ごまめのまとめ

今日現在におけるごまめ個人出版者の問題点をとりあえずまとめてみた。
また思いついたら追加していく。
distributorを使えばこういった問題はなくなるわけではあるが。

kobo writing life

短所
・ePub3をサポートしなくなった。
・なので、コミックは固定レイアウトが出来ず見開きに対応しない。
・また、画像拡大が出来ない。
・縦書き小説は不可。
長所
・パケ代が引かれずに70%のロイヤリティが得られる。
・見開き対応はしないが、英語バージョンでは問題ない。
なぜなら、左右の見開きが逆になるのも困るので。
・画像拡大が出来ないけれど、専用端末では全画面表示および拡大が出来る。
・日本語のコンテンツを世界に売ることが出来る。
・ファイルサイズの上限だけが25MBと決まっていて、1枚の画像の上限はない。
・販促のための無料本を配信することが出来る。

amazon KDP

短所
・amazon日本では35%のロイヤリティしか得られない。
・amazon日本で70%を得たい場合は、他の書店で売ることが出来ない。
・70%ロイヤリティの場合、パケ代の負担がある。
・ファイルサイズの上限だけでなく、1枚の画像に127KBの上限がある。
ただ、日本以外で70%のロイヤリティを取るためには、ファイルサイズの軽減を図らねばならないので、127KBをオーバーすることは避けたほうがいいためあまりこの縛りは苦にならない。
・70%オプションの場合、競合サイトで勝手にディスカウントされていると、きっぱり値段を下げられる。しかも告知無しで。差額はamazonに入るようだ。(たぶん)

長所
・ePub3にほぼ対応。縦書き・固定レイアウト・ルビ対応。
・日本語のコンテンツは日本でしかどうせ売れないので、amazon日本で独占的に売ることを承諾さえすれば、70%のロイヤリティが得られる。
・そして日本国内だけに目を向けていれば、日本だけに特別に与えられた餌・パケ代負担1MBあたりたった1円というお恵みを甘受できる。
もちろん世界中に日本語のコンテンツを発信できるが、その場合のパケット代負担はかなり大きい。USでは1MBあたり15¢。日本円にすると14円ぐらい。
100P10MBを目安にすると、定価にもよるがロイヤリティはほぼ50%となる。

nook PubIt!

短所
・なんといっても、USに住所がないと利用できない。しかも直接電話がかかってきて確かめられる。
・日本語はサポートされておらず、日本語の書籍を売ることは出来ない。
・英語バージョンを売る場合はベストだが、リーチの数がamazonの半分以下。
長所
・ePub3完全対応
・USのみなので、ロイヤリティはパケット代負担なしの65%。
なので、DL数はamazonの半分以下だが、売り上げは2/3ぐらいになる。

補足。google play

短所

・今のところなかなか審査が進まない。知らない間に販売されていたりする。

・システムがいまいち不明。私の場合80%ロイヤリティを歌っているが、実際には52%の支払いだった。しかもクレームメールを受け付けるフォームがない。泣き寝入りです。

・勝手にディスカウントされる。しかも海外サイトの場合、stealthyなどを入れないと表示されないので自分の本が海外ではいくらで売られているか確認できない。

長所

・一応、googleだから…。それだけかよ…。

・・・HOME・・・BACK・・・