eBook storeへの道1

ということで、電子書籍についてのコラムもいよいよ最終章です。
最終目標である書店開店が決まり、それに至った経緯を公開しようと思います。
いろいろ苦労はあったが、電子書店を開店できるという報告をした際、相方から
「 『できるかどうか』ではなく『するかしないか』が大切なのだと実感しました。」
というメールをもらい、ちょっと感動したものでした。

さて、まずはAMAZONのKINDLE storeからBLのコンテンツが排除されたことから
話しましょうか(笑)
それは2011.5のこと。(3.11のあとなのね…ずっと昔のように思えるけど…)
4月にお友達のコミックを順調にアップロードし、さらに人狼第1巻「情熱の月暦」も
アップロード。
4月のダウンロード数はぶっちゃけ「人狼」がなんと55!
たくさんのかたに喜んでいただけたのね! さらに70%のロイヤリティとなれば、まあ
「食う」とまではいかないまでも、なんとかやっていけるかも、と思っていた矢先〜。
5月6日に以下のメールがAMAZONから送られてきたのですね。

Hello,
We're contacting you regarding the following title(s) that you have
submitted for sale in our Kindle store:
B004W82RAM Passion of Moon Phase
During our review process, we found that your title contains content
that is in violation of our content guidelines. As a result, we will
not be offering this title for sale.

で、もうこれだけ。
姉に訳してもらって抗議のメールを送るものの、

We've confirmed that your books contain content that is in violation
of our content guidelines and we will not be offering these titles for
sale in the Kindle Store. As stated in our guidelines, we reserve the
right to determine what we consider to be appropriate, which includes
cover images and content within the book.
Our content guidelines are published on the Kindle Direct Publishing
website.

まあ、こーゆーメールが来て終わり。
そのころにはアメリカのサイトでもBLが排除されたことが話題になってました。
いろいろなサイトでAMAZONへの批判がなされるものの、事態は変わりません。
紙のBLコミックはAMAZONで普通に売っているのに、なぜKINDLE storeから
排除されるのかと思いますねえ。
どころかハードコアポルノの本やDVDも売っているのにねえ。
5月に入って削除されるまでのダウンロード数が27だったことを考えると、
つくづく残念です。
一ヶ月弱で総ダウンロード数82は立派なもの。さらに相乗効果で小説のダウンロードも
伸びました。
考えようによってはこれで逆になんとしても日本で発表しなくてはという決意を固めた
わけですから、AMAZONの規制は結果オーライ、人間万事塞翁が馬と言おうか、
七転びやおい、じゃなくて八起きといおうか、転んでもただ起きると言おうか、まあ
つまりはそんなこところでしょうか(笑)
しかし、事態はこれでは終わらず、欧米人特有のダブルスタンダードにまだ悩まされる
ことになるのでした。
というところで「続く」です(笑)

 

1 2 3 4 5
・・・HOME・・・BACK・・・ NEXT ・・・