南 高 橋
(みなみ たか ばし)

 全長 : 63.1 m  全幅 : 11.3 m  構造 : 錬鉄製 プラットトラス 橋  完成 : 昭和 7年 (1932)
 区間 : 中央区 湊 1丁目 <==> 中央区 新川 2丁目


『南高橋』 (旧・両国橋を移設したトラス橋)

後方の水門で景色が遮断されるのは残念
 
【南高橋】
『南高橋(みなみ たか ばし)』 は、中央区の湊地区と新川地区を結ぶ狭い通りが 「亀島川」 を渡る橋で、
「亀島川」 の最下流、「隅田川」 との合流地点直前に架かるトラス橋である。
橋名の由来は、上流に架かる 『高橋』 の南側に架けられたことによる。

【明治のトラス橋】
『南高橋』 の創架は昭和 7年(1932)、
関東大震災後の復興計画の一環として、新たに架設されたもので、
橋の本体は 「隅田川」 に架かっていた 『旧・両国橋』 の中央部分を移設したものである。
隅田川 の 『旧・両国橋』 は 明治37年(1904) に架設されたトラス橋で、
大正12年(1923) の関東大震災後に現在の 『両国橋』 に架け替えられたが、
比較的被害の小さかった橋の中央径間部分を、ここ 『南高橋』 に利用したようである。
『旧・両国橋』 の最初の架設からは 既に100年近くが過ぎており、
車の通行できる 道路橋 としては東京都内で最も古い橋になるという。
明治・大正期に数多く架設された 「トラス橋」 の現存する貴重な資料でもあり、
中央区の有形文化財に指定されている。

【亀島川水門】
『南高橋』 は 「隅田川」 と 「亀島川」 の合流地点に架かっているが、
そこには 「亀島川水門」 の高い壁があって、「隅田川」 を望むことができない。
「神田川」 の 『柳橋』 や、「日本橋川」 の 『豊海橋』 のように、
広々とした河口の景観が望めないのは残念である。


小さ目でシンプルな親柱

『南高橋』 の橋名盤

縦と横の単純なデザインが好印象の欄干

狭いながらも落ち着いた雰囲気の歩道

威風堂々といった雰囲気の正面

複雑に絡み合う鉄骨の骨格

デザインにも配慮されたゲート部分

最上部はこんな感じ

天井の骨格部分に橋灯が設置されている

ゲートにはめ込まれた橋名盤は 『橋高南』

HOME(東京探訪) TOP(日本橋川の橋) NEXT(南高橋の続き)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