HOME | ニライカナイな人々 | ニライカナイを求めて | 難問クイズ | ゲストブック | 検索&リンク
自然と人工物の風景 | ダイビング日記 | | | |
OW講習 優美子 | 多美子

Advanced Open Water 講習

〜藤田3姉妹・真ん中の優美子の日記〜

1998年12月3〜5日

そりゃ「キコウ」違い帰ってきた宮古島
サンゴホールでDeepに挑戦アンダーウォーターナチュラリスト
ボートダイビング
“スリッパカクレガニ”
九官鳥のクロちゃん


出発の数日前、宮古島とはいえ、さぞかし海は寒かろうと 姉と買い物をした。上下のレインウェアと長靴。笑われるかな と思いつつも舟江ちゃんの「毛糸の帽子と耳あてしてるよ」が 忘れられない。また騙されてるかもしれないけど、寒がりの私 にはかなり気になる。が、身長152cmの私にはピッタリの物 がなかなか見つからない。結局レインウェアは”学校行事に 最適”と書かれた子供用、長靴もあとからレシートを見ると、 ”子供用長靴”となっていた。
今回の私の先生、かっきーと電話で話しをした時、
「気候はどうですか?」
と尋ねると一瞬の沈黙の後、「...きこうって、 身体の中の...?」...
大爆笑!!!私しゃそんな変な奴じゃないってっ!

トップに戻る

*******************************************************

12月3日(火) 出会いを求めて、帰ってきた宮古島、早速1ダイブ

7:15に家を出て姉と二人今回もミニカに乗って関空へ。 この日までとても慌ただしかったので、アドバンスのテキストも 最後まで読めておらず、飛行機の中でボートダイビングの 部分を読んだ。

到着!広島君が笑顔で迎えに来てくれていた。ニライも車に 乗っている。ああ、やっと宮古島へ帰ってきた! 見覚えのある道を通りすぎ、マリントラストに帰ってきた! ウェットスーツを着た状態でちかちゃんと13:30発の連絡船 に乗り伊良部へ。海がとても荒れている。優しいおばちゃんの 運転するタクシーでニライカナイ号との合流地点へ行った。 オープンウォーター講習でコンパスナビの練習をしたところだっ! ボートにはかっきー、松原先生、出会いを求めて一人できていた 鷲見さんが乗っている。
私も出会いを求めているのでお互い女性でがっかりってとこ?
関西在住の30歳以上の貴方!30歳の 誕生日直前に彼氏と別れてきた勇気ある私と一緒に潜りません?
冬はスキーよっ。静岡在住の鷲見さんも同様のことを求めている ハズ、このホームページのゲストブックにも登場しています。

...もといっ...

「多美子さんはコンパスの練習するからそのままそこに居て下 さい。」とかっきー。
...?多美子さん..?
かっきーがボートからあがってきて再び多美子さんを連発。私は自分を指さし、「..優美子さん..」
かっきー「..ごめんっ!!」
松原先生のメモ にも多美子さんとなっている。どうやら藤田家の次女と三女が 入れ替わっていたようだ。

この日は前回も潜ったスナッパーズロックへ。二ヶ月半ぶりで ちょっと緊張。そして今回はゴムフィンを借りずに自分のフィンを 使ったが、ちゃんと潜降てきてホッ。
アンダーウォータートレーニングで、距離&時間測定スイムを した。30mを直線で測ったが全速力でフィンを蹴った為ヘトヘト。 早すぎると笑われた。もう一度ゆっくりやってみたが一回目と ほぼおなじキック数で正確さに驚いた。
その後コンパスナビゲー ションで直線往復をした後、スレートに「コンパスを使わずに ブイのところまで連れてって」と書かれ、かっきーを見るとイヤイヤ をしている。連れてってくれなきゃイヤイヤ、ってことだろうか..?
ブイって何?さっき行った所?..どうぞと手を出されている。行く しかないが、行き先がわからない。砂地なので目印もあまり無い。 結局ずいぶん遠回りしてブイとやらの所へ。周りを良く見てと 書かれたが、目の悪い私にゃ近くのものしか見えず、従って砂 しか見えない..。やっぱりマスクを度入りにしようか..。
次のコンパスを使っての四角形ナビゲーションはかなり自信 満々だった。一辺、二辺、三辺まできた時、かっきーに呼び止 められて二言三言会話をした。さあ四辺!
...どっち...?
会話で角度を全て忘れ去り、とても悲しくなった..。更に次は 周辺の地図を書けと言う。陸上でも絵の苦手なこの私に水中で 絵を書けと..。予想通り後で見て笑うこともできない悲惨な物 が出来上がった。..誰にも見せるものか..。

