「俺たち2」管理人による遠距離電車マガジン


ジミー竹内・還暦パーティー



ジミー竹内・還暦パーティー
1990年7月1日 於・品川パシフィックホテル

ジミー竹内が60歳になった。15歳の時に米軍キャンプでプロデビューしたというから実に45年のドラム人生。が、しかし、まだまだ若い。90歳になるまでスティックを持つというジミーには還暦はひとつの通過点にしかすぎない。
(90/7/1 Zaki)

<写真上>左から世良譲、ジミー竹内、竹内夫人、原信男

あれから13年。先日、その頃、ジミーがお世話になっていた世羅譲トリオの世羅さんが他界した。ジミーとて、ここ4年は脳梗塞と闘っている。誰もが老い、病を患い、そしていずれは誰もが死ぬ。分かっていることだけど、でも、悲しい。
13年前、私が撮ったジミーの還暦パーティーの世羅さんも、ジミーも、とても若い。
インターネットが無かった時代なので、これらの写真は未公開なのだけど、世羅さんやジミーのファンの方々の為に古いアルバムを引っ張り出してみた。
(2004/2/20 Zaki)


左: 「ご紹介します。・・・・・・・・ジミー竹内さんです!」
この時ばかりは神妙な面持ちだったが、そのうち酒が入ると・・・
右: 当時はまだお元気だったジャズ評論家の油井正一さん。




左: ゲストの永六輔さんとジミーのパフォーマンス。
永六輔さんのトークにはさすがのジミーもたじたじ。
右: サウンド・イン・Sで共演していた伊藤ゆかり。歌唱力はさすがですね。




左: もちろん、この人、しばたはつみさんも。
やはりサウンド・イン・Sでご一緒した実力派歌手である。
ピアノは世良譲さん、ベースは伊藤潮さん、そして、我らがジミー竹内のドラム。
右: 密会現場??
なにやら親密に手を取り合って歓談する原信夫さんと、しばたはつみさん。とても、仲がいいようですな。



繊細なピアノと、ソフトなダンディズムでモテモテの世良譲さん。
この頃の世良譲トリオは、伊藤潮(b)、ジミー竹内(ds)だった。その後、色々メンバーチェンジをしながら、常に日本のジャズシーンの第一線で活躍。



左: 若手ミュージシャンによる演奏も次々に。会場にいる半分はミュージシャンじゃないかと思うくらい人材が豊富。
右上: 原信夫さんの挨拶。
ジミー竹内は「シャープ&フラッツ」の初代ドラマーなのだ。終戦後の話など、日本のジャズの歩みなども含めて楽しいお話だった。
右下: 次々に様々なゲストが演奏する。
音楽家ならではの還暦祝いだ。その間、ジミーはグラスを片手に会場内のお客様へ挨拶に回る。



まるで、豪華版の音楽ショー。一流どころが惜しげもなく出演する。窓の向こうには、遠く東京湾も見渡せる最高のロケーションだ。贅沢だ。会場には多数の音楽関係者が。ここにも、あそこにも、ブラウン管で見た顔がいる。そうそう、司会はあの有名なイソノテルオさん。FM放送などのジャズ番組でもお馴染みだ。




左: 因みに、左が筆者です。
このとき、ジミーと初めて一緒に撮ってもらった記念の一枚。
右: 京都からわざわざ来たデザイナーで、大のジャズファンの平井さん(筆者の大先輩です)と一緒に。




割れんばかりの拍手を受けるジミー。最後に、ご挨拶をするのだが、あっちこっちに脱線しながらのトークで、ウケているものの、なんかピリっとしなかった。まあ、テレ屋さんのジミーならでは、である。

素晴らしい還暦祝いだった。酔っ払っていても、ジミーのドラムはかっこよかった。これからも頑張れっ!!

しばざ記 Vol.65