覚醒・至高体験の事例集

宗教家の場合

 

禅僧・白隠の弟子

 秋月龍民『禅の探求』より、ある禅僧の体験を収録する。

禅宗の一派、日本臨済宗の中興の祖・白隠禅師のもとで修行した老僧の話である。

 いまから200年ほど前、遠州の新橋というところに大通院という大きな寺があった。そこの和尚は、もう60の年を過ぎているのにまだ悟りを開いていなかった。この老僧はこれではならぬと発心し、駿河の松蔭寺に、白隠禅師の門をたたいて、弟子入りした。老僧に与えられたのは白隠自身が作り出した「隻手の音声(片手の声を聞 いてこい)」という有名な公案であった。老僧は熱心に公案に取り組んだ。

 しかし、 5、6年たってもなかなか悟りは開けない。ついにへこたれた老僧は、「これまで親切に指導していただいたのにどうしても目が開けない、どうしたらよいのか」と白隠に泣きついた。白隠は「がんばって、あと3年“隻手の音声”の公案に打ち込め。 それでだめだったら、わしの首を斬れ」と言った。そこで老僧はまた気力を奮い起こして修行に励んだ。

 そして3年たったがやはり悟りは開けなかった。白隠は「いまさら、わしの首を斬ってもどうにもなるまい。あと3ヵ月だけやってみよ」と励ました。 また、白隠の叱咤の声がひびき、厳しい修行が続いた。

 しかしやはりだめだった。白隠はついに、「お前のような者はもう死んでしまえ」 とどなった。老僧は、「はい、そういたしましょう」と、死んでおわびするつもりで 松蔭寺の門をでた。
  遠州へ帰る途中、ある峠の断崖から西の空を見ると、夕焼けの眺 めがあまりに美しいので、これが今生の見おさめかと、傍らの石に坐り込んで眺めているうちに、思わず知らず三昧境に入った。気がつくともう夜が白々とあけはじめて いた。老僧は、「ああ、自分は死ぬのだ」と考えて、崖から身を投げようと片足をふみ出した。その瞬間、雲間から朝日の光がキラッとさしそめた。はっと全身電気に打たれたように感じた老僧は、はらおうとしてはらえなかった心中の暗雲がそのときは じめて開けていくのを実感した。見性したのである。  

 「そのとき、すべては新しい。すべては美しい。すべては光っておる。そして、ふしぎなことにすべてが自己である。万物と我れと一体である。世界と我れと不二である。」 
  自己と世界が一つになって、自己が朝日となって全世界に輝いたのである。

 老僧は、狂気のように松蔭寺にとって返して、白隠の室に泣いて駆け込んだ。白隠は心からこの老僧を祝福して、その悟りを証明したという。(秋月龍民『禅の探求』47〜50)  

禅僧・今北洪川

 

以下は、明治時代の著名な禅僧・今北洪川の体験である。

 ある夜、座禅に没頭していると、突然全く不思議な状態に陥った。私はあたかも死せるもののようになり、すべては切断されてしまったかのようになった。もはや前も なく後もなかった。自分が見る物も、自分自身も消えはてていた。私が感じた唯一の ことは、自我の内部が完全に一となり、上下や周囲の一切のものによって充たされて いるということであった。無限の光りが私の内に輝いていた。しばらくして私は死者の中から甦ったもののごとく我に帰った。私の見、聞き、話すこと、私の動き、私の考えはそれまでとはすっかり変わっていた。私が手で探るように、この世のもろもろの真理を考え、理解し難いことの意味を把握してみようとすると、私にはすべてが了解された。それは、はっきりと、そして現実に、私に姿を現したのであった。
  あまりの喜びに私は思わず両手を上げて踊りはじめた。そして、突然私は叫んだ。『百万の経巻も太陽の前のローソクにすぎない。不思議だ。本当に不思議だ。 (愛宮真備『禅 悟りへの道』 P34 )

 これらの事例からもわかるように、禅の悟りの境地においては、自己と世界は融合し、我と汝、自と他、主体と客体、個と全体などという二分法的、概念的思考(分別知)は、超えられてしまうという。
 
  自己を超えた「大いなる命」こそが真の実在となり、個人はたんなるその一表現体のようなものに相対化されて実感されるといってもよい。禅の言葉でいえば、「天地と一体・万物と同根」である。
 
  それは、マズローのいう「自己実現人」の、「多くの二分法、両極性あるいは矛盾、葛藤が統一され、融合され、超越され、解決される」、「対象や世界と渾然一体と深くつながるようになり、以前には自己でなかったものとも融合する」という特徴と同じであろう。

 今北洪川が、「自分が見る物も、自分自身も消えはてていた。私が感じた唯一のことは、自我の内部が完全に一となり、上下や周囲の一切のものによって充たされているということであった」と表現するのも、自己と世界が融合する体験の一種だろう。
 
  われわれが「これが私だ」と思っていた通常の自我が空じられて無我となった時に「物我一如」の新しい自己にめざめる。「自己がないとき、逆にすべてが自己となる」という体験である。禅者・秋月龍みんによれば、「悟り」とは、そのような「平等一如の自己」が、体験の上に自覚されることである。


今北 洪川 (いまきた こうせん)
1816.7.10(文化13) 〜1892. 1.16(明治25)
幕末・明治前期の禅僧(臨済宗)。
明治時代を代表する禅僧で、鎌倉円覚寺初代管長をつとめた。鈴木大拙の師であり、最も尊敬した禅僧であった。鈴木大拙禅選集〈新版〉 10「今北洪川」で鈴木は、その生涯と高徳を深い敬慕の念をもって語る。激動期の明治仏教をみるに不可欠の名著。

浄土宗僧・原青民

 

 「悟り」は、座禅修行を積んだ禅僧だけに与えられるものではない。
  以下に挙げるのは、原青民という浄土宗の僧侶の体験である。彼は、肺病にかかり、かかりつけの医者にあと五年しか生きられないといわれ、非常に悩んだという。そのうち弁栄聖者に出会い、その感化で毎日のように念仏を唱えるようになったという。

 ある晩、一心に念仏を申しながら自分と自分を取り巻いている万物との関係を考えていました。ところが念仏を唱えているうちに突然なにもなくなってしまいました。 自分のたたいている木魚の音も聞こえません。周囲の壁もなければ、天井も、畳もありません。

 すきとおった明るみもありません。色も見えなければ、重くも、軽くもありません。自分のからだすらありません。  まったく無一物になってしまって、ただあるのはハッキリ、ハッキリだけになりました。はっきりした意識だけがあった、意識内容はまったくなくなってしまったわけです。

  しかししばらくして平常の自分にもどり、その晩はそれで寝てしまいました。とこ ろが翌朝目がさめて、庭から外を見ていると、変で変でしかたがありません。きのう まではいっさいのものが自分の外に見えていたものが、けさは自分の中に見えています。それはつぎの日もかわりませんでした。(藤幸治『禅のすすめ』講談社 )

 この体験によって彼は、「いっさいが自分の心であり、いっさいの活動が自分の心の働きであることがわかってきて」、ほんとうの安心を得ることができたという。

 宗教的な覚醒体験や悟り体験を特徴づけるのもやはり、これらの例から分かるように「自己」という壁が打ち破られる事実であろう。自己の壁が打ち破られるとは、自己が自己の根源(真の自己)に徹することでもある。自己が真の自己に徹するとき、すべてが自己となり、「万物と我と一体、宇宙と我と不二」という世界が出現するのである。

homeへ