ということで、お魚さんも珊瑚もじっくり見ることなく、水中で かなりブルーになった一本目を終えた。帰りの海も時化ていて 気分が悪くなりかけ、ブルーさを増した。
もうすぐ着くという時 かっきーが「前回(オープンウォーター講習)から、どこか潜りに 行きました?」
「いーえ、一回も。」
「ふーん、それにしちゃあ結構 うまかったですねえ。」...!
...ブルーだった私に最高の なぐさめだった!!

夕方ログづけをしにマリントラストへ行った時、社長が姉と 話をしている。後で私もご挨拶をしなくちゃと思い、ふと気づくと もう居ないっ!!「貴美子の妹の優美子です」と頭の中で笑顔 までできあがっていたのに..。 ((貴)社長はシャイなんですってば)

トップに戻る

*******************************************************

12月4日(水) 午前の部、サンゴホールでDeepに挑戦

今日の一本目はディープダイビング。但しボートダイビングも 含まれていて、行きのボートから講習を受け、ロープの結び方を 習ったりし、ポイント(サンゴホール)ではアンカーを下ろし、梯子 や潜降ロープも下ろした。
ところがロープの練習を何度も真剣に やった為、器材を装着する頃にはもう気分は最悪。そんな中 足し算の計算をしてタイムを測り、結局一回吐いてからおそる おそるエントリー。
でも入ってしまうと全然大丈夫、とても楽に なった。
水深30mの地点で再度計算。ずいぶん早く出来たと 思ったのにボート上より3秒遅かった。そしてトマトやテニスボール や色の変化等を見たが、なんとその後そのトマトをかっきーが 食べたっ。松原先生も食べたっ。私にも食べろと言う。
..どう やって..?
仕方なくレギュレーターを外して食べてみる。途中で 呼吸をして、また噛む。まさか海中でトマトを食べるとは思っても みなかった。
窒素酔いはボート上よりはるかに気分が良かった のでよくわからなかった。小さくふくらませたかっきーの口臭入り 風船は、上昇するに従って大きくなっていき、フィンを使わなくても 楽に上昇できて面白かった。

トップに戻る

12月4日(木) お昼の部、アンダーウォーターナチュラリスト

2本目は中の島チャネルにてアンダーウォーターナチュラリスト。 やっとじっくりお魚さん達を見られる!と喜んだのも束の間、見た ものの絵を書けと言う。
くどいようだが陸上でも絵の苦手なこの私 に水中で、しかも動きまわっているものの絵を書けと。あっちで ユラユラこっちでユラユラと特徴と名前を書いていくが、いろんな カクレエビが私の絵では見分けがつかない..。
でもまあ、昨日の地図よりは少しましかな。
エキジット前には皆で海中あやとり大会をした。なんか今回は 海中で思いがけないことをたくさんしている。そもそも前にあやとり なんてしたのはいつだっけ?

トップに戻る

12月4日(木) 午後の部

三本目はアントニオガウディにてボートダイビング。とは言っ ても講習は既に終わっているので海中ではお遊び。ヤッター!!
..でもあれっ?さっきまで居たかっきーが居ない。
ん?..ちかちゃんについていっていいのかなあ?どうしよう?
しばらく迷った末、かっきー居ないし松原先生も居るしちかちゃんについていこう!
おおーっ!久しぶりだね、宮古忍者隊達よっ!(アカモンガラ) 君達に会いたかったのよ私はっ!
よく考えればすっかり舟江ちゃん風にいろんな名前を覚えてしまっている私。かっきーは全部本当の名前だった?

