勝 鬨 橋
(かちどき ばし)

 全長 : 246.0 m  全幅 : 22.0 m  構造 : 鋼製 タイドアーチ 橋  完成 : 昭和15年 (1940)
 架 設 区 間  中央区 築地 6丁目 <==> 中央区 勝どき 1丁目  (晴海通り)


『勝鬨橋』(隅田川を代表する橋の一つ)

遠景(昔は中央部分が「ハの字」に開閉した)
 
【勝鬨橋】
『勝鬨橋(かちどきばし)』 は、中央区築地 と 勝どき の間で、
銀座方面から晴海に向う 「晴海通り」 が 「隅田川」 を渡る橋で、
その創架は昭和15年(1940) の 6月である。

【橋名の由来】
橋名の由来にはニ説あり、一つはこの場所にあった 「勝鬨の渡し」 によるとの説。
この渡しは、日露戦争(1904〜05年) の勝利を記念して、地元有志が作り東京市に寄付したものらしい。
他の一説は、完成当時の日支戦争の勝利を祈念して 『勝鬨橋』 と名付けたとするものだが、
いずれにしてもこの当時の世相を反映した橋名である。

【周囲の環境】
『勝鬨橋』 と上流の 『永代橋』 との間は、江戸時代から大型外洋船の停泊地であり、
隅田川河口部は明治以降も東京港の内港として機能していた。
佃島、月島 などの埋立て造成は、この一帯の 「港」 としての機能を維持するために、
隅田川河口部を浚渫(しゅんせつ) した土砂を利用していた。
また、橋の架設計画が検討された昭和初期には、石川島造船や三井、三菱、住友などの倉庫も多く、
大型船舶の往来があっため、その航行に影響のない特殊な橋が必要であった。

【跳ね橋】
そこで計画されたのが、船舶の通過時に橋を跳ね上げる形式の、いわゆる 「跳ね橋」 の構造である。
3スパンの両岸側はアーチ形状の橋とし、中央径間の約 44m 部分を一対の桁橋とする。
その桁橋は左右の橋脚部を支点にして、中央が最大70度まで上方に開く
「双葉跳開橋」 と呼ばれる橋であった。
架設当初は毎日決められた時間に5回の開閉が行われていたようで、
「ハの字」 に開いた橋の中央を大型船が通過する様は、
東京の新しい名所にもなっていたという。

【新・帝都の門】
この 『勝鬨橋』 は、それまで 「隅田川」 の第一橋梁(最も河口の橋) であった 『永代橋』 に代わって、
当時の東京を代表する 「帝都の門」 となった。
架設時期がおりしも 「太平洋戦争」 へと向う軍国主義の中、
『勝鬨橋』 の架設は国の威信をかけた象徴的な事業でもあったわけである。

【開かない跳ね橋】
昭和の中頃になると、物流の中心は水運や鉄道からトラックによる道路交通へと変化していく。
また、東京湾の港湾整備も進み、大型船が 「隅田川」 を上る必要性がほとんど無くなってしまった。
そんな中、『勝鬨橋』 の開閉頻度も次第に少なくなり、
上流の 『佃大橋』 が出来た昭和39年(1964) からは、全く開閉が行われなくなる。
そして昭和44年(1969) には正式に 「開閉の中止」 が決定し、
それ以降、『勝鬨橋』 が開くことはなかった。

【勝鬨橋の現況】
現在の 『勝鬨橋』 は、中央径間部分の補強工事なども受けており、
構造的にも開閉は不可能な状態になっている。
さらに、下流側の東京湾には美しい 『レインボーブリッジ』 が開通して、
「東京の門」 としての役目も終えたといえる。
架設当時とは、時代背景も経済的必要性も大きく様変わりしてしまったが、
現在でも 『勝鬨橋』 の堂々たる風格は残されている。
この後も、ある意味不幸な歴史を伝える貴重な橋として、後世に残していきたいものである。


開閉した当時の写真 (帆船なども通れた)

別角度からの跳開した写真

側径間のアーチ橋部分

中央径間の桁橋部分 (ここが開閉した)

大きくはないがしっかりとした親柱

重厚な感じの石張りの欄干

シンプルだが好感の持てるタイル張りの歩道

橋の骨格に取り付けられた橋灯

HOME(東京探訪) TOP(隅田川に架かる橋) NEXT(勝鬨橋の続き)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