New Paracelsus Lounge
 
パラケルスス研究のラウンジ
  
  
 
その3
 
パラケルススに関する古典的な研究
   
著者・編者名の前に * をつけた文献はマスト・アイテムです
 
 
A 研究文献リスト Paracelsus-Bibliographie
  
    これらのアイテムで先行研究を知るのが第一歩です。最初の K.Sudhoff の記念碑的作品は、パラケルスス本人の著作だけでなく、パラケルススに関する事項一般に関して幅広い文献を扱っています。最近出た Julian Paulus 氏の文献表によりほぼ20世紀後半のものは、押さえられました。しかし、これらの文献表に関しての一番の問題点は、論文や著作の表題に「パラケルスス」の名前が出てこないとカウントされない可能性がありうるということです。
   
 
 
B 20世紀の総合的研究のクラシックス
 
    邦訳されているゴルトアンマーの『パラケルスス:自然と啓示』(1953年)と W.Pagel の『パラケルスス』(1958年)以前のものは、この2著作以降、あまり使われなくなってきているような気がします。入手自体が困難なものが多くなってきました。一般に、昔の文献の一番大きな問題は、パラケルススの正真な著作と偽作の区別を余りつけずに利用していた点です。このことによって、理論的に不整合なアイデアのあまりにも多い混在といった内的な矛盾があたかもパラケルススの性格の特徴であるかのように取られてきました。この真贋の混交の問題は、1980年代ぐらいまでの著作に非常に多く見られます。果たして、現在では、W.パーゲルの優れた総合的作品でさえこの問題によって大きくその再考を迫られています。
   
 
 
C 重要なパラケルスス研究の論集
 
    『Nova acta Paracelsica』  と 『Salzburger Beitrage zur Paracelsusforchung』 の各号はここから外します。
 
I )  国際会議論集  幾つかのものはその内容を「補足」に掲示します。
   
 
II )  一人の歴史家の論文集
   
 トップへ邦語文献|著作|古典的研究最近の研究動向学会映画ネット上のパラケルスス