タツノコヒーロー・リメイク 破裏拳ポリマー






破裏拳ポリマー
ポリマー


タツノコヒーロー・リメイク第3弾「ポリマー」です。

他のタツノコヒーローと同じでリメイクがあるのですが、
「ポリマー」は特にカッコよく出来がいいのでなかなか大変でした。

今回もアニメよりは実写よりのイメージでデザインしています。

全体としては、リメイクより原作により近い感じになりました。
特徴としては、帯状の筋肉表現ですね。
スポーツ選手なんかのテーピングのイメージです。

具体的に苦労した点は、羽根(マント)と頭ですかね。
羽根は付けること自体、するべきかどうかで悩みましたが、
この、中途半端な長さを含めて「ポリマー」だなと思い直して付けました。
ちなみに、背面の絵では左右とも透けていますが、
背中のデザインを見せるためで、本来は白です。
念のため。

問題は頭の方で、これはデザインもそうだったんですが、
この三次曲面の複雑なカーブを立体で把握するのが凄く大変でした。
正確には、まだ整合性が取れ切れてないと思うんですが、
こんなもんということで・・・。(笑)
(頭にばかり気をとられていたら、
首周りの整合性が取れていないのに気付けませんでした。
正しくは、横から見たときに
後ろ1/3のところに色の濃い部分のラインが来なくちゃいけません)

手のひらにある青い部分は、
ポリマースーツが着用者の気を増幅させるという設定を考えていたときのもので、
高まった気を手から放出して闘う為の発射口です。

しかし、飛び道具を使わないのが、自分で編み出した破裏拳を使い
肉弾戦を身上としている「ポリマー」の特徴なので、この設定は却下。
一応、こういう考えもあったよ、ということで。

胸のマークは破裏拳の“破”でも面白かったかなと思います。


以下、転身メカへ続きます。



その2
TOP