永 代 橋
(えいたい ばし)

 全長 : 184.7 m  全幅 : 22.0 m  構造 : 3スパン 鋼製 タイドアーチ 橋  完成 : 大正15年 (1926)
 架 設 区 間  中央区 新川 1丁目 <==> 江東区 永代 1丁目  (永代通り)


『永代橋』 (ダイナミックなアーチ橋)

橋の遠景 (アーチ形状が美しい)
 
【永代橋】
『永代橋(えいたい ばし)』 は、中央区新川 と 江東区永代 の間で、
「永代通り」 が 「隅田川」 を渡る橋である。
創架は元禄11年(1698)、五代将軍 綱吉 の50歳を祝して幕府が架橋したとされる。
当時は勿論 木橋 であったが、その木材は 「上野寛永寺」 本堂造営の余材を使ったと伝えられている。

【橋名の由来】
架設位置は現在の 『永代橋』 より100m余り上流だったようで、
それまで 「深川の渡し」 のあった場所である。
『永代橋』 の橋名は、当時この橋の東詰(永代側) を 「永代島」 と呼んでいたことによるが、
一説には、徳川幕府が末永く代々続くようにと名付けられたとも言われている。
「隅田川」 では第 4番目に架けられた橋であった。

【旧・永代橋】
『永代橋』 の創架からは既に300年余りが過ぎているが、
その間洪水による流出や火災による焼失などで、幾度となく架け替えが行われてきた。
この橋が初めて 「鉄橋」 として架設されたのが明治30年(1897) で、
道路の橋としては日本初の鋼製トラス橋であった。
しかし、この 鉄橋の 『永代橋』 も
大正12年(1923) の関東大震災によって廃橋となり、架け替えが行われる。

【現在の永代橋】
現在の 『永代橋』 は、震災復興事業により大正15年(1926) に架設されたアーチ橋である。
近くから見ると重量感溢れる鋼製のアーチ橋体と、
上流の 『清洲橋』 と共に高く評価されるその美しいデザインがうまくマッチする、
「隅田川に架かる橋」 の中でも屈指の名橋となっている。
夜には美しくライトアップされるが、
その姿は 『清洲橋』 の優美で女性的な雰囲気とは対照的に男性的な重量感があり、
整備された周囲の公園と共に広く人々に親しまれている。
なお、昭和63年(1988) に改修工事を受けているが、アーチの塗装は褪せて来ている。

 

【忠臣蔵】
この 『永代橋』 には、昔から幾つもの逸話が残されているが、
中でも有名なのが 「赤穂浪士の討ち入り」 である。
両国にあった 吉良邸 での討ち入りの後、四十七士は 『永代橋』 を渡って、
亡君 浅野匠頭 の眠る芝高輪の 「泉岳寺」 に向ったという。
その道すがら、『永代橋』 の深川側にある 「乳熊屋」 で甘酒の振る舞いを受けたそうである。
そんな痕跡は今はどこにも残っていないが、
江戸の木橋を渡る四十七士の姿を思い浮かべるのも風情がある。

【ウォーターフロント】
『永代橋』 の西側、新川・箱崎地区は、江戸時代から海運の中心をなした一帯で、
昭和の後半までは、三井・三菱・住友など財閥系の巨大倉庫があった。
近年それらの倉庫群はすっかり無くなってしまい、
現在では、日本IBM (三井倉庫)、リバーサイドタワー ・ 東京ダイヤビル (三菱倉庫)、
住友ツインビル (住友倉庫) などに変わっている。

【永代通り】
余談であるが、『永代橋』 の架かる 「永代通り」 は、
関東大震災後に拡幅整備されたもので、
東京の中心地 「大手町」 から 「日本橋」、「兜町」 などを経由して東に延びる幹線道路である。
1990年代の後半、バブル崩壊の影響を受けて 「山一證券」 を筆頭に、
「永代通り」 沿いに店舗を構える多くの金融機関が破綻したのは記憶に新しい。
そして、それを揶揄(やゆ) するように、一部報道機関は 「永代通り」 を 「倒産通り」 と称した。
苦汁を味わった当該社員に対しては、誠に失礼な報道であったが、
21世紀に入った現在でも、日本経済はその当時の後遺症を引きずったままでいる。


親柱はなく橋体に 「橋名盤」

シンプルな欄干 (支柱にも橋名がある)

カラータイル舗装のやや狭い歩道

橋詰近くには6灯式の豪華な橋灯

綺麗にライトアップされた夜景 (借用写真)

光り輝くアーチが美しい (借用写真)

アプローチ(標識類が視界を塞ぐのが残念)

シンプルな桁下部分

ダイナミックで力強いアーチ部

車道に覆い被さるような迫力

『豊海橋』 橋詰公園にある 『永代橋』 の解説盤

「隅田川テラス」 の護岸にも大きな解説盤

HOME(東京探訪) TOP(隅田川に架かる橋) NEXT(隅田川大橋)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