タイトル




商品名 酒類 度数
一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中びん、大びん、7L樽、15L樽

※東北地区(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)限定で、7L樽、15L樽を販売予定
2017.10.24
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
自社が1963年に遠野市とホップ契約栽培を開始して今年で54年目となります。国産ホップの生産量が年々減少する中、当社は良質なホップの産地を守るため、遠野市と生産者の皆様、地域の皆様と連携し、地元の大切な資産であるホップの魅力を活用した地域活性化に取り組んでいます。
今後もホップにこだわってつくった「一番搾り とれたてホップ生ビール」の発売を通じて、「ビールの魅力化」と地域活性化に取り組み、ビール市場を活性化していきます。今年の夏に収穫したばかりのホップ「IBUKI」を凍結させてたっぷり使用した、みずみずしく、華やかな香りが特長。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
4 4 4 3 3 3
泡立ちは良いが泡持ちはイマイチ。液色は黄金色。トップには、アロマホップの青い香りと一番搾りの甘い香りが感じられるが、バランスは今一つ良く無い。全体にうやや辛い。今年のIBUKIと一番搾りはマッチしなかったのか、イマイチ美味しくない。



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中瓶、大瓶。樽詰生(7L、15L)・・・東北6県限定 2016.10.25
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
今年収穫したばかりのとれたてのホップ「いぶき」を凍結させて使用することで、沈丁花のような、凛とした華やかな香りが特長。とれたての岩手県遠野産ホップ「いぶき」を贅沢に使用した、特別な「一番搾り」。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
4 4 4 5 5 4
泡立ち大変良く、泡持ちも大変良い。飲み口には、鉄分っぽさと、グラッシーな香りを感じる。口当たりはまろやかで、甘味ではない特有のエキス分がボディに感じられ、何処となしに塩分のようにさえ感じられる。苦味は適度で、沈丁花の香りかどうかは判らないが、全体的に透明感を感じる味わい。



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中瓶、大瓶。樽詰生(7L、15L)・・・東北6県限定 2013.10.29
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
今年とれたての岩手県遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な「一番搾り」。「麦芽100%×一番搾り製法」による「すっきりしているのに、うま味も充分」な味わいに加え、岩手県遠野産のとれたてホップがもたらす、みずみずしく華やかな香りを実現している。一般的に多くのビールは、ホップの収穫後、品質を保つため乾燥させて使用するが、「一番搾り とれたてホップ生ビール」では、収穫したばかりのホップを水分が含んだ生の状態で凍結させ、これを細かく砕いて使用することで、旬のホップの個性を最大限に引き出した。

売り上げ1本につき1円を東北の農業の震災復興支援策に活用される。数量限定発売。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 4 4 5 5 5
開栓と同時にトップに鉄分っぽいアロマホップの香りが漂う。飲み口には、鉄分さとはまた違った、本格的なアロマホップの香りが充満しており、ほんのりした甘さやボディも感じる。飲み応えも強いタフな味わい。後味もスッキリしており、ある意味アンバランスさはあるが、とても満足行く味わい。・・・と、昨年と同じ感想だが、中味レシピは昨年と同じだろうから、当然だろう。気持ち昨年よりは苦味が増した感じだろうか?



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中瓶、大瓶、樽詰生(7L、15L)・・・東北6県限定 2012.10.31
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
今年とれたての岩手県遠野産ホップを贅沢に使用した、特別な一番搾り。収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「岩手県遠野産ホップ」を贅沢に使用し、「麦芽100%×一番搾り製法」で仕上げている。

売り上げ1本につき1円を東北の農業の復興支援に活用。数量限定発売。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 3 4 5 5 5
開栓と同時にトップに鉄分っぽいアロマホップの香りが漂う。飲み口には、鉄分さとはまた違った、本格的なアロマホップの香りが充満しており、ほんのりした甘さやボディも感じる。飲み応えも強いタフな味わい。後味もスッキリしており、ある意味アンバランスさはあるが、とても満足行く味わい。中味レシピは昨年と同じなのだろうとは思うが、昨年よりも充実感を感じる。



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中瓶、大瓶、樽詰生(7L、15L)・・・東北6県限定 2011.11.9
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
3月11日の震災以降、約100日間におよぶ清掃・片付け作業を行い、その後の設備の点検・修繕作業を乗り越え、9月26日に東北ゆかりの「一番搾り とれたてホップ生ビール」で仕込を再開した。そして、関係者一丸となった取り組みが実を結び、仙台工場産のビールの出荷再開を果たすことができた。

岩手県遠野市で今夏収穫したばかりのホップを、水分を含んだ生の状態で凍結させ、これを細かく砕いて使用することで、旬のホップの個性を最大限に引き出した。

当商品の売上1本につき1円をキリングループが一体となって取り組む東日本大震災の復興支援活動「復興応援 キリン絆プロジェクト」の一環として、東北の農業復興支援に活用。

数量限定発売。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 3 4 5 5 5
トップにはいつもの青いアロマホップの香り。香り豊かな飲み口で、カラっとした軽いボディ。うっすらほの甘く、ほの苦いが、全体には軽快な味わい。中味レシピはきっと昨年のものと同じだと想像するが、イメージでは、昨年のものよりも軽くなった印象。



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中びん、樽詰生(7L、15L) 2010.11.2
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
今年とれたての岩手県遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な一番搾り。旬のとれたてホップならではの、みずみずしく華やかな香りを感じる一番搾り。

収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「岩手県遠野産ホップ」を贅沢に使用し、「麦芽100%×一番搾り製法」で仕上げている。
数量限定発売。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 4 5 5 5 5
トップにはいつものアロマホップの香りが感じられる。ほの甘く、ほの苦く、ほの香ばしく、一番搾りのとれたてっぽい風味が充分感じられる。印象としては昨年と中味は同じだろうか?でもバランスが取れていて、とても美味しい(喉渇いていてせいかも?)




商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中びん、樽詰生(7L、15L) 2009.10.28
原材料
麦芽、ホップ
商品特長
今年とれたての岩手県遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な「麦100%」の一番搾り。
「麦芽100%×一番搾り製法」による「すっきりしているのに、うま味も充分」な味わいに加え、岩手県遠野産のとれたてホップがもたらす、華やかな香りを実現。
収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「岩手県遠野産ホップ」を贅沢に使用し、「麦芽100%×一番搾り製法」で仕上げている。
数量限定発売。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 4 5 5 5 5
アロマホップの香りが適度に表現されている一方で、苦過ぎず、まろやかで、適度なコクが感じられ、落ち着いて飲める味わい。ホップの香りも、青いグラッシーな感じというよりは、爽やかな香りという感じで、初夏のような雰囲気さえ感じられる。処方が変わって、今年の方が美味くなったような印象がある。本家の一番搾りよりも美味しいイメージがある。



商品名 酒類 度数
キリン 一番搾り とれたてホップ生ビール ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶、500ml缶、中びん、樽詰生(15L) 2008.11.5
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
今年とれたての遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な一番搾り。旬のとれたてホップならではの、みずみずしく華やかな香り。

収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「遠野産凍結ホップ」を贅沢に使用し、一番搾り製法で仕上げている。一般的に多くのビールは、収穫後乾燥させたホップを使用しているが、「一番搾り とれたてホップ生ビール」では、収穫したばかりのホップを水分を含んだ生の状態で凍結させ、細かく砕いて使用することで、旬のホップのうまさを引き出している。「一番搾り」のまろやかな味わいに加え、旬のとれたてホップのみずみずしく華やかな香りを楽しめる。数量限定。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 5 4 4 5 5
今年もトップは少し青めの香りがあるが、以前のようなビターな香りというよりは、アロマホップの香りが割りと表現されていて、フィニッシュにかけて少し気配を感じさせてくれる。全体的には少しボディやふくらみを感じさせながらも、少しだけ苦味が浮いてくる感じ。一番搾り自体よりは、少しフラットでビターという感じだろうか。



商品名 酒類 度数
キリン とれたてホップ一番搾り ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶218円、500ml缶286円、中びん、樽詰生(15L)(税抜) 2006.10.25
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
今年とれたての遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な一番搾り。「一番搾り」らしいまろやかな味覚をベースに、旬のとれたてホップの華やかな香りを感じることができる。収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「遠野産凍結ホップ」を贅沢に使用し、一番搾り製法で仕上げている。数量限定。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
4 5 5 3 4 4
今年もトップは少し青く、アロマホップというよりはビターホップといった印象がある。といっても、去年とスペックは一緒なのだろうが。。。全体のコクやまろやかさなどは悪くないのだが、もうちょっとグラッシーに攻めて欲しいというのが個人的な好み。



商品名 酒類 度数
キリン とれたてホップ一番搾り ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶218円、500ml缶286円、中びん(税抜) 2005.10.26 数量限定
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
今年とれたての遠野産ホップを贅沢に使用した、今しか飲めない特別な一番搾り。一番搾りらしい上品なうまみとまろやかな味覚をベースに、とれたての凍結ホップの特長である華やかな香りを感じることができる。収穫したばかりの状態でそのまま凍結し、細かく砕いた「遠野産ホップ」を贅沢に使用し、一番搾り製法で仕上げた。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
3 5 4 3 4 4
久々にビターの強いビールというのが第一印象。そんなにトップフレーバーはビタービターしていないが、飲み口は今時かなりビター。アロマホップというよりはビターホップを最大限効かせたという感じ。去年がどうだったかは比較のしようがないが、本格的なビターもたまにはアリじゃない?と問い掛けているような一品。



商品名 酒類 度数
キリン とれたてホップ一番搾り (2005年限定醸造) ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶218円、500ml缶286円 (税抜) 2004.11.2 数量限定
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
収穫したばかりのホップをそのまま凍結し、細かく砕いた「遠野産凍結ホップ」を贅沢に使用し、“新・一番搾り製法”で仕上げた。一般的に多くのビールは、収穫後乾燥させたホップを使用しているが、「とれたてホップ一番搾り」では、当社独自の技術(特許出願中)により、収穫したばかりのホップを水分を含んだ生の状態で凍結させ、細かく砕いた「遠野産凍結ホップ」を使用。「一番搾り」の“澄みきったコク”ととれたてホップならではの華やかな香りを楽しめる。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
5 5 5 3 3 4
去年と同じかもしれないが、トップには青いホップの香りが漂い、下手したら少し発泡酒感覚。でも飲み口は流石にビールらしくずっしりしており、しかも麦芽の風味がとても豊か。飲み応え充分な味わい。ビター感も強く、本格的な感じ。ただ、今時にしては濃厚な感じもあり、苦味と渋味がやや後に残るため、食事と一緒だと良いかもしれないが、単独で飲むと少し後味が悪く感じてまうかもしれない。



商品名 酒類 度数
キリン 毬花一番搾り<生> (2003年版) ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶218円、500ml缶286円 (税抜) 2003.11.12 数量限定
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
摘みたてのホップをそのまま凍結し、細かく砕いた「凍結毬花ホップ」を原料に使用。ホップは、今年の8月下旬に収穫する国産ホップ(岩手産)を使用。当社独自の技術で、ホップのみずみずしいうまさをビールに与えることに世界で初めて成功した。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
4 4 3 4 4 4
全体的な雰囲気は昨年度と似た印象で、特に昨年の香味スペックから変更は無いといった感じなのだろうか?ただし、昨年感じたのとは少し異なる点としては、昨年はアロマな感じがあったという印象があったのだが、今年はホップのペレットにある少し辛さに近いような香味が強く出ている感じがあり、それがどうかな?という気がする。全体のみずみずしさやスッと消える苦味は概ね昨年同様かと思われる。ただ、1年経って昨年感じなかった部分を感じているだけで、中身は昨年と全く同じなのかもしれないが。



商品名 酒類 度数
キリン 毬花一番搾り<生> ビール 5.5%
仕様・価格 発売日
350ml缶218円、500ml缶286円 (税抜) 2002.11.13 数量限定
原材料
麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
商品特長
摘みたてのホップをそのまま凍結し、細かく砕いた「凍結毬花ホップ」を原料に使用。ホップは、今年の8月下旬から9月上旬にかけて収穫する国産ホップ(岩手産)を使用。当社独自の技術で、ホップのみずみずしいうまさを引き出すことに世界で初めて成功した。
評価
香り 苦味 コク キレ 後味 総合
4 4 3 4 4 4
トップに少し青っぽい香りが立ち、折角のビールなのにホップが立っちゃぁ発泡酒じゃん、と少々落胆を感じたが、一口飲むと、意外や透明感のある爽やかなホップの香りが感じられ、後から麦の香ばしさを引っ張ってくる感じ。凄く透明感のある味わいが、キャッチコピーの「みずみずしいうまさ」というのが、あながち嘘でもないなと再確認させられる。苦味が鋭く立つが、後に引く感じではなく、後切れ良く苦さがスッと消えて行く。オーソドックスな苦みばしったタイプとはまた違った正統的なビールの良さを感じる。一番搾りの良さを残しながらも、ホップの良い所を引き出したなぁと感心させられる一方、発泡酒でこんな作りをしてもらったら更に満足と贅沢な感想を抱いてしまう。