

It’s hard to believe that the once almighty Monsanto is on its knees. But their dirty deeds seem to have finally caught up with them.

かつては全能だったモンサントが崩壊寸前だとは信じがたいことである。しかしその数々の不正行為が、ようやく彼らに悪い結果をもたらしたようだ。

Monsanto shares have already dropped 27 percent this year and they just posted fourth quarter losses wider than estimates.

モンサントの株は今年すでに27%下落し、見通しより悪い第4四半期の損失を決算発表したばかりである。

They also announced cost-saving measures to counter their plunge; deep cuts to their workforce and exiting the sugarcane business.

また彼らは経費削減策として、従業員の大幅削減やサトウキビ事業から退くことも発表した。

Bloomberg reports:

ブルームバーグの記事では以下のように伝えている。

Monsanto Co. said it will eliminate 2,600 jobs as part of a cost-savings plan, joining a growing list of major corporations struggling to contain the damage from the decline in world commodities prices.

モンサントは、経費削減計画の一環として従業員を2,600人削減すると発表し、世界の商品価格の低下による損失を食い止めるために、会社が取り組むべき課題の主な項目に加えた。

The St. Louis-based agricultural giant announced the reductions — the equivalent of 12 percent of its workforce — as it reported a loss of 19 cents a share in the fiscal fourth quarter and warned profit would remain weak through 2016.

セントルイスが拠点の農業最大手企業は、第4四半期の一株損益が19セントの赤字を計上し、2016年を通じて利益は弱含みとなることを通告し、従業員の12%相当の削減を発表した。

Monsanto enjoys a near monopoly on corn and soybean in North America. They appear to have it all; they own the farmers, the industry, the politicians, and the regulators. And, yet, they’re crashing and burning.

モンサントは北アメリカでトウモロコシと大豆においてほぼ独占状態を享受している。彼らは自らの農家、産業、政治家、政府の取締官を所有し、何もかも手に入れたように見える。それにも拘わらず、つぶれかけて火の車なのだ。

Bloomberg cites slumping commodity prices for Monsanto’s decline. “Like DuPont Co. and Glencore Plc, Monsanto, the world’s largest seed maker, is taking steps to combat the effects of a commodity slump…”

ブルームバーグはモンサントの衰退に関して商品価格の低迷を挙げる。「デュポンや、グレンコア・ピーエルシー、モンサントのような世界最大の種子製造業者は、商品価格の下落に対する影響に対抗する措置を取っている・・・」

However, here are 5 real reasons Monsanto is tanking:

しかしモンサントが失敗している5つの本当の理由は以下の通りだ。

1. Consumer activism: The market doesn’t want herbicide-soaked genetically modified food anymore. As people are becoming more health conscious, they prefer to eat organic food. It’s really that simple.

1. 消費者活動:市場はもう除草剤だらけの遺伝子組み換え食品など望んでいない。人々はより健康志向になっているので、自然食品を食べることを好む。本当に単純なことなのだ。

2. Lawsuits with farmers: Monsanto spends untold resources suing family farms for copyright infringement. Farmers are forbidden from saving patented seeds year to year. Additionally when Monsanto’s GMO crops pollute neighboring farms, Monsanto sues those farms too. Not a great business model when your primary customers are farmers. An organic farmer in Australia is hoping to reverse this revolting practice.

2. 農家との訴訟:モンサントは、著作権侵害のために家族経営農場を訴えるのに膨大な資産を費やしている。農家は特許取得種子を年を追って確保することが禁じられているのだ。さらにモンサントのGMOの作物が近隣の農場を汚染すると、モンサントもその農場を訴えるのだ。会社の主要な顧客が農家である場合、あまり優れていないビジネスモデルといえる。オーストラリアの有機栽培農家は、このきわめて不快な訴訟手続きが破棄されるのを望んでいる。

3. Funding anti-labeling campaigns in multiple states is draining Monsanto of millions of dollars. This seems to be the majority of their “marketing” budget. They spent at least $8M in 2012, over $9M in 2013 in Washington State alone, and combined for $8M to defeat just a county initiative in Maui County Hawaii this past year.

