弓道部について

  《志》

    部訓 : 「心の師となるとも心を師とせざれ

           ・・・我が心に対して師になっても、我が心を師としてはならない。

               弱い自分の「心を師とする」生き方ではなく、自身を築く「心の師となる」生き方をせよ、という教え。

      

       三大指針 : 三倍努力

               絶対勝利

               異体同心の団結

      

       木鶏(もっけい) : 無為自然。何事にも動ぜず、常に平常心でいられること。

                   ◎昔、周の宜王のために闘鶏を養う紀省子という名人がいた。

                     ある日、王は名人に一羽の元気な、素質豊かな闘鶏の調教を依頼し、十日後紀省子を尋ねた。

                     「どうだ、もう闘えるのかな」

                     紀省子は「いや、まだでございます。今はまだ、むやみに強がって威勢を張っています」

                     十日して王が尋ねると、「まだです、他の鶏の鳴き声を聞いたり、姿をみると、たちまち興奮して身構えます」

                     十日して王が尋ねると、「まだです、他の鶏の姿を見ると、にらみつけ、敵を見下して気負い立ちます」

                     十日して王が再度尋ねると、紀省子は

                     「もう完璧です。他の鶏が鳴いても、もはや反応もしません。いかなる敵にも無心です。

                     まるで木で作った鶏としか見えません。徳が充実しました。

                     他の鶏で相手になろうとするものなく、背を向けて逃げてしまうでしょう。」

                      王は大変喜んでこの闘鶏を持ち帰り、試合に出場させると、

                      連戦連勝、この鶏の前に出ると、他の鶏はお世辞をして帰ってしまうほどの無類の強さを発揮したという。

                     (参考:中国古典「荘子」外篇)

      

      練習時間   平日(月・水・金) 18:15〜20:15

               土曜          9:00〜12:00

               (稽古のない日は自主練習となっています。

                 自主練習は授業の空き時間や日曜、祝日などを利用します。)