トップに戻る

12月4日(金) 夜の部、“スリッパカクレガニ”発見

夕食は前回行けなかった念願の”おいシーサー”。どんな料理 かととても楽しみにしていたが、定食形式で出てきて、なんと お膳に乗りきっていない!目を見張るほどの品数と量とで、 どれも大変おいしそうなんだけど、早くもめまいがしてきた。
ところで夕食後に使う予定のライトを持ってくることに気をとられ ていた私はログづけに使うダイブコンピューターを忘れてきた。 それをかっきーに言うと一言「なにおーっ!?」
食事はどれを頂いてもとても美味しく、なかでも特に忘れら れないのがアロエのお刺し身。トローリとした、それでいて まったりとしていてジューシーなあの不思議な舌触りはなんとも いえず美味しかった!
でも料理の半分も済まないうちにもう 満腹。だけどおばさんに申し訳なくて(怖くて?)ほとんどのけぞり ながら(うつむくとおなかが苦しい)やっとのことで平らげた。
おばさん、また必ず来たいけど、今度はもう少し量を減らしてね。 おばさんのサンシンの演奏と唄も楽しみにしてるね。

食後はヤシガニ探検。車が着いた場所は薄暗い洞窟。 一人一人ライトで照らしながら入っていった。なんか観光地へ 来たかのような、いや、それよりももっとカッコイイ場所だっ。 何故か私と鷲見さん二人が異常に喜んでいた。よーく見ると、 そこここに小さなヤシガニさんが居る。へえー、こんな所に 住んでるんだー。しばらく探検したり写真におさめたりしてから 洞窟を後にした。
帰り道でイムギャーマリンガーデンをちょっと お散歩。そこの道路で見つけた体長7、8cmのカニさんと 遊んでいると、松原先生の脱いだスリッパの中に入って落ち着 いている。その姿があまりにおチャメで名前を付けてみた。 “スリッパカクレガニ”ちょっと海中に居そうな名前でしょ?

トップに戻る

*******************************************************

12月5日(金) 九官鳥のクロちゃん

最終日はゆっくりとチェックアウトをし、石垣島へ向かう 鷲見さんのお見送りをしてからちかちゃんに教えてもらった お店でチャンポン(考えられないほど旨いっ!!)を食べ、 少し買い物(商品に触れちゃいけない雑貨屋や、触れると 崩れてくる古本屋等)を楽しんでから空港へ。
途中でちかちゃんが金城焼きのお店へ寄ってくれたのだが、そこに居た 九官鳥のクロちゃん、「こんにちは、おいっ」「あーそうそう」 話には聞いていたがおかしくて笑い声を上げると「あはははは」 真似された。それもおかしくてまた笑うと、
「おかしいかよっ」
...?...今なんて?......おかしいわいっ!!たまたま だったのでしょうが、会話になってたので驚いたっ!!

そんなこんなで今回は飛行機も無事飛び、また帰ってくるねと 約束をして宮古島を後にしたのだった。
家に戻って早速嬉しげにTEMPORARYカードを出して来て 見ていると...。かっきーい、日付が98.11.4になってるよ..
でもかっきー先生、トロイ私のお守りは疲れたでしょう?大変 お世話になりました。どうもありがとう。舟江ちゃんに会えなか ったのは残念だったな。ちかちゃん、松原先生、2月には 兵庫県人会の皆で遊ぼうねえ!

というワケで、年末年始の仕事を終え、やっと日記を書き 上げた藤田ファミリー次女の優美子でした。
皆さん、ありがとう!!!

トップに戻る


このホームページのホストは GeoCitiesです。 無料ホームページをどうぞ!