BLUE WIND

homeaboutgalleryBBSlink

皇之字の挑戦/ドナルドランド

スマイル0円の裏側の壮絶な戦い……え、違うって?

データイーストより87年に発売されたファミコン用ソフトです。
念のため最初に言っておくと、某ネズミ王国のアヒルさんではありません
確かあっちの方は「ダックテールズ」とか、そういう名前で一本でACT出してます。
FC・GB版両方あったと思います。「ダックテールズ」はGBの名前だったような?
まあそれはさておき、こちらのドナルドは多くの人がお世話になっているであろう、
マックの方のあの子供が見たら泣き出しそうな(失礼w)ピエロメイクのあの人です。
実はこのゲーム、随分昔に友人の家でプレイした経験があります。
2面くらいまでちょろっとやらせてもらって、面白いなーコレとか思った記憶があります。
そんなわけで、懐古趣味的なチョイスで今回の挑戦の開始です。
……この企画そのものが懐古趣味みたいなものなんですけどねw。

さて、挑戦開始の前に、ストーリーとかさっぱりわからないのでデモを見ていると、
マックキャラの紹介が始まります。ああこんなのいたっけなーとか懐かしい想いで観賞。
何せ私、ドナルドとハンバーグラーくらいしか知りませんしわかりません。
ていうかこんなのマックに関連あるのか?みたいな船長とかいます。食材輸送担当?
で、一通り紹介が終わるといきなり雷が。そして現れたるは、マジで子供泣きそうな凶悪顔ピエロ
こんなヤツはこの世界にいないはず、むしろいてはならない。存在否定のマスト形です。
まあゲームなんで、最寄のマックに苦情言いにいくようなことはしませんがw。
そんなこんなで挑戦開始。かつての記憶を呼び起こしながらプレイ。
……ドナルドの武器、なんと爆弾です。ピエロ顔のテロリストの出現です。
まあ倫理的な問題はともかく、ACTとしてはまっとうです。
マイティボンジャックも見習って欲しい
ものです。
最初の方は経験済み&序盤ってことでサクサク進むんですが、操作性が非常に悪い。
正確に言うなら無茶苦茶滑る。ルイージもびっくりです。
あのおっさん、芝の上でこんな滑る靴はいてよく転ばないなーと感心するほどです。
ただこのゲームでは敵や弾の上に乗れるので、それを利用して補えってことなんでしょう。
ちなみに死ぬとステージの最初からです。世界観の割りにエグい設定です。
これで足場の悪いアスレチックステージとか来たら死ぬんでないかなーと危惧しながらワールド2をクリア。
ここまではステージも明るい雰囲気で、敵キャラもコミカルです。しかし……。
そう、試練はここから始まる。いろんな意味で。


と、ワールド3に進む前にステージ間のショップに触れておきましょう。
このゲーム、ステージクリアごとにマックに行けて、
そこでハンバーガーやらを購入するとカードめくりのミニゲームがプレイできます。
あと1upとかの買い物もできます。通貨はハンバーガーです。……はい?
ステージのいたるところにあるハンバーガーを回収して、それを使用して買い物するわけですが……
ハンバーガーでハンバーガーを買う、これいかに。
しかもポテトを買うのに必要なハンバーガーは15ヶ。この世界の金融市場は一体どうなっているのでしょう。
ちなみに、ミニゲームプレイ用の買い物をしておくと、その後のアイテム価格が半額になります。
……この世界のマック、あざとすぎではないでしょうか。


ワールド3に来ると、危惧したとおりのアスレチック面が。いや、予想通りとはいえ早すぎでしょコレは。
そしてコレも予想通り、滑って落ちる滑って堕ちる。笑えるくらいに転落死します。
頼むから冒険に出るんだったら安全性を考えた装備をしてほしいものです。
それともマックでは滑る靴がデフォルトなのか?そしてドジッ娘店員を演出しようと?
しかしマックで転ぶ店員さんなんて一度も見たことないし、
そもそもおっさんがドジッ子でも何も嬉しくはねえ
そんなことを考えてる間にも転落事故死を繰り返し、コンティニューしまくってると、
こちらも予想通りというべきか、「申し訳ございませんお客様、コンティニューは3回までです」。
いやそんな台詞はありませんよもちろん。あったら近くのマックに殴り込みを(以下略w
ともかく一から出直しです。マックの店員て苦労してるんだなあ(違う)。
滑って落ちてで何十人とメイク済みのおっさんを殺し続け、ようやく辿り着いたボス戦。
しかしそこに待っていたのはこれまでの世界観を無視した驚愕のボスキャラ。
でかいしモンスター顔だし火まで吐いてくる。ああそれと、火に当たったら一発死に
ワールド1のかわいらしい鳥、ワールド2のデフォルメされた恐竜はいったいなんだったのか。
それこそ1面と2面のボスはバイトかなーと、忍者龍剣伝に挑戦した有野課長の気分です。
それでもなんとか弱点の目に爆弾を食らわせ、火を吐かなくなったので口の中に入ってみると、
インディアンの酋長みたいなのが白旗揚げて仲間を助け出してステージクリア。
どうやらボスは敵のメカ兵器だったようです。
……インディアンにこんなメカを作る技術があったかは疑問ですが。
ここに来てようやくストーリーを理解。どうやらさらわれた仲間を助けようとしてるみたいです。
別にハンバーガーの普及のために戦ってるわけではないようです。
ハンバーガーが通貨の世界ですから、普及する必要すらないとは思いますが。
それはともかく、続くステージはこのワールド3など比べ物にならないくらい世界観無視ゲーと化します。
一つずつ詳しく記述するのは大変なので、途中までダイジェストでお送りします。

