症状

症状は、年齢によって異なります。

20歳以下では、運動中の腰痛が主症状。骨折してすぐの時は、安静時でも腰痛がある時があります。また、骨折直後では骨折周囲に出血し、神経根を刺激するために、下肢痛を認めるときもあり、その際はヘルニアとの鑑別を要します。

20−60歳では、腰痛や下肢痛の原因となることは少ない。強いすべり症などが合併すると腰痛の原因となる。この年齢層で、腰痛や下肢痛がある場合、レントゲンにて分離症が見つかっても、他の疾患を考える必要がある。

60歳以上では、下肢痛&臀部痛の原因となることがある。分離症の部分に骨棘が生じて神経根を刺激するためである。腰痛は比較的少ない。