電子書籍EXPO 2011 レポート

なんてことない写真ですみません!

訪問したブースを写すわけにはいかなかったので…

↓あ、ここは有名なフォントの会社です。

ただ、私は教科書体でいいや…
でも教科書体はePubにはないかも!


東京ビッグサイトで開催された電子書籍EXPO 2011に参加してきました!
事前にウェブで申し込み、参加証をゲット、友人と待ち合わせて会場で合流。
会場は西館で、いつもオリジュネが配置されるところ、コミケをしみじみ連想しつつ中へ。
いろいろな会社がブースを出しておりますが、私の目的は端末でもOCRでもなく、セルフパブリッシングに道を開いている会社を見つけることです。
amazonn.jpが及び腰のこんにち、KINDLEストアに代わるものを日本で見つけなければ、との思いでした。
しかし電子書籍と言ってもひとくくりにはなかなか出来ません。
KINDLEstoreで売られている純然たるデジタルブックもあれば、音楽や動画などを含むカラーをふんだんに使った雑誌のようなものまでさまざまです。
つまりは、その会社が何を目標としているかで、提供されるソリューションはまるで違います。
消費者の購買欲を刺激するような派手なカラーやデザインを取り入れた雑誌と、コミックやノベルを純粋に楽しむだけのデータではクライアントも違います。
それだけでなく、デジタルならではの「簡単にコピーできる」という問題点もあります。
長編小説ならともかく、コミックなどはあっと言う間にコピーされ、違法アップロードされたらもう終わりです。
つまりは、どんなものにもDRM(デジタル著作権管理)が必要だと私は思います。
もちろん破られない鍵(DRM)はないとは言いますが、家の戸に鍵かかかっていないのと一応かかっているのとは大きな違いです。
EXPOに参加する前にいろいろなセルフパブリッシングができる電子書籍書店を調べていましたが、どうもどこもこのDRMに対する認識が甘いのです。
まあ、しょせんは出版社を通さない素人にはDRMはいらないとでも思うのでしょうか。
もちろんきちんとDRMをかけている書店もありますが、そうなると今度は利用料が高い。
デジタルブックは単価が低いというユーザー認識があり、低い単価で売っていてはとても利用料をまかなえないのがセルフパブリッシングを求める個人の現状です。
リーズナブルな利用料でDRMを提供する会社を見つける、これが参加の目的でもありました。
さらに第三のデジタルブックの問題点は「フォーマット」です。
つまり、どんなフォーマットでデータが作られているか、またそのフォーマットがどんな端末に対応しているか。
現在、日本でのデジタルブックのフォーマットはたくさんあります。
海外ではウェブを構成しているHTMLをベースとしたePubというフォーマットが主流です。
KINDLEのフォーマット「MOBI」もHTMLをベースにしていますので、ePubとの互換性に可能性があります。
一方、日本では「XMDF」「ドットブック」「PDF」「ePub」などなど。
「XMDF」はシャープの製品で、「ドットブック」は馴染みの深いコミックスタジオを製作した会社「ボイジャー」の開発商品。
「XMDF」はシャープが無償公開に踏み切りましたが、「ドットブック」は高額なライセンス料を支払わなければならず、個人には向きません。
ePubとMOBIが公開されているのとは正反対。
しかし日本の出版業界は個人を閉め出すことしか考えてませんので、ソニーリーダーは「XMDF」「ドットブック」をサポートしますが、DRMのかかった「ePub」はサポートしません。アメリカSONYはアメリカのバーンズ&ノーブル社と提携しているのにも関わらず、です。(バーンズ&ノーブル社の書籍はDRMのかかったePubなのです)。日本のソニーは国内しか向いていない。もちろんシャープの「ガラパゴス」しかり。
しかし、「電子書籍なう」でも書きましたが、日本国内だけでコンテンツを売ってどうなるのだろう?
デジタルだからこそ、世界に売るべきじゃないのか?
