さてさて、11/23は京都大学の学祭で何年かぶりにぷよぷよの大会が開かれるってんで、
「こら行かな!」ってことにしました。ぷよはPC版ぷよフィのオンライン対戦をずっと
やっていますが、直接人と対戦する機会はほぼ皆無だったので楽しみにしていました。
それに京都大学の学祭では去年チーターマンのネタが披露されたとかいう噂を聞いていたので、
そういうネタもありうる学祭ってことで、そんな楽しみもありました。



11/23 4:30、僕はとある理由で兵庫県は城崎のとある旅館にいました。
大会の開始時間とその前の練習時間から逆算すると、この時間に起床して出発しなければなりません。
別の用事で大阪に帰る友人といっしょに、早朝のまっくらで寒い道を、40分かけて城崎駅まで
歩いていきます。この地域ではこの時間にはまだタクシーは動いていないそうです。ナンテ骨体/(^o^)\



城崎駅で危うく始発に乗り遅れそうになりはしましたが、その後は順調に進み、福知山で友人と別れ、
さらに進みます。早朝の空いた鈍行列車にただただ揺られ、ヘッドホンからはひたすらミク曲が流れてき、
ゆっくり京都に向かっていきました。こういうのが最高に心地いいです。



さて京都駅に到着したのが9:30。そこからはバスで京大に向かいますが……なんか人すげぇ。
なんですか、今日はこの辺で例大祭でもあるんですか。バスターミナルにも行列ができています。
どのバスの乗り場にもすごい列ができていたので、なにか一つのイベントに人がたくさん来ているって
訳ではないように見えたんですが…とすると、京都は普段からあんなんなんだろうか(=ω=;



しかし臨時バスもガンガン来たので、思ったよりすぐにバスに乗れました。でもそっから先も人多いわ
車多いわで進まない進まない。途中で今月頭にお参りした神奈子神社を右手に見、えっちらおっちら
京大に向かいます。



京大に着いたのは11:00前くらいだったでしょうか。バスから降り、京大の学内マップで位置を確認し、
ぷよ大会会場の教室に向かい、




掲示板のチラシを見てとりあえずニヤリ。




そして校舎に張ってあるチラシをみてさらにニンマリ。左の漫研のチラシもさることながら、
右のチラシによると、どうやらちょうど今日にニコ動などのネタのダンス会があるようです。
「ニコ動などのネタのダンス会」って…自分で書いてようわからん説明だな(--;。
なんかハレ晴レとかもってけとかバラライカとか踊るみたいです。



 

さらにこんなんとかこんなんとかあって、ようやく会場に着きました。
会場の教室内には5,6台のメガドライブが用意してあって、係りの人に聞いてみると
大会開催までは対戦台とか友達と遊ぶ用として使えるようです。さっそく対戦台に並んで
指慣らしします。



メガドライブを触るのは初めてでしたが、ボタンのゴムがお逝きになってしまった最近まで
PC用サターンパッドを使っていたので、操作にあんまり違和感はありませんでした。
しかし…やっぱレベル高いし、生でこんなレベルとやるのは初めてなので頭がうまいこと
回りません(=ω=;。対戦台で当たってたプレイヤーの方たちはたぶん平均すると、普段ネット対戦で
当たるような相手よりちょっと上(つまり僕よりちょっと上って事か)だったと思います。



あと普通の対戦台の横には上級者用対戦台があり、そこの列からはふだんネット上で目にする名前が
ちらほら聞こえてきて、「おおーこの人のサイトの通販でぷよ通対戦ビデオCD買ったりしたんだよなあー」
とか思ったりしてました。



そんなこんなで12:00になり大会開催。まずは14:00まで参加者全員(90人もいた(--;)で列をつくり
ランダムに対戦をして、勝ち数の多い人が本選に進むという予選をします。
対戦を重ねる中で、とりあえず普段どおりに積むにはどうすればいいか、つーか普段どう考えて積んでたか
考えたり、うまい人のプレイを見て「あなたが神か」とか思ったりしてました。



というわけで予選落ち。まあ予想通りです(--;
20戦ちょっとしたと思いますが、予選通過最低ラインは14勝で、僕の勝ち数は9でした。
今回の参加者の中で9というと、緋想天的に言うと多分normal〜extraくらいだと思います。
…今気づいたんですが、この9という数字は別に狙って出したわけじゃないんだからね!



スーパー反省タイム。
ある程度いつもどおりに組めなくなるのはわかってたし、対戦の中で考えて改善もしたので
それについてはまあいいです。
しかし20戦もして一回も大連鎖を打っていないのはどういうわけなんだろう。いつものネットでの
対戦を顧みるに、7割くらいの対戦で大連鎖を打つ機会があると思うんだけど、今回は一回もなかった。
つまらない負け方をしたくなかったので凝視はいつもより心がけるようにして、催促を打ったり
打たれたりというのは多かったけど、それにしたって一回もないというのは…。
あと、折り返しで詰まって伸ばしあぐね、隙を見て潰すしかないっていうのも多かった気がする。
んんん、やっぱり対人戦でビビり入ってたのと、ぷよフィとのツモの違いでいつもどおり組めなかった
ってのが一番の問題か。んんん、よくわからん。…ってのが一番の問題か。



さて、予選が終わりまして、16人で行われる本選が始まります。
本選では行われている試合のうち一つは大スクリーンに映され、進行役の人による実況もつきました。
この実況が面白かった。こういうのには慣れている人のようで、プレイヤーが組んでいるそばから
両者の組み方を読み取り解説し、潰しが決まったときには潰れた連鎖が発火された場合何連鎖になったか
まで把握していて、その人の実力をうかがわせました。
「んー、この組み方は…ちょっとよくわかりませんねえ…。………あっ、ああーそーゆーこと。」
実況一人で納得されてもwww 観戦者置いてけぼりwww



しばらく本選を見ていたんですが、さっき書いたダンスイベントの時間に差し込んできました。
かなり迷ったんですが、いろいろ見といたほうがよかろうということでぷよ会場をあとに。
ダンス会場のグラウンドに行くと、出し物の屋台がたくさんあり、一番奥のほうに設置されてある
舞台の上で30〜40人くらいのグループが踊ってました。そのときやってたのはバラライカのパロの
やらないかだったかな。残念ながらハレ晴レとかもってけとかは終わってしまったようです。
それにしても君らの青春はそれでいいのか。…う〜ん、妬ましい。





そんな様子をアヤラッチ。ケータイのため残念ながら全然見えませんね(=ω=;
最後にもう一度ハレ晴レを踊ってました。それを見て京大をあとに。
その後友人との約束があったので、梅田で待ち合わせてToolsにつき合わせてトレス台買ったり、
本屋めぐりしたりな一日でした。



京大すげえ←結論






雑記に戻る