東京体育館のプールで5.5km


                           2004年3月24日
ちょっと昨日5.5km泳いだ話をしてみましょう。
千駄ヶ谷の東京体育館のプールが50mプールだというので先月から昨日で3回行きました。
昨日は6時半前に泳ぎだしていました。
ここは泳ぐ早さによって高速レーン、中速レーン、低速レーンとあるのです。
どこも結構早くて、私はこれでもトライアスリートだなんて思っているもんだから、 中速レーンに入ってガンガン泳ぐのですが、それも2,300mでおしまい。あとは みなさんの鼻つまみものになってじゃまばかりしています。 先月泳いだとき不思議に速くて1.5kmを30分次の1.5kmを35分で泳げたという記録を 持っています。記録たって自分で計ったいい加減なものですが。 それで今回も頑張って中速レーンにはいったのですが、今日は遅い!なぜにこんなにも 違うの?1km泳いで25分弱かかっています。それで2km泳いだ時点で低速レーンに移動しました。
でも、ここの水は泳ぎやすい!
洗面器の水を上からたたくと水ははじけるように飛び出すでしょう。でもお風呂の 水なら風呂全体でたたいた衝撃を受け止めて波打つだけかもしれません。 このプールは水深2m以上あって入れた力をぐいと受け止めてくれるのです。それも 50mのプール全体で。だから手のかく力でぐいぐい進む。足のキックでぐんぐん進む。 ここを泳いだら佐渡の真野湾でどうしてあんなに早く泳げたのかわかる。 たっぷりした水が気持ちいいのがよくわかる。

こうして低速レーンを泳ぎ気分や調子にあわせて自分のペースで泳ぎました。
次の50分くらいで約2kmを泳ぎ、都合4kmあまりを1時間40分で泳ぎました。それでおしまいに するはずだったが、あまりスピードにのれなくてももっと泳いでいようという気になって そのまま泳ぎ続けました。それで5kmを2時間泳いだ。
東京体育館のプールは午後7時から8時がもっとも混む時間のようで、すでに8時半になろうと いうころにはレーンを一人で占有していました。今日は寒い日だったから泳ごうという人も 少なかったろうとは思いますが、こんなに少ないのはこれまで3回のうちで初めてでした。 最後まで泳ごうと思い、8時45分の時間ぎりぎりまで泳ぎました。 それで約5.5kmを泳いだというわけです。
気持ちよかった〜。

実は気持ちいいだけでは終わらず、帰りの混んだ電車の中で貧血で気分が悪くなり、 大変に気持ち悪い思いもしてしまったのでした。

こういう話をすると自慢しているのかと思われる方もいるかもしれませんが、違います。 自己顕示で話しているのではありません。自分のテーマ「人間にはなにができるか」と いうひとつの答えを模索しているのと、私が体験したことはすなはち人類が体験したこと なわけですから、一人でもだれかに伝えるという使命があって話をしています。 聞かれる方はぜひ瀬野がやったことと思わず、人類が体験したことと思って聞いてくださ い。人類すなはちあなたもこの体験をしたのです。聞くまで知らなかったとしても、です。 だから、私が昨日東京体育館で飲んだ水の味が口に残っているような気がしないで しょうか?