 

  • ワールド4……空のステージ。雰囲気は明るいんですが、出てくる敵に天使の顔した悪魔とか出てきます。それが世の中の真理だというのなら、なんという子供の夢と希望を打ち砕くゲームかw。ちなみにボスは炎を吐く巨大怪獣です。見た目はコミカルですが、受ける威圧感は半端ではありません。
  • ワールド5……オアシスのステージ。マックは中東辺りにまで進出してるんでしょうか?ここもステージは普通ですが、ボスが驚愕のボーンドラゴン。しかもむちゃくちゃ強い。そろそろハンバーガーがどうこうとか言ってる余裕もなくなってきてる気がします。
  • ワールド6……洞窟のステージ。もはやマックのマの字も見受けられない不気味なフィールドです。BGMも怖いし。後半は氷の洞窟になり、難易度もUP。ここでドリンクに入れるアイスを採掘してるんでしょうか?ボスは一つ目のよくわからんお化け。まあワールド5のボスに比べりゃかわいいもんですが、助けたグリマスとそっくりなんで、もしかしたらコイツがボスだったのかもしれません。
  • ワールド7……沼のステージ。音楽がテクノ調?になり洒落た雰囲気ですが、やはりマックとは油と水くらいに相性の悪いフィールドです。巨大ワニとかスライムとか出てきて、なんかもうドナルドランドというよりモンスターランドです。しかも足場が悪くて難易度も高い。ボスはめがっさ気味悪い植物モンスターです。ここまで来るともうぐうの音も出ませんが、まだゲームは中盤戦という戦慄の事実。
  • ワールド8……湾岸のステージ。ようやく久しぶりに明るい雰囲気のステージですが、敵が海賊ということでパイレーツオブマクドナルド的ステージ。ハッピーセットのネタにされるのを嫌がった海賊たちの反乱でしょうか?それを単身鎮圧に向かうドナルド、アンタの仕事は荒事じゃないはずだ。ボスはゾンビ顔の船長。強くはありませんがバイオハザードっぽくて不気味です。
  • ワールド9……ゲーム中屈指の難易度と思われる海のステージ。操作性が激悪で、敵を回避することはおろか、動くことすらままなりません。後半は沈没船に進入。ボスの謎のオオダコを倒して、ワールド8で倒したと思われる船長を救出です。なんとなくドラえもんの海底編ぽいステージですが……ドナルド、アンタなんの装備もなしによく海中にいられるな。
  • ワールド10……ゴーストタウンのステージ。もうなんでもアリになってきてる気がしますが、ハロウィンのネタと考えれば他のステージに比べればまだ納得できます。ステージとしては後半にしては難易度は高くありません。ボスはゴースト×2。コミカルな描写なので、やはりハロウィンのステージだったのかもしれません。ちなみに捕まっていたのはビッグマックポリス……一体何を捜査中だったのか。
  • ワールド11……ダークフォレスト……って、既にRPGのダンジョンみたいな名前のステージ。ワールド10と違い、生粋の不気味フィールド。何せ背景の木が不気味な笑いを浮かべたり、葉っぱが顔になってたり。子供泣くんじゃないでしょうか。ボスはまさしくバイオハザードに出てきそうな、なんとも形容しがたいクリーチャー。強くはありませんが、インパクトではボーンドラゴン並です。

