←メニュー ||| ↑前項目へ

自転車

風を切って走る感覚。
自身の力でスピードをコントロールする感覚。
歩くには距離のある場所まで心地よく移動できる。
とても人に近い道具で、子どもでも乗ることが出来て、
あまりに風景になじんでいて、
乗れない人がいることなど、普段は忘れられている。

速く走らないと、車体が不安定。
だから、体力がない人が乗るには、不安。
二輪車に乗れない人でも安定して乗れる 前輪が二輪の三輪自転車もあるけれど、
三輪は重いし、ひいて歩くのがちょっと大変。

軽い力で速く走れるというものもある。
それと少ない力で楽に移動できることは、同じだろうか?
ペダルの直線運動で乗れるという自転車もあって、
リウマチなどの方でも乗れるというが、
力のない人が乗る場合、それが楽なのかどうか。
近所の店先にあって、気軽に比べられたらいいのになあ。

電動アシスト自転車、
乗ってみたいけれど、電動のメカが重そう…。
二輪に乗れない人は、普通の二輪車から練習しないと、
うっかり倒して壊しでもしたら…。

買い物の荷物を運んでいたけれど、
荷台の高さまで持ち上げるのが辛くなってきた、と
加齢で体力の落ちてきた人が言っていた。
そんな人のためにも、気軽に改造できるように、
自転車屋さんの人も考えてほしいなあ。

フレームを跨がなくても乗れる自転車(試作品)をみた。
足の動きが不自由な人も、片足にしか頼れない人も、
ゆくゆくは自転車に乗れるようになるかもしれない。
自転車にこだわりのある作り手と、
不便を感じている人を、つなぐきっかけがあれば、
もっと便利で面白いものができるかもしれない。

自転車の走るところは、道路の端。
でこぼこが多くて、傾斜していたり、電柱があったり。
体力がない人だと、そんなこともこたえそうで。
車がいなければ、真ん中を走った方が安全かもしれない。

←メニュー ||| ↓次項目へ  ||| 悠メニューへ