だとしたら世界基準のePubを採用すべきじゃないのか?
ePubならwinでもmacでも、またiPhoneでもiPadでもアンドロイドでも閲覧可能です。
私としてはそう決心してましたので、ePubをベースにしている会社はどこか、また事前にいろいろ調べました。
現時点でePubにDRMをかけられる会社は残念ながら日本にはありません。
「アイドック」社の「bookend」という製品のみがePubにDRMをかけられる可能性がある。
フォーマットをePubにすると決めた時点で、セルフパブリッシングする場合はアイドック社のシステムを使っているところしかないと思っていました。
ただ、「ePub」は現在バージョンが2.0で、3.0になると縦書き対応になる。
アイドック社のブースで詳しくうかがったところ、3.0になるまで「bookend」の開発を控えているとのことでした。
ePub3の発表は秋以降、要するにすべては秋以降なのです。
しかし、秋なんてあっと言う間です。
その間に、アイドック社のシステムを使っている電子書籍販売サイトでリーズナブルなものが見つかるのか?
もしくはいっそ、こちらのソリューションを売り込んだらどうだろう?
はい、実はこれが参加の真の目的でした(笑)
事前に調べて一番可能性がありそうな会社に予約を入れ、さっそくそのブースにおじゃましていろいろ話をしました。
ここは有名な会社で、ブログなどをデジタルブックとしてセルフパブリッシングし、それをウェブサイトの書店で売っています。
ただ、ここもDRMはかけられませんが、リクエストがあれば個別対応するとのことでお邪魔したわけです。
しかし話をした結果、まだなにも考えていないし、DRMもどういった方式を採用するか決まっていない、と(笑)
まあねえ、ePub3の公開がまだではねえ…。
しかも会社の方向性として、ニッチな同人作家をターゲットとしたセルフパブリッシングへ行くのか、または様々な機能を備えた雑誌へ行くのかも決まっていない~~;
同行した友人が(イラストレーターで、数々の会社との仕事経験あり)、「御社の方向性としてはどのようにお考えですか?」と厳しい突っ込みを入れてくださった結果、判明(爆笑)。
う〜ん、EXPOなんだから、もっと明快な理念を持って出展したのではないの?
でもまあ、ここが一番、食いついてくださって、私としては満足でした。
それに英語でのウェブ表示も視野に入れていると言っていたしね^^
そうなんですよ、世界に売らなくてどうするのだ!
ただ、ここが私の提案するソリューションを採用してくれるかどうなるかわからないのですからね、ここで公開しちゃおうと思います。
どこか、ニッチな会社がこのソリューションを採用してくれたら、私はすぐ出版しますね!
ということで。
まずはフォーマットはePub。
そしてDRMはアイドック社のブックエンド方式。
DRMをかけるための保護キーを出版者は1ファイル10000円で買う。
ロイヤリティは50%。
これなら500円のデジタルブックをDRMつきで売る場合、40ダウンロードから収入が出ます。課金から何からすべての手間を自分でやらなくていいのなら、50%のロイヤリティはリーズナブルです。
ま、複数の本を出す場合は8000円とかにしてくれるとありがたいかな(笑)
初期費用1万円は、紙媒体の同人誌を作ることと比べれば格段に安い。
40ダウンロードで初期費用をペイするというのは、コミケに参加して同人誌を作るような作家であれば、十分に現実的です。
デジタルブック50%のロイヤリティは、紙媒体の本を同人誌専門店や書店で委託販売するさいと変わりません。なにしろ、デジタルだと紙代と印刷費がかからないんですから。
紙媒体の本では、委託書店だいたいどこでも3割の委託手数料がかかりますが、これに紙代と印刷費を足せば、作者の取り分は5割を割り込むでしょう。(超有名な同人誌販売専門店の電子書店では、初期費用はゼロですが、ロイヤリティは40%。初期費用がないので一見、いいようですが、ここのは「keyringPDF」で、Macには対応していません。また閲覧期間も1年のみ。)

これなら同人作家でなくても商業作家さんでも参入しやすいのではないでしょうか。

なにしろ大手のロイヤリティはほぼ12%ですから。

自分の絶版になったコミックもしくはコミックスにならなかった作品などをまとめて本にすることも可能です。
書店を運営する会社としても、ブックエンドの保護キーは100個まとめて買えば、一個6000円、500個なら2000円と割安になる。使用期限は無しだしね。
初期費用198000円+年間利用料98000円は、100冊ぶんの出版者がいれば、保護キーの差額分でカバー出来る。(1年目は、ですが。でも2年目だって、本を出版すればカバーできますね。それに売れるコンテンツが増えれば、50%の取り分もあるし…)
そしてダウンロードごとに単価の50%が入る。あ、ペイパルを使うとちょっと手数料がかかるけどね。
さらにユーザーにとって、「ブックエンド」方式はフォーマットがすべての端末に対応し、iTunesのように3個まで端末を登録できるので、データの保存も簡単。専用の「ブックエンドビューワー」をダウンロードする必要はあるけれど、無料だし。
これって「三方得」。
ま、初期費用をどうしても出したくない人へのオプションとして、初期費用ゼロ・ロイヤリティ35%(AMAZONと同じ)というのがあるといいかもですねえ。
これなら会社側としては前もって200個キーを買ったとしたら、単価500円の本なら18ダウンロードでペイしますからね。えーと、500個だとすると6ダウンロードか。まあ、この場合は「単価1000円以上」にしたほうがいいかな? これなら2ダウンロード、作者の友人が買ってくれれば何とかなるかも。友人が二人未満の人はいないだろうしねえ…。
いかがですか、この案?
なにしろ、大手以外の電子書店経営サイト会社がいくら出版者から維持費用を取っても、コンテンツが売れなければ最終的には利益に結びつかないのです。
だったら売れるコンテンツを持った作家さん(おおむね売れっ子同人作家かなあ?)が飛びつくようなソリューションを提案したほうがいいと思いませんか?
できれば、このソリューションを採用する会社はデータの閲覧を期間限定でなくしてほしいですね。
アイドック社の「keyring」方式を採用しているウェブサイトでも、閲覧期間を限定しているところとそうでないところがあるのです。
こういったこともデジタルブックの普及を妨げていると思いますね…。
みなさん、これって早い者勝ちですよ!
このソリューションはぱくってくださってかまいません。
ただし、運用をし始めたら連絡をください。
私も出版したいので(笑)。
というところで、EXPOの話に戻ります。
DRMのかけられるフォーマットにもいろいろあって、AeroPublisherというシステムを採用している会社もありました。
ただ、詳しく聞いたわけではないのですが、どうも素人相手には「高度に暗号化された」というフレーズが多々使用されるような印象を受けます。
ここのソリューションもまあまあいいのですが、この「高度に暗号化された」というのが果たしてDRMなのかどうか不明で、結局話を聞くことはやめました。
ここはデータがベクターなので、画像の質がいい、というのには惹かれましたが。
このように、無料公開されていないフォーマットであれば、「高度に暗号化された」というフレーズが当てはまり、実際にDRMがかけられていないにもかかわらず、安心感を素人に与えているのではと勘ぐることがありました。
「電子書籍EXPO」と名が付いているのですから、参加者はある程度の知識もあり、明確な目的があってきていると思うのですけれど、これは完璧に素人相手にしてるな、と思われるブースもあり、玉石混合といったところでしょうか。
ただ、ウェブのとあるブログで拝見したところ、昨年の電子書籍EXPOでは、DRMなどを扱う会社のブースにお邪魔しても、法人以外は相手にせず、けんもほろろだった、などの記述があり、これでも今年は個人の出版者に対して少しよくなったのかも知れません。
また、Panasonicの新しい端末が展示されており、(これ、今回の目玉と新聞の経済欄に書いてあったな〜)手に取ってみましたが、iPadやGalaxsyに比べて格段にいいという感じは受けませんでした。
厚みもけっこうあるし。
端末としては普通、でしょうか。
Sony readerやKINDLEのような電子書籍のリーダーとしての端末なのか、それともウェブサイトも見られるiPad的な端末なのか、そのどちらに重きを置くかによって、変わってきますね。
ただ、この端末はKINDLEに近く、wifiに加えて3GもOKなのだそう。
PCを通さずとも、欲しいデジタルブックがワンクリックで手元の端末に届く。
こうでなくては。
なぜ「ガラパゴス」が3G対応しなかったのか、逆に謎です。
つまりは出版社もメーカーも、電子書籍を本気で売りたいとは思ってないということなのでしょうね。
出版社は紙の書籍が売れればいいのだし、メーカーは端末が売れればいい。
楽天がPanasonicと組んで「Amazonを抜く」と息巻いているのは、電子書籍についてではなく、楽天市場でものを売ることがメインなのでしょう。
新しい端末というなら、いっそ「mirasol」を手に取ってみたかった…。
これは電子インクと液晶のいいとこどりだそうで。
液晶の端末では、長時間の読書には耐えません。
本気で電子書籍を売るなら、KINDLEタイプの端末でしょう。
また、富士通がカラー電子インクの端末を出していたそうですが、そこには足を運びませんでした。
もちろん私は紙の書籍は決してなくならないと思っていますが、それでも今後は電子書籍を売ることに出版社も本腰を入れるべきでしょうね。
あと、参加ブースで多かったのは、OCRです。
つまり紙の書籍をスキャンしてデジタル画像にする。その画像からテキストデータに読み出す。
データのデジタル化を学術関係者や会社に提供する。
まあ、私にはあまり関係ないので、そういったブースはスルーしてしまいました。
しかし、作家さんの中には、デジタルでデータを作っていない人もいるでしょうから、自分の著書をデジタル化するのには利用するのでしょう。
アメリカで、絶版になった自分の本をOCRでデジタル化してくれれば買い取るとファンに呼びかけた作家さんがいるとも聞きました。
そしてTBSの「夢の扉」で一度特集していたのですが、OCRも高速度カメラを使えばあっと言う間なのだそうです。これまでのOCRでは、ページを平坦にスキャンしなくてはならず、コピーするときと同様におっぺしょるか、もしくはばらばらに切り離す必要があったのですが、この高速度カメラでは、レンズの下でぱらぱらと本を捲るだけ。
画像が多少歪んでも修正をかければOK,なのだそうです。
国会図書館などに所蔵されている書物をどんどんデジタル化するにはとても有用だと私も思います。まだ開発中だそうですが。
ですが、それが一般化すれば長編の本もあっと言う間にデータ化され、違法コピー&違法アップロードされる可能性があるということですね。
どの技術にもフォースの暗黒面があるのだなあ、と思ったEXPO参加でした。
で、おまけです。
中国の会社もブースを持っていて、ちらりと寄ってみました。
担当のかたに「中国でデジタルコミックとか翻訳して出したら売れますか?」と尋ねたところ、「あっ、だめです」と即答が。
「違法コピーと違法アップロードがほとんどで、誰もお金を出しません」と。
「みんな違法サイトでただで見ます。一所懸命取り締まっても、駄目なんです」
そうなんですよね…。
「春に焦がれて」の韓国版の話が来たときも、すでに海賊版が出ていて、駄目になったし。
アナログでさえそうなのですから、いわんやデジタルをや。
全世界的に違法コピーは問題なのですね…。

結論。

日本の電子書籍はまだまだ遅れています。
開国は以前されていません。
取り返しのつかなくなる前に、何とかして欲しいです。
さて、来年の電子書籍EXPOはどうなっているでしょうか?

 

追記です。

アイドック社の方式について。

DRMチケットをまとめ買いする方法の他に、レベニューシェアプランというのがあります。

チケットまとめ買いの場合は、会員方式用とありましたが、ほとんどの電子書籍販売書店ではまず会員になるので、チケット方式でも問題ないとは思うのですが…。
チケット方式ではないこのレベニューシェアプランは一般的な電子書籍販売サイト用の方式で、初期費用198000円と年間費用98000円は同じですが、システム利用料が別にかかるのですね。
売り上げ100万円以下の場合は、月額50000円、100万円を超えると売り上げの5%、最大80万円(てことは売り上げ400万円!)。
しかしこの料金体系でも、私の方式は生きると思います。
まず、初期費用と初年度の料金は30冊の発行でまかなえる。
これなら、90冊の本が一年間で出版できれば最初の一年の月額利用料は持ち出し無し!
そして月に5冊の出版者がいれば、次の年度からの月額費用もOK、年間60冊で持ち出し無し。
まあ、新しい本の出版がなくても、500円の本が月に222回ダウンロードされれば、月額費用はなんとかなる(笑)
ね、最初の提案とあまり変わらないでしょ(笑)
あ、チケット購入方式だと、かりにキーを100個購入し、1年でそのぶん出版すれば利用料がまかなえる…翌年からは毎年70冊出せればOK。しかし、本の出版が仮ににあまり無いとしても500円の本が毎年およそ400ダウンロードで年間費用が出る。どっちがいいのだろう…私が悩んでも仕方ないのですが(笑)

作者にとって、著作権は命です。 言い換えれば、著作権のついていないデジタルパブリッシングは、ウェブでの閲覧と同じことであり、それならば電子書店で発行する意味はないのですから。

逆に言えば、DRMのかかっていないものは違法コピーされる価値もないというようなもの。

販売サイトの会社は、自己負担があると作家は本を出版しなくなるのではと思うでしょうが、それは違います。

自らの作品を違法コピーされる価値もないと思う作家なんていませんから〜。特に同人作家はね。
作家が飛びつくようなソリューションを提供しなければ、所詮は「○芸社」のように素人から金を巻き上げて本にするといった商法と同じではないですか。
いや、あれはあれで、アナログの本という形が残りますから個人の記念出版としてはいいと思うのですがね。
本を書く側からもうけようとしないで、コンテンツを売ってもうけようよ、それが出版社の本分でしょ?
う〜ん、どこかやってくれないかなあ…。