1.再びAmazonへの道またはSNSの力

4月の初めにamazonから撤退を決めたのは前項で書きましたが、
そこから再びamazonへと挑戦していった話を書いていきたいと思います。
英訳の難しさに現実を知ったわけですが、
それでも何か手だてはあるかもといつものように七転八倒した私。
そこで悟ったことはSNSがセイフティネットとして機能するということでした。
必ずしも根本的な解決にはならないかも知れないけれど、
なにかのきっかけにはなる。
崖から転げ落ちたときの最後に頼る1本の糸になる、と感じたのでした。
「いいね!」はタダだしなどとかな〜りぼやいた私ですが
初めから頼るのはダメ、
それでも精一杯努力して転がり回っていれば
その姿を誰かが見ている、そして誰かが手をさしのべてくれるのだと
感動しました。
ツイッターで呟いたことで、翻訳に関心のあるかたが連絡してくれたり、
またFacebookやLinkedinで翻訳者を捜したり、
まさに今だからこそ個人でも何かが出来る。
そう確信を持ち、もう一度amazonに挑戦することを決めました。
ま、字で書いちゃうとこんなもんなんですけど
1ヶ月あまりは転げ回って苦しみましたけどね〜
でも「出来る」んです、本当に。
コンテンツを世界に届けようと思っている人は
諦めないで頑張って欲しい。
ということで、私の辿った足取りを書いていこうと思います。

再びAMAZONへの道
1 2 3 4 5 6 7 8 9
英語版作成マニュアル
・・・HOME・・・BACK・・・ NEXT・・・