害虫駆除法大辞典

Google
WWW を検索 害虫駆除法大辞典内 を検索
DIY 自分で出来る害虫駆除 @快適クラブ.net
カツオブシムシの駆除方法と生態
当サイトでは商品の販売はしておりません。購入ご希望の方は
潟Cーライフのオンラインショップ「@快適クラブ.net」をご利用下さい。
カツオブシムシ駆除のポイント(商品のページは@快適クラブ.netへのリンクです。)
予防法
衣類などを食害するのは幼虫の時期です。幼虫は暗所、風通しの悪い場所を好みます。また繊維などの硬蛋白質を分解して
栄養元にしますが、特に汚れた部分(汗や飲食物をこぼしたシミ)を好んで食害します。この生態から予防法としては・・・
1.汚れた衣服はすぐに洗濯やクリーニングをしてきれいにする。
2.長期間タンスなどにしまいこまずに天日干しをして風にあてる。(晴天続きの日の10時〜14時くらいに陰干しで。)
3.タンス内は衣服などを余り詰めこまず通気をなるべく良くし市販の防虫剤を使います。

4.収納ボックス内は整理して市販の防虫剤を入れて置きます。

*防虫剤は異なる種類を一緒に使うと化学変化して溶ける場合があります。また、防虫剤の種類によっては条件が悪いと衣服
にシミをつける場合があります。使い方は使用方法を守りお使いください。
 
駆除法 
倉庫や工場等で殺虫剤の散布が可能な場所であれば液体なら安全性の高いレナトップ水性乳剤や粉剤のシャットアウトSD
を散布すれば駆除出来ます。
 
カツオブシムシの被害 
カツオブシムシ類の中で一般家庭で衣服などに被害を及ぼす多くはヒメマルカツオブシムシが原因と言われています。衣服などを
食害する幼虫が多く見られるのは5〜7月なのでこの期間は特に注意が必要です。また、カツオブシムシの幼虫は動物質、植物
質いずれも食害しますので一般家庭では燻製食品や剥製なども注意してください。ハラジロカツオブシムシやヒメカツオブシムシ
は衣服などの繊維の他、乾燥食品、毛皮なども食害するので繊維や食品の工場や倉庫での被害も問題です。 
 
カツオブシムシの生態 
産卵は暗所を好み産卵終了後は明るい屋外へ飛び出します。成虫の発生、産卵時期は種類により多少異なりますが5月〜7月
で越冬は幼虫の時期に行います。寿命は約1年です。体長は幼虫が0.6〜0.7mm、成虫で3〜6mm程度です。また幼虫の
体表には長刺毛が多数生えており刺激を加えるとこの毛を逆立て敵を威嚇します。
 
衛生害虫
不快害虫
その他の昆虫類
昆虫以外の虫
動物・鳥類