マチュピチュ~ペルー・イグアスの滝12日間
~準備編~


①ESTA申請
ペルーに行くには、アメリカで一度乗り換えなければなりません。トランジットのロサンゼルスでは一旦入国扱いとなるため事前にESTAを申請。
インターネットで申請でき、費用は14ドル。旅行会社に依頼すると費用は4,550円で、3倍もします。
簡単にできるので、可能であれば個人で申請しましょう!

②ブラジル観光ビザ申請
今回、ペルー、アルゼンチン、ブラジルを巡ります。このうち、ブラジルのみビザが必要。
旅行会社に依頼すると、手数料を含む費用は一人15,210円、しかも日数は約40日かかります。
本人申請の場合は、2,500円なので、だったら自分でやってみよう!ということで個人で手続きを行いました。

しかし、予約確認書オリジナル、全行程日程表(発行者のサインあり)は、旅行会社に作成してもらわなければならないので、作成費用1書類4,200円の費用が発生します。

ブラジルのビザ申請は、郵送では受け付けておらず、領事館へ出向かないとなりません。
愛知県以西は名古屋総領事館が管轄。
ちょうど青春18きっぷが使用できる時期だったので、平日休みをとって、片道3時間かけて名古屋へ行ってきました。

必要書類は、以下の5点。
1.旅券
2.PER(インターネットで申請した申請用紙控えを印刷)
3..写真1枚(RERに貼付)
4.ブラジルの出入国が記された日本からの往復航空券のコピー(E-チケット可)。または、予約確認書オリジナル(本人氏名、ブラジルの入国・出国の日付、飛行機便名、到着および出国空港名が入っていること。旅行会社または航空会社の発行者サインまたは社印の押印があるもの)
*出入国の一方又は両方が陸路の場合、旅行会社の全行程日程表(レターヘッドを使用し、発行者のサインまたは社印を押印。渡航者名も明記。)又は、申請者本人が陸路にて出入国をする旨を記載した英文レター(ブラジル出入国日・地点・移動手段を記入し、旅券と同じサインをする。)と日本から隣国までの往復航空券コピー(または予約確認書オリジナル)を提出すること。
5. 現地での滞在維持を保証する書類(いずれか1点)
・銀行より発行された預金残高証明書
・クレジットカード会社発行の利用明細書
・過去1ヶ月間の通帳コピー

10時前に到着すると、ブラジル人が100人ほどあふれかえっているー!
匂いも雰囲気もブラジルの空間に圧倒されてしまいました(笑)
ビザの申請だけではなく、証明書の発給などもあるようで、受付窓口は10席あるにもかかわらず、1時間待ちでした。
受付の人は、たどたどしいながらも簡単な日本語は話せます。

書類に不備はなかったものの、イグアスへはアルゼンチンから陸路で入国するため、その場で英文レターを作成してもらい、旅券と同じサインをしました。
ホームページには、旅行会社の全行程日程表、又は、申請者本人が陸路にて出入国をする旨を記載した英文レターと記載されていますが、実際は両方いるようですね。

専用の払込用紙(ピンク色)を近くにあるブラジル銀行に持って行き、申請料金2,500円を払って、領収印のあるピンクの紙を窓口に提出します。このときは、並ばなくても直接窓口に持って行きます。

そして、受取は窓口か着払いの宅急便かを選びます。
着払いでお願いしたところ、申請日から7営業日に発送で無事受け取ることができました。

③マチュピチュ+ワイナピチュチケット
マチュピチュは、環境保護のため入場制限があります。
マチュピチュへは1日2,500人、ワイナピチュへは、7-8時200人、10-11時200人の合計400人限定です。
ワイナピチュだけのチケットはなく、ワイナピチュはマチュピチュの入場料込みのチケットになります。

ワイナピチュは、急な階段の下りが難点だけど、比較的登りやすい山で、上からマチュピチュ全体を見おろす展望は素晴らしい!

ツアーには、マチュピチュのチケットは付いていますが、ワイナピチュは断崖絶壁を登山するため、危険との判断でチケットの手配をやってくれない旅行社もあります。
今回も、聞いてみたところやはりダメだったので、じゃあ、自分で手配しよう!といろいろ調べると、以下の2通りの手配方法がありました。

1.ペルーの文化庁にアクセスし、チケットを入手。(152ソル+手数料6.13ソル=158.13ソル)
http://www.machupicchu.gob.pe/

2.マチュピチュチケット  代理店から入手。(別途手数料を上乗せ。上記より約2,000円高め。)
http://www.ticket-machupicchu.com/

もちろん、1のペルー文化庁で申し込むのが安いのですが、ここ数週間カード決済ができなくなっていました。
まぁペルーのことなので、いつ決済できるようになるかわからない。
あと、使用できるカードばVISAのみで、Vpassで本人認証しないと決済できない、認証しても決済できないこともあるらしい・・・。
無事難関を突破できるか!と毎日ホームページを見ていたら、3月17日にカード決済がきるようになり、Vpass認証も問題なく、無事カード決済ができました!

④海外旅行保険
数社比較検討した結果、損保ジャパンの「新・海外旅行保険off!」に加入。
カードに付帯の保険もあるけど、今回は登山もするし南米ということで何が起こるかわからないので、航空機の手荷物遅延費用等も含まれている一般の保険に加入しました。