<-前へ ||| ↑もどる  ||| 次へ-> 

■ '04.08.諏訪へ

観光を兼ねて、放送大学の面接授業を取った。
2泊3日、予定びっしりだったけれど、夜のさわやかな気候の中でみた花火が忘れられない。
   一日目(8/11)
ああ、時間がどんどん過ぎていく。
JRの駅で乗車券を買う時、持っていた指定券を変え、 特急を一つ遅らせて正解。
新宿での特急に乗り換えがあんなに遠いとは。
これでは美術館行かれずに終わるかなあ?
ちょっと不安の出発が、徐々に開放感に変わって、
上諏訪駅で電車を降りた時には、来たなあ〜、と。
駅前の観光案内所でホテルの場所と、花火のことを 教えていただいて、カートをお供に気分良くホテルへ。

一休みして、夜、食事がてら、湖畔を歩く。
もしかして、美術館へも歩いていけそうな距離。
花火にはまだ早かったので、八洲という蕎麦屋で食事。
再び湖畔に行くと、人が増えてきて・・・、
花火が曲にのせて、打ち上げられていく。
束の間の花の乱舞といった感じ。
カメラを持っていたので写してみたけれど、
残念ながら、一枚しかしっかり撮れなかった・凹。
花火
   ニ日目(8/12)
朝から動く。今日は低血圧も返上。
夜、涼しかったので、楽ということもあって。
朝の湖畔は、とんぼがたくさん飛んでいた。
そのまま歩いて北澤美術館へ。
有名なヒトヨタケのランプ、他、ガレの作品と、 2階の日本画の展示、全てゆっくり見て、 喫茶室でカリンティーを飲んで、のんびりと。 さすがに疲れたけど、来てよかった。

タクシーで駅前へ戻り、 メイン行事、放送大学の面接授業、1日目に突入。
ベンゼン核の物質の話しが随所に出てきて、 頭の中身がスパークしそうになりましたが、 何とか無事に終わり、ホテルへ。

夜、迷いつつ、再び花火を見に行くことにした。
有名な諏訪湖花火は15日に行われるそうですが、 昨年から、8月から9月にかけて、 毎晩花火をしているそうなのです。
景気がよくないというのに、がんばっているなあと なんだか応援したくなったのと、 昨日のリベンジ、カメラに納めたくなって。
昨日とは違うプログラム、昨日より堪能しました。
目を空にやり、カメラは適当な位置で固定して持ち、 この辺り、というタイミングでシャッターを押して いっただけですが、コツがわかってきました。
***********

ラスト!!


ああ、散っていく・・・

あとは、どこかお店にいく元気もなく、 コンビニ食になってしまったけれど、 心にはいい栄養でした。
   最終日(8/13)
朝から授業。眠い。
人数が少ないので、目立つだろうなと思いつつ、 睡魔には勝てず、でも、耳は起きていて、 大事な話しは必死で書き留めた。
休憩を挟みつつやっているのだけれど、 その間、先生は実験の準備で休んでいない。
実験なんて、めったにやる機会がないし、 ちょっぴり手伝いたくもあったけど、 余裕がなくて、残念。
そして、3時限目の終了時間ぴったりに終了。
お疲れさまでした。
特急までの1時間、どこか寄るでなく、 駅そばも、足湯もあったのだけど、 駅のベンチでぼんやりと。
終わってしまえばあっけないような。
そうして、諏訪を後に、暑い関東へ。
新宿へ着く時、人の動きが落ちついてから ゆっくり荷物を下ろそうと思っていたら、 隣りの男性が、自分の荷物と一緒に 下ろしてくれました。
最後まで、とてもラッキーな旅でした。

<-前へ ||| もどる  ||| 次へ->