3、4年生のモンゴル地域研究演習  

  実施日:月曜日3時限  

  モンゴル遊牧社会における「伝統」の再読  

  概  要  

「モンゴル的な」、「伝統的な遊牧社会」という概念も、

その時代の人間と自然、

人間と人間の多様な関係性によって成立し、変化を遂げてき た。

例えば、現代においては、

社会主義的改造によって「伝統的な」生活文化や生産様式 は

一掃されたかに見えるが、

社会主義の行き詰まりとともに息を吹き返した。

しかし、また、それは市場経済の波にさらされている。

このように再読される「伝統」とは何か、

切り捨てられる「伝統」とは何か。

「伝統」を人間と自然、

人間と人間の多様な関係性変化の中で具体的にとらえていき たい。
 

演習形式の授業の主人公は受講者である。

受講者の研究発表を繰り返し、

必要に応じて文献を輪読したり、映像資料を鑑賞したりする。

2月に提出する研究ノ−トによって成績を評価する。
 

  参考文献     [文献紹介]  ,  『宮本常一著作集』, 子どもに関する文献 女性関する文献

 
 
メーリングリスト「モンゴル地域研究ゼミ」入り口

 

[授業のトップへ]
 

[今岡良子研究室]
 
 

このゼミ報告題目

  1997年  

  1998年  

  1999年  

  2000年  

 

もうひとつのゼミ

その報告題目

  1997年  

  1998年  

  1999年  

  2000年