三 吉 橋
(みよし ばし)

 全長 : 23.98 m  全幅 : 15.0 m  構造 : 三股型 単純鋼板 桁橋  完成 : 昭和 4年 (1929)
 区間 : 中央区 銀座 1・2丁目 <==> 中央区 新富 2丁目 及び 中央区 築地 1丁目


『三吉橋』 (平成 5年に大規模なな改修を受けた)

区役所前から見た 『三吉橋』
 
【三吉橋】
『三吉橋(みよし ばし)』 は、銀座1・2丁目の境界を走る 「銀座柳通り」 が 「首都高速」 を渡る橋である。
橋の創架は昭和 4年(1929)、関東大震災の復興事業の一環として新たに架設された橋である。
【三つ又の橋】
『三吉橋』 の最大の特徴は 「三つ又」、つまり上から見ると 「Y字型」 になっていること。
銀座方面から『三吉橋』 を渡ると、中央付近で左右に分かれて、
左は新富2丁目に、右は築地1丁目に繋がっている。
右に渡ると 「中央区役所」 前である。
橋名は、三地点を結ぶ縁起の良い橋ということで命名されたのだろうか?

【橋の架設】
「旧・築地川」 は、以前は中央区役所前で流れを東に変えており、
この場所は 「L字型」 の川筋であった。
その後、この場所から 「楓川」 に向って真っ直ぐに新しい堀割りが開削されると、
区役所前の 「築地川」 は 「T字型」 の川筋となった。
そこで昭和 4年、「T字水路」 で分断された 銀座・新富・築地地区を
一本の橋で繋ぐ 『三吉橋』 が架設されたというわけだ。

【合引橋】
新水路開削前の 「L字水路」 の時には、銀座方面と新富町は陸続きであって、
東西方向の橋は架かっていなかった。
区役所前には、南北方向の 「新富町」 と 「築地」 を結ぶ
『合引橋』 という橋が架かっていたという。
この 『合引橋』 も、『三吉橋』 の架設に伴なって廃橋となっている。

【東京名所】
『三吉橋』 の架設当初は、三つ又の珍しい橋であり、また 「築地川」 の三叉路地点でもあって、
その眺めの良さや珍しさから話題になり、東京の名所にもなっていた。
ところが、昭和37年(1962) に 「築地川」 は埋立てられ、そこに 「高速道路」 が走るようになると、
川辺の静けさから一転して、車の騒音が響く橋になってしまい、
その後は話題にも上らなくなってしまったという。

【築地川】
「築地川」 は、築地地区を取り囲むように流れる川で、
江戸時代の初期に築地の埋立てが行われた際に造られた堀割りである。
江戸の頃の物流の中心は水運であって、当時はその機能を十分に果していたと思われるが、
時代と共に運河や濠としての 「築地川」 は、その存在意義が薄くなっていく。
それでも、明治・大正・昭和初期には、
水運と共に、屋形船やボート遊びなどにも使われる情緒のある川であったといわれている。

【埋立て】
ところが、特に戦後の高度成長期に入ると、「築地川」 は汚染が進み
川面には川底から発生するガスの気泡が溢れるようになる。
川の両岸には悪臭が蔓延し、とても舟遊びのできる川ではなくなってしまうのである。
元来 「築地川」 は一般的な川のイメージとは異なり、ほとんど流れのない運河であった。
満潮時には流れが逆流することもあり、汚染の進行は激しかったのであろう。
そんな中、昭和37年(1962) には 「首都高速道路」 の建設に伴なって一部が埋立てられ、
さらに、川筋の東側部分も埋立てられて 「築地川公園」 へと姿を変えている。

【現在の三吉橋】
現在の 『三吉橋』 は、平成 5年(1993) に大規模な改修を受けている。
高速への転落防止柵を兼ねる欄干には、水辺の木立をイメージしたデザインを採り入れ、
また、橋灯には架設当時の 「鈴蘭燈」 を採用するなど、
かつてここが東京の名所と呼ばれていた頃を思い起こすような、
懐かしい情緒を感じさせる橋を目指したという。
それなりの雰囲気は出ているようだ。


比較的ボリューム感のある親柱

『三吉橋』 の橋名盤

背の高い欄干は 「水辺の木立」 をイメージ

橋に合わせて欄干も湾曲している

御影石を張り詰めた歩道はいい雰囲気

歩車道分離柵には 「中央区」 のマークが

4灯式の橋灯は架設当時の 「鈴蘭燈」

橋の中央にある大きな分離帯は花壇に

銀座側の橋詰広場にある解説盤

築地側にある 「中央区役所」 の建物は少々陰気

HOME(東京探訪) TOP(首都高速の橋) NEXT(亀井橋)


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