正直ここまででお腹いっぱいです。ゲーム的には意外と苦労せずにここまで来れたわけですが。
マックがお客様にサービスを提供するためにどんな苦労をしてるかはわかったから、
もう勘弁して欲しいというのがお客様の本音でございますええ。
しかしマックのサービスはまだ終わりではありません。最終ステージ・ワールド12が残っています。
ここは古城のステージ。なんか最後は悪魔城ドラキュラみたいになってきてます。
ステージ序盤、いきなりの恐怖演出。なんか真っ暗な背景に巨大な目玉が現れて睨んできます。
初見では何かと思いましたが、実際何もない様子。正真正銘、恐怖感をあおるだけの演出らしいです。
もはや作ってる方も本来何を作っていたのかわからなくなっているに違いありません。
それはともかく進んでいくと、何やらエレベーターが。ルートが分岐するらしいです。
これはマリオから脈々と受け継がれるループステージか?と身構えるも、
なんてことはない、結局最終的には一本道。拍子抜けです。
しかし最終面、さすがに難易度は低くありません。途中に中ボス戦が二回待ち構えています。
一回目はワールド10のゴースト×2。これはまあそれほど苦労せずに倒せます。
だが次の中ボスで悪夢を見る。まさかのボーンドラゴン再来
正確にはボーンドラゴンと同じタイプの敵で、なんか手のモンスターです。
インパクトではボーンドラゴンよりもレベルアップしています。
地形が悪くなっているため、総合的に強さも上昇。ここに来て厄介な相手が現れました。
やっとこさ手(?)を倒して先に進むと、「HELP」と叫ぶハンバーグラーの姿が!
久しぶりに馴染み深い顔に会えて安心したのもつかの間、ハンバーグラーはどこかへ飛び去り、
いきなり襲ってきてんじゃねーか!!これは孔明の罠か!?などと言う暇もなく戦闘開始。
これがまた厄介な相手で、なかなか攻撃が当たらない。
とは言え相手の攻撃を回避するのもそれほど難しくはないため、持久戦に突入です。
じっくり戦ってようやく裏切り者を倒すと、間髪いれずにまたボス戦。
相手はデモに出てきた凶悪ピエロ。どうやらこいつがラスボスのようです。ピエロとピエロの一騎討ち
……そういう主旨のゲームではなかった気もしますが、もうどうでもいいです。
何回か戦い(つまりボス4連戦を)、なんとか撃破。
結局相手が何者だったのかすらわからないままエンディングへ。

エンディングでは、今まで助けてきたメンバー総出演の中スタッフロールが流れるんですが、
その中に助けた覚えのないキャラが……。け、ケンタ君!?
これマクドナルドのゲームですよね?当時業務提携していたんでしょうか?
それとも竜宮さんちのレナちゃんにダムから掘り起こされたんでしょうか。
ちなみにデモを見返したら、この人プロフェッサーだそうです。専攻は食品衛生学でしょうね、きっと。
まあ何はともあれ、仲間を全員助け出してめでたしめでたし。
そうそう、エンディングにはしっかりハンバーグラーも出てきました。
「THANK YOU!」だそうです。裏切り者のクセに何を言ってるんだお前は。

のちにネットで調べてみたところ、エンディング画面は何種類かあるようで、空の色が変わるそうです。
……全部を確かめる気には到底なりませんが。
それと、ハンバーグラーは凶悪ピエロに洗脳されてたそうです。
……なら何故最初に「HELP!」と言っていたのかは今をもって謎のままですが。
それにしても、マックのアルバイトって大変なんだなーと思いました(違う)。
次にマックを利用するときには、店先に立ってるピエロのおっさんにもう少し敬意を払おうと思いますw。

それと最後に一つ。いろいろ言いましたけど、それはあくまでゲーム的にということなんで、
決してマックを非難・否定しているわけではないのです。ハンバーガーをこよなく愛する皇之字より。


総攻略時間:5時間半


デモの最後に出てくる謎のピエロ。現代社会でこんな顔で街中歩いてたら、即職質&お説教だと思う。……あ、下の人ではなくて。

 

 

 

 


ステージ間のショップ。ポテトが15バーガーであることもさることながら、ハンバーガーとビッグマックが同じ値段(20バーガー)という、素晴らしくトンデモなお店。

 


ワールド3のボス戦。これまでと違ってこっちを殺る気満々のボス。一体この世界はどうなっているのか……と言いたくなるが、これでもまだ序の口だったり。


ワールド5のボス、まさかのボーンドラゴン。ドナルドの世界でドラゴン、しかもこんな可愛げのない怪物とは……。しかも半端じゃなく強い。王家の墓を守る何かか?


ワールド11のボス、G幼体(違う)。背景の木とあわせて、開発スタッフの当時の精神状態の悪さがうかがえる(ウソ)。


ワールド12、背景から睨んでくる謎の目玉。ホラーゲーム顔負けの演出だが、取り立てて意味はないらしい。


ワールド12の中ボス、謎の手。行動パターンはボーンドラゴンと同じだが、見た目が完全にホラー化している。


ラスボス・凶悪ピエロ。背景の影もなんか怖い。ラスボスだけあって、出してくる球(弾?)は他と違って上に乗れないというおまけつき。


エンディングにいきなり登場するプロフェッサー。というかどう見てもカー○ル・サンダースだろ???

前のページに戻る