腰椎分離症に対する最新の手術

成人以降、分離症が腰痛の原因となることは少ないが、分離部の滑膜炎が強い場合には原因となる。その様な場合は分離内ステロイド注入が非常に有効である。保存療法抵抗性の分離部由来の腰痛が続く場合、分離部修復が適応される(7, 8)。下図の様にWiring、Screwing、Pedicle Screw Hook Rod法などがある。当院では症例に応じ、適宜ベストの修復術を選択している。

通常、我々はPedicle Screw Hook Rod法を行っている。ほとんどの症例でこの方法で可能である。メドトロニック・ソファモア・ダネック社製のSextant IIを使用し、pedicle screw挿入を経皮的に行うことで正中切開が小さく低侵襲が可能となった(8)。

すべり症がある場合は固定術が選択される。多くは椎間板性腰痛に加え、前述のragged edgeによる下肢痛も呈する。したがって、ragged edge摘出での神経根除圧に加え、TLIF/PLIFで椎間固定する。近年、すべり矯正のデバイスが改良され各社から販売されている。図はエースクラップ社のS4-SRIシステムを使用しすべりを矯正位で固定している。

高齢者の場合、下肢痛のみを呈し腰痛の訴えが少ない時がある。その場合は分離部除圧のよい適応である(9)。除圧のみであるので内視鏡を使用し低侵襲で可能である。内視鏡を使用するので皮膚切開は18 mmと小さく、背筋への侵襲も最小侵襲となる。高齢者でも翌日から歩行が可能である。

術前に必ず神経根造影を行い、神経根圧迫部分を同定する。ほとんどの症例が分離中枢端のragged edgeが原因である。この部分のみの摘出であるため、術後力学的変化はほとんど生じない(10)。したがって、自然経過が変わらない。高齢者でさらにすべりが進むことは少なく、実際の症例で術後すべりが増強した症例はない。

文献

1) Sairyo K, Katoh S, Sasa T, Yasui N, Goel VK, Vadapalli S, Masuda A, Biyani A, Ebraheim N. Athletes with unilateral spondylolysis are at risk of stress fracture at the contra-lateral pedicle and pars interarticularis: A clinical and biomechanical study. Am J Sports Med. 2005 Apr;33(4):583-90.

2) Sairyo K, Katoh S, Ikata T, Fujii K, Kajiura K, Goel VK. Development of spondylolytic olisthesis in adolescents. Spine J. 2001 May-Jun;1(3):171-5.

3) Sairyo K, Goel VK, Grobler LJ, Ikata T, Katoh S. The pathomechanism of isthmic lumbar spondylolisthesis. A biomechanical study in immature calf spines. Spine. 1998 Jul 1;23(13):1442-6.

4) Terai T, Sairyo K, Goel VK, Ebraheim N, Biyani A, Faizan A, Sakai T, Yasui N. Pars interarticularis fracture in young athletes is an extension-stress fracture and initiates in the ventral-caudal region. 55th Annual Meeting of the ORS, Feb 22- 25, 2009, Las Vegas, NE

5) Sairyo K, Sakai T, Amari R, Yasui N. causes of radiculopathy in young athletes with spondylolysis. Am J Sports Med. 2009 Dec 3. [Epub ahead of print]

6) Sairyo K, Sakai T, Yasui N. Conservative treatment of lumbar spondylolysis in childhood and adolescence: the radiological signs which predict healing. J Bone Joint Surg [Br] 91-B:206-9, 2009

7) Higashino K, Sairyo K, Katoh S, Sakai T, Kosaka H, Yasui N. Minimally invasive technique for direct repair of the pars defects in young adults using a spinal endoscope: a technical note. Minim Invasive Neurosurg. 2007 Jun;50(3):182-6.

8) Sairyo K, Sakai T, Yasui N. Minimally invasive technique for direct repair of pars interarticularis defects in adults using a percutaneous pedicle screw and hook-rod system. J Neurosurg Spine. 2009 May;10(5):492-5

9) Sairyo K, Katoh S, Sakamaki T, Komatsubara S, Yasui N. A new endoscopic technique to decompress lumbar nerve roots affected by spondylolysis. Technical note. J Neurosurg. 2003 Apr;98(3 Suppl):290-3.

10) Sairyo K, Goel VK, Masuda A, Biyani A, Ebraheim N, Mishiro T, Terai T. Biomechanical Rationale of Endoscopic Decompression for Lumbar Spondylolysis As An Effective Minimally Invasive Procedure - A study based on the Finite Element Analysis. Minimally Invasive Neurosurg, 2005; 48: 119-122.