チリ図鑑
 Chiles frescos (生のチリ)
   Serrano(セラーノ)
   Jalapeno(ハラペーニョ)
   Poblano(ポブラノ)
 Chiles secos (乾燥チリ)
   Ancho(アンチョ)
   Pasilla(パシージャ)
   Arbol(アルボル)
 その他
   chiles en polvo(チリパウダー)

chileserrano Chile Serrano(チレ セラーノ)
小さいチリは辛いというは本当で、とても辛いチリ。細かく切ったのをテーブルにだしておけば、メキシコ人はいろんな料理の上にのせて、パクパク食べている。サルサ(ソース)を作るときに良く使う。

 レシピ    緑のサルサ
chileserrano Chile Jalapeno(チレ ハラペーニョ)
この名前は日本でも聞くのではないでしょうか。ハラペーニョソースとかで。辛いチリです。前述のSerranoよりは大きい。使い方は前述のセラーノとだいたい同じ。酢付けになっているのが売っていて、おつまみになったりする。
写真用意中 Chile Japapeno(チレ ハラペーニョ)

小さいチリのグループでは、代表的存在。極辛である。前述のSerranoよりは大きい。使い方は前述のセラーノとだいたい同じ。酢付けになっているのが売っていて、おつまみになったりする。
RECETA Frijoles charro(豆スープ)

写真用意中 Pimiento morron (o verde)(ピミエント)

日本でいう、ジャンボピーマン。ですので、全く辛くない。緑の他にpimiento rojo(赤色)、piemiento amarillo(黄色)い種類がある。
RECETA Discada

Chile Poblano(チレ ポブラノ)

長さ約8〜10cmくらいになる、大きいチリ。ものによって辛さが違う。大体はそれほどの辛さではないが、ハラペーニョもびっくりの辛さのものに出会うこともある。クリームスパゲッティに入れてもおいしい。料理に使う場合は火であぶって、皮をとる。

RECETA Discada

Chile Ancho(チレ アンチョ)

乾燥したチリ。濃い赤い色をしていて、表面がしわしわなのが特徴。水に浸すと濃い赤い色がでる。辛さは普通。煮こみ料理によく使う。また、小さくきって焼いて、スープの上にちらばすのも、なかなかいける。
RECETA Pozole  Machacado de carne seca

写真用意中 Chile Pasilla(チレ パシージャ)

前述のチレ アンチョとほぼ同じ。使い方も同じ。しかし、こちらの方が味がマイルド。

Chile Arbol(チレ アンボル)

日本のトウガラシに外見は似ている(もしかしたら、一緒なのかもしれない)。サルサ ベルデを作るときに、ちょっと入れたりすると味がよくなる。