Biography

 

主な使用楽器:

 

Ken Smith BSR6EG

'75 Fender Jazz

Czech flat back bass circa 1909

 

プロフィール:

 

70年 横浜に生まれる  

15歳でベースを始め、18歳の時にシカゴへ渡米  

89-94年 ジャズ、フュージョングループ Half & Half 在籍

シカゴを中心に演奏活動 93、94年にタイ、バンコクツアー  バンコクのGekko StudioにおいてCMソング、ポップソング等の作曲、アレンジ等を行う  

98-00年

シカゴのWorld Wide Records にてベーシスト、作曲家として活動。

00-03年

インディアナポリスのMidwestern Music Groupにてベーシスト、作曲家として活動

 03-04年 メイビス・ステイプルズ グループ参加

米国内でのフェステイバル出演、コンサート活動   

03年 トム・ぺテイー&ハートブレイカーズのオープニングアクトとして米国内をツアー  

04年 タジ・マハールとダブルメインアクトでオーストラリアツアー  

04年 ジャパン・ブルース・カーニバルにて来日公演  

89-93年, 95-04年

シカゴをベースにアメリカで演奏活動。

シカゴでの出演クラブ

Rosa’s Lounge,   B.L.U.E.S.,   Kingston Mines,   House of Blues,  Jazz Bulls,  Smoke Daddy,  Bop Shop,  Hot House,  Reservation Blues 他。

米国での出演フェスティバル

Chicago Blues Festival,   Chicago Jazz Festival,   Asian-American Jazz Festival,   Waterfront Blues Festival,   Jam on The River,   Telluride B&B Festival,   Madison Blues Festival,   Harvest Moon Blues Festival,   Austin City Limit Festival,   Greater Philadelphia Blues Festival,   Tall Stacks Festival,   East Coast Roots & Blues Festival   他。

アメリカでの共演アーティスト:

Mavis Staples,   Sugar Blue,   Pinetop Perkins,   Ariyo,   Sista Monica,   Detroit Jr.,   Jodie Williams,   Byther Smith,   Billy Branch,   Willie ‘Big Eye’ Smith,   Eddie Taylor Jr,   Lurrie Belle,   Carlos Johnson, Michael Coleman,   Melvin Taylor,   Nellie Travis,   David ‘Honeyboy’ Edwards,   Tatsu Aoki,   Anthony Brown,   Robert Irving III,   Bobby Broom,   Willie Pickens,   Vince Green,  他。

04年

帰国、日本で活動をはじめる。

現在

Band, Sun AlleyとGrooveSignを中心に田中良、Kotez、Full Swing、Suzi Kim、牧野元昭、等のバンド/セッションに参加。

 

Home