←メニュー ||| ↑前項目へ

心臓ペースメーカー

機械が小型化して、身体への負担が少なくなった。
けれど、電池交換のために、長くても10年くらいで取り返る必要がある。
腕の振りで発電して動く腕時計があるのだから、
人の動きで発電して動けば、電池交換も不要、
通院時に動作をきちんと調べればOK、ということになればいいのに。
性能のいい機械に変えるチャンスとも思いつつ、
入院しなければならない制約、煩わしさがあることだから。

携帯電話の電波に動じない機械をつくるのと、
ペースメーカーなどを誤作動させない電話をつくるのと、
両方しっかりやって、お互いに安心できたらいいですね。

技術者の方の力なくしてできないことだから、期待しています。

←メニュー ||| ↓次項目へ  ||| 悠メニューへ