思いを伝える

不愉快な思いをするなら、見なければいい。
けれど、それではまた同じことが起こり、何も変わらない。
だから、自分の思いを作者に伝えてみる。

期待できないといわないで。
何もしなければ、何も始まらない。
モヤモヤした思いだけ持っていて、何かある度に取り出して、
同じような思いを持つ人がいることに安心している。
その繰り返しが虚しくなってきたから動いてみる。

自分の見たいものはどういうものか考える

考えてみたら、ドラマで夢を見たいと思った。
例えば、サクセスストーリー。
それから、ラブストーリーが恋愛が異性という壁を越える道筋だとすれば、
異性の壁を障害という壁に置き換えたもの。

サクセスストーリーと言っても、そこらのとは一味違う。
主人公は周囲から理解されないこともあり、周りと同じに動こうとして、
やる気はあっても、いつも疲れているから余裕がなさすぎて
不機嫌で無愛想で失敗を繰り返す。
ある時から、自分の状況を伝えることを懸命にしはじめる。
当然、周りと軋轢が起こる。
うるさがられて無視されたり、
そんなこと言われてもといわれたり。
それに凹んだりしながら、どう伝えたらいいか、
具体的にどうすれば自分が楽な状況に持っていけるか気付いていき、
周りにも手を貸す人が徐々に増えていき、
気がつけば体に負担をかけなくても暮しがきちんと回り、
不機嫌でも無愛想でもなくなっていた…。
(ありそうな設定と思うけど、どうなのでしょう?ご存知の方いらっしゃいますか?)

障害の壁を越える…、言葉にしづらいんだけど、
恋愛が相手のことを知りたいと思うことから始まるのと同じで、
何かのきっかけで、相手を知りたいと思って
踏み込んだ人(障害を持つ側でも逆でも可)がいて、
最初は踏み込まれたくなくて避けられたり、
踏み込む方もぎこちなかったりするんだけれど、
いつかそれぞれがなくてはならない存在で、
話したり会ったりする時間があることが生活の一部で自然なこと。
それを、さりげなく描いたものがいい。

ああ、あと主人公がひとりではなくて、群像もいいな。
その病気に関してはエキスパートの病院かインターネットを接点として、
それぞれの環境のそれぞれの病状の人たちの、それぞれの暮しを描く。
話しをきいていると、みなそれぞれ
下手な物語りよりずっと興味深い経験をしているから、
それをまとめただけでも見ごたえあると思う。

…そんなに思い入れがあるんだったら、悠がつくれば、って?
うーん。今の私には、難しい。だから、ここに思いを綴るだけ。
今は他力本願。でも、追い風があったら、のっていきたいな。

ご意見ご感想を伝えていただけたらうれしいです。
右下バナーからメニューへ行き、掲示板やメールをお使いください。
(お手数おかけします)

←もどる

悠メニューへ