3. 複数の州における反表示義務キャンぺーンの財政的支援によって、モンサントは何百万ドルも失っている。これは会社の「マーケティング」予算の大半であるようだ。彼らはワシントン州だけで、2012年には少なくとも800万ドル、2013年には900万ドル以上費やし、またこの一年では、ハワイ州マウイ群の直接請求を無効化するだけのために合わせて800万ドルかかっている。

4. Flagship product causes cancer: A recent World Health Organization report concluded that the active chemical used in Monsanto’s flagship product “Glyphosate is probably carcinogenic to humans.” This unsettling realization hasn’t even begun to sink in yet. Although some cancer-stricken farm workers are suing the big “M” over their illness with many more likely to do the same.

4.主力商品が癌を起こす:最新の世界保健機関(WHO)による報告では、モンサントの主力商品「グリホサート《除草剤/農薬》」に使用されている活性化学物質は、「恐らく人間にがんを誘発する」と結論を下している。この動揺させる認識は、何人かの癌にかかった農業労働者たちが、同じことをしがちな病気になったさらに多くの人と共に、「ビッグ・エム」を訴えてはいるのだが、まだ十分に理解されるようにはなっていない。

5. National bans: An increasing number of countries are banning either GMOs or certain pesticides, or both. At least 15 European Union members move to ban GMO crops. Meanwhile some small nations like Bermuda and Colombia have banned glyphosate.

5.国家的な禁止:ますます多くの国が、GMOあるいは特定の農薬、またはその両方を禁止している。少なくともヨーロッパ連合加盟15カ国が、GMOの作物の禁止に移行している。一方バミューダやコロンビアのようないくつかの小さな国は、グリホサートを禁止している。

To summarize, when people no longer want a product, market share and regulatory control mean nothing. This a long-term problem for Monsanto that can’t be fixed with cost-savings measures. That is why they’re doomed.

まとめると、もはや人々が製品を望んでいない時には、市場占有率や規制当局を支配しても何の意味もないのだ。これはモンサントにとって経費削減策では解決できない長期的な問題なのだ。これこそ彼らの命運が尽きた理由なのである。

Eric Blair writes for Activist Post under Creative Commons. You have full permission to share or repost this article in its entirety.

エリック・ブレアはクリエイティブ・コモンズに則ってアクティビスト・ポストに書いています。この記事全体の共有または再投稿は全面的に許可されています。

2015年12月3日
特報:非人道的犯罪で裁判にかけられることになったモンサント

Huge: Monsanto Going to Trial for Crimes Against Humanity

http://naturalsociety.com/monsanto-going-to-trial-for-crimes-against-humanity-in-the-hague-netherlands-international-criminal-court/#ixzz3tMSqy1eb

Huge: Monsanto Going to Trial for Crimes Against Humanity

ナチュラル・ソサエティ 直訳「特大:非人道的犯罪で裁判にかけられることになったモンサント」

In the Hague, Netherlands, International Criminal Court

オランダのハーグ国際刑事裁判所にて行われる

2015年12月3日 クリスチーナ・サリック
by Christina Sarich
Posted on December 3, 2015

If you’ve been waiting to finally see Monsanto – one of the most hated companies in the world – to pay for its ecocide, knowing harm of human life, and devastation of our pollinators, then you won’t have to wait much longer. Several activist groups joined by food and farming experts are suing Monsanto for their crimes against humanity. [1]

世界で最も嫌われている企業のひとつモンサントが、環境破壊に、ひとの生命への意図的な害に、そして昆虫などの花粉を運ぶ生物への破壊行為に対して、最終的に代価を支払うことを見るのをもしあなたが待っていたとしたら、そう長く待つ必要はない。食物や農業畜産の専門家から協力を得たいくつかの活動家グループが、モンサントを人道に対する罪で訴えているのだ。

Finally, Monsanto, the US-based, transnational company responsible for introducing multiple genetically modified crops and numerous toxic chemicals into our environment – including saccharin, aspartame, polystyrene, DDT, dioxin, Agent Orange, petroleum based fertilizers, recombinant bovine growth hormones (rGBH), Round Up (glyphosate), Lasso (an herbicide used in Europe), Bt toxic plants, and more – will have to answer to the world for its reign of terror. Monsanto has acted with severe negligence, and the hubris and supremacy of a corporation given personhood, but no longer.

サッカリン、アスパルテーム、ポリスチレン、DDT、ダイオキシン、枯葉剤、石油系肥料、合成ウシ成長ホルモン(rGBH/遺伝子組み換えウシ成長ホルモン)、ラウンドアップ(グリホサート《除草剤/農薬》)、ラッソーLasso(ヨーロッパで使用される除草剤)、Bt有毒植物などを含めて、我々の環境に複数の遺伝子組み換え作物や、多数の有毒化学物質を導入した責任がある米国拠点の多国籍企業モンサントが、ついに世界に対してその恐怖の支配について答えなくてはならないのだ。モンサントは企業風土が持つ尊大さや、企業風土の至上主義、そして重大な過失を伴う振る舞いをしたが、もはやこれまでとなった。

The Organic Consumers Association (OCA), IFOAM International Organics, Navdanya, Regeneration International (RI), and Millions Against Monsanto, along with dozens of global food, farming, and environmental justice groups announced at the United Nations conference held recently in Paris that an international court of lawyers and judges will assess Monsanto’s criminal liability for their atrocious acts.

世界規模で食の、農畜産業の、環境の正義を唱える多数のグループと共に、有機農産物消費者協会(OCA)、オーガニック農業運動国際連合(IFOAM)、ナブダニヤ、リジェネレーション・インターナショナル(RI/自然再生のための国際組織)、そして反モンサントを唱える数百万の人(MAM)が、最近パリで開かれた国連会議で、弁護士と裁判官により国際法廷が彼らのモンサントの残虐行為に対する刑事責任を見極めるということを発表した。

The court, in The Hague, Netherlands, will use the UN’s ‘Guiding Principles on Business and Human Rights’ developed in 2011 to assess damages for Monsanto’s acts against human life and the environment.

オランダのデン・ハーグの裁判所は、モンサントの行為による人間の生命や環境に対する損害を評価するために、2011年に承認された国連のビジネスと人権に関する指導原則を用いる。

The court will also rely on the Rome Statute that created the International Criminal Court in The Hague in 2002, and it will consider whether to reform international criminal law to include crimes against the environment, or ecocide, as a prosecutable criminal offense.

さらに裁判所は、2002年にハーグに国際刑事裁判所を設置したローマ規程に基づき、立件可能な刑事犯罪として環境もしくは環境破壊に対する犯罪を含むよう国際刑事法を改正するかどうかも検討する。

This International Criminal Court, established in 2002 in The Hague, has determined that prosecuting ecocide as a criminal offense is the only way to guarantee the rights of humans to a healthy environment and the right of nature to be protected.

ハーグに2002年設立のこの国際刑事裁判所は、刑事犯罪として環境破壊を告訴することが、健全な環境への人間の権利や保護されるべき自然の権利を保証する唯一の手段であると裁定している。

Speaking at the press conference, Ronnie Cummins, international director of the OCA (US) and Via Organica (Mexico), and member of the RI Steering Committee, said:

OCAの国際担当責任者ロニー・カミンズ(米国)や、ビラ・オルガニカ(メキシコ)、そしてRI運営委員会のメンバーが、記者会見での話として以下のように述べている。

“The time is long overdue for a global citizens’ tribunal to put Monsanto on trial for crimes against humanity and the environment. . . Corporate agribusiness, industrial forestry, the garbage and sewage industry and agricultural biotechnology have literally killed the climate-stabilizing, carbon-sink capacity of the Earth’s living soil.”

「全世界の市民の裁判所が環境および人道に対する罪でモンサントを告発するのに相応しい時は、延び延びになっていました・・・企業のアグリビジネス、産業としての林業、廃棄物産業や汚水産業、そして農業バイオ技術は、文字通りに気候の安定性を、地球の土壌の二酸化炭素吸収能力を台無しにしたのです」。

The proceedings will take place on World Food Day, October 16, 2016.

訴訟は2016年10月16日の世界食糧デーに行われる。

Sources:

[1] SustainablePulse 《この記事の引用元》
http://sustainablepulse.com/2015/12/03/monsanto-put-on-trial-for-crimes-against-humanity-in-the-hague

リジェネレーション・インターナショナル(RI/自然再生のための国際組織)
上のURLの記事は下の記事の引用
http://regenerationinternational.org/put-monsanto-on-trial

あとがき

世界を壊し続けてきた怪物企業「モンサント」の軌跡です。

英語の元記事に「!」マークで終わる文が多く、なるべくその通りにしました。記事自体は2014年に書かれたようです。個性的な文体ですが、その熱意を残すように訳したつもりですが、うまくいってない部分もあります。

《二重かっこ》は勝手に補った部分です。赤い文字も勝手に強調した部分です。意味不明のところはきっと誤訳でしょう。左上の「文字のリモコン」の「英」を開くか、url の最後に ?e=1 と付けてリロードするとソースの英文が表示されます。

モンサントの近況を伝える10月7日の別の記事があったので追加しました。
さらに12月6日に「裁判にかけられる」の記事を追加しました。
「なるほど!」と思われたら、どんどんコピペして下さい。
2015年10月24日初出
2015年12月05日最終更新(三番目の記事を追加)

モンサントの所有者「バンガード・コーポレーション」について

2015年6月2日号付録 バンガード・コーポレーションに関するロシアの調査報告(1)
Monsanto モンサント 《ライバルのデュポンもバンガードが支配と記されています》

http://../BFul_150602.html

2015年2月7日号 ロシアの情報源から最新ニュース
ドイツは、ビクトリア・ヌーランドの補佐官で、さらにバンガード・コーポレーション社の社員でもあり、そこが印刷したほぼ10億の精巧な偽ドルを持っていた人物を逮捕した…

http://../BFul_150203.html

2015年2月7日号
ウクライナの戦争は国務省やバンガード・グループのシオニストによって…
《上の記事の続き》

http://../BFul_150203.html

モンサントや農業関係の動画、サイト

End of the Summer GOOD NEWS: All Monsanto GMO Cornfields Burned Down in Hungary!《10月17日 SGTreport》
夏の終わりの吉報:ハンガリ-では全てのモンサントのGMOトウモロコシ畑を焼却!

http://sgtreport.com/2015/10/end-of-the-summer-good-news-all-monsanto-gmo-cornfields-burned-down-in-hungary/

モンサント (企業)《ウィキペディア》

https://ja.wikipedia.org/wiki/モンサント_(企業)

「こんな農業・漁業・畜産はいらない」 船瀬俊介の船瀬塾
《2015年2月13日公開 11:44 世界の農業の危機は遺伝子組み換えから・・・》

https://youtu.be/CldEWWVoaNM

「FACT」07 with 船瀬俊介 ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ2015.7.05ダイジェスト版
《2015年8月5日公開 10:05 経済制裁の結果キューバは世界最高の有機農業国になった》

https://youtu.be/oTz7ZHBvxtU

サイト内の他の記事

フラッキングで誘発される地震(ニューヨーク・タイムズ)2015年6月30日の記事
~シェールガス/オイル開発に伴う人工的な地震による被害について

http://../fracking2015.html

その他の参考になる動画など

1リットルの水で500km走るバイク【動画】
Miracle motorbike that goes 500km… on a liter of water! (VIDEO)
《2015年07月27日 世界の裏側ニュース》

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12054976844.html

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (1) 不正選挙裁判 2015 《日本語 4月9日公開 10分》
~日本の選挙の実情をその裁判の様子を交えて紹介しています。

https://youtu.be/UZBF5WIDWfE

Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015

https://youtu.be/pgLCwQQXlSs