景教碑の謎  











一の橋
から 奥の院参道に入って
すぐに2手に分かれている道を右の
方にまっすぐ進むと



青い「弘法大師夢のお告歌碑」
が見えてきます。

この歌碑を左に進むと
見えてくる漢文の碑が 

景教碑


と呼ばれる石碑です。



高野山景教碑の詳しい写真はここから

高野山の景教碑は

現在中国、西安市の博物館に保存されている
「大秦景教流行中国碑」 
のレプリカ(複製品)です。

オリジナルは
西暦781年、
唐の都・長安の大秦寺に建立され、

1623年西安で土中より発掘されました。


下のページで オリジナル中国西安の景教碑の写真が見られます


大秦景教流行中国碑
 
   
Top  好古斎HomePage  中国の博物館に関する膨大な写真集
         景教碑は西安の地図の中から碑林をクリックし第2室の中にあります

北京から西安に


 
 ( TOP ロレンツォのページ )

  
 碑には何が書かれているのか?

中国に伝わったキリスト教の 一派 景教の歴史が刻まれています。

約1900字の漢字と一部シリア語で、旧約聖書にある天地創造、アダムとイブ、キリスト誕生など
景教の教義と唐のへの伝来、太宗の時代から147年間におよぶ景教の中国での発展の歴史、
60余人の宣教師名などが書いてあります。


                                                                                       大秦景教流行中国碑全訳   (Top 漢文愛好家乃島
                                                                                       





高野山景教碑の側面に刻まれたシリア語と漢文


景教とは

一般的には 西暦431年の宗教会議において異端の烙印を押されたキリスト教、ネストリウスの
一派がローマを追われた後、シリア、ペルシャを経て、シルクロードの各地にその教えを広め、
635年中国まで伝わった時に
景教と呼ばれたと考えられています。

中国景教はその後、皇帝による保護と圧迫を繰り返し、玄宗皇帝の時代には再度盛んになり、
唐末に衰退、モンゴルの興隆と共に発展。そして元とともに衰退しました。
高野山の景教碑

高野山に景教碑のレプリカを建てたのはE.A.ゴルドン夫人という女性です。

1851年イングランドに生れ、日本の文化を愛し、様々な日本を援助する活動を行いました。 また日本に長期間滞在し、仏教の研究をしました。 

仏教もキリスト教も元は一つであるという「仏基一元」の考えが夫人の研究テーマでした。

「大秦景教流行中国碑」の複製を高野山に建てたのも、その研究の一環で、  夫人は唐で学んだ弘法大師が景教にも関係を持っていたと信じていたようです。

京都で亡くなった夫人の葬儀は京都東寺で仏式によって行なわれ、その墓は高野山、景教碑の隣に建てられました。

ゴルドン夫人について詳しい紹介

石羊とゴルドン夫人
  

TOP 早稲田大学図書館のHP

景教碑のかたわらに建てられたゴルドン夫人の墓 

「イエゴードン夫人の墓」と読める  

ゴルドン夫人 著 「弘法大師と景教との関係」
国立国会図書館電子図書館の蔵書近代デジタルライブラリーに収録されています
弘法大師空海と高野山への旅」管理人さんに教えていただきました
景教碑に関しての詳しい資料          

大秦景教流行中國碑に就いて
  桑原隲藏


ギリシア哲学 ネストリウス派キリスト教


Top  青空文庫


消された伝統の復権
景教博士と呼ばれた 研究者
佐伯 好郎博士

(さえき よしろう。1871年(明治4年)8月1日、広島廿日市生まれ。東洋宗教史学者。歴史学者。言語学者。早稲田大学名誉法学博士。昭和16年(1941年)1月28日には、東京帝国大学(現・東大)より「文学博士号」の学位を授与される。元・東京文理化大学(現・筑波大学)学長。昭和22年からの9年間は、廿日市の町長も務める。1965年(昭和40年)6月26日没。)


  
川口一彦牧師の本   景教のたどった道  
いろは歌について様々な考察 弘法大師作説 景教徒作説への疑問 いろは歌はどんなことを歌っているのか
   Top 言葉の散歩道
* ちょっと横道ですが 右サイトも面白いです
 カナは梵字の発音記号だった という新(珍?) 説
梵字を読むならカタカナで
   Top ByunByun's Home & Gallery
弘法大師と景教の関係

についてインターネットをさ迷い歩き調べてみたのですが、はっきりした事実や証拠は見つかりませんでした。
しかし 背景から推測すると
大師が留学していた当時の唐の都、長安では西方から伝わったマニ教 ユダヤ教 ゾロアスター教などさなざまな宗教が伝わっていました。 
大師の滞在した寺は大泰寺にも近く、好奇心旺盛かつ求道の人、空海の事だから当然、景教を始め他宗教も研究したはずだ。 とも想像できます。 
また 景教碑の文を起草した ペルシャ僧、景浄という人物は 大師が 唐でサンスクリットを学んだインド僧 般若三蔵が 胡語で書かれた仏典の漢訳を行った時 協力したことがあり 、三蔵から景教について聞いていたとしても不思議ではありません。

(ただし 景浄と三蔵は翻訳をめぐって意見が合わず仲が悪かったそうですが)
当時の長安については

唐代の文化   Top Yokoyama's HomePage

弘法大師の唐時代については


大師の入唐 桑原隲蔵 Top 青空文庫
このサイトに最後の方
[(六)長安に於ける大師]
に景浄や大秦寺について詳しく紹介されています。
  その部分だけを抜粋してみました
       →  ここから

大文字五山の送り火 
は 景教徒の習慣を弘法大師が伝えた と主張するサイトがありました。
調べてみると 確かに 大文字の起源の一つに弘法大師説がありましたが景教との関係は不明です
。  
京都新発見 大文字五山の送り火のナゾ 
 景教碑について調べていると次々に新しい謎が生まれてきます

高野山の話題とは離れますので景教に興味のある方だけご覧下さい
続 景教碑の謎

もっと高野山 奥の院伽藍 HOME