サロトロケルクス

 サロトロケルクスは、バージェス頁岩より産出する節足動物の中でも、最も小型の種の1つである。
その体長は、先端に房状に棘がついた尾部をのぞくと約10mmしかない。
 また、1対の大きな眼が頭の楯状の構造をこえて、飛び出している。
 胴体部には、一連の葉状肢があり、そのそれぞれに薄い板状の構造が並んでいる。  産出数も少なくその生態には不明な点が多いが、仰向けになりこの足を用いて、遊泳生活を行っていたという説が有力である。
 サロトロケルクスは、鋏角類や三葉虫類を含む節足動物中の大きなグループ「アラクノモルファ亜門に属している。
 

  

サロトロケルクス
Sarotrocercus oblita