100万筆達成に当たって(2011.10.26)

会長 鈴木修

 予想される東海地震の震源域の真ん中に位置する浜岡原発の原発震災を防ぐために 浜岡原発の運転停止を求めて、100万筆の署名を集めようとして、2004年から 取組みを始めた署名運動ですが、このたび署名集約数が目標の100万筆に達しまし た。


 昨年までに約90万筆を集約していましたが、3月11日の東日本大震災と福島第 一原発事故の後、急速に署名数が増加し、今回の目標達成となりました。原発震災が 現実に起きたことや、福島の事故の前に署名数の目標を達成できなかったことは残念ですが、浜岡原発の停止は とりあえず実現できました。村田光平顧問を始め、多くの賛同者、署名に協力いただ いた皆さんに心より感謝申し上げます。


 しかし、中部電力は防潮壁などの津波対策をして、2013年には再稼働の方針を 明らかにしています。福島第一原発の事故もいまだに収束せず、原因も責任も明らか になっていない状況であり、原発の安全神話が崩壊した今、世界で一番危険といわれ る浜岡原発の再稼働は決して国民の理解は得られません。


 私たちは、原発震災を防ぐため引き続き浜岡原発の永久停止を求める取組みをすす めます。

HOMEへ