DivArtの使い方

DivArtの使い方 DivArt Download

DivArtは画像を使わず文字コードだけでイメージ画像を表示するソフトです。

本来、膨大なテキスト量になるところをCSSの使用と 連続する同色のドットを長方形とすることファイルサイズを小さくしました。

画像読込み

DivArtで描画できる画像は縦横300pxまでです。

それより大きい画像は作業用画面に収まるように縮小されて表示されます。

読み込んだ画像が300pxより小さいと画面に背景色が出ますが画像と紛らわしくないように背景色は3種類から選べます。

DivArtで読み込める画像はGIFファイルのみです。

サイズ指定

テキストボックスに幅と高さを入力することで画像の大きさを自由に変更できます。

原寸サイズを押すと本来の画像の大きさになります。

作業用画面からはみ出た場合は画面をドラッグすることで移動できます。

範囲指定

画面に四角形が表示されるので、ドラッグで移動・伸縮して描画したい範囲を決定します。

範囲をテキストボックスから直接入力することもできます。

全選択を押すと作業画面全部が指定されます。

範囲を示す四角形が画像の色と紛らわしくないように枠の色を3種類から選べます。

描画設定

指定された範囲が切り取られて表示されます。変更する場合は前画面に戻って再設定してください。

1ドットのピクセル数を指定して描画開始ボタンを押してください。

自動でHTMLファイルが立ち上がり作業終了です。

DivArt

以上の方法で作成したDivArtのサンプルです。

戦う冴子先生

キメ顔の冴子先生

HTMLファイルの中身は右のようにドット単位で着色することで画像を表現しています。

猫とエクセル Top page
<!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116061;var jpt=1513239722</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>