トップページ理事長挨拶


理事長挨拶


 京都大学キリスト教青年会(YMCA)は、1899年に創設され、100年以上にわたって、京都大学の内外でキリスト教の精神に基づく青年会活動をしてきました。 その一つの重要な活動として、京都大学の学生を中心とする学生寮である「地塩寮」を運営してきました。 この名称は「あなたがたは地の塩である」という主イエスの言葉に由来します(マタイによる福音書5章13節)。 「地」すなわち人間の住む世界の中で「塩」のような、目立たないが不可欠な働きを担う青年学生を、共同生活の中から生み出そうとの祈りと願いを込めて、国際的な協力によって、この寮は建設されました。 寮生活は寮生の自治に委ねられていますが、寮生は京都大学キリスト教青年会の会員となり、先輩の会員とともに理事会を構成して、寮生活を含む諸活動の責任を担っています。 地塩寮が一般の学生寮と異なるのは、京都大学キリスト教青年会の目的と活動に密接に関係していることです。

 大学生活の中での様々な人々との出会いは、大学での学びと同じくらい意義深いものです。 寮での共同生活は、人との出会いを密接で豊かなものにする可能性を秘めています。 もちろんそこでは違う人間同士が触れ合うことから生じる摩擦や葛藤も時には避けられないでしょう。 しかし自分の場合を振り返ってみても、そうした葛藤の中から、自分が養われ、鍛えられ、自分で物事を考え、自分の言葉で話すための基礎ができたと思います。 寮で過ごした4年間の学生時代の時が、それからの時に較べて長く密度があったと感じられるのも、人間に深く触れ合う機会を豊かに与えられたからだと思います。

 キリスト教は唯一絶対者なる神の存在を信じる宗教です。 言い換えれば、真理は人間の側にはないことを示しています。 寮生活における対話が、教えでも、説得でも、押しつけでも、単なる情報でもなく、一人の人間として、何が正しいあり方なのかを互いに謙虚になって求めるものとなるとき、はかりしれない収穫が得られるでしょう。

 寮生活が自治的になされるということも重要なことです。 何事も自分たちで決めて、実行してゆくということは、責任の伴う、骨の折れることですが、そうした中で人間として成長してゆくのです。 そしてこうした共同的自治の経験は、未だ本当に民主主義が成熟したとはいえない日本の社会の将来にとっても、貴重な意味をもっています。

 このような互いの関わりとの自治を旨とする寮生活をなし、真理の源である聖書の世界に触れることを望む学生を、京都大学キリスト教青年会は、キリスト者であると否とを問わず、歓迎します。



2017年度京都大学YMCA理事長 片柳榮一