千 住 大 橋 2
(せんじゅ おおはし)

 全長 : 92.5 m  全幅 : 24.2 m  構造 : 鋼製 タイドアーチ橋  完成 : 昭和 2年 (1927)
 架 設 区 間  荒川区 南千住 7丁目 <==> 足立区 千住橋戸町  (日光街道 【R4】)  


上流側に隣接する 「専用橋」

下流側に隣接する 「新橋」

隣接する 『千住新橋』 は単調な桁橋

『新橋』 の桁下部分
 
【小塚原刑場】
『千住大橋』 の右岸側、南千住駅付近は江戸の頃は 千住小塚原 と呼ばれていた。
江戸時代の御仕置場(処刑場) 「小塚原刑場」 があった場所で、
品川の 「鈴ヶ森刑場」 と共に、明治の初めまでここで罪人の処刑が行われていた。
開設の時期は不明だが、一説には20万人を超える処刑が行われたともいわれている。

【延命寺の首切地蔵】
その刑死者を弔うために建立されたのが 「延命寺の首切地蔵」 で、
寛保元年(1741) に刑場内に建てられたという。
当時は南千住貨物線の南側にあったが、鉄道工事により現在地に移されている。
高さ 4mもの大きな地蔵尊で、現在でも花や線香が絶えない。
それにしても刑死者を弔う地蔵尊が 「延命寺の・・・」 とは、何とも皮肉な話である。

【小塚原回向院】
また、JRのガードを隔てた先には、刑死者の霊を弔う 「小塚原回向院」 がある。
ここには、安政の大獄で処刑された 吉田松陰 や、怪盗として名高い 鼠小僧次郎吉 などの墓もある。
そういえば、鼠小僧の墓には金網の柵が施されているが、
これは、死してなお逃げ出さないように・・・という訳ではなく、
墓の破片を持ち帰る輩が多かったので柵をしたようだ。
どうやら、その破片を持っているとギャンブルに強くなるという噂が広まったらしい。

【観臓記念碑】
「回向院」 には 「観臓記念碑」 なるものがある。
これは、明和 8年(1771) に蘭学者の 杉田玄白 や 前野良沢 らが、
「小塚原刑場」 で処刑された死体を解剖したのを記念したものという。
この解剖を機に、杉田玄白 らはドイツの医学書 「解体新書」 の翻訳をすることになる。
処刑場は近代医学の基にもなったわけであろうか。

  【素盞雄(すさのお)神社】
「日光街道(R4)」 と 「旧・奥州街道」 の交差するところには、
1200年以上の歴史を誇る 「素盞雄(すさのお)神社」 がある。
延暦10年(795)、この地で けい石 が光り輝き、
中から 「素盞雄尊(すさのおのみこと)」 と 「事代主尊(ことしろぬしのみこと)」 が現われたという。
この石を 「瑞光石」 と呼んで、2神を祭ったのが始まり。

【芭蕉旅立ちの句碑】
この神社には、芭蕉の 「奥の細道」 への旅立ちを記念して建立された 「旅立ちの句碑」 もある。
この句碑は、文政 3年(1820) の芭蕉忌に、
江戸の文人 亀田鵬斎 の書、建部巣兆 の画により建立されたもの。
今でも芭蕉が旅立った 3月には、俳句大会が開かれている。

【円通寺】
日光街道から少し西に入った 「円通寺」 は彰義隊の墓所がある寺として知られている。
慶応 4年(1868) 5月、戊辰戦争の上野戦争で彰義隊は全滅するが、
「円通寺」 の仏麿和尚は、官軍からの報復を覚悟で彰義隊の隊士266体を上野で火葬にし、
その後 「円通寺」 に合葬したという。
幸い官軍からのおとがめはなく、「円通寺」 は彰義隊の墓所として、
また、幕府側についた武士達の駆け込み寺として知られるようになったらしい。
当時の弾痕を残す 「上野 寛永寺」 の黒門は、明治40年に 「円通寺」 に移設されて、
現在でもそのままの姿で保存されている。

 

【大橋公園】
『千住大橋』 の左岸(北詰) には 「大橋公園」 がある。
現在の 『千住大橋』 が架設されてから 7年後の昭和 9年(1934)に、
区立の公園としてつくられたもの。
この 「大橋公園」 の片隅には、芭蕉の 「奥の細道」 が千住から始まったのを記念した
「奥の細道矢立初の碑」 が建てられている。

『 行春や 鳥啼き魚の 目は泪 』  =芭蕉=


延命寺の 「首切地蔵」

「小塚原回向院」 にある 「鼠小僧」 の墓

南千住側にある 「素盞雄(すさのお)神社」

芭蕉旅立ちの句碑

「円通寺」 に移設された 「寛永寺 黒門」

彰義隊の墓

北千住側にある 「大橋公園」

公園内には 「奥の細道 矢立初の碑」

HOME(東京探訪) TOP(隅田川に架かる橋) NEXT(尾竹橋)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