|オーダースーツ|東京|ツサカテーラー>ポケットチーフの挿し方






TVフォールドは、チーフをポケットの入り口に沿って水平に1cm程度出すスタイルで、水平型とも呼ばれます。ビジネスシーンにもおすすめです。 チーフをふんわり丸めたスタイルで、代表的なチーフの挿し方です。アイビーフォールドとも呼ばれます。  チーフを三角形に3つ出すスタイルでエレガントなイメージを与えます。正礼装をする結婚式や、パーティーなどに用いられるチーフの挿し方です。 






@ チーフを広げ平らな場所へ置き、右から左へ半分にたたみます。 @ チーフを広げ平らな場所へ置き、右手でチーフの中央を指でつまみ上げ、軽く振ります。  @ チーフを広げ平らな場所へ置き、チーフの先と先を合わせて三角形を作ります。この時、角はしっかりと合わせることがポイントです。 
A 上辺に下辺を合わせるようにたたみます。 A 右手でそのままつまんだまま、左手でチーフの裾部分を軽く絞ります。 A もう一度三角形に折り曲げますが、今度はチーフの先と先を少しずらして折ります。
B Aで正方形になったチーフをジャケットの胸ポケットの大きさに合うよう左右折り込みます。この時左側を内側へ折り込むようにします。 B そのままチーフ裾部分を上に折り上げ、チーフの内側へ入れ込みます。  B Aと同じようにもう一度、少しずらして三角形に折り曲げます。
C 下辺を1/3程度たたみ、ポケットに入れます。 C 右手でつまんだ部分を上にしながら胸ポケットへ入れ込みます。 C 均等な3つの山を作るように整え、左側を胸ポケットの幅に合うように折ります。下部も同様折りこみます。
D ポケットから約1cm程度チーフがでるように調整して完成です。 D チーフの膨らみを整えて完成です。 D 形が崩れないよう注意してポケットに入れ込み、最後にもう一度3つの山を整え完成です。
     
【TVフォールドに最適なポケットチーフ】
リネンコットン
【パフドスタイルに最適なポケットチーフ】
シルク
【スリーピークスに最適なポケットチーフ】
シルクリネンコットン

 
ポケットチーフ
リネンやシルク、コットン素材各種のポケットチーフをお取り扱いしております。ジャケットシーンはもちろん、ビジネス・フォーマルシーンでも幅広くご使用いただけます。
ネクタイ
シルクの産地で有名なイタリア北西部コモの地にネクタイ専業メーカー『BB CRAVATTE SRL<RANZO MANZONI>ネクタイ』
カフス
ワイシャツの袖口にカフスボタンとして使用するアクセサリー『クレストボタン(組紐)』当店人気商品です。

フォーマル
フォーマルシーン必要なアクセサリーご用意いたしました。
洋服ブラシ
毎日のビジネスシーンで活躍しておられる上着やスラックスのメンテナンスなどに必須アイテムの『英国KENT社製洋服ブラシ』。

 (c)Tsusaka Tailor All Rights Reserved.
本サイトの文書、画像などの全ての掲載内容の無断利用(複製・公衆送信等)は、固くお断り致します



 


【ポケットチーフの挿し方|津坂テーラー|東京|Bespoke|Tsusaka Tailor|Tokyo